螺旋運命―SPIRAL DESTINY―

livedoor blogから引っ越して参りました。旧館から来た方も初めましての方も宜しくお願いします。

ブログは大変だが12年は経つ

昨日、12月22日はブログ開設12周年でした。
12年。12年か・・・・・・
あれですか、ブログ開設当時、小学1年生だった子が高校卒業してしまうん?(戦慄)

いやはや、ガンダムSEED DESTINYが放送されてたのが12年前ってことなんだよね。
ははーそんな昔になってしまうのね。そりゃそうだよね、コードギアスが10周年とか言ってるし。
ゼーガペインも涼宮ハルヒの憂鬱も桜蘭高校ホスト部も銀魂アニメ開始もデスノートもDグレも武装錬金も10年前ですもんね。ええ、ええ。2006年はマジアニメ大豊作だったんだな。

種デスが12年。
ブログ名の相方、「スパイラル~推理の絆~」に至ってはえーともう何年前になるの?アニメが2002年ですからね。時野がスパイラルにハマったのがアニメ化のちょっと前。つーことはもうすぐ15年前になるのかな?はへー。

スパイラルはアイズ君が大人気でしたが、時野さんは歩が好きだったんですよね。
ある意味、屈折した主人公好きの原点かもしれんな。
バイトをしていない高校生にとって3千円て凄く大きな金額だったけど水野先生の画集買ったり、漫画のみならず小説も買いそろえたり。本当、時野のオタク人生・・・いや人生は螺旋を外して語れない気がしますね。

そういえば、ブログでは記事書けていませんでしたが、
城平京&水野英多コンビ復活の最新作「天賀井さんは案外ふつう」も読んでますよ。

螺旋は途中で路線変更したこともあり、行き当たりばったり感があったのを踏まえ、絶園のテンペストでは「物語構成力」を見せつける「綺麗すぎる優等生ストーリー」でしたが、その二作品(他にも色々あるけど)の良さを融合させたかのような集大成「天賀井さん~」が本当に面白い。
城平先生の作品は本当にクセがあるので読む人を選ぶ気がしますが、往年のファンにはたまらない言い回しがね。
あと、やっぱり水野先生の可愛らしいイラストが城平先生のクセとのギャップがあって絶妙なんですよね。
そもそも、私が螺旋と出会ったきっかけは漫画ではなく小説でして。

「この可愛らしい絵柄に似合わなすぎる『鋼鉄番長の密室』とかいう物騒なタイトルなんだよこの本」と思い、思わず手に取ってしまったのがキッカケでしたからね(笑)

思春期の時野さんの大部分を構成した漫画が「スパイラル~推理の絆~」という作品でしたね。
ああ、本当、懐かしい。年末実家に帰ったら螺旋読もう。


種デスも時野さんの人生を大きく変えた作品であるのは間違いないですね。
ブログ開設するキッカケになったし、何より、今でも仲良くしてくださる読者様と出会えたことが大きいですね。
シン・アスカ登場時間という計測企画もめちゃくちゃ面倒くさかったものですが、楽しみにしてる読者の方がいらっしゃったからやり遂げられた企画だったなーと。いやもう終盤とか精神的に辛かったけど(笑)


そんな二作品と皆様に支えられてきた「螺旋運命~SPIRAL DSTINY~」ブログ。
最近は本当、時野さんの長文ツイッター状態ではありますが、続けられてこれたのは本当に嬉しい。
今後も好き勝手に書いていくことになると思いますが、生暖かく見守っていただけると嬉しいです。

では、13年目に突入した当ブログを何卒宜しくお願い致します。


PS
記事タイトルは今期大人気ドラマのタイトルパロディですが、仕事に忙殺されてた時野さんは1話も見てません(苦笑)再放送があったら見てみようかなー。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する