FC2ブログ

螺旋運命―SPIRAL DESTINY―

livedoor blogから引っ越して参りました。旧館から来た方も初めましての方も宜しくお願いします。

結論:乙女ゲームは色々ありな世界なんです

第3話も絶好調でしたね。
「はめふら」こと「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」です。

本当、なんだよこの面白さ……カタリナが最高すぎる。男女問わずモテモテの人たらし。それでいて鈍感にも程がある。
カタリナの行動によって既にカタリナの運命はゲームとは異なる道に進んでいるのに、カタリナ自身は「ゲームの流れからは逃れられない」と思い込んでるから、好意を受け取れないんだろうな。どうせみんなマリア(本来の主人公)を好きになるんだからと、自分から線を引いて鈍感に拍車掛けてるのがシュールで楽しいです(笑)

カタリナ様の破滅フラグが立ってたジオルドとキースルートですが、
ジオルドはカタリナ大好きすぎて、国外追放になることはまずないし。
キースは立派なシスコンになったし。
アランとニコルルートは元々カタリナの出番少ないわけだしね。
逆に、アランの婚約者(メアリ)とニコルの妹(ソフィア)がカタリナ大好きすぎて、この二人のルートの方が荒れそうだwww
ここに、マリアが加わって、どうなるのか。来週からが本編ですもんね、楽しみです。でも正直言うと、ロリ&ショタ時代が大好きでしたァァァ。寂しい……

ちなみに、時野さんが実際に「FORTUNE・LOVER」をプレイしたら、大体、アランもしくはニコルが好きになるパターンですね(笑)
アランの攻略難易度は低そうだけど、ニコルは難易度高そう……。ニコル単体でも難しそうなのに、その上シスコンとか。シスコンキャラを攻略するのは大変なんだぞ!(爆)
で、シナリオの出来次第ですが、キースルートで号泣する姿が目に浮かぶぜ……(苦笑)
ジオルドタイプはあまり刺さらないんだけど、多分このゲームの概要を見るに、ジオルド様のドSっぷりをネタキャラとしてブログで大いにいじってそうだなと思った(爆)

マリアが主人公だとメアリやソフィアとの百合ルートは期待できませんが、カタリナが主人公だったら百合ルートが2つ、マリアも含めれば3つもあるやん……何コレ神ゲーやん。
というか、マリアにとっての親友ポジションっていないのかね?乙女ゲームって大体主人公に親友ポジションの女子がいるのがお約束なのですが。
親友ポジの子との百合ルートを妄想するのも乙女ゲームの楽しみ方の一つですよ(笑)

乙女ゲームで百合!?と驚かれる人もいるかもですが、親友キャラはほぼ必ずいますし、その一部は百合キャラになってることが結構ありますよ。
中でも特筆すべきは「緋色の欠片」の言蔵美鶴ちゃんでしょうか……。彼女のポテンシャルはすごいですよ。各攻略ルートによって恋愛面でのポジションが変わるのですが……

犬戒慎司ルート⇒慎司が大好きすぎてヤンデレ化。恋敵ヒロイン。
鬼崎拓磨ルート⇒拓磨が好きな恋敵ヒロイン。
狐邑祐一ルート⇒慎司が好き。報われない恋をする主人公の友人ポジション。
鴉取真弘ルート⇒拓磨が好き。報われない恋をする主人公の友人ポジション。
大蛇 卓ルート⇒出番があまりない。
狗谷 遼ルート⇒主人大好きな百合キャラ。遼なんかに大好きな珠紀様は渡しません。

※なお、遼ルートで発揮した百合ポジションが後の続編シリーズの美鶴ちゃんの原型になる。
改めて美鶴ちゃんのポテンシャルの高さよ……ヤンデレから百合までなんでもこなすぞ。
ちなみに、美鶴ちゃんは上記の通り色々イレギュラーでして、緋色の欠片全体での主人公の揺るがない親友ポジションは清乃ちゃんです(笑)

この他、あまりにも素晴らしい百合ポテンシャルを秘めており、「なんでこのキャラのルートがないんだよぉぉぉ!」と思ったのは「Dance with Devils」のアズナですね。アズナルートは本当に欲しかったです(真顔)

結論:乙女ゲームは色々ありな世界なんです。


話が脱線しましたが、カタリナという最高の人たらしが巻き起こすラブコメディ。
流行の異世界転生モノですが、キャラクターとストーリーが秀逸。
本当面白いです。はめふらオススメですよ。
既に最終話まで完パケしているそうで、安心して楽しめそうです。ありがとうございます……!

来週からが学園編ということでついに本編突入。
どうなるかワクワクです。どうか最後まで楽しい作品であることを願っております。

スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する