FC2ブログ

螺旋運命―SPIRAL DESTINY―

livedoor blogから引っ越して参りました。旧館から来た方も初めましての方も宜しくお願いします。

今年見たアニメ達(2007)

2007年も残すはあと一日。
年末のバイトがとにかく忙しくて全然そんなカンジがしないんですが、大晦日なんですよね。
年末に放送があると噂を聞きつけ、毎朝のように新聞に目を通していたはずなのに、結局ハガレンの映画の放送を見逃したという。シャンバラ見たいよぉぉぉ、やっぱDVD借りてくるか。
そんなわけで、毎年恒例、今年見たアニメランキング行きます!!










■第1位 銀魂

銀魂シーズン其ノ弐01 【完全生産限定版】 銀魂シーズン其ノ弐01 【完全生産限定版】
杉田智和.釘宮理恵 (2007/07/25)
アニプレックス

この商品の詳細を見る

今年も上位3作品は本気で悩んだんですが、やはりDVDを買わせてしまった銀魂が1位かと。
紅桜編での気合の入れようはもはや異常でしたからね。あれは買わずにはいられない。スタッフさんありがとうという気持ちで買いました。
BGMの使い方、バトルシーンでの動きのある作画、演技、演出・・・もう挙げたらキリがない。
芙蓉編は原作ではそこまで感情は高ぶらなかったのに、アニメでは最終回で号泣。マジでマジで涙で画面が歪みました。
あとアニメスタッフも銀魂独特の空気が分かってきたのか、今年に入ってからの話はハズレがなかったです。特に原作でも絶好調だった頃の話をアニメ化した4月~紅桜編までは本当神回ばっか。中でも火消しの話が好きすぐる。人情とギャグが上手く溶け合ってる話が大好きです。
3年目があるかどうかは分かりませんが、これからも銀魂楽しみにしています。




■第2位 コードギアス 反逆のルルーシュ

コードギアス 反逆のルルーシュ 1 コードギアス 反逆のルルーシュ 1
福山潤、櫻井孝宏 他 (2007/01/26)
バンダイビジュアル

この商品の詳細を見る

やはりギアスは期待を裏切らなかったですね。
第一シーズンは文句なしの怒涛の展開。
こうも毎週毎週見せ場があるアニメも凄いですよ。視聴者を惹きつけて止まない。
エンターテイメントを突き詰めていったのがコードギアスという作品なのかなっとか意味分からないことを言ってみる(笑)
春から始まる予定(土6)の第二シーズンが今から楽しみです。
ルルーシュとスザク、カレンはどうなってしまったのか。CCは本当に海に沈んでしまったのか。我らがオレンジは?VVとは何者なのか。ナナリーは?マリアンヌは?扇さんはどうなるか。あーもー書き切れない・・・!




■第3位 武装錬金

武装錬金1 武装錬金1
福山潤、柚木涼香 他 (2007/01/25)
ジェネオン エンタテインメント

この商品の詳細を見る

これぞ少年漫画!ベタでありながら燃える。
本当、受験中見てなくてよかったと思いました。あれ、受験中見てたらハマり過ぎて大変なことになってた(苦笑)
何より主人公であるカズキに好感が持てる作品だなっと思いました。
カズキは熱血バカでもありながらもなんか従来の熱血バカとはまた違った魅力を持っているんだと思う。憎めないヤツっていうのかな。
だからこそ、最後、カズキが月から戻って来れなくなった時、斗貴子さん、まひる、パピヨン・・・みんなが月を見上げるシーンには胸が締め付けられるような思いでした。
交差点で斗貴子さんが「カズキー!」と絶叫するシーンには樹海の第一期EDという神曲BGMもあり、大号泣しました。あれで泣かないなんて無理。
カズキも憎めないと言ったけど、誰も憎めない、それが武装錬金。
ラスボス(と位置づけられる)ビクターにも想いがある。誰も憎めない。
本当素敵なアニメでした!




■第4位 地球へ・・・

地球へ・・・Vol.1 【完全生産限定版】 地球へ・・・Vol.1 【完全生産限定版】
斎賀みつき.杉田智和 (2007/08/08)
アニプレックス

この商品の詳細を見る

最初は「30年前の作品をリメイクか・・・ふーん、まー土6だしぃ?見てみようかな」みたいなノリでした。
まさかここまでハマるとは・・・自分でもビックリでした。(しかも第一話を見逃したのに)
確かに若干設定に古臭さが残っていますが、それが逆に新鮮で。(まー私は中学時代、2~30年前のアニメを見まくったので新鮮というか懐かしさでしたが 笑)
で、衝撃だったのが、30年前の作品で「地球が荒廃してしまった」というのが設定、テーマの根源にあること。
今なら当たり前のテーマなんですが、30年前となると私は想像でしか考えられないんですが、今ほどは重要視されてなかったんじゃないかと思うんですよね。父にこの話をしたら「確かに30年前でこの発想は凄いな」みたいなこと言ってましたし。先見の目というか、未来を見ていたというのは凄いなと思った。あれ?なんか意味分からん文章になってしまったな。
あとキャラクターも魅力的でした。
原作既読者の方々がこぞって「ブルーブルー」言ってたので、「はん!私がブルーに惚れたりなんかするわけが・・・」とか思ってたら、今や立派なブルースキーになりました(苦笑)だめだ・・・あの爺さんが出るとどうしても目で追ってしまう・・・orz
そしてこの作品でも死神法則が的中しちゃった自分はどうしたらいいのか。ブルーはもう最初から感じ取ってはいたけどまさかサムまでとは思わなんだ(号泣)




■第5位 機動戦士ガンダム00

機動戦士ガンダム00 (1) 機動戦士ガンダム00 (1)
宮野真守、三木眞一郎 他 (2008/01/25)
バンダイビジュアル

この商品の詳細を見る

面白いですよ、00。
確かにね、「ガンダム」という作品名を冠している割には地味な印象ですけど、
その冠を外してただのアニメとして見たらストーリーはしっかりしてるし、キャラもなかなか味があるし、迷言は面白いしでかなりクオリティは高いと思います。作画も安定してるし。これで戦闘シーンが熱くなればなかなかの良作ですよ。(まだこの3ヶ月ではネタアニメの領域を出ていないけれど、今後化ける要素は十分ある)
今後に期待な作品です。来年のランキングで上位入賞を目指して欲しいです。




■第6位 ラブ★コン

ラブ★コン DVD BOX volume.1 (完全生産限定版) ラブ★コン DVD BOX volume.1 (完全生産限定版)
岡村明美.永田彬 (2007/08/22)
アニプレックス

この商品の詳細を見る

原作ファンも楽しめた作品でした。
当初キャストが発表された際、色々と話題になった大谷君のキャストでしたが、最初こそ確かに違和感はありましたが、まさにネイティブ関西弁の方ですし、後半の演技は神演技でした。




■第7位 DEATH NOTE

DEATH NOTE 1 DEATH NOTE 1
宮野真守、山口勝平 他 (2006/12/21)
バップ

この商品の詳細を見る

メロニア編は端折っていたり、新しい解釈で作られたアニメデスノート。
最初こそは私も原作厨なので「えー」とも思ったのですが、原作に満足しているのでアニメはアニメで独自路線に行ってくれたのが新しい楽しみもあってむしろ良かったと思います。
アニメ版最終回も結構気に入ってますよ。




■第8位 D.Gray-man

D.Gray-man 01 D.Gray-man 01
小林沙苗、伊藤静 他 (2007/02/07)
アニプレックス

この商品の詳細を見る

1年間、惰性で見てきた感じではあるんですが、ここ最近の展開はハンパないですね!
ここ最近は毎週楽しみに見てます。やーと話が動いてきて。
これは来年のランキングではもっと上位に食い込むんじゃないですかね?
ちなみに、ずっとアレンスキーで来ましたが、ここ最近はラビがキテます。いいな、ラビ。
ジャンプでたまたま読んでしまったあの話(多分、最新コミックに収録されてるかな?)がアニメで見れるのかと思うとヨダレじゅるじゅるですわ。




っと今年は見たアニメが少なくてランキングがイマイチ盛り上がらなかったので、突発的にこんなランキングも作ってみました。
題して

「今年のアニソンランキング」

2007年の時野的大ヒットなアニソンランキングを考えてみました。(再放送、DVD視聴作品は除きます。あくまで2007年に流れたアニソンランキングです。
結果はこんなカンジになりました!




1位 「endscape」(「地球へ…」OP)
2位 「修羅」(「銀魂」ED)
3位 「真っ赤な誓い」(「武装錬金」OP)
4位 「モザイクカケラ」(「コードギアス」ED)
5位 「罠」(「ガンダム00」ED)
6位 「HOWLING」(「DTB」OP)
7位 「Brightdown」(「Dグレ」OP)
8位 「かさなる影」(「銀魂」OP)
9位 「夢の続きへ」(「Dグレ」ED)
10位「絶望ビリー」(「デスノート」ED)



という結果になりました。
悩んだけど、やっぱ1位はUVERで。OPから燃えます。
2位の修羅は本当ヘビロテしましたからね。山崎潜入話の冒頭の紅桜編修羅フル総集編を何度見たことか・・・もうテープヤバス。
モザイクカケラも本当じわじわ胸に染みこむ名曲。
あと何気に「罠」好きです。クセになるあの曲。
今回は「アニメ」ってことで特撮は抜きました。(だって電王はどの曲もいいからランキング総ナメでつまらなくなっちゃいそうだったんでw)

ちなみに、映像インパクトNO.1賞は「愛しき世界」(通称:パピヨンED)です(笑)
あのインパクトは凄かったわー。

そんなわけで2007年も終わりです。
今年、悔いたことは、おお振りとか電脳コイルとか話題作をことごとく見逃したことだ!(号泣)
あとせっかくルルの誕生日を祝おうと用意してたら誕生日勘違いしててお蔵入りになったことかな!(号泣)

ではでは、

2007年

おさらばでございます!



コメント、トラックバックもお気軽にどうぞ。
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する