螺旋運命―SPIRAL DESTINY―

livedoor blogから引っ越して参りました。旧館から来た方も初めましての方も宜しくお願いします。

助六「死神みてぇだ」 圭「なんだよ気持ち悪い」

今週のアニメイズム2作品プチ感想。

■亜人
圭とIBMの掛け合いが面白すぎwwwwなんだこれwww癒しパートすぎるwwwww
IBM「イヤダ」
・・・まさかこんなギャグアニメ要素がある作品だとは放送開始前は思ってなかったわw

山での日常パートが面白い亜人ですが、キタさんに正体バレてまた逃走かなぁ。
劇場版予告見る限り、功とオバカ逃走劇繰り広げてくれそうでワクワク(!?)w


■昭和元禄落語心中
毎週毎週、年を重ねるごとに謎の色気を醸し出す菊さん。先週の師匠が亡くなった直後の「死神」はヤバかった。
作中だと、30代後半~初老かしら?(失踪前、みよ吉さんが「赤線廃止(1958年=昭和33年)」について触れてたので。菊さん19歳≒終戦てことは昭和2年前後生まれだろうしね。昭和にすると計算しやすい。そこから小夏さんの見た目年齢足したら40歳前後かなと。)

信さんと菊さんによる二人落語めっちゃ面白かった。
「野ざらし」って信さんが弟子入りする時に披露した噺だったよね。

今週が凄く楽しかった分、来週はもう鬱の予感しかしない。
そもそも、助六もみよ吉も亡くなることが分かってしまってるからね・・・・・・見てて辛い。
来週についに二人の最期の謎が明らかにされ、最終回は与太郎のターンに戻るのかな?

落語心中本当に面白いわ。
与太郎編も見たいので是非二期やってほしいものです。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

お久しぶりにコメ書きます
お元気そうでなにより
こちらも元気にアニメ見てます
落語心中
声優の演技だけでなくて、他の演出作画も素晴らしくて
本当に見てて楽しいです。
助六の行く末は聞いているので
そこに向けてどうなるんだろうと
悲しくもワクワクしとります。
時野さんに時系列アンド年齢まとめていただき
感謝感謝です。
今菊さん助六が、同年代なんだなあと考えると
いろんなことの差が如実に出てくる年齢、実感させられます。
時野さんも仕事忙しいでしょうが、ブログ楽しませてもらってます
ありがとうございます

ぴんぴん | URL | 2016年03月23日(Wed)19:07 [EDIT]


■ぴんぴん様

ぴんぴんさん、お久しぶりです。
ずいぶん長い間、コメント返しを怠っていてすみません。
以前、頂いたコメントも楽しく読ませてもらってました。

落語心中は演技・演出がズバぬけて良かったですよね。
時系列考察もお役にたてたようで嬉しいです。合っているかは自信ないですが、一説として捉えて頂けると幸いです。

でも、年齢が分かると感情移入しやすいですよね。
ちなみに、最終回の頃は昭和末期~平成初期のようですね。菊さんは60代前半と思われます。
これはネットで読んだ他の方の考察ですが、現実世界で笑点立ち上げに大きく貢献した談志師匠に当る助六が亡くなってしまっているために、作中は現実より落語が衰退してしまった世界なんだというのを聞いて、なるほどなーと思いました。
それなら、60代なのに「一番年上になっちまった」という師匠(菊さん)のセリフも頷けるなぁと。

色々と奥深い作品ですよね。
二期も決まりましたし、続編が楽しみです。

最後に、更新頻度も少なく、コメント返しもできず、申し訳ありません。
一時期、仕事が辛過ぎて心病みかけて、ずっと引きずった感じではあったのですが、最近は穏やかに過ごせています。
のんびりペースの更新が続いてしまうかもしれませんが、今後とも仲良くしてもらえると幸いです。

時野 咲希 | URL | 2016年04月24日(Sun)19:36 [EDIT]