螺旋運命―SPIRAL DESTINY―

livedoor blogから引っ越して参りました。旧館から来た方も初めましての方も宜しくお願いします。

「Dance with Devils」プレイ感想~レム編~

ゲーム「Dance with Devils」プレイ感想。
久々に時野さんが全クリした乙女ゲー。とても面白かったので、各ルートの感想なんかを書いてみようと思いまして、感想を書いていたのですが・・・

一人目のレム様だけでも既に超大作wwww
物凄い長さになってしまいました。執筆時間4時間越えwwwまだ一人目じゃwwww
このペースで全員書いてたら一生UPできなさそう!

ということで、先にレム様の感想を載せたいと思います。


まぁ、その前にですね、
読者の方から「時野さんは誰が本命ですか?」と問われたので答えます。



リンドメィジがすこぶる好きです!
次点でレム様

珍しく全キャラにキュンキュンできたゲームだったのですが、中でもリンドとメィジはたまらなかったですねぇ。
リンド兄さんは時野さんのツボをずっきゅんどっきゅん狙い撃ちだし、
メィジというかメィリツ(メィジとリツカ)がとにかく可愛い、可愛すぎる、マジ癒し・・・!
各々のルートも良かったし、リンドとメィジの関係性も好きですね。そーゆー意味でもメィジのヒトエンド1は時野さん的神エンドである(笑)

レム様はアニメ同様、全ルートで最終的にお人好しな面が出てて。優しすぎる所がやっぱり好きです。本当優しすぎてね・・・冷酷無比のアクマ・魔界のプリンスという設定はどこに行ったのかと心配になりました(苦笑)
当然、全ルート最終的にグリモワール(リツカ)を諦めることになるわけで。他のキャラとのハッピーエンドを迎えると、「ああ、レム様はこれからあのお父上の折檻を受けるのか・・・」と毎回ゾクゾクしておりました(笑)


それにしても本命がリンドメィジか。
・・・・・・すごい、初めて暖色コンビが本命になったwwwwwww
画面がまぶしい!www

前からネタにしていますが、時野さんが乙女ゲーをプレイすると、大抵寒色キャラを好きになるので。青・紫・緑率が圧倒的。コラボドリンクとか飲みに行くと大体ソーダ味!(笑)
例外は
アムネシア:シンケント
うた☆プリ:蘭丸真斗
ぐらいだったからなwいつも、もう一人の本命は安定の寒色系だったので、両方暖色は初めてやw


そんなこんなで楽しめたダンデビ。
以下、ネタバレ全開の「鉤貫レム√」感想です。











■鉤貫レム
アニメの最終回を見て「レム様を幸せにしたい!」と思い購入したゲーム。
レム様ルートの基本的な流れはアニメとほぼ同じなのですが、アニメでは分かりにくかったレム様の揺れ動く心情が凄く丁寧に描かれていて。あと、リツカがレムを意識しているのもアニメ以上に伝わってきて。よりこの二人が好きになれる、そんな展開でした。
あ、みなさん大好き「しいたけは食べ物ではない。樹木に付着した菌が成長した物体だ」もちゃんとありますのでご安心を(笑)

学園祭の帰り道、ヴァンパイアに襲われ命を落とすアズナ・・・。
分かっててもこの展開はつらい。
アズナ「憧れてた。普通に学校行って、友達の恋とか応援して」
・・・ずびばぜん、アズナさんの過去に何があったのか。

グリモワールはリツカの中にあるとヴァンパイアに知られてしまった上に、アズナは命を落とし、リンドは重症。リツカとリンドは鉤貫家に匿われることに。
リンドも少しレムを認めつつあったものの、使用人達が「グリモワールを手に入れるためにリツカを殺す」と話しているのを聞いてしまい、レムを責めるシーンがすごく好きです。

リンド「鉤貫レム。お前は考えたことがあるのか?こいつの気持ちを・・・。利用するだけ利用して、弄んで、その上、命まで奪うなんて。それでもこいつはお前を信じていたのに・・・!何度も何度も期待させては裏切る・・・。どれだけこいつを傷つければ気が済むんだ!
レム「それは・・・」
リンド「なんとか言え!鉤貫!」
レムを殴るリンド。
リンド「せせら笑ってたんだろ、どうせ。こいつが騙されるたびに!」
レム「違う!」
リンド「何が違うって言うんだ!アクマのお前に、こいつの気持ちが分かるか!!」

再び殴りかかられるが、それを止めるレム。
ここからレム様の大告白大会が始まる・・・!

レム「確かに、私は彼女を利用しようとしていた。だが!」
リンドを殴るレム。
レム「だが、それでも彼女を守りたいと心から思えるようになったんだ・・・!」
リンド「嘘をつくな!」
レム「嘘ではない!グリモワールのために接触した。利用するつもりで傍にもいた。だが・・・惹かれてしまったんだ。どうしようもないくらいに。どんなに苦しいことがあろうとも立ち向かう姿。真っ直ぐに前を見つめる瞳に惹かれることを抗えなかった。私は・・・私はリツカのことが好きだ。もう、ひとりで泣かせたくない。」
リンド「お前、何を・・・。ふざけたことを言うな!」

ここから二人の殴り合いが始まるw

レム「グリモワールはアーロンド家にとって必要なものだ。・・・だが・・・彼女を失う道を選べるわけがない・・・っ。愛する者をこの手にかけるなど出来るわけがない!
リンド「・・・っ・・・!お前にこいつを幸せにできるのか!?苦しませることも、悲しませることもなく、こいつを守り切れるって言うのかっ!!」
レム「・・・お前の言う通り、私は彼女を不幸にしてしまうかもしれない。私はアクマだ。そして彼女はヒト。その間には大きな溝がある。だが、交わってはならないというならこの矛先はどこへ向かう?禁じられ続けるというなら、・・・この運命を呪えばいいのか?この想いはもう止められないんだ!私自身にさえも!!
リンド「鉤貫・・・。まだ言うのか・・・適当なことを抜かすなっ!」
リツカ「待って兄さん!私も・・・レムさんのことが好きなの」

リツカの想いそして覚悟を聞いた兄さん。
最終的に「アズナがこの場にいたら俺を止めているはず。アズナも俺もお前の気持ちを押さえつけることはできない」と二人を認める兄さん。

リンド「鉤貫レム」
レム「なんだ?」
リンド「・・・一度だけ信じてやる。こいつを・・・必ず守ると約束しろ」
リツカ「兄さん・・・!」
リンド「お前のためではない。妹を悲しませたくないだけだ。もし裏切るようなことがあってみろ。俺は絶対に、お前を滅ぼしてやる」
レム「それで十分だ。彼女のことはこの私が必ず守る。もう二度と、彼女を裏切らない」
リンド「・・・その言葉、忘れないからな」

なんという王道の友情ストーリーなのか。
ここから「アクマルート」「ヒトルート」に分岐するわけですが、どちらもこの後、二人で共闘することになるわけです。しかもお互いかなり信頼し合っているのが燃える。
殴り合いから友情が芽生えるとか。THE王道ですなぁ。

レム様の告白も熱い!
最初は自信がなくて、リンドの罵倒に「違う!」と否定しかできなかったのが、どんどん感情が高ぶってきて最後は「この想いは止められないんだ!!」と大爆発するのが良かったです。
時野さんの脳内BGMは「EMOLIAR」でした。どうなんだーどうなんだーどうなんだー一体どーなんーだー!
あと、「だが、交わってはならないというならこの矛先はどこへ向かう?禁じられ続けるというなら、・・・この運命を呪えばいいのか?」はキャラソンにあるセリフですよね。キャラソン聞いてるとゲーム中ニヤニヤできるのがダンデビの面白い所。


◆ヒトエンド1
鉤貫家に身を隠しているが、ここもヴァンパイアに襲撃されるかもしれない。どうやってリツカを守り抜くか。ここでリツカが提案します。あえて隙を作ってヴァンパイアをおびき出し、倒してしまおうと。
リツカの誕生日前日、やはり襲ってきたヴァンパイアを殲滅したレムとリンド。しかしジェキに出し抜かれ、脅されたリツカはヴァンパイアの城へ攫われる。

ヴァンパイアの根城に潜入する二人はジェキと遭遇。リンドが足止めをすることに。
一人ネスタの元にたどり着くレム。一度は倒したかのように見えたが、心臓を隠していたネスタが蘇る。
その圧倒的な力に危機に陥るレムとリツカ。そこに現れるウリエ・メィジ・シキ!そしてジェキを倒したリンド。
さぁさぁ5人揃ったでー!やっぱり戦隊物は全員集まると燃えますね(笑)
しかし、心臓の位置が分からないと埒が明かない。ここでリンドがネスタに挑み心臓の位置を明らかにし、とどめを刺すレム様。二人の連携に燃えました。さっきから「燃えました」しか言ってないけど、本当に燃え展開すぎて困る。
「リンド。お前なら分かるはずだ!」とか「鉤貫!行っけえええええええ」とか。これを燃えずに何に燃えろと?
心臓を貫かれ灰となるネスタ。いやーめでたしめでたし。いい話だったー!
と油断したのも束の間。アニメでも描かれなかったさらに先があるんだなこれが!(笑)

ネスタが最後の悪あがきとしてリツカに呪いを残していった。
その呪いとは、大切な人がいなくなる呪い。というか、レムがネスタに見えるという精神衛生上最悪な呪いを掛けられてしまったリツカ。ちなみに兄さんはジェキに見えるというwww
「大丈夫か?」と近寄ってくるレムに怯えるリツカ。当たり前ですよね、リツカにはネスタに見えてるわけですからw
ネスタが迫ってくるのにレムがいない。そして満月が天頂に上り、グリモワールを暴走させるリツカ。
吹っ飛ばされながらもリツカに近づくレム。そしてリツカは石の剣でレムを刺すのであった!
リツカに刺されながらも「愛している」と抱きしめるレム。そしてリツカが呪いに打ち勝ち、正気に戻ることができ、ようやくハッピーエンドです。長かった、ここまで長かったなぁ!

ヴァンパイアの城から戻り、グリモワールも消滅し、平和な日常が戻ってきたリツカ。
第三図書館を訪れるが、レムは不在。その頃レムは父親にリツカとの仲を認めてくれと説得していたのであった。
レムは人間界に残ることを決意。ウリエ、メィジ、シキも人間界に留まることに。
そこにリンドも加わり、みんなでワイワイやってるのが微笑ましい。
からの二人のラブラブイチャイチャwリツカに冗談を言いからかうレム様が久々にアクマに見えました。久々に。

アニメ最終回から3か月。
ようやくレム様とリツカを幸せにすることができました。
末永くお幸せに!!


◆ヒトエンド2
実はこれがアニメ最終回のベースになっています。
ネスタを倒し(呪いのくだりは無し)、日常生活を取り戻したリツカ。
しかし魔界は混乱し、レムも魔界に戻らなくてはならなくなってしまう。
リツカを魔界に連れて行きたいが、連れて行けばリツカを必ず危険な目に合わせてしまう。
魔界が落ち着くまで待っていてくれと頼み、離れ離れになる二人。
魔界が落ち着くのは果たして何年後なのか・・・・・・
エンド2は基本はBADENDなのですが、レムのヒトエンド2に関してはビターエンドという感じなんですかね。
脳内BGMは「Dance with Destinies」でした。


◆アクマエンド1
レムとリンドがヴァンパイアを倒しに行くのをレム宅で待っていたリツカ。
そこにレムが帰ってきます。でもなんだか様子がおかしい。
それもそのはず。

そいつ、レムの父親だからなwwwwwwwwwwwwwwwwww

息子に化け、グリモワールを手にしようとする父。
レム様(CV:森川)とか面白すぎなのですがwwwwwwwwwwwww
なるほど、レム父の中の人が森川さんな理由が分かったわ。これ、啓治さんとか譲治さんじゃアカンwww

その頃、本物のレムとリンドはネスタを倒し、マリア母さんも助けて、レム宅へ帰還。
レム父とレムのスチル面白すぎないかwwwww
魔界に連れ去られるリツカ。魔界へリツカを救いに向かうレム。
そして立ちはだかるウリエ・メィジ・シキ。特にウリエは幼馴染ですからね。

ウリエ「僕たちが受けた命令はただ一つ。お前を殺せ・・・それだけだよ」
レム「・・・そうか。父上は私を斬り捨てるつもりのようだな」
ウリエ「思ったより驚かないんだね。家のためだけに生きてきたお前にとってこれほどショックなことはないと踏んでいたのに」
レム「この程度の衝撃でたじろいでいては、愛する者は守れない」
ウリエ「尊敬に値するよ、幼馴染殿。だけど、残念ながら僕は下された命令に従わなければならない」
レム「ああ、分かっている。お前がアーロンド家の命に背くわけがない」
ウリエ「随分、信頼してくれてるんだね」
レム「いい加減、付き合いも長いからな」

この辺りのやり取りは、ウリエルートをやるとまた違った良さがあるんですよね。
シキの毒矢でボロボロになりながらも三人を圧倒し父親の元に向かうレム。
そして父親さえも欺き、リツカを助けるレム。
ちなみに、とどめは刺していません。まぁ、この後、当主がレムに負けたことはあっという間に知れ渡り、レムがアーロンド家を継ぐことになりますが・・・。

父親を黙らせ、人間界に戻ってきたレムとリツカ。
0時になり、グリモワールも消失し、再び日常が戻ってきたところでエンディングへ。

エピローグで、学校に行くと生徒会長からの呼び出しを受けるリツカ。
ああ、最初の出会いのシーンを髣髴とさせるいい演出ですなぁ。

アーロンド家を継ぐことになり、魔界に戻らなくてならなくなったと聞かされるリツカ。別れないといけないのかと後ずさりするリツカに――

レム「私とともに魔界に来てくれ。伴侶として私を支えてほしい」

思わず「キタァァァァァァ」とガッツポーズをしてしまいましたw
拒んでも攫う覚悟と言いながらも、すぐOKの返事をしたリツカに「いいのか?」と聞くあたり、さすがレム様としか言いようがないw

そして魔界に渡ったリツカ。ついに結婚式を迎えるわけです。
はあああ、もう最高でした。この二人の関係性ってどうしてこうもニヤニヤしてしまうのか。
末永く爆発してください!(笑)


◆アクマエンド2
レムルート唯一のBADENDとなるのでしょうかね。
レム父に隙を突かれ、殺されてしまうレム様。
もう一度レムに会いたいと懇願したリツカは、レムの幻影を見ながらグリモワールを奪われる(殺される)というエンド。
でも悲劇が似合ってしまう二人だよなとも思ってしまいますね。


と、ここまでレムルートの感想を書いてきましたが、とんでもない長さになってしまった。既にここまで書くのに4時間掛かっているんですがw
まだ一人目だぞ!そしてこのペースで書き進んでいったら本命のリンドとメィジの感想はどんだけの長さになってしまうのか・・・ガクブル。

ちょっと休憩入れますかね。レム様単体で記事UPさせていただきますかね。
レム様はほら、やっぱりメインヒーローですから、展開も少年漫画的なアツイ展開だったので色々書きたかったんだ。というか本当はもっとレムとリツカの不器用すぎる恋模様を実況中継したかったよ!どんだけキュンキュンさせるんじゃお前ら!ですよ本当。
アニメとはまたちょっと違う良さがあるんだよぉぉぉ。それが書けなかったことが心残り。でもそれ書き出したら本当に書きあがらないので・・・!

以上、レムルート感想でした。


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する