FC2ブログ

螺旋運命―SPIRAL DESTINY―

livedoor blogから引っ越して参りました。旧館から来た方も初めましての方も宜しくお願いします。

出戻りなので3年遅れのリアクション

少しお久しぶりですね。時野です。
平成もあと数日で終わりますね。ここ数日、友人たち(昭和63年生まれ)がぞくぞく入籍して行くのが面白い今日この頃。みんなそんなに平成ジャンプ回避したいのかよwww
時野さんは残念ながら結婚する気がない独身貴族&一応ギリギリ平成生まれなので今回はジャンプにならないので、みんなを微笑ましく見守っております(笑)
色々書きたい記事があるのですが、いかんせん、今期のアニメをなかなか消化できてなくて、撮ったはいいがまだ1話も見てない作品も何個かあったりするので、アニメの記事が書けない状態です(苦笑)
この休みに消化して追いつきたいと思ってます。

ということで、連投になってしまいますが、以下とうらぶの話題です。
しかも、先週の時点で9割書いていたが、書き終わらず、お蔵入りしそうになってた記事ですwせっかくここまで書いたからUPしとくか的な奴です(苦笑)
お暇があればお読みください↓↓

-------------------------------------------------
審神者向け記事デス。

連続とうらぶ記事で申し訳ないのだが、噂通り凄いことになってたのを実感したので書かずに居られなかった。
以下、「今剣」の修行手紙ネタバレです。今剣をまだ極にしてない審神者は見ないほうがいい。

これが、噂の
「ニトロプラスやりやがったー」
案件か・・・!ガクブル

※まぁ、彼の極実装されてからもう3年近く経とうとしているがw今更鳥肌立ってる出戻り審神者の反応をお楽しみください。

時野さんは出戻り組なので、まず修行道具をある程度集めること。
そして第一部隊の戦力を確実にすることを目標にこれまでやってきました。
それがようやく今年入ってから、第一部隊全員がカンストして、今まで育てられなかった子達の育成まで行き渡るようになりました。白山くんのお陰でレア男士もいっぱい出たし。同期組として一緒に育てようと頑張って、みんなかなりすくすく育ったぜ。

そして昨年末の山姥切からスタートしてこれまで4名を修行に出して極にしました。

山姥切国広(打刀):cv前野智昭
小夜左文字(短刀):cv村瀬歩
厚藤四郎(短刀):cv山下大輝
今剣(短刀):cv山下大輝

中の人を書いたのはわざとです(笑)
厚くんマジカッコイイよね。薬研(こっちはcv山下誠一郎ですがw)もそうですが、粟田口派の短刀組中ではお兄ちゃんポジションなんだよなぁ。
一方で今剣は本当天真爛漫で可愛いよね。ウチのチュートリアル男士(初期刀の次に手に入る刀のこと)です。
「僕は天狗なんですよー!とんだりーはねたりー!」
「僕は義経公の守り刀なんですよー!」
マジカワイイ。
厚くんが4日間の修行を終え、本丸に帰還したタイミングで今剣ちゃんもカンストしたので入替で修行に出しました。

以前より、現役審神者の方たちから「今剣の修行手紙ヤバイ・・・・・・ニトロ的な意味で」と聞いていてビクビクしていたのですが、いざ、修行に出して、修行中のいまつるちゃんからの手紙を受け取って衝撃を受けた・・・・・・
・・・・・・確かに凄い設定盛り込んできたな・・・・・・なにこれ切ない・・・・・・・

時野は出戻りなので、先に山姥切を修行に出してたわけですが、
なんなんですかね。この二振り。
修行中に発覚した新事実が似ていて、そしてその内容が正反対で、導き出した答えが一緒っという・・・・・・
思わずゾクゾクっとしました。ウチの初日組が修行で抱えた爆弾怖すぎなんですけど!(苦笑)

まずは山姥切国広さんの修行の手紙の内容要約(※ネタバレ注意)
「山姥を斬ったのは長義のはずなのに、人によっては俺が斬ったという言う奴もいて驚いた」
「俺の記憶と違うけど、どういうことだ?」
「山姥斬った斬らないとか、逸話はどうでもいいや。今の主に必要にされているならそれでいいや」
と開き直って、布を脱ぎ捨て、ポジティブ王子化した山姥切国広さん。

一方で今剣さんの修行手紙の内容要約(※ネタバレ注意)
「ぼくはいま、義経公といっしょにいます!」(最初は嬉しそう)
「義経公と最後までいるつもりです・・・・・・でも変なんです。義経公が守り刀であるはずの『今剣』を持っていないんです」(困惑)
「義経公の最後を見届けました。・・・・・・僕は存在しない刀だったんですね」(哀)
「でも、今の主様が大事にしてくれるから!いまから帰りますね!」

いまつるーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!
え?どゆこと?いまつるちゃん存在しないん!????と思って調べたら、今剣という刀は逸話上の刀という説もあるそうで。じゃあ今までいまつるちゃんの記憶の中にあった義経公や岩融との想い出は・・・・・・・?なにこれ、どこかで既に歴史修正されてるとか・・・?そーゆーことなんですか??????よーわからんが。
でも山姥切も「俺の記憶と違う」と言ってたわけで・・・・・・ナニコレ、怖すぎなんですけど。

二人とも、自分が記憶していた内容と実際(修行先で起きたこと)が異なってて、自分の存在について悩んで、結果、「今の主(審神者)が大事にしてくれるならそれでいい!」という答えに行き着いた感じなのかなと・・・・・・
山姥切の方は、どっちかというと今まで逸話に引っ張られ続けてきたから、ポジティブに「今の主が大切にしてくれるならそれでいいじゃん!」となったわけだが、今剣は今まで信じてたものが崩れ去って、もはや「今の主しかいない」という軽い依存ですよ。切ない。闇を感じるがその闇を含めて、今の主である私がいっぱい愛してあげるからこっちおいでー!ってなった。

しかし山姥切についてもちょっと考えてしまった。
というか、修行前の山姥切国広のアイデンティティってこうだよなっと思ったのが、
「俺は写しなんだから、俺に霊力を期待するな」(=本歌と比べるな)
「綺麗って言うな」(=本歌がないから俺を代わりにするんだろう?写しは汚れてるぐらいが丁度いいんだよ)
「写しだけど、国広第一の傑作なんだ!」(=国広が作った刀で一番の傑作は俺なんだ)
※補足:ざっくり説明すると、長船派の刀工である長義が打った名刀を堀川国広(刀工)が真似して打った刀が山姥切国広です。「写しを作れ」と頼まれたから作られた刀なわけですが、それはそれで一級品で、国広の代表作の一つなんだそうです。

最後の「国広第一の傑作」「切れ味がいい」だけが山姥切国広のアイデンティティというか、唯一の自尊心だったんだよなと。でもさ、「国広の一番の傑作は俺」と言ってたら普通は、ほかの堀川派の刀から怒られそうな気がするけど、とうらぶの国広三兄弟は本当性格がいいんだよなぁ。

まず、堀川君に至っては「僕が真作かどうかは真偽が分かれる所だけど、兼さんと一緒に戦ったのは本当だよ。僕は土方歳三に使われた刀。それがすべて」という、ある意味、山姥切より重いもの背負っているのに、修行前から既に自分の確固たる存在を見つけてたんだよなぁと。最初、このセリフを聞いたとき、堀川君のメンタルすげーなと思った記憶。
逆に兼さんに依存気味なのはそーゆーことなのかなとも思ったけど。

そして山伏はもうあの包容力ですから。兄弟が「俺が国広一番の傑作!」と言ってても「それがあいつの唯一のアイデンティティだからなぁ」と優しく「カッカッカ」と笑い飛ばしてくれる。山伏は国広の傑作がどうとかあまり気にしてなくて、自分が強くなるために修行する。出自とかではなく自分が強くなることに重きを置いているのかなと。

そんなこと考えると、やっぱり国広三兄弟最高だなとこの三兄弟の良さを再認識した次第です(笑)
一見三人とも自由奔放だけど、ここぞっというときは兄弟の絆を見せる的な。理想な兄弟関係かもね。好きです(笑)
ちなみに、アニメなどでは「国広三兄弟」と言ったり、お互いを「兄弟」と呼んだりしてるけど、ゲーム中では堀川君は兄弟呼びはされてないし、してないんだよね。(というか三人の会話・回想がない)
⇒この記事の下書き書いた後調べ直したら、2017年のメンテナンスで内番時に山姥切から「兄弟」と呼ばれるセリフが追加されてたんですね。昨晩、実際に試して確認してきました。堀川君、よかったね・・・・・・
山伏と山姥切はお互いを「兄弟」と呼んでるけど。堀川君も混ぜた回想も欲しいところです。
山伏の極実装したタイミングあたりで如何ですか、運営さん!!!!

話はだいぶ逸れましたが、いまつるちゃんの修行手紙がなかなかの破壊力でした。(3年遅れの反応ですがw)
お小夜ちゃんは、修行出したら復讐心が薄まるのかなと思ったらむしろ「復讐こそ僕」みたいになってビックリしたものですwでも復讐が小夜ちゃんのアイデンティティだというならそれでいいやと思った審神者時野でした。
厚くんはこの4人の中で一番普通でしたね(笑)黒田の元で学んできた戦術、是非本丸で活かしてくれ。期待してるよ厚くん!

とりあえず、短刀3振りは極めたので、少しは戦闘も楽になるかな・・・?
残りの短刀も育てつつ、脇差も一振り、極にしておこうかな・・・・・・あと3スロ打刀も一振りは欲しいよね。
ということで、和泉守兼定と堀川国広を修行に出そうかなと考えてます。兼さんは3スロ中でも能力高いらしいので。堀川君とかばい合い&二刀開眼すればいいと思う。
大倶利伽羅さんはどうするかな・・・・・・果てしなく悩む・・・・・・とりあえず山姥切が43レベルまで来たので。50ぐらいになったら考えようかな・・・・・・(何年掛かるんだそれ・・・・・・orz)

ちなみに、友人(とうらぶはプレイしていない)に愚痴ったら
「戦力が弱まるのが嫌なら、もう一人、大倶利伽羅を育てればいいんじゃない?」
それなんだよな・・・・・・なんで修行後の方が弱くなるんじゃー!
そしてあの果てしない経験値を要求されるというw
私も一瞬よぎったんだよね。別の大倶利伽羅育てて、それを極にすればいいじゃんって・・・レベル70にするぐらいなら最近のイベントなら余裕だしな・・・・・・今回の江戸城でLv1の物吉君、75まで上がったからね(爆)
だが、私は一振り教信者なんだよ・・・・・・信心を捨てる時が来たのか・・・?いや・・・いや・・・・・・(悩)

以上、たぶんほとんど需要がない審神者の日記でした。
-----------------------------------------------------------

で、ここからが本日4/28に書いてる内容ですが。

第二回特命調査「文久土佐藩」なかなか面白い。
第一回の「聚楽第」よりかなり進化してますね。ギミックが細かい。が、難易度高けーなwルール説明いくら読んでも全然理解できなかったwとりあえず考えるより慣れろかなと思ってやったけど、これ本気でムズイなwまだ一振りもゲットしてないよ。今晩には高知城制覇できるけど。あと2マスだから最悪「1-1」でも行ける!(悲)
昨晩「2-1」、午前中「1-3」だった時野さんの心境は「この世は悲しみに満ちています・・・」と江雪兄様降臨してましたからね・・・(苦笑)
でも、やっと陸奥守(坂本竜馬の愛刀)にも仲間ができるのかと思うとムネアツですね。
陸奥守吉行には兄弟刀がいなかったし、幕末に活躍した刀6本中5本が新選組関係というね。4年以上、むっちゃんだけ孤独だったので、今回の展開はすごくうれしいです。

思えば、
6面(池田屋の記憶)では「加州清光折大隊」という敵が出現し、審神者を震撼させ、
7面(延享の記憶)では細川家の危機として歌仙兼定メインの回想が展開され、
第一回特命調査では山姥切国広の本歌である長義が監査官として現れ、
第二回特命調査では文久土佐藩と題して、土佐勤王党が出てきて、陸奥守吉行ゆかりの男士が登場。

・・・・・次は蜂須賀虎徹か!とりあえず蜂須賀さんの戦力強化しておけばいいですか?そーゆーことですよね?オラ、ワックワクしてきたぞ!!

以上、やっぱり審神者の日記状態の記事でした。
早く、今期のアニメ消化しよう・・・・・・

スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する