螺旋運命―SPIRAL DESTINY―

livedoor blogから引っ越して参りました。旧館から来た方も初めましての方も宜しくお願いします。

とうらぶの面白さを考えてみた

ふと、刀剣乱舞の面白さというか魅力について考えてみた。
あくまで時野が思う面白さだけど、やはり

色んな時代に誕生・活躍した刀が様々な要因で繋がっている

ところでしょうか。
たとえば、時野さんの一番隊にいるこの3男士の関係性とか分かりやすい↓

山姥切国広⇒作者:堀川国広    主な所有者:長尾顕長(安土時代)
堀川国広  ⇒作者:堀川国広    主な所有者:土方歳三(江戸末期)
和泉守兼定⇒作者:十一代兼定  主な所有者:土方歳三(江戸末期)

山姥切と堀川は同じ刀匠によって安土時代に作られたけど、堀川が土方歳三によって使われたが故に和泉守兼定を慕うキャラになってる所とか、面白いよなーと。(もしアニメ化したら、艦これの大井化待ったなし・・・苦笑)
そこから派生して、長曽祢虎徹(近藤所有)、加州清光・大和守安定(沖田所有)の5振りが新撰組男士と呼ばれてたり。
虎徹は虎徹で、蜂須賀虎徹と浦島虎徹とで三兄弟扱いで、長曽祢は贋作(説が有力)なため、プライドが高い蜂須賀から良く思われていないとか。
国広は山伏国広もいて、山姥切と山伏は兄弟と呼び合う回想があったり。
どんどん横につながっていくから面白いなと。

あと所有者が変わったことによるつながりも面白いかなと。
たとえば、燭台切光忠。主な所有者として、織田信長→豊臣秀吉→伊達政宗→水戸徳川家と錚々たる主の元を移っているわけですよ。「燭台切」の名前の由来が政宗のエピソードによるものなので、ビジュアルとかは政宗寄りですが、セリフではへし切長谷部(信長→黒田官兵衛)の名前が出てきたり。こーゆーところが面白いなと思うわけです。

いやはや。
歴史好きで日本刀フェチの時野さんでしたが、まさか刀剣の名前まで覚えることになるとは・・・
元々歴史好きなので、やはり所有者が気になってしまうのは仕方がないのかなと。


一時期、あまりログインいていませんでしたが、最近またちょこちょこログインするようになりました。
まぁ、あまり新要素追加頻度が高いゲームではないので、のんびりやろうかなと。
カンストなんてまだまだ当分先ですから。
最高レベルが山姥切(LV49)です。もうすぐ50!やったね!(ちなみにMAXは99)
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する