螺旋運命―SPIRAL DESTINY―

livedoor blogから引っ越して参りました。旧館から来た方も初めましての方も宜しくお願いします。

別に語ることはない。眠れる気はしないからな。

続 刀剣乱舞-花丸-11話。
ぎやああああああああああああああああああああああああ

すみません、こんなの見せられてどうやって寝ろというのだ。昨日、「仕事に重き置いてる」て書いたばっかりだよ!?今から寝ても完全に寝不足だぞ、月曜日からどうしてくれる!!
なにこれ、夢?夢だよね?現実なの!?いやいやいや・・・・・・・いやいやいや。

すみません、理想の展開過ぎて、時野さんの妄想かと思った。いやいやいや、だって、いやいやいや。
伊達沼で溺死するわ!!あ、なんかお花畑が見える~♪主の懐の中あったかいね!(戻ってこい!)
なにこれ、もう、なにこれ、大倶利伽羅ァァァッァァァァア(おちつけ)

活撃で!俺の堀川君と兼さんと山姥切と骨喰の大活躍が見れて、もう思い残すことはない。私のとうらぶアニメへの願望は叶えられた。これ以上は望まない。大倶利伽羅の勇姿は私の心の中に刻むんだ・・・・・・と思って半年。
まさかの花丸でこんな展開が拝めるとか・・・・・・なにこれ、時野さんに何か悪いことでも起きるの!?

「大倶利伽羅隊長」という響、なにこれ・・・・・・なにこれ(呆然)
長谷部がフラグをどんどん建設してくれましたね。花丸じゃなかったら完全に刀剣破壊フラグだから。
クセの強い刀剣男士の中でも屈指の一匹狼、大倶利伽羅。
彼のセリフといえば、「俺は一人で戦う。お前らは勝手にしろ」「一人で戦い、一人で死ぬ」「悪いが何処で死ぬかは俺が決める。命令には及ばない」ですからね。そんな彼が隊長としてどう任務を果たすのか・・・・・・・次回が最終回ですよね。うわあああ。

そして歌仙がもう・・・・・・歌仙が前髪止め取った時がヤバかったです・・・・・・ああもう最高でした・・・
アニメ様、ありがとうありがとう・・・・・・最終回は正座して観ますね。

記事タイトルの元ネタは大倶利伽羅さんの「別に語ることはない。慣れ合うつもりはないからな」です。

PageTop

二期はストーリーも花丸◎

恐ろしい・・・もう2月も終わってしまう。
という記事を2月末に書いてました(笑)
以下、2月に書いた記事+加筆したものです。

今期は「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」「CCさくら」「続 刀剣乱舞 花丸」を見てます。
あと引き続きギアスR2の再放送見てます。大河も見てますが、正直挫折しそうだぜ・・・・・・

ということで、冬アニメのプチ感想。


■ヴァイオレット・エヴァーガーデン
正直言うと、時野的にはそんなに・・・なのですが、7話でようやく面白くなってきたかなという感じですかね。でも、人の感情が理解できなかったヴァイオレットさんが、「ここ最近たくさん手紙をこなしたから」という社長の一言だけで、超ハイスペドールに進化してたのにはさすがに驚いたというか・・・・・・あれ、この作品ってヴァイオレットちゃんの成長物語だったんじゃないの?え、ここ描写飛ばすの・・・?感が凄かった。
逆に、原作では最初から有能なんだとか。結局成長過程を省くなら原作通りで良かったんじゃないの・・・?
まあ7話でいい感じになって来たので、残りの展開が楽しみです。てっきり少佐は死亡が確定しているのかと思ってたら、MIAなのか。ということは生きてる可能性も0%ではないという、ヴァイオレットちゃんとは逆に視聴者には希望が湧いてきたな!

というのを2月末に書いていたのですが。
3月に入って、俄然面白くなってきましたね。少佐はやっぱり生きてなさそうだけど・・・・・・
10話はオチが分かってたのにちょっとうるっと来たわ・・・・・・・こーゆー話が見たかったんだよ。


■カードキャプターさくら クリアカード編
約20年ぶりのCCさくら・・・!ああ、まさか再びさくらちゃんを拝める日来ようとは・・・!(感涙)
しかし、20年ぶりなのに「絵が綺麗になっている!」という感想が出ないCCさくらは、当時からありえない作画クオリティだった証拠ですよね(笑)
クリアカードとは何なのか。エリオル君、李君、桃矢お兄ちゃんは一体何を知っているのか・・・早く謎を明かしてほしいよ・・・・・・特に李君はさくらちゃんに隠し事してて辛そうですし。
もっと二人のイッチャイチャが見たいんじゃあああああああ!!(もちつけ)
イチャイチャと言えば(?)、桃矢君と雪兎さんも順調そうでごちそうさまです!

新キャラにしてキーパーソンの秋穂ちゃんも可愛いですね。でも声優さんも大変だよなとか思ってしまった。
芸歴20年以上しかいない現場に放り込まれる新人(笑)がんばれ・・・・・・!
そして20年経っても、声が劣化しないのはさすがプロですよね。声に違和感があるキャラが一人もいない・・・・・・(感涙)
利佳ちゃんの声も・・・・・・故・川上とも子さんが演じてキャラですが、二代目は藤田咲か。利佳ちゃんも「ああ、利佳ちゃんだ」って感じだったし、良キャスティングでした。利佳ちゃん、また出てこないかな・・・!


■続 刀剣乱舞 花丸
二期面白すぎなんですが・・・!これ!そう、こんなとうらぶが見たかったんだよぉぉぉぉ!!!
一期の頃は「うーん、なんか違う」感があったんですが、二期が面白すぎてビックリしてる。どうやら監督が変わったようで。もう二期最高です・・・・・・(感涙)
二期は、「櫻井トオルトリオの有効or無駄遣い」っぷりも面白いwww
困った時の筋肉組(山伏・同田貫・蜻蛉切)最高かwwwww ※中の人が同じです
同じ筋肉酷使している時の息遣いもちゃんとキャラに合わせて声色変わってるのがたまらん。
あと、全般的にガヤのシーンで山伏がうるさい(褒め言葉)

OP映像も所々ニヤニヤできますね。
まず、長曽祢さんと兼さん&堀川君が鍛錬している所を覗いてる蜂須賀に猛烈に萌えました。なんだよ、やっぱり兄(贋作呼ばわり)が気になってるんじゃないかw可愛い・・・
そしてそこに現れるのが陸奥守な所もたまらんぜよ・・・・・・二振とも曽祢さんと一悶着あるキャラだからねぇw(ウチの本丸には未だに曽祢さんが来ないので、回想(エピソード)見れてないけどね!!号泣)
あと、活撃見てると、土方組と陸奥守もニヤニヤするな。

そしてサビ。腕相撲で同田貫を吹っ飛ばしてる蛍ちゃんさすがwww
最後に初期刀・新選組達が集合しているカットも好き。
というか、初期刀って新選組関連の刀の兄弟刀だったり関係が深い刀が選ばれてるんですよね。

加州清光   ⇒沖田総司の刀
蜂須賀虎徹 ⇒近藤勇の刀(長曽祢虎徹)の兄弟刀
歌仙兼定  ⇒土方歳三の刀(和泉守兼定)と流派が同じ
山姥切国広 ⇒土方歳三の刀(堀川国広)の兄弟刀
陸奥守吉行 ⇒新選組と敵対していた坂本龍馬の刀

これにプラスして、主お世話係の長谷部と、兄弟刀で山伏国広もいると。ここに浦島虎徹がいれば完璧だったな(笑)

で、本編ですよ。
どの回も最高なんですが、3話が時野的神回過ぎて抜け出せない・・・・・・子虎パニック最高でした。
子虎丸に兼さんの俳句・・・うっ・・・梅・・・・・・やめて差し上げろ・・・・・・墨まみれ⇒水滴る歌仙(子虎ビジョン)に眼福、子虎と慣れ合うつもりがある大倶利伽羅、光忠の「めっ!」の破壊力・・・・・・・・、木から降りられなくなる子虎ちゃんマジにゃんこ・・・、子虎に引っ張られる山姥切に腹筋持って行かれそうになり、「子虎>石切パッパ&小狐丸」な歌仙&加羅坊に笑ってしまった。からの五虎退ちゃんマジかわいい・・・・・・・そして最後はきっちり締める三日月さんマジおじいちゃん最高でした。
Bパートの運動会も良かった。貞ちゃん可愛いよ・・・!伊達沼の時野さん至福の1話でした・・・・・・ありがとう。
最後のリレーで長谷部が勝ったのも、ゲームを知ってる審神者的には「長谷部ならおかしくない」と思いますよねw長谷部は機動おばけだからなwwwwwwこーゆー原作ネタを随所に織り込んできている二期マジ最高です・・・・・・

あとは、5話ですね。元々虎徹三兄弟好きでしたが、花丸でもっと好きになった。
そして唐突のミュージカルに腹筋持って行かれた。うどんミュ再来。そして再び歌う新垣さんwww一期は長谷部として、二期は曽祢さんとなwww
プライドが高く兄を毛嫌いしている次男に呆れながらも兄としての包容力を見せる長男、そして三男坊に激甘な兄二人。三兄弟の関係性が本当ツボです。
あと、曽祢さんが本当に好きです。あの胸板にダイブしたいわwww・・・なぜウチの本丸には曽祢さんがいないのだ・・・・・・orz

そんなこんなで花丸二期めちゃくちゃ楽しんでます。
今晩の放送回は、伊達組&細川組がメイン回らしいので、ワックワク。まだ7面攻略してないけどね!(苦笑)
いや、6面はクリア済みだが、7面を戦うにはちょっとレベルが低いかなと・・・レべリング中なので。
おいらも早く、大倶利伽羅と歌仙のやりとりが見たいんじゃ・・・・・・


■大河ドラマ 西郷どん
冒頭(2月時点)で挫折しそうと書きましたが、一応まだ見てます。
10話はそこそこ面白かったし。去年の直虎のように後半化ける可能性も無きにしも非ずなのでもう少し見てみようかなと。
俳優陣も豪華だし、何より登場人物はメジャー級ばかりだからね。(でなければ既に挫折してそうだw)
あとは、狙ってるんでしょうけど、10年前の篤姫キャストを被せてくるの面白いからやめてw
小松帯刀が大久保利通になってるし(※10年ぶりに出演してまたフラれる。)、幾島が西郷ママになってるし、14代将軍が15代将軍になってるし・・・という話を会社の人にしたら、「沢村さんもチョイ役で出てたよね」と言われて「そうだったな!」となった(苦笑)

しっかし、正直、久々に見るのが辛い大河なんだよな・・・ここ最近、面白かったから・・・

2013年「八重の桜」⇒前半は忙しくてあまり見れなかったけど、後半もそこそこ面白かった。
2014年「軍師官兵衛」⇒めっちゃ面白かった。
2015年「花燃ゆ」⇒番宣の時点で「ねぇーわ」となったので、苦痛に耐えながら見る必要がなかった(爆)
2016年「真田丸」⇒この18年の間で時野的最高傑作。
2017年「おんな城主直虎」⇒序盤は「乙女ゲーム大河」として楽しんでいたが、終盤物凄い数の伏線回収しまくる神脚本大河だった。

西郷どん、まぁ、つまらなくはないけど、面白くもないんだよな・・・・・・この後起こることが分かってるからこその面白さみたいなのはあるけど。
それにしても、年末にも書いたけど、昨年「井伊家滅亡からの再興」を見届けたというのに、今年は末裔が暗殺されるのを見ることになるんだよな・・・NHKマジ鬼だなw

まあ、まだ1/5ですし。面白くなることを祈って・・・・・・


PageTop

もう3月が終わりそう・・・・・・

ご無沙汰しております、時野です。
信じられないんだが、もう3月の下旬って・・・・・・
冬アニメがもう佳境とか・・・うそやろ・・・・・・

最近、仕事がとても充実しております。
忙しいけど、仕事楽しいなと感じてたり。・・・・・・数年前では考えられなかったことだぜ。
というのも、最近、結構難しい仕事を振ってもらえるようになって。やりがいあって楽しい。あと、意外とすんなりこなせててビックリというか。
ありがたいことに、一応4月から昇進させて頂けることになり・・・・・・まぁ、「主任」なので、実務職に毛が生えた程度ですけど。でも、認められるってやっぱりちょっと嬉しいですよね。まぁ、周りの僻みとかが怖いのですが・・・上手く立ち回らないと敵作っちゃうな・・・っとビクビク。
ということもあって、今、仕事に重きを置いている状態です。まぁ、アニメは癒しなので、変わらず見てますが(笑)

本当は新作アニメ(ってもう3月だけど)の感想も途中まで書いてたんだ。2月の段階で!
せっかくなので、加筆して今週中にUPしたいなーとは思っているのですが・・・・・・。

そうそう、来週(もう今週?)はついにダンデビFDの発売日ですね!2年待った!2年待ったで!!
リンド兄さんを幸せにしたい!!!4つのエンディングがあって兄さんが幸せになれるのはたったの1つなんだぜ、畜生!(いや、まぁ、みんな2つはBADENDですけどね。兄さんとシキは3つ目もBADみたいなものよね 苦笑)

メィジとリツカちゃんの「スーパーほのぼの癒しかわいいすぎるカップル」も楽しみ。本当お前ら可愛すぎなんじゃ・・・・・・

時野さんを大号泣させたシキのその後も楽しみだし。レム様の優しさプライスレスだし。作中での成長っぷりが凄まじかったウリエさんのその後も気になるところ。ローエンはヒトエンドとアクマエンドが大分違うので、どっちも楽しみ。

そんなこんなな近況報告でした。

PageTop

「なんじゃこりゃー」と叫んだ話を10年ぶりに

コードギアスR2再放送。
ついに「ラグナレクの接続」まで来ましたね。
シャルルとマリアンヌが消えてルルーシュが皇帝になる回ね。

今でもこの回は見た時のことをよく覚えているのですが、放送日に私はイベントに参加してたんですよね。キャラホビに参加してて、幕張メッセでワンセグで見たんですよ。
R2はなんだかなーと思いながら見てたのもあって、この回見終わったとは「なんじゃこりゃー」と思わず声に出してしまったんですよね。そして同じようにメッセでワンセグで見てた視聴者が一斉に「なんだよこれ」と声出してて笑った記憶が鮮明に残っております(笑)

今見れば、意味も分かるし、最終回を知っていれば「ああ・・・」と思う回なんだけど、着地点が見えなかった放送当時は「これ、ぐだぐだの最終回になるんじゃないか」という不安が凄くあったなーと。種デスで絶望を味わって3年しか経ってなかったわけだし。一流素材を使った失敗料理。一種のトラウマや!(苦笑)

残り4話。この再放送もあと2週か。
リアルタイム時は最終回でボロ泣きしましたが、今見るとどんな感想を抱くのか。
そういえば、去年の大河で、政次の最期のシーンが凄くコードギアスで、「コードおとわ 反逆の政次」というキャスティング案を考えたりしましたが(笑)改めて再放送見た今、もっとキャラ掘り下げてキャスティングできそうですね。今川と徳川をブリタニアや中華連邦のキャラとか当てはめたら行けそうだ。

のこり4話楽しみです。

PageTop

忠告しておく、死ぬほど面白いぞ

やっぱりこの第1話は凄い。


ヒロイン「明日、ワタクシの誕生日なの。勿論、いらして下さりますよね?」
 ↓
主人公、招待状を破る
 ↓
ヒロイン「ひ、酷い・・・」
 ↓
主人公、ヒロインの涙を拭って・・・かーらーのー
 ↓
主人公「お前を殺す」
 ↓
デデンッ!!
 ↓
ヒロイン「何なの、この人・・・・・・・」



本当、秀逸すぎる第1話だわ・・・・・・
ということで、東京では「新機動戦記ガンダムW」の再放送が始まりましたね。やっぱり面白いわ。名言/迷言の宝庫過ぎて、ワックワクしてくる。
そして、「思春期を殺した少年の翼」(BGM)のカッコよさは異常。次回予告でも使われてる曲・・・と書こうとして一応調べたら、同じメロディ使ってるけど違う曲なんですね。確かに改めて聞き比べたら曲調結構違った。ヒイロのテーマ曲です。

しかし改めて1話を見ると、一番印象が変わるキャラは、やっぱりトレーズ閣下かな。あとは、カトル様かなw

さて、毎週1話放送なので、1年間のお付き合いになるGW再放送(笑)
毎週見れるかは分かりませんが(録画はしてるけど、容量ギリギリなので、溜めないように頑張る)、楽しみです。


PageTop

ようやく2018年を迎えました

ようやく・・・
2017年12月79日の世界線からようやく2018年2月17日を迎えることが出来ました。
未だかつてないほどの大遅刻&そしてお久しぶりです、時野でございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

先ほど、ようやく毎年恒例の「アニメランキング」投稿しました。
時間かかったけど、未だかつてないほど手抜き記事で申し訳ない・・・・・・2017年は不作だったんだ、モチベーション上がらなかったんだ・・・・・・orz

でもようやく2018年を迎えましたので。
冬アニメの感想とかも書いていきたいなと思います。
仕事もひと段落したしね♪

さて、ブログの投稿時間を弄って、投稿日が「2017年12月31日」になっているけど、実際は2018年に書いてたぜ記事一覧を載せたいと思います。

2017年12月34日の世界線からの言い訳
2017年腐り納め
10年間のアニメを振り返る
2017年あくまで時野的アニメランキング


以上の4記事でした。
来年はちゃんと年越ししたいものです・・・・・・

こんなダメダメ管理人ですが、2018年も何卒宜しくお願い致します。

PageTop

2017年あくまで時野的アニメランキング

ああ、やっと・・・・・・
2017年12月79日の世界線からお届けしております、2017年最後の締めくくり。

2017年時野的アニメランキング!

ついに完成しました・・・・・・
というかモチベーションが上がらずやっと書く気力が起きたという感じなのですが・・・・・・

なんかあっという間の1年でした。
冬アニメもついこないだ見てたような気がするんだけど、もう1年前なんですよね・・・・・・。
ではでは、いい加減年越しをしたいので。2017年アニメランキングいっきまーす!










































第1位 昭和元禄落語心中 助六再び篇
2016年1位だった一期。二期もめちゃくちゃ面白かったです。
落語パートの臨場感は一期以上。本当に凄い作品でした。声優陣の演技力の殴り合いでしたね!
あと、二期は時代が平成だったので、親近感沸きやすかったですね。恐らく、信ちゃんは私と同年生まれだろうしなぁ(笑)
なんかこう、上手い言葉が浮かばないんだけど、とにかく2017年で一番面白かった作品でした。ありがとうございました。




















第2位 僕のヒーローアカデミア二期
二期になって、面白さが段違い!!一期も面白かったけど、二期に入り、各キャラの個性を活かしたエピソードが増えてきてもっと面白くなったヒロアカ。
体育祭編、すっっっっっごく面白かったです。轟君のエピソード本当好きです。
職場体験もステインと戦うデクと轟君、そしてそんな二人を見て成長する飯田君が最高に良かったです。
三期も楽しみです。




















第3位 最遊記RELOADBLAST
実は、実際に放送を見る前は「思い出クラッシャーになるのではないか」と危惧していた最遊記。
思い出補正どころか、今までで一番面白かった!そして衝撃的だった最遊記でした。
独角兕の最期がもう・・・・・・辛くて。てっきり、三蔵一行と紅孩児一行は誰も死ぬことなく大団円を迎えるのではないかと、この十数年思っていたので・・・・・・ウソだろと・・・・・・でも、最期凄く良かった。
天界篇も良かったですよね。毎週「うわああ」と言いながら見てました。そして、紗烙三蔵がカッコよすぎて、惚れました。関俊さんのCMも面白いし、最高の三ヶ月でした。ありがとうございました!
アニメ20周年もしくは連載25周年で再アニメ化されることを祈っております。










第4位 Re:CREATORS
1クール目は本当に面白くて、今年の1位になるかもしれないと思ってたのですが・・・2クール目からがどうもな・・・というのもチャンバーフェスアニメがあまり面白く思えなかったというか・・・もし私があの会場にいたとしたら、憤慨できる自信があるぐらいアニメがイマイチだったなと・・・。颯太君も結局、シマザキさん自身をキャラに落とし込んだだけで、クリエティブなことしてたのか・・・?と疑問が残るラストだったなと・・・。
ただ、松原さんがカッコいい作品だったなと。セレジア覚醒のシーンとか熱かった。あと高良田さんとアリスちゃんの絆が良かったなと。いい面も多かったと思いました。
前半が良かっただけに、後半が惜しい作品だったなと思います。





第5位 青の祓魔師 京都不浄王篇
原作読んでてアニメで見たいと思ってたシーンをようやくアニメで見れて幸せでした。が、なんというか、原作で大泣きしたシーンもちょっと盛り上がりに欠けた感があってあまり泣けなかったな・・・と。
一方で、新キャラ(金兄、柔兄、蝮)のキャストが脳内妄想ボイスそのまますぎて放送前のキャスト発表時から泣いてました(苦笑)
特に蝮は一番声が想像しづらく、アニメ化したら絶対私の思う声と違う感じになるんだろうなっと思ってたんで、脳内妄想ボイスから1寸の狂いもなく再現されたから「ありがとう」しか言えなかった。蝮かわいいよ蝮!金兄は本当バカで愛しいし、柔兄は色々反則ですよね。柔蝮にずっと悶えてた3か月間でした。原作でもニヤニヤが止まらない二人だったが、アニメの破壊力凄かった……(放心)





第6位 CHAOS; CHILD
初回は「カオスヘッド」でしたけど!(笑)カオチャ面白かったです。怖かったけど。ゲームやりたいなと思ったけど、やっぱりこれ一人でゲームしたら眠れなくなりそうだからやめようと思った(笑)
毎週、いい所で終わる、引きが上手かったなと思いました。ED曲も好きでした。めっちゃヘビロテしました。





第7位 活撃 刀剣乱舞
後半はなかなか面白かったけど、何故序盤からエンジンを掛けなかったのか、勿体ないっという印象の活撃。坂本竜馬の話とか凄く良かったので。でもこれ、2話ぐらいでやっても良かったんじゃないの?感(苦笑)
放送時の感想にも書いたと思うけど、「シリアス路線だからある程度、登場キャラを絞るだろうとは思ってたけど、あまりにも絞りすぎじゃないか!?」感が強かったですね。序盤からエンジン掛ければ、第三部隊としてあと6振は出せたんじゃないかな・・・とか。
でも、戦闘シーンの作画はクレイジーでしたね。もう狂気でしたよね。スタッフマジ凄い感動した。
時野的には、我が本丸の主力陣が活撃で登用されて嬉しかったです(笑)
堀川君と兼さん、山姥切と骨喰のカッコイイ戦闘シーン見れたし。そしてゲストで大倶利伽羅と光忠が出たので時野さん的にはご褒美アニメでした。ありがとう・・・・・・・





第8位 鉄血のオルフェンズ
今回の評価対象は2017年放送分ということで、ラスト3か月が対象です。
なんというか、一期は結構面白かったから期待していたのですが・・・という感じですかね。
とりあえず、ガンダムなのに、主要キャラが銃で撃たれて死ぬのはやめようよ・・・・しかも二人。
昭弘好きの時野さんは最終回は無になって見てましたな・・・・・・・
名瀬の兄貴の最期は良かったけどな。非常に残念なガンダムだったな・・・・・・種死の方がマシかもしれん・・・・・・





第9位 ひとりじめマイヒーロー
キャラの個性が上手く引き立ってるアニメでした。
とはいえ、ちょいちょい私が苦手とする雰囲気があったのですが、支倉様から目が離せなくて最後まで見てしまった(笑)何せ、「もう1回絶交と俺に抱かれるの、どっちがいい?」とか、こんなぶっ飛んだ攻めキャラwww最高だわwwwそして健介が天使でしたね。可愛かったです。
マイヒーロー組も勢多川が健気で可愛くて好きでした。ただ、時野さんはどうしても康介さんが苦手なんだな(苦笑)でも、最終回はすごく良かった。なんだかんだで楽しかったです。





第10位 正解するカド
ワム編の頃は「これは神アニメになる!」とワクワクしていたのですが・・・・・・
とりあえず、交渉官のはずが全然交渉していないというか、宇宙人を盲信して、結局騙されてたっていう・・・・・・もっとクレバーな交渉シーンとかが見たかったんだよ!
唯一の癒し、花森君がもう本当不憫すぎて・・・・・・・
でも、ザシュニナさんは嫌いになれないんだよな。「もしもし?」と電話掛けるシーンは面白かったし、ロミジュリ読んでヒロイン気取りしてるザシュニナさんは結構好きでした。



第11位 サクラクエスト
悪くはないけど、なんかスッキリしないというか・・・2話引っ張ってやる話じゃないんだよな・・・感が強かったサクラクエスト。なんつーか、地域活性化がテーマの話だけど、世の中そんなに上手くいかないわけで。なんか白けてしまったんだよな。
でも、2クール目に入ってからはちょこちょこ面白くなって行ったし、最後のオチは見事でした!
続編あったら見てみたいかなと思わせてくれました。



第12位 戦刻ナイトブラッド
実は現時点でもまだ最終回まで見れていないのですが・・・・(10話まで見た)
武将達がチョロインすぎて面白かったです。あ、時野さんは黒田官兵衛が好きでした。でしょうね!(笑)
声優陣はやっぱり豪華ですよね。でも、総大将の中の人たちが、ベテラン勢(40代)と若手勢(20代)で半々な所がクスっとした。中堅がいねぇ!つい、イベントの模様が気になってしまったわ。



第13位 Code:Realize~創世の姫君~
私は原作ゲームをプレイしてるから、やりたかったこと、スタッフが頑張ったことは凄い分かる。
でもやっぱりあの膨大なゲームを1クールでまとめるのは難しいよなと。努力は認めるけど、初見さんは絶対に付いて来られていないだろうなと。
でも第一話は本当よくできてたと思う。いや本当、よく30分にまとめたなと。涙ぐましい努力の跡が垣間見れる、そんなアニメでした・・・・・・せめてゲームの販促に繋がっていればいいんですけどね・・・・・・。



ということで、2017年はこんな感じでした。
あとランキング対象外だけど、10分アニメで、「捏造トラップ−NTR−」は見てましたね。
なんというか、今年は時野的にはアニメ不作年だったな。序盤面白かったのに最後が残念って作品が多かったという印象ですね。レクリもカドもオルフェンズもいい素材だったのにな・・・調理法間違えすぎだろ・・・・・・


さぁ、ようやく年明けです。
2017年、大変お世話になりました。2018年もどうぞよろしくお願いいたします。

PageTop

10年間のアニメを振り返る

お久しぶりです。
2017年12月59日の世界線からこんにちは。

今月は仕事というか、半自分のことですが、気がそぞろでした。
ひとまず落ち着いたので、久々にブログをば。

といっても、まだアニメランキング記事書けてないのですが。だってモチベーション上がらないんだもん・・・。
でも、未来の世界線の新アニメが面白いので早く感想書きたい。ということで、ランキング記事頑張ります。

でだ。ちょっとブログ記事を書くリハビリを兼ねて。
年内に書こうと思ってた記事を書きたいと思います。
というのもですね。2004年12月に開設した当ブログ。2007年4月にブログを移転して今に至ります。
そうなのです。ブログ移転から10年が経ったわけです。
つーことで、ブログ移転後・時野さんが大学生になった頃からの「年末アニメランキング」を引っ張り出してみました!(笑)
見返してみると「そうえいばこんな作品あったなー。好きだったなー」みたいな再発見がありました。
長年の読者様も懐かしさを感じて頂けたら嬉しいです。

ということで。2007年末のランキングからどぞー!


2007年
■第1位  銀魂
■第2位  コードギアス 反逆のルルーシュ
■第3位  武装錬金
■第4位  地球へ・・・
■第5位  機動戦士ガンダム00
■第6位  ラブ★コン
■第7位  DEATH NOTE
■第8位  D.Gray-man

2006年4月にスタートした銀魂。初期の滑りっぷりを経て半年後の鍋回で大化け。
2007年は紅桜編とかがやってた頃ですかね?懐かしい。
2位のギアスも良かったですよね。無印の頃は時野さん「受験生」でしたので、ほとんど感想書けなかったんだよな。丁度今再放送やってますが、10年経っても古さを感じない面白さがありますよね。本当「エンターテイメント」の塊でした。
武装錬金はずっと撮り溜めてて、受験が終わってから怒涛の一気見をした思い出。めちゃくちゃ面白かったな。
地球へもめっちゃハマりましたね。ソルジャーブルーが大好きなんじゃー!青爺ズルい。存在がズルい。
時野的に2007年は時野アニメオタク史上、1・2位を争う豊作年です。


2008年
■第1位  機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン
■第2位  銀魂
■第3位  今日からマ王!第一シリーズ ※再放送
■第4位  機動戦士ガンダム00 ファーストシーズン
■第5位  るろうに剣心-明治剣客浪漫譚- ※再放送
■第6位  コードギアス 反逆のルルーシュR2
■第7位  今日からマ王!第三シリーズ
■第8位  隠の王
■第9位  カウボーイ・ビバップ ※再放送
■第10位 D.Gray-man

1位はダブルオー。ダブルオー二期は面白かったですよね。このランキングに該当するのは二期の前半なので。面白さ全盛期ですね。毎週ワックワクだったなー。正直、ブレイクピラー事件以後(2009年分)はうーんという感じなのですが、でも総括して面白いガンダムだったなと思います。劇場版は結構好きだし。
なんというか、こうして見ると2008年は学校生活も忙しくて、安全牌な再放送ばかり見てた感じがしますね(苦笑)


2009年
■第1位  絶対可憐チルドレン
■第2位  銀魂
■第3位  ミラクル☆トレイン~大江戸線へようこそ~
■第4位  おおきく振りかぶって ※再放送
■第5位  涼宮ハルヒの憂鬱
■第6位  機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン
■第7位  戦国BASARA
■第8位  懺・さよなら絶望先生
■第9位  今日からマ王!第三章
■第10位 夏のあらし!
■第11位 うみねこのなく頃に
■第12位 夏のあらし!~春夏冬中~

絶チル!絶チルは本当に面白かった。なんつーか、凄い私好みの作品でした。そしてOPを歌ってた可憐Girls(当時小学生)の一人が世界で活躍するアイドルになるとは・・・・・・いや、割と最近知ったんですけど、驚きすぎて顎が外れるかと思ったわ。
そして!3位のミラトレ!!後に「うたプリ(2011年)」が女性向けの高度なギャグアニメとして降臨しますが、その前進というか、原型はミラトレにあったと思ってます。いやーミラトレ本当に面白かった。そしてたまにいい話でジーンとする話があったり。うたプリアニメ(1期)が好きな人はミラトレも楽しめると思います。オススメです。


2010年
■第1位  おおきく振りかぶって~夏の大会編~
■第2位  銀魂
■第3位  おとめ妖怪 ざくろ
■第4位  薄桜鬼
■第5位  薄桜鬼 碧血録
■第6位  世紀末 オカルト学院
■第7位  戦国BASARA弐
■第8位  デュラララ
■第9位  咎狗の血
■第10位 荒川アンダーザブリッジ×ブリッジ
■第11位 STAR DRIVER 輝きのタクト
■第12位 荒川アンダーザブリッジ

2010年春、我が家に初めてBDレコーダーが!(それまではビデオ録画でした)
おお振り二期は最高でしたね。ハイビジョンTVで神作画を拝むのが至福でした。
おとめ妖怪ざくろも良かったですよね。最初は期待してなかったんだけど、毎週きゅんきゅんしておりました。
そして薄桜鬼。私の人生を狂わした作品の一つですね。まさか鼻で笑ってた乙女ゲーにハマる日が来るとは・・・薄桜鬼はアニメも凄く良くできてましたよね。よくもまぁ、あんなボリュームのある内容を上手いことまとめたもんだと。それまで乙女ゲームとか少女漫画のアニメ化にいい思い出がなかったので、薄桜鬼には感動したものです。


2011年
■第1位  青の祓魔師
■第2位  うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVE1000%
■第3位  銀魂' 
■第4位  Fate/Zero
■第5位  ちはやふる
■第6位  Persona4 the ANIMATION(ペルソナ4)
■第7位  SKET DANCE スケット・ダンス

青エク!青エクは本当に良かったですよね。今年続編をやるってことで、一期を見直したんですが、改めていい作品だなっと思いましたね。2話で号泣する。
そして伝説の幕開け!うたプリ!誰が今の勢いを予想できたことか・・・・・・。全てはマジLOVE1000%のせいですよね。HAYATO様とか砂月とか、今思い返すと懐かしいよなぁ~。
Fate/Zeroは雁夜おじさんが好きでした。あの人間くささが嫌いになれないんですよね。あまり理解されないのが悔しいけど(苦笑)


2012年
■第1位  アクエリオンEVOL
■第2位  Persona4 The ANIMATION
■第3位  CODE:BREAKER コード:ブレイカー
■第4位  Fate/Zero 2ndシーズン
■第5位  ちはやふる
■第6位  絶園のテンペスト
■第7位  SKET DANCE
■第8位  K
■第9位  緋色の欠片
■第10位 TARITARI
■第11位 緋色の欠片 第二章
■第12位 アルカナ・ファミリア
■第13位 銀魂'(1月~3月)
■第14位 銀魂 延長戦(10月~12月)
■第15位 薄桜鬼 黎明録
■第16位 マギ

この頃から、「1クール+1クール」制が当たり前になってきましたよね。ってことで、作品数は増えてるけど、作品シリーズで行ったらちょっと増えたくらいなのかな?
アクエリオンEVOL面白かったですね。シュレード様とカイエン殿がイチイチ面白すぎるのだ。終盤は「うーん」と思う展開も多かったのですが、序盤の面白さで押し切った感があります(笑)あと、ユノハとジン君にきゅんきゅんしましたねー。
ペルソナ4も面白かった。毎週ワックワクで見てました。
そしてコードブレイカー!地味でちょっとノスタルジックな所が好きでした。00年代の夕方アニメ風味といいますか。
ゲームは緋色の欠片にドハマリしてました。アニメも上手くまとめてたなと感心しました。


2013年
■第1位  絶園のテンペスト
■第2位  革命機ヴァルヴレイヴ 2nd SEASON
■第3位  うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVE2000%
■第4位  Free!
■第5位  THE UNLIMITED 兵部京介
■第6位  ゴールデンタイム
■第7位  革命機ヴァルヴレイヴ
■第8位  銀魂 延長戦
■第9位  黒子のバスケ 2nd SEASON
■第10位 声優戦隊ボイストーム7
■第11位 DIABOLIK LOVERS
■第12位 ストライク・ザ・ブラッド
■第13位 ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生 The Animation
■第14位 COPPELION
■第15位 AMNESIA
■第16位 DEVIL SURVIVOR 2 the ANIMATION
■第17位 犬とハサミは使いよう
■第18位 ローゼンメイデン
■第19位 カーニヴァル

1位は絶園のテンペスト!個人的にも長年、城平京ファンをやっていて、ようやく報われたと別の意味でも泣いた作品だったりします(苦笑)スパイラルのアニメから丁度10年。やっと報われたな・・・と。
ヴヴヴもなんだかんだ言いながら勢いが途切れなかったし、面白ったです。
うたプリ2000%も最高でしたね。うたプリシリーズでは二期が一番面白かったと思ってます。丁度会社に入社した年で、慣れない仕事に悪戦苦闘しながら、週末のうたプリを生きがいにしてた思い出。
Free!はリアルタイムでは見てなかったのですが、年末に会社の同期(男)が「絶対、時野さんに合う!」と絶賛しながらBD貸してくれて。数日で見てしまうほどドハマリした思い出。
絶チルのスピンオフであるアンリミも面白かった!


2014年
■第1位  バディ・コンプレックス
■第2位  アルドノア・ゼロ
■第3位  アカメが斬る!
■第4位  ノブナガン
■第5位  Free! -Eternal Summer-
■第6位  SHIROBAKO
■第7位  クロスアンジュ 天使と竜の輪舞
■第8位  ゴールデンタイム
■第9位  ソードアート・オンラインⅡ
■第10位 一週間フレンズ。
■第11位 ストライク・ザ・ブラッド
■第12位 アオハライド
■第13位 ウィッチクラフトワークス
■第14位 ブラック・ブレット
■第15位 東京ESP
■第16位 Fate/stay nigth [Unlimited Blade Works]
■第17位 黒子のバスケ 二期
■第18位 神々の悪戯
■第19位 魔法科高校の劣等生
■第20位 白銀の意思 アルジェヴォルン
■第21位 selector infected WIXOSS
■第22位 極黒のブリュンヒルデ

2014年はバディコンの年!本当不遇のアニメだったなと。まさか二期が無くなるなんて・・・・・・それでも13話掛けてやるはずだった話をたった2話にまとめ、かつ綺麗にフィニッシュしたバディコンの脚本力には脱帽。
ロボットモノアニメってどうしても最後が残念だなと感じることが多いのですが、バディコンは本当に綺麗で納得のいくラストでした。タイムリープを扱ったり、なかなか面白い設定だったのに・・・・・・せめてノベルズとかでもいいから、本来描くはずだった二期が見たいです・・・・・・いつか再評価される日が来ることを祈っています。
なんて書いてたら、2018年発売のスパロボに初参戦するらしいですね!!やっべちょっと興奮してきた。みんなにまずはバディコンの存在を知ってもらわねば・・・・・・スパロボさん本当宜しくお願い致します。
A/Zは一期がランキング評価対象となってます。あんな終わり方されたら気になるじゃないか。ただな、二期がな・・・・・・
アカメが斬るも良かった。ノブナガンも「設定・世界観が燃える」アニメで大好きでした。


2015年
■第1位  SHIROBAKO
■第2位  機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ
■第3位  監獄学園 プリズンスクール
■第4位  クロスアンジュ 天使と竜の輪舞
■第5位  暗殺教室
■第6位  Dance with Devils
■第7位  うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ
■第8位  終わりのセラフ 名古屋決戦編
■第9位  K RETURN OF KINGS
■第10位 黒子のバスケ 三期
■第11位 ワンパンマン
■第12位 響け!ユーフォニアム
■第13位 プラスチック・メモリーズ
■第14位 それが声優!
■第15位 山田くんと7人の魔女
■第16位 蒼穹のファフナーEXODUS(二期)
■第17位 終わりのセラフ
■第18位 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか
■第19位 Fate/stay nigth [Unlimited Blade Works] 二期
■第20位 アルドノア・ゼロ 二期
■第21位 蒼穹のファフナーEXODUS
■第22位 デュラララ!!×2 転
■第23位 DIABOLIK LOVERS MORE,BLOOD
■第24位 デュラララ!!×2 承
■第25位 艦隊これくしょん-艦これ-

1位はもうSHIROBAKO一択ですよね。近年で一番面白かったわ!しかし、時野さんの仕事が進行に近い内容だったこともあり、結構仕事で疲れてたというか軽く病んでた頃で、平岡見てるのがすっごい辛かったなという思い出。平岡に精神抉られる日々だったなと(苦笑)今だから笑える話です。
鉄血のオルフェンズも、一期はすごいワクワクしましたね。
そして監獄学園!!!もう凄いとしか言いようがない。阿呆5人中でもガクトさんには脱帽。二期はまだですか?いつまでも待ってます。
クロスアンジュもダークホースすぎました。超面白かった。


2016年
■第1位  昭和元禄落語心中
■第2位  機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(一期)
■第3位  私がモテてどうすんだ
■第4位  91Days
■第5位  機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(二期)
■第6位  ユーリ!!! on ICE
■第7位  Occultic;Nine-オカルティック・ナイン-
■第8位  僕のヒーローアカデミア
■第9位  クオリディア・コード
■第10位 暗殺教室 二期
■第11位 亜人(二期)
■第12位 刀剣乱舞-花丸-
■第13位 うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレジェンドスター
■第14位 B-PROJECT 鼓動*アンビション
■第15位 無彩限のファントム・ワールド
■第16位 初恋モンスター
■第17位 坂本ですが?
■第18位 文豪ストレイドッグス(二期)
■第19位 亜人(一期)
■第20位 文豪ストレイドッグス
■第21位 デュラララ!!×2 結
■第22位 ハルチカ~ハルタとチカは青春する~
■第23位 ノルン+ノネット

そして昨年2016年。落語心中の面白さは異常。そして石田彰の怖さを再確認させられたアニメでした。
昨年の記事にも書いたけど、2~4位は甲乙つけられなかったですね。
オルフェンズも面白かったし、私モテも最高だし、91は引き込まれた。


そんな10年間でした。
いやーこうやって見ていくと、本当に懐かしいなと。
ランキング上位作品しかコメント書けなかったけど、もっと言いたい作品はいっぱいありました。
では、この後は2017年のアニメランキングですね。なんとか書き上げたいと思いますので、もうしばらくお待ちいただければ幸いです。

次回は年越しするぞー!!!


PageTop

2017年腐り納め

2017年12月37日の世界線からこんにちは。
結局まだ年越しできていないわけで・・・ならば!

2017年腐れ納めじゃぁぁぁぁーーーー!

ということで、2017年最後のBLネタ記事です。というか春菊先生作品ばっかりですが。
だって!年末に色々発売しすぎなんじゃー!エメラルドと純ロマ22巻買ってしまった(苦笑)
そして年内に書いておきたかった記事が!(随分前に書いて、下書き状態だった記事です)

ということで。六度白状します。
もうお馴染みのこのフレーズですが、ついにこの作品に手を出してしまった。

「Hybrid Child」のOVA観ました。
そして、原作も買いました。


「純情ロマンチカ」「世界一初恋」の作者、中村春菊の作品です。BL作品です。
OVAはずっと見てみたいとは思ってたが、ネット配信はしていないし、購入しようにも3巻・4巻は密林さんでも売り切れだし、でずっとためらっていたのですが、恥を忍んで借りて来たわ!

全4巻、3組のオムニバス作品ですが・・・・・・
たった25分で時野を号泣させるとか、凄すぎて震えが止まらない・・・・・・

1巻の中盤でもう滝のように泣いてたわw
最初から凄い好みのストーリーだったなと満足してたんですが、2巻そして4巻も号泣してしまった(苦笑)

ストーリーを簡単に説明すると、時代は各巻若干異なりますが、明治中期頃が舞台。(3巻は幕末だが)
ハイブリッドチャイルドという「持ち主の愛情を反映して成長する人形」にまつわる切ない恋物語。

1巻は若くして名家の当主となったがデキの悪い青年・小太郎とハイブリッドチャイルドの葉月の物語。
10年一緒に居た幼馴染的な葉月が寿命を迎えようとしており、それを阻止しようと懸命になる小太郎。小太郎と葉月の絆にグッと来ます。そして葉月の想いに時野さん大号泣・・・・・・初っ端から面白いぐらい泣けてビックリした。
ハイチャの3組はどれも好きで、泣けるけど、一番好きなのは小太郎&葉月コンビかもしれない。
そして4巻まで見た後にまた見直すと、また違う感想が生まれるんですよね。黒田の気持ち考えると余計泣ける。無限ループ怖いと思った作品でした。
何を言っているのか多分伝わってないと思いますが、見ればわかる。
ツ●ヤさんでも置いてる店舗は少ないようなので、ネットレンタル等ご利用頂ければ借りられるかと。(私は実店舗で恥を忍んで借りたのですが、地元の店舗にはもちろんなく、都内の某所まで行ったわ!苦笑)

2巻は・・・・・・上手い説明が思い浮かばないのですが、壱様とハイブリッドチャイルドのゆずの優しさというか、お互いを想い合うが故の遠慮というかなんというか。ああ、説明できない。
壱様の辛い過去は3巻で明らかになるわけですが。とにかくこの二人が好きです。本当説明できない良さ。
ちなみに、一番コミカルなシーンが多いストーリーでもありますよね。ゆずの世間知らず故の突拍子のない言動に壱様が驚かされる感じも萌えます。原作のカバー裏漫画も面白かったw

3巻・4巻は、時代が遡り幕末。
「とある藩」としか言われてないけど、モデルは会津藩。幕末の会津ってだけでもう・・・・・・。
家老の月島と藩士の黒田・瀬谷という幼馴染三人の物語。
瀬谷は2巻で出てきた壱様の若かりし頃。そして黒田こそ、ハイブリッドチャイルドを作った張本人。なぜ黒田はハイブリッドチャイルドを作ったのか。これまでの謎が解明されるストーリー。
黒田と月島はお互い想い合っているが、素直になれない二人。しかし無情にも激動の時代に飲み込まれる二人にもう言葉が出ない。終盤のシーンとかもう変な声あげて泣いてしまったわ・・・・・・あれはアカン。BGMも卑怯や!(苦笑)

ということで。泣ける話が見たい方にはオススメです。BLと言っても、いわゆる「そーゆー」シーンはほぼないです。原作も。本当に純粋に想い合ってるという。恋愛というより「愛情」「絆」の物語という感じ。
本当、こんな切ない話を描ける中村春菊先生って凄いわ。

ということで、2017年の内に、見たことを書いておきたかった。満足。
この後は、エメラルド冬の号のセカコイと純ロマ、純ロマ22巻+ドラマCDの簡易感想です。
あと、せっかくなので、昨年の「8冊連続刊行」特典のスペシャルブック(6月到着)の感想も。
完全にネタバレなので、未購入の方はご注意ください。

PageTop

2017年12月34日の世界線からの言い訳

もはや毎年恒例になりつつありますが、
2017年12月34日の世界線からこんにちは。

年末のアニメランキング、書けてません。
今年は毎クール終わりに感想メモ書いてたんで、それに肉付けするだけなんですが、
・・・・・・ぶっちゃけていい?

2017年、時野的に超絶不作年でした・・・・・・orz

最初はめちゃくちゃ期待した作品も最後が残念っというのが多くて・・・・・・
感想書くモチベーションが例年以上に上がらない・・・・・・1位の作品はもう決まってるけど、それでも去年と比べたら6位ぐらいかもしれない・・・・・・
一番ワクッワクで見てたの、結局、「おんな城主 直虎」な気がする(苦笑)

あと、やはり年末年始は実家に帰省してるので、更新しづらい。今年もPCは持って帰ったけど、結局ほとんど立ち上げなかったし。
まぁ、「プリライ6thBD」・「逃げ恥一挙放送」・「母と一緒に『Free!!2期』」を見てたせいですけど(苦笑)

11月にシネライで観たけど、6thのラストでキャスト大号泣最高ですな。
「逃げ恥」観ました。めっっっっちゃ面白かった!みくり可愛い。平匡さん可愛い。そしてゆりちゃんがクソ可愛すぎィィィ!(苦笑)そして色々考えさせられたドラマでした。
「Free!」は母が完全にハマったワロタw今度はハイスピのBD見せてやるか・・・・・・。

今年もなかなか年越しできそうないですが・・・・・・週末の3連休で更新できればいいなと思ってます・・・・・・希望的観測。
モチベーションさえ上がればすぐ書けるのですが・・・・・・
2018年は面白いアニメがいっぱいありますように。

とりあえず、冬アニメは
「カードキャプターさくら クリアカード編」
「続 刀剣乱舞 花丸」
「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」
は視聴予定です。

では、次こそ年越しできることを祈って・・・・・・・。

PageTop