FC2ブログ

螺旋運命―SPIRAL DESTINY―

livedoor blogから引っ越して参りました。旧館から来た方も初めましての方も宜しくお願いします。

最終回「石(意志)を継ぐ者」

「おんな城主 直虎」
ついに最終回を迎えましたね。本当、毎週ワクワクする1年間だった。
最初こそ「これ、確かに面白い歴史ドラマなんだけど、大河ドラマとしてはどうよ?」と思っていましたが、終盤の怒涛の伏線回収が凄すぎて。脚本に震えさせられましたね。
第一話から欠かさず見てきた視聴者にしか分からない凄さ。異例づくしの大河だったけど、本当1年間見てて良かったと思える作品でした。毎週本当に楽しかった。完全に直虎ロスだわ・・・・・・ありがとう。ありがとう。
最終回のキャストクレジットで、初めて4人(直親・政次・龍雲丸・直政)が揃ったのもムネアツ。

でもさ!やっぱりさ!
この続きが見たいんじゃー!!!!!!

このキャストで!!
井伊直政with徳川オールスターズのその後が見たいんじゃ!


関ヶ原!関ヶ原まで見たい!お願いします、NHK様!このキャストで関ヶ原までの徳川家を見させてください!!
大河のスピンオフというと、一応「新選組!土方歳三最後の一日」という前例はあるけど・・・視聴率的には厳しいのかと・・・・・・関ヶ原描くとなると予算ぶっ飛ぶしな・・・・・・難しいことは分かってるんだけど、本当にこのキャストで見たいんだ。お願いします!


で、最終回感想。
いいシーンがいっぱいあって、色々書きたいけど、特に印象的だったシーンをいくつか。
まずはこれ。

本多忠勝「真田が北条に付いただと!?」

思わず笑ってしまった。そんなあなたの娘は後に真田に嫁ぐわけだが(笑)
昨年の真田丸でも、井伊家の名前を出すセリフがあったけど、これが「お返し」なのかな。
「真田丸」を見てたからこそ面白いと思うシーンも多かった「おんな城主 直虎」。こんな最終回見たら、また真田丸が見たくなってきてしまった。無限ループしたい。

笛(父:直親の形見)を紛失する万千代。
その笛は何故か直虎の元に。これ、竜宮小僧が笛を運んできたってことなんでしょうかね。
そして直虎を迎えにきた、亀・鶴・頭の3人。
頭が出てきた時に「あ、これは頭も・・・・・・」となり、その後浜辺に流れ着いてる夫婦水筒を見て「ううっ」となった。
なんというか、直虎にとって亀は初恋、鶴は心のパートナー、頭は恋人(夫婦)だったのかなと。
そんな3人と直虎の魂を受け継いだのが直政と。本当、井伊谷の人々の集大成が直政なんだよな感がたまらない。
「碁石」が「御意志」に聞こえるんだよね・・・・・・もうなんと言っていいのか分からない気持ちになる。


あとやっぱり最終回で鳥肌立ったのは、万千代が北条との和睦を結ぶ使者に志願したシーン。

「できます!潰れた家の前髪だからこそできる和睦をご覧に入れまする!」

このセリフ凄い好きです。
これって以前の記事で書いたノブ(本多正信)の「潰れた家の子であることを強みにしてはいかがですか?」「裏切り者・恥知らず・だからこそできる働きをいずれお目に掛けるつもり!」を受けての万千代のアンサーなんだよなと。

北条の国衆達への説得シーンも良かった。
万福の「何を隠そう私の育ての親は逆賊として磔にされました!」にグサっと来た。こんなこと言われたら徳川に下るわな。

万千代元服シーンもいいですよね。
井伊の「直」と小野の「政」で「直政」と。この時の六左衛門の表情もいいなと。
六左にとって、井伊も小野も妹たちが嫁いだ家ですしね。万千代も万福も六左から見たら甥っ子なんだよな・・・・・・

最後の家康と直政が碁を打ってるシーンにジーンと来た。
ずっと一人で碁を打ってた家康の相手をしているというのが・・・・・・

あと、徳川家の家臣団で、いつも目を奪われてしまうのが榊原様でした。
最初こそは万千代に対し「この小童、イライラする」感全開だったけど、寝所での捕り物以降、一目置くようになって。それでも要所要所で万千代を「試す」榊原様が好きでした。「兄」みたいな。表情の演技が素晴らしかった。

そして最後の「紀行」で井伊直弼の像映すのやめて・・・・・・来年の桜田門外の変見るの辛くなるから・・・・・・
一度潰れた井伊が再生した所で終わったのに、来年それをぶっ潰しに来るんやで・・・・・・(苦笑)
「功名が辻」と「龍馬伝」的なね・・・・・・!

でだ。
最後は静かに逝く我らが殿・直虎。
数奇な運命を辿ってきた姫。創造の部分も多い話でしたが、故にとても魅力的な主人公であったなと思います。
みんな散々評してるけど、「無名主人公」「女主人公」「戦いは嫌でございます」という三大鬼門にチャレンジしながら、視聴者が納得する展開を描いてきたのは本当に凄いと思いましたね。

私が見たこの17年間の大河ドラマの中で語るけど、女主人公モノで面白かったなっと思うのは、時野的には「篤姫」と「八重の桜」の二作品だと思っています。
でもこの二人って決して無名ではなく、女傑と呼ばれる存在なんですよね。
一方で本作の主人公「井伊直虎」の知名度って決して高くないですよね。というか申し訳ないが私も存じ上げなかった。実際、資料も少ない人物ですよね。(男か女かもはっきりしてないわけですし)
確かに序盤は「井伊谷」内部の話に終始していて。それはそれで農民たちの当時の生活が描かれてて「初めて知ったなぁ!」と感心して面白かったですが、やはり物足りなさを感じていました。
しかし終盤は序盤に描かれた些細な描写がすごい効いていて。毎週のように鳥肌が立っていました。
最初は「何も知らない姫」だったけど、様々な経験を通して、誰もが認める「殿」となって行く様は見ていてとても気持ち良かったです。

毎週毎週本当にワクワクでした。日曜日が楽しみでした。
ネタにしやすいというのもあったけど、毎週のようにブログに感想を書いた大河も初めてよ(笑)
本当にありがとう!楽しい1年間でした!

ちなみに。
以前、時野が好きな大河について語ったことがあったけど、最終回まで観た後の評価はこうなった。

↓↓4月に書いた記事に「赤字」で追加しましたw
----------------------------------------------------------------
ちなみに、時野的好きな大河ドラマ(2001年以降)はこんな感じです。

1位「真田丸」(2016年)
2位「軍師官兵衛」(2014年)
3位「篤姫」(2008年)※ただし、大河ドラマというよりホームドラマだと思っている
4位「おんな城主 直虎」(2017年)
5位「龍馬伝」(2010年)

ここまでが全話見た作品かな。
全話は見てないけど、面白かったのは
「利家とまつ」(2002年)
「新選組!」(2004年)
「功名が辻」(2006年)
「八重の桜」(2013年)

・・・・・・意外と女性主人公モノも好きだった時野さん。
つまりは、男だろうが女だろうが、話が面白ければいいんだよ!

今のところ、直虎は4位の龍馬伝と同位ぐらいのポジションにいる。
このまま面白さをキープできれば上位も夢じゃない。今後次第かな。
----------------------------------------------------------------

ということで、龍馬伝も大好きだが、直虎面白かったなっということで、時野の心の大河ランキングでは4位になりました。
真田丸と官兵衛は面白さがぶっちぎりだし、篤姫もさすがに超えられなかったが、甲乙つけがたいぐらい面白かった。ぶっちゃけ、BDBOX欲しいと思うぐらい面白かった。いや、マジで買ってしまいそう・・・・・・

「おんな城主 直虎」
最高でした!これはね途中から見てはいけない。最初から見ないと面白くない。
ということで、今年見なかった方・挫折してしまった方。
再放送の機会があれば、是非第一話から見てみて下さい。


来年の「西郷どん」も面白いことを祈っています。
そしていつか「井伊直政」スピンオフが作られることを全力で祈っております。マジで観たいよ!!

スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

あけましておめでとうございます!
そしてご無沙汰しております!
次の大河が数時間後に始まりますが(笑)、直虎の感想、毎週楽しみにしてました!
特に乙女ゲーム大河の記事にツボってから私も妄想が止まらなくなりましたw
メインは直親、政次、傑山、直之、龍雲丸、
FDで六左衛門、方久、南渓和尚が攻略ルート昇格かな~とかw
隠しルートは太守様で。他ルートではヒロインの親友の瀬名がライバルに、直親ルートでライバルのしのさんが親友にチェンジするの、どうですか?笑
ちなみに私は政次推しですw
そんなことを考えながら見てたんですが、終盤どんどん面白くなって行きましたね・・・!
最終回、中盤で直虎さん亡くなって、え、主人公もう死んじゃった?!と思ったら、その後万千代や皆がその思いを受け継いで行っててもう涙涙・・・!
亡くなる時も子役が出てきて、序盤の長い子供時代がここで活きるのか!と鳥肌たちました。
その中でも紹介飛ばされた方久とか、たけ、梅だけでなく松が出てきたりとか、クスッと笑ってしまうシーンもあって、1時間泣き笑い状態でした。

> 本多忠勝「真田が北条に付いただと!?」
> 思わず笑ってしまった。そんなあなたの娘は後に真田に嫁ぐわけだが(笑)
> 昨年の真田丸でも、井伊家の名前を出すセリフがあったけど、これが「お返し」なのかな。

私もここで真田を入れたか〜と思ってましたけど、最後、南渓和尚が井戸の前で、亡くなった皆と盃をかかげながら、「皆様、船出じゃ。いざ!」って言うシーン、真田丸の初回サブタイの「船手」とかけてるのではって言ってる人がいて胸熱・・・!
最後まで脚本に痺れましたね。続きが見たくてたまらないです。

> このキャストで!!
> 井伊直政with徳川オールスターズのその後が見たいんじゃ!

ホントこのキャストで直政主人公の続編見たいよ〜!!!!

また長々と書いてしまってすみません。
でも時野さんのおかげで大河が何倍も楽しめました!ありがとうございました!
今年もよろしくお願いします!

ゆき | URL | 2018年01月07日(Sun)12:13 [EDIT]


■ゆき様

ゆきさん!新年明けてないけど明けましておめでとうございます!@2017年12月46日(苦笑)

ご無沙汰しております!お元気でしたか??
直虎感想!楽しみにしていたと言って頂けて嬉しいです。もう誰も読んでないだろうなと思いつつ一人暴走気味に語ってたので。安心しました。

>特に乙女ゲーム大河の記事にツボってから私も妄想が止まらなくなりましたw
>メインは直親、政次、傑山、直之、龍雲丸、
>FDで六左衛門、方久、南渓和尚が攻略ルート昇格かな~とかw
私の妄想も全く同じでございます!ちなみに、FD発売後は、「歴史アドベンチャー」というカテゴリーで、直政主役の「井伊家黎明録」的なゲームが出ると思います!(笑)

>ちなみに私は政次推しですw
同士よ・・・!いや、政次本当いいですよね。ドラマの立ち位置も素晴らしかったし、乙女ゲーム化した時もこれほど攻略し甲斐のあるキャラはいません(笑)

>最終回、中盤で直虎さん亡くなって、え、主人公もう死んじゃった?!と思ったら、
>その後万千代や皆がその思いを受け継いで行っててもう涙涙・・・!
碁石を渡すシーンとか、凄く良かったですよね。碁石・ご意志・ご遺志。
そんな碁石を受け継いだ万千代の「潰れた家の前髪だからこそできる和睦をご覧に入れまする」でうるっと来てしまいました。万千代、成長したな。カッコイイよ・・・とついつい親心みたいなものが芽生えてしまいました。

>私もここで真田を入れたか〜と思ってましたけど、
>最後、南渓和尚が井戸の前で、亡くなった皆と盃をかかげながら、
>「皆様、船出じゃ。いざ!」って言うシーン、
>真田丸の初回サブタイの「船手」とかけてるのではって言ってる人がいて胸熱・・・!
このエールの送り合い、最高ですよね。

>時野さんのおかげで大河が何倍も楽しめました!ありがとうございました!
こう言って頂けると、本当に嬉しいです。
西郷どんは『篤姫』を見ていると、「帯刀が大久保で幾島がママ???」と混乱するビックリキャストですがwどうなるか楽しみです。

今年・・・じゃなかった、来年もよろしくお願いします!(苦笑)


時野 咲希 | URL | 2018年01月15日(Mon)00:13 [EDIT]