FC2ブログ

螺旋運命―SPIRAL DESTINY―

livedoor blogから引っ越して参りました。旧館から来た方も初めましての方も宜しくお願いします。

実写の良さを最大限生かしている作品かもしれない

しゅごい、
こんな実写化が違和感ないどころか原作・アニメを喰ってくる実写ドラマ初めて見た・・・・・・

ということで、実は見てます
「NHKドラマ 昭和元禄落語心中」

漫画は賞を取ってるし、アニメは実力派声優たちの演技の殴り合いだったこの作品。
いくらNHKが本気を出そうとも、絶対物足りない実写になるだろうと、最初は見なかったんですよ。
それがネットでも話題、何よりアニメも見てた母が「これは凄いわよ!アンタ観た方がいいわよ!」と大絶賛するので再放送見たんですよ。

しゅごい、ドラマで鳥肌立ったの超久々・・・・・・!
岡田君演じる菊さんしゅごい。50代の八雲師匠に違和感なさすぎ・・・!なんじゃこのオーラ!色気!!本当に師匠がそこにいるかのような、演技もだし落語もスゲェェェェッェエ。
与太郎と師匠、圧倒的な師匠感ですが、外の人(?)の年齢3つぐらいしか変わらないんだけど!(笑)
そしてもちろん菊さん時代がもう・・・しゅごい。ごめん、しゅごいしか言えないしゅごい。

菊さんも凄いんだが、他の登場人物、今の所誰一人違和感を感じていない。本当、イメージ通りのキャスティングすぎて、やっぱりしゅごいしか言えない。
やはり、助六ですよね。助六はもはや子役の子から凄かったよね。
助六が、まぁ本当に、イメージ通りの助六で。

他の登場人物も誰一人違和感がないんですよ・・・・・・
イメージ通りの配役のドラマってありますけど、それでもやはり何人か、特にメイン級ではない登場人物はイメージと離れていることが多い中、誰一人期待を裏切ってないのがしゅごい。
みよ吉さんもイメージ通りだし(アニメは林原閣下が強すぎ&最高すぎることもあり、アニメのみよ吉とは少し違うような印象を受けるかもしれないですが、原作の絵のイメージから見ると私的にはみよ吉さんって本来こんな感じなんじゃないかなと思った)
与太郎もすごい与太郎だった。与太郎がいるぅぅぅぅぅぅぅぅ!て感動した。
なにより松田さんがイメージ通り過ぎて感涙した。松田さんが一番、実写化したらかけ離れた人になりそうだなと思ってたので、初めて松田さんが出てきた時「うわあああああしゅごい!」と叫んでしまった。

当たり前なんだけど、アニメ(二次元)よりドラマ(三次元)の方が情報量が多いわけで。
でも、役者は外見・雰囲気・演技力全てが二次元という生み出されたキャラにマッチし、なおかつ全てのキャラを演じられる役者を同時期に集めることが非常に困難な故に、原作の設定を変えたり、作風を変えたりせざるを得なく、失敗する作品があまたあるわけですが、この作品は本当に奇跡的なキャスティング、演技の質によって、本来「実写」が持ってるポテンシャルを最大限に引き出せているように感じます。

つまり何が言いたいかというと、
アニメ(二次元)を100%とするならば、本来、実写(三次元)は120%にするポテンシャル(潜在能力)を有しているわけです。
しかし、そのポテンシャルを発揮させるには様々な奇跡に近いキャスティングが必要となり、結果、ポテンシャルを発揮できず、妥協した70%にしかならず、批判の対象となる作品が多い中、本作品は今の所90%出せている印象。これからの山場次第ではMAXの120%も行けるかもしれない。そんな風に感じております。

とにかくしゅごいしか言えない落語心中。
先ほど4話見てきましたが・・・・・・助六破門まで来ました。
ああああああああ、次回予告ぅぅぅぅっぅぅぅぅぅぅぅ。
四国ですよね、あああああああ、あああああああああああああああああ・・・・・・

4話でも迫力があった「死神」ですが、来週もまた「死神」が掛かるはず・・・・・・
岡田君がどんな「死神」を聞かせてくれるのか。すごい楽しみ。
で、四国ってことは・・・・・・「野ざらし」やるんですよね。アニメで一番好きなシーンでした。あそこ何回も見たなぁ(ホロリ)

本当、この作品はいいなと思うし、このドラマのクオリティにビックリしてる。
何よりNHKの本気具合。というか、この作品かなりドロドロの愛憎劇でもあるけど、改変せず普通に流しちゃってるNHKにも驚いた。これNHKでやってOKなんかと!(笑)

次回も楽しみです・・・・・・
ストーリーはアニメと同じですので、途中から見るのも原作やアニメを見た人なら付いていけると思います。
水曜日辺りに再放送もやってたと思うので、気になる方はチェックしてみて下さい。4話最高でした。

スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する