螺旋運命―SPIRAL DESTINY―

livedoor blogから引っ越して参りました。旧館から来た方も初めましての方も宜しくお願いします。

祝『緋色の欠片』発売10周年

それは2012年、時野さんを夢中にさせた名作ゲーム。


2006年7月6日発売 PS2専用ソフト「緋色の欠片」

発売10周年おめでとうございます!!!!

珠紀ちゃんを、拓磨を、真弘先輩を、祐一先輩を、卓さんを、慎司君を、遼を、美鶴ちゃんを、アリアを、フィーアを、清乃ちゃんを、ババ様を、おーちゃんを生み出してくれ本当にありがとうございます!!!
アイン、ツヴァイ、芦屋さんも好きですよ!あ、ついでにドライもw(コラ)

緋色の欠片は本当に大好きなゲームです。
「戦う乙女ゲーム」という当時はあまり多くなかったジャンルを確立させたとも言われる名作。
味方はもちろん、敵方も魅力的な本作。
シリアスで、泣けるストーリーと魅力的なキャラクター達。そしてそんな感動をとんでもない勢いでクラッシャーする緋色シリーズ名物の「バッドエンド解説」(笑)
本当大好きです。

キャラクターはやっぱり時野さんは真弘先輩、祐一先輩、遼の18歳トリオが大好きですね。
真弘先輩には本気で泣かされ、
祐一先輩には何度もキュンキュンさせられ、
遼にはその不器用さで萌え殺されました。

あと女性キャラが本当に魅力的なゲームでもあります。
清乃ちゃんはいわゆる「乙女ゲーの親友」ポジションですが、一筋縄ではいかない面白さがあるし、
何より美鶴ちゃんは時に珠紀のライバルになり、時に珠紀の味方になり、時に攻略対象から珠紀を守る珠紀様LOVEになるなど、色々美味しい過ぎる美鶴様。
ヤンデレから百合まで幅広過ぎワロタw

そしてアリアとフィーアですよね。一応敵対しているキャラなのに、この応援したくなる二人。
本当に大好きです。あと、アリアと真弘先輩のケンカ仲間っぷりが好きですw

本当に緋色の欠片という作品に出会えてよかった。
8月のオトメイトパーティー(イベント)でもアニバーサリー作品として参戦が決まってますしね。
・・・・・・緋色Vita版発売とかないかな・・・・・・


10周年記念で、久々に緋色プレイしようかな。
蒼黒も捨てがたいな・・・・・・暑い夏には白華でひんやりするのもいいな・・・・・・
緋色シリーズが大好きです。本当にありがとう!

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する