FC2ブログ

螺旋運命―SPIRAL DESTINY―

livedoor blogから引っ越して参りました。旧館から来た方も初めましての方も宜しくお願いします。

やったああああ\(^o^)/

やったああああああ!

ガンダムSEEDの中でも有数の名(迷)シーン、
「Nジャマーキャンセラー」のデータを手に入れ歓喜の声を上げるムルタ・アズラエル(笑)

ついにPHASE-46「たましいの場所」まで来ましたね・・・
この回、皆さんの中で一番印象が強いのは「やったああ」だと思うんですが、
キラフレ好きとしては、やはりフレイとキラの・・・ああ、思い出しただけで泣けてきた・・・

フレイにとっては「死んだと思っていたキラが生きていた」という安堵。
キラにとっては「転属になって地球の安全な所にいると思ってた彼女が戦場に居る」という衝撃。

ショックで動けなくなったキラが、はっと気づいてフレイを助けようとフレイの名を叫ぶシーンはやはり鳥肌モノです・・・・・・
シールドも失い、メインカメラも壊され、ボロボロの状態で・・・・・・
だって彼らの最後の会話覚えてますか?

フレイがようやく自分の気持ちに気付き始め、素直になろうと、キラに謝ろうとした。
しかし、戦闘に出なくてはいけないキラは「帰ってきてから」と言い残し、そのままストライクは爆散してしまった・・・・・・

あああもうどんだけすれ違いなんだよぉぉぉぉぉぉぉ・・・・!
父親を守ってくれなかったことへの復讐の為に近づいた。しかしいつの間にか自分にとって大切な存在になってた。フレイは素直になれない不器用だし、キラもスーパーコーディネイターだろうがなんだろうが、心は不器用な人間なんだなって思います。そこがキラ・ヤマトの人間味あふれるところで、魅力であり、最終回の「力だけが僕の全てじゃない!」に繋がると思うのです。
冷めた瞳で2分で25機落としている人間に言われても説得力がないわ。

最後、キラフレの回想カットがありましたが、
フレイの看病をしているキラのカットが本当大好きです。
この頃は、こんな日々が二人にとって幸せで、同時に不幸だった気がします。
なんだろう、なって言ったらいいのか分からないけど。すごく微妙な頃だよねっと。


あと、今回の話で好きなのは

「大丈夫。 僕、もう泣かないって・・・決めたから・・・」
「泣いて、いいのですよ?だから人は泣けるのだから・・・」


これ、すっごく好きなセリフなんです。
この頃のラクスは好きなんだけどな・・・どうして教祖になってしまったのか・・・

自分の両親は本当の両親じゃない、メンデル研究所の冷たい人工子宮で生まれたスーパーコーディネイター、カガリと双子、(仮面の男はムウの父親のクローンで、その制作に実父が絡んでいる)、戦闘続き・・・
っとここだけでもいっぱいいっぱいだっただろうキラの前に現れたのはフレイ。
そりゃ、倒れますがな。
ラクスにフレイの面影を重ねて苦しむキラ・・・こーゆー演出は本当上手いですよね・・・


さて、来週からは怒涛の桑島祭りです(笑)
フレイとナタルの会話のシーンとか鬼だろwそしてとても同じ人がやってるとは思えない。ほんと、声優ってスゲェー・・・!


ああ、もうすぐSEED終わっちゃうな・・・・・・・
これ、SEED終わったら何やるんだろう?ガンダムタイムなんでガンダムなんだろうけど。
DESTINYやんのかな?さすがにSEEDから間髪開けずDESTINY見るのは精神的に厳しそうな気がする・・・(苦笑)
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する