FC2ブログ

螺旋運命―SPIRAL DESTINY―

livedoor blogから引っ越して参りました。旧館から来た方も初めましての方も宜しくお願いします。

ラジオ スクライドin ロストグラウンド

スクライドのネットラジオが始まったと噂を聞きつけ、早速聞いてみました!

パーソナリティはクーガー役の津久井さんとシェリス役の倉田さん。
全4回とのことで、初回&この記事がUPされている頃には更新されているであろう第二回のゲストは劉鳳役の緑川さんです。
ということは、ラスト2回は保志さんかな?てゆーか、保志さん以外考えられん。主役主役(笑)

やっぱスクライド最高!
私なんかは去年DVDで見た人間なので記憶に新しいですけど、これ2001年に放送された作品ですからねー。でも、話の節々で印象に残ったシーンとか裏話とか熱く語ってくださりまして、感動しました。

ちなみに、私が好きなスクライドの名シーンは、緑川さんも挙げてますけどシェリスがアルターを使ってしまった時の劉鳳が泣くシーンですね。あれは鳥肌たった。その前の「お前は泣いていい」というカズマもたまりません。あのセリフのせいで号泣っすよ。
あと最終回の殴り合いとかね。いつまでやってるんだとwww
あと、かなみ争奪戦(?)。「かなみの手料理は美味かったな」「食ったのか!?」の掛け合い。カズくんの必死さが面白かった。
社長こと橘あすかも最初は「オイオイ」と思った地味キャラでしたが、後半あんなに活躍するとは思ってもいなかったよw
でもやっぱり一番好きなのは君島のあのシーンですね・・・・・・某回のラスト。

スクライドはとにかくどのキャラもキャラが濃くて!
みもりさんとか、他の作品だと嫌われそうなキャラだけどスクライドでのみもりさんは大好きです。芯が通ってるのが痺れる。嫌味がないっていうのが彼女の魅力だと思います。
そんなわけでどのキャラも大好きなんですが、
でも特に君島とクーガーが好きです(笑)


そんなわけで第二回も楽しみです、スクライドラジオ。



コメント、トラックバックもお気軽にどうぞ。
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

2001年か…そうか…

 そうかスクライドって2001年だったのか…
 スクライドは高校時代にハマリまくって、未だに大好きな作品の一つです。
 その勢いたるや、ついついDVDボックスを買ってしまうほど…

 自分にとっては、唯一といっていいくらい誰にでも薦められる作品なのですが、本編及び公式アニメブックを見ていて……

「これ女の人が見たらあんまり面白くないんだろうなぁ…」

と、正直思ってました。
 公式アニメブックで、監督の谷口さんと脚本の黒田さんが、各キャラについてコメントしていたのですが、谷口監督の女性キャラについてのコメントは、「スクライドは男の物語なので、女に関して語る事など何もありません」で統一すると言う徹底ぶり…扱い悪いなぁ。
 むしろ、わざと女性視聴者遠ざけてんじゃないか?と思っていたのですが、意外に女性からのウケも良かったんですね。

 ラジオで25話は幸せな最終回、26話は最初っから最後まで殴り合いの最終回と言っていましたが、気付かなかったけど言われてみれば確かに…
 前半:これまでの自分の技を見せながら殴り合い
 中盤:自らの最大限の力を振り絞った殴り合い
 後半:生身でのガチンコの殴り合い(目潰し、頭突きもあるよ♪)
 ただの殴り合いを30分飽きさせずに、かつ気付かせずに見せる、どれだけ凄い事か再確認しました。
 やっぱ黒田、谷口は天才だわ…

 最後に、
 「さぁ、行こうぜぇ!君島ぁ!!」
 「君島ぁ!こいつは、この光は、俺とお前のぉ!輝きだぁぁぁああああああああああ!!」
 「意地があんだろぉ!男の子にはぁ!!」
 カズマや君島の台詞は、今でも心を揺さぶられる、大好きな台詞です。
 
 それでは、駄文失礼!
 
 

いわお | URL | 2008年04月24日(Thu)14:15 [EDIT]


■いわお様

>その勢いたるや、ついついDVDボックスを買ってしまうほど…
ボックス買われたのですか!
でもスクライドは「無性にあのシーンがみたい」と思わせる作品だったなと思います。そんな作品なのでDVDがあるといつでも見返せるのでいいですよね。羨ましいです。
とにかく痺れる作品でした。

>「これ女の人が見たらあんまり面白くないんだろうなぁ…」
>と、正直思ってました。
まぁ、正直に言うと、女性受けは低そうな感じですよねー。私は守備範囲が広いんでガチンコ喧嘩が楽しくてたまらないのですが、一般的な女性視聴者だったらストライクゾーンではないかもしれませんね・・・
と言っても私にスクライドを熱心に薦めて下さった方は3人ほどおられるのですが皆さん女性でした(笑)

>「スクライドは男の物語なので、女に関して語る事など何もありません」
>で統一すると言う徹底ぶり…扱い悪いなぁ。
>むしろ、わざと女性視聴者遠ざけてんじゃないか?と思っていたのですが、
>意外に女性からのウケも良かったんですね。
私はむしろその徹底振りに惚れましたね。変に意識せず、「あくまで男の物語」を貫くところに逆に惹かれました。
そしてスクライドに登場する女性キャラって実は好きなんです。記事でも書きましたが、みもりさんやシェリスのようなキャラは他の作品では結構女性視聴者から嫌われるタイプのキャラです。でもスクライドにおいてこの二人は嫌味なく、私個人的にはむしろ好感が持てるキャラでした。(でも一番好きなキャラは かなみ です 爆)
とちょっと女性視点で考察なんかしてみましたが、自分の感覚はちょっとズレてる所があるので一般論になってるかどうかは不明です(苦笑)

>ラジオで25話は幸せな最終回、
>26話は最初っから最後まで殴り合いの最終回と言っていましたが、
>気付かなかったけど言われてみれば確かに…
私もラジオを聴いて「そういえば、そうだな」っと思いました。
こんな話を聞いてしまうと余計に谷口信者になってしまいそうです(苦笑) 

>「さぁ、行こうぜぇ!君島ぁ!!」
>「君島ぁ!こいつは、この光は、俺とお前のぉ!輝きだぁぁぁああああああああああ!!」
>「意地があんだろぉ!男の子にはぁ!!」
>カズマや君島の台詞は、今でも心を揺さぶられる、大好きな台詞です。
私もこのセリフ達が大好きです。
熱い作品かつこのセリフが紡がれた話達はその中でも特に熱い回だったので、声優さん達の演技も熱が入ってて。心に残るセリフですよね。

次回のラジオのゲストは保志さん。
緑川さんとはまた違った視点でスクライドの世界が語られるかと思うとワクワクします。早く3回目更新されないかなーっと水曜日を今か今かと待っております(笑)

時野咲希 | URL | 2008年04月26日(Sat)14:30 [EDIT]