螺旋運命―SPIRAL DESTINY―

livedoor blogから引っ越して参りました。旧館から来た方も初めましての方も宜しくお願いします。

白状するチカ~時野咲希の場合~

三度、白状します・・・

「世界一初恋」の原作買っちゃった☆テヘペロ

とりあえず、アニメの続きの6巻から最新10巻まで。新刊11巻は7月1日発売っと。メモメモ
うあああああああああああああああああ。
何やってんだ私・・・・・・でも原作めっちゃ面白かった(笑)1~5巻も買って来よう。
別に新しい扉開いたわけでもないしね。既に18禁BLゲーに手を出している時野さんなので、むしろ可愛い部類よね(苦笑)

あと、BL抜きにしても、普通に業界漫画としても面白い。
出版業界ってこんな感じなのかなと。仕事の描写パートが凄い面白い。原稿落とすってこーゆーことなのかと。これまで漫画家さんのあとがきとかでチラっと書かれていた裏側が垣間見れる感じが純粋に面白いですね。
高野さんも私情は挟みつつも、それもあくまで業務に支障が出ない範囲でですし。仕事には超真面目な所にキュンキュンしますなぁ。律もそれに食らいつこうとするね。普通に微笑ましい上司と部下だよなぁと。

でだ。何故原作を買うまでに至ってしまったかというと、
どうにもこうにも、高律の不器用すぎる恋がいけないと思うのよね。
お前ら不器用にもほどがあるぞ!高野さんがもう少し抑えれば律っちゃんも素直になってすぐにハッピーエンドなのですが、そうはいかない二人に「くそおおおお前らいい加減にしろよぉぉぉぉぉぉ」とイライラキュンキュンするのがこの作品の醍醐味だと思うんだ(笑)

話の概要をざっくり説明すると、
主人公の律と高野さん(当時は嵯峨先輩)は高校時代、短い間ですが付き合ってたわけです。
でも(主に律の)勘違いで別れ、そのまま律は姿を消し、時同じくして嵯峨先輩は親が離婚し、母親の実家がある四国に転校。お互い消息不明となるわけです。
色々あって10年後、律が丸川書店に転職。少女漫画雑誌の編集部に配属され、そこで出会った上司が高野編集長(嵯峨先輩)でしたっという話。

冷めた高校生だった高野さんはこの10年色々ありすぎて、今度こそ律を逃さないよう必死だし、
素直で純粋培養のお坊ちゃまだった律は見事なやさぐれ+ツンデレ社会人になっているのがまた面白いw

あと、「純情ロマンチカ」と世界観を共有しているので、ちょいちょい共通のキャラが出てくるのも面白いよね。
遊びで背景に純ロマキャラがいたり。恐らく逆もしかりなのかな。

アニメでも、セカコイ1話にウサギさん、二期1話で美咲が出てきてたし、
純ロマ3期の純情ミステイク編で高律が画面横切ったりな・・・・・・
原作でも、律が恥ずかしさのあまり壁に頭ぶつけてるシーンで、ちゃっかり美咲に見られてて吹いたw
美咲さん、早く丸川に入社して来いよ・・・!

と、高律の話だけ書いてきましたが、
他のカプ達も好きですよ。特に横澤さんが可愛い(笑)
・・・横澤編の小説も読んでしまいそう・・・桐嶋さんのドS感、たまんないw

ということで、いやー白状してすっきりした。(自己満足)
最新11巻が楽しみです。


記事タイトルは「純情ロマンチカ」と「世界一初恋~○○の場合~」から。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する