FC2ブログ

螺旋運命―SPIRAL DESTINY―

livedoor blogから引っ越して参りました。旧館から来た方も初めましての方も宜しくお願いします。

父からの本

父から「暇ならこれでも読め」と言われ「竜馬がゆく」(司馬遼太郎)全八巻をドンと渡されました、時野です、こんにちは。いや、暇ではないんだけどな・・・(汗)
個人的には戦国スキー(ヲタクまでは行ってないと思う)なので「どうせなら「功名が辻」とか戦国モノが良かったのに・・・」とブツブツ言いながら受け取ったんですが、読んでみると

「ヤバイ、これ面白いじゃないか!!!」

司馬遼太郎がなぜ偉大なのか、ちょっと分かった気もしなくもない。まだ1巻の60ページぐらいしか読んでない(もはや読んでる域にも達していない)のですが、グイグイ引き込まれていくといいますか。冒頭のさわりの5,6ページだけ読もうと思ったはずが気がついたら60ページも読んでた。

恥ずかしいことに、私、幕末史には本当に弱いんですよ。日本史大好きなんですけど、どうも幕末だけはダメで。ちなみに好きな番組は「その時歴史が動いた」です。なんで「自己紹介」に書いてないかというと、いつも見逃すから。気がついたら時間過ぎてるっていうのがしょっちゅうなんで書くのをためらったわけです。実は大好きです。松平さん(司会)の語り方も好き。って話が思いっきり逸れたな。
幕末史は本当に有名どころの人の名前ぐらいしかしらなくて。何したのかもよく分からないこともしばしば。
この「竜馬がゆく」である程度、知識の肥やしになればいいなっと思います。
どうでもいいけど、銀魂の「岡田似蔵」の元ネタ分かった。「岡田以蔵」か!本当、空知先生のネーミングセンスには笑わせられるわ(苦笑)
柳生輿矩とかね。元ネタって柳生宗矩(むねのり)だよね?胸→腰ってことでしょ?(笑)

ちなみに、これ全巻読み終わったら多分、父から「高杉晋作」を薦められるに1票(微妙に私信 笑)


ということで、PCが使えない間、坂本龍馬ストーリーを楽しもうと思います。


コメント、トラックバックもお気軽にどうぞ。
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する