FC2ブログ

螺旋運命―SPIRAL DESTINY―

livedoor blogから引っ越して参りました。旧館から来た方も初めましての方も宜しくお願いします。

オカリンにとっての鳳凰院凶真は・・・

うああああああ

もう、本当、シュタゲゼロが・・・・・・ガチで涙が出てきた。なんこれ、ヤバイ・・・・・・
以下、シュタインズ・ゲート ゼロ 第8話の感想です。

お墓の前でのオカリンが昔、おばあちゃんを亡くした頃のまゆしぃと重なるのが・・・・本当辛い。
おばあちゃんが亡くなった頃のまゆしぃ=鳳凰院凶真誕生の瞬間と思うと・・・・・・。

そして助手が・・・生きて動いてるの見てると本当嬉しい辛い大好きだぁぁぁぁっと感情のジェットコースターに陥る。そしてラストがあああああ、なにそれ、そーゆーことなの!?
Dメールの「ハイルナ」ってどーゆー意味だろうと思ったらそーゆーこと!?
つまり、今回オカリンが飛んだ世界線は、エシュロンのハッキング中にクリスが入ってきて、やっぱりクリスを見殺しに出来ないと思ったオカリンがハッキングを中止し、結果、まゆりの死を見届けることになった世界線と・・・・・・
密かに「ハイルナ」というDメールが送られていたからこそ、β世界線に飛べていたという解釈でいいんですかね。
・・・・・・ゼロα世界線がないとβ世界線にも行けない、でもβ世界線がなければゼロα世界線にも行けないという無限ループ(?)・・・・・・その果てにあるのがシュタインズゲート世界線ということなんだろうな・・・・・・
まゆりのビンタが加わって、ようやく未来オカリンのメッセージが届くのかと思うと・・・胸が熱くなる。

凄い回だった・・・・・・シュタゲは何度私を泣かせるのか・・・・・・


それにしても、「鳳凰院凶真」を一発変換するPCワロタw

スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する