FC2ブログ

螺旋運命―SPIRAL DESTINY―

livedoor blogから引っ越して参りました。旧館から来た方も初めましての方も宜しくお願いします。

まさか逆算して描かれてきたのか・・・?

虎松改め万千代(井伊直政)編になってから面白さが段違いなんですが・・・めっちゃ面白いやんけ・・・
この間、「子役似過ぎ」記事書いたけど、脚本の恐ろしさに震えてる。
というか、今回の大河登場人物で一番資料が残ってるのが井伊直政で間違いないと思うわけですが、伝承に近い直政像を描きつつ、その直政が「これまで出てきた登場人物の影響受けまくってるハイブリットキャラやんけ!っということは、直政から逆算して直親、しの様、直虎、政次達が描かれてきたというのか・・・・!」という第一話から張っていたのであろう伏線に震えている・・・

一見爽やかな好青年を装う辺りはスケコマシ直親(父親)譲りだし、
あの般若顔はどう考えてもしの様(母親)譲りです・・・ついでに大じじ様。
諦めの悪さ・頑固さは育ての「父」である直虎譲り、
狡猾さもある頭の回転の速さ(+六左衛門の脅し方)は碁を指南していた政次譲りと言った所ですかね。

万千代(虎松)と万福(亥之助)の幼馴染感ハンパない主従関係もいいよね。虎松の気性の荒さに対する対処法が適切過ぎる。亥之助、心得すぎワロタw

そして「私たちは幼く、戦う前に終わってしまった」と言ってたのが印象的。それ去年も聞いた気がする。あと、去年は幼馴染に「何のために生まれてきたの!?あなたの人生それでいいの!?」と尻叩きされてたけど、今回は自分から奮起してる虎松様さすがっスw
そんな若者達の活躍が今後も楽しみです。


あとは、氏真様がいい味出しすぎてて・・・・・・ついに、京で遊び呆けているとは・・・余生楽しみすぎだろ・・・と思ってたら信長からの蹴鞠披露しろと言われて、「これで懐に入れれば。仇の取り方は戦だけはない」とか言ってて、カッコイイだろ太守様・・・!と唸りました。

そして松下様が聖人すぎて・・・・・・・我が子のように大事に育ててきた養子がいきなり元の家を再興する!と上司に宣言して、怒る前にショックで寝込んで・・・最終的には我が子の選んだ道を許してあげるとか・・・聖人や!
後々、その息子の家老になるんか・・・・・・

最後に。
ここ最近、ますますサブタイトルの遊びに磨きがかかりすぎじゃないですかねwwwww
「天正の草履番」の次は「この玄関の片隅で」だとぉ!(大爆笑)
元ネタは恐らく「天皇の料理番」と「この世界の片隅で」ですね・・・。

時野的5大「オイw」サブタイ
1位 第16回「綿毛の案」(これは酷い※褒め言葉です)
2位 第33回「嫌われ政次の一生」(前代未聞の俳優の名前にも掛けましたという渾身のネタ)
3位 第21回「ぬしの名は」(しかもこれが後々ちゃんと伏線になっているという・・・)
4位 第38回「井伊を共に去りぬ」(「去りぬ」だと意味が真逆な気もするが?)
5位 第28回「死の帳面」(と書いて「デスノート」と読む。作中、本当にデスノートが登場するから怖いw)

あと、
第11話「さらば愛しき人よ」(直親暗殺回)
第18話「あるいは裏切という名の鶴」(政次の真意が明かされる回)
第39話「虎松の野望」(虎松が井伊家再興する宣言する回)
とか好きですね。
第37話「武田が来たりて火を放つ」(武田に井伊谷が焼かれる回)も地味に好き。

ということで、今年も残り10話ですかね。
ここ最近、敗戦主人公が多かったので、終盤が近づくと胃が痛くなったものですが、今回はむしろここから直政の快進撃が始まると思うとワクワクするよね。今まで辛い展開が続いたから、最後はスカッとしたい。
井伊に幸あれ!

PS
草履投げるシーンにビックリしたんだが、あれは正しい作法だそうですね。
つまり、平成の草履番になるためには、エアホッケーをマスターすればいい・・・?いや、エアホッケーはちょっと違うか?ボーリング?輪投げ??

スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する