螺旋運命―SPIRAL DESTINY―

livedoor blogから引っ越して参りました。旧館から来た方も初めましての方も宜しくお願いします。

時野がハマった奴が知りたい方は小説を!

ゲームをプレイして5年が経ったけど、
今でも薄桜鬼の斎藤さんが大好きです。

薄桜鬼の斎藤さんをメインにした小説が発売されたと聞き、買ってみました。読みました。

「小説 薄桜鬼 斎藤一編」

原作シナリオライターの長野さんがノベライズ化!
といことで、原作そのまま+随想録(ファンディスク)のストーリーを加え、より斎藤さん寄りのストーリーに仕上がっております。
ああああ、やっぱり斎藤さんはええなぁ。ゲーム懐かしいな。と思わせてくれる。
1巻は山南さんが変若水を飲む所まで。2巻は3日後の9月2日発売予定です。

基本はゲーム通りなのですが、ちょこちょこ変わってるシーンがあってニヤニヤ。
ゲームより若干ですが、斎藤さんのやんちゃ(?)というか、若いな~と思わせるシーンが増えててニヤニヤ。

そんなやんちゃ(?)ぷりが発揮されたのがこのシーン。
千鶴が屯所に来てまだ間もない部屋で軟禁され続けるてる頃。
土方さんたちも出張でいないしと、斎藤達に一緒に夕飯を食べないかと誘われる千鶴。

千鶴の横に座る斎藤
 ↓
平助と新八っつぁんのおかずの取り合いが始まるわけですが・・・
 ↓
斎藤「ここでの掟(己が飯は己が手で守る)が理解できたか?」
千鶴「あ、はい・・・」
斎藤「そうか。それならば・・・このおかず、俺がいただく!」
千鶴「あっ・・・・・・」
沖田「油断したね。自分の食事は自分で守れって、言われたばかりなのに」

千鶴ちゃんのおかずを奪うとかwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
このシーン、ゲームにもありますけど、てっきり新八っつぁんのおかずを奪ってるのかと思ってたぜwww確かアニメでも新八のおかずを奪ってたようなwまさかの千鶴ちゃんのおかず狙いwwww
食事に誘い、隣に座るあたり、確信犯だろwwwwwwwwwwwww
黎明録でもそうでしたが、斎藤さんの食い意地は凄まじいwwwwwww
で、気になったのでゲームでこのシーン再生したら、確かに千鶴ちゃんのおかずを奪ってたとも取れるシーンになってたwww

その後。
人と食事をするのは久しぶり・・・と父親がいなくなったことを悲しむ千鶴ちゃんに香の物をあげる斎藤さん。

斎藤「遠慮なく食べるといい」

いやいや、先におかず奪ったのアナタですけどね!?



なんとも微笑ましい(?)シーンでした。
他にも猫騒動とか巡察中に刀に見惚れてしまうエピソードとか、随想録のエピソードも混ぜつつ展開していくので、斎藤ファンのバイブル的な小説になりそうです。


そんな原作に忠実な小説版。

「ゲームをやるのは敷居が高いけど、時野がハマった斎藤さんとやらがどんなキャラでどんなストーリーなのかは気になる」

という方。
小説版を一読してみるのはいかがでしょうか?
ラノベですから、さくっと読めますし。私も読むのに2時間は掛からなかったですよ。


アニメのカッコイイ斎藤さんも良いですが、原作テイストの色々抱え込んだ斎藤さんもよきかなよきかな。
アニメでは描かれなかった斎藤さんの良さ、堪能してください。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する