螺旋運命―SPIRAL DESTINY―

livedoor blogから引っ越して参りました。旧館から来た方も初めましての方も宜しくお願いします。

「バディ・コンプレックス完結編」感想

「バディ・コンプレックス 完結編
       -あの空に還る未来で-」


私が放送見終わってから1週間。
ようやく感想書けました。箇条書きですけど。
完結編凄く良かったです・・・何より綺麗に終わった。ここまで綺麗に終わったアニメは珍しいんじゃないかな。しかも打ち切り作品で。

円盤の売り上げが低かったが故に分割2クール目がなくなり、30分×2話にまで枠を減らされたと噂されるサンライズのロボット作品。
噂というか、完結編見れば「どう考えても現実w」と言わざるを得ないからな・・・
そんな尺がなさすぎる状態でここまで綺麗に終わらせるとか・・・脚本力の高さを称賛せざるを得ない。
「二期にこれがやりたかった」がヒシヒシと伝わってきた。12話掛けてじっくり見たかったよぉ(号泣)
完結編の作画もとても良かったです。「最後に目にもの見せてやる!」というスタッフの悔しさが滲み出てる鳥肌モノの完結編でした。
ある意味、2話に詰め込んだからこその感動もあるのかな。ダラダラ12話ではここまで感動できなかったのかもしれないけど。それはあくまで未来の可能性の一つ。
せめて1時間×2話はほしかったな・・・・・・

裏設定本、本編補完ドラマCD、小説化はまだですかぁぁぁぁっぁぁぁぁ!!
小説はそれこそ「二期にやりたかったこと」を描いてほしいぜ。それぐらいの慈悲は下さい!!

まさか「ガンダムX」より悔しいと思う作品に出会うことになるとは・・・
Xも最後凄い巻いてたけど、綺麗に終わったからな。と言っても全39話だからな。
ただ、GXの打ち切りは放送局のゴタゴタも大きかったと聞くので。相当悔しいものがありますよね。
バディコンは円盤の売り上げですからね。我々視聴者にも若干責はあるのだからあまり強くは言えない。時野も結局BD買えなかったし。急な引っ越しがなければ買ってたよ・・・うわぁっぁぁぁぁん!
まぁ、一番悔しいのは円盤買った人だろうけどね・・・・!


そろそろ本題に行きましょう。
相当長くなってしまいましたが・・・種死感想書いてた頃の感覚がちょっと甦って来たw
ではでは、完結編感想です!!




【前編】
・最終回のラストシーンからスタート!
・パイスー姿の雛さんがエロイ件。これはいい尻。
・艦長「青葉くん彼女から離れて」。お約束ですなw
・それにしても、本当、バディコンは大人がしっかりしてるというか。
・倉光艦長なら絶対間違った判断しないっという安心感があるよね。普段飄々としてるけど、決める時は決める。理想の上司すぎるだろ・・・
・ゾギリア側もアルフリードが的確だし。この二人がブレないからこの面白さを保てるんだろうな。
・OPキタァァァ!良かったOP変わらなくて。
・雛ピンキタァァァァァッァ\(^o^)/雛にヘヤピンが追加されてる。ここでテンションがかなり上がった。
・このヘヤピンが雛と青葉を繋いできたわけですよ・・・ムネアツ!
・だが、確かに、ルクシオン&ブラディオン無双のカットはネクストにバージョンアップしてても良かったかもしれないが。でも尺以上に予算も少ないだろうから本編頑張ってくれればいいや。

・雛への尋問に青葉とディオを同席させてくれる倉光艦長。「体裁」と「心情」を考慮して最善を判断する。というか露骨に尋問すると青葉がへそ曲げて連合の不利益になりかねんからな。本当、この艦長に付いて行きたいわ・・・!
・雛の嫌がる質問するなよ!!っと不満爆発の青葉さん。というか初めて艦長の名前呼んだ気がw「艦長」ではなく「倉光さん」なのかw
・艦長「一緒に居たいのは自分が何者なのか知る為だけなのかい?」 雛「そ、それは・・・!」
・艦長GJ!そして雛さんめがっさ可愛い・・・!
・てか、作業着姿の雛さんの胸元エロすぎワロタwwwスタッフGJwwwwwww

・ゾギリアクーデター来たw
・ゾギリアは圧倒的な軍事力と経済力を持つけど、「行政局」と「国防軍」で軋轢があることで一筋縄で行かない所が面白いよね。
・タルジム・・・!タルジムがクソ可愛すぎる完結編。
・タルジムを庇うアルフリード。やはり中佐カッコイイよ・・・
・倉光艦長とアルフリード中佐がバディコン界の良心だぜ。
・上層部の横暴から部下を守る。中間管理職組カッコイイぜ。
・エフゲニーケダール臨時最高会議議長w
・青葉と雛さんのエンファティア波形が完全一致!

・新キャラ三島くんw青葉を尊敬してるのか貶してるのかwwwwwww
・「じ、自分は渡瀬少尉を尊敬しております!同じ日本人で、カップラーで、70年前から来たとか変な事言ってますけど、訓練なしの初搭乗で敵一機を撃墜!その後の戦功も華々しく!自分は渡瀬少尉と同じ艦に乗れて感激であります!」
・70年前云々は軍では秘匿されてるのかと思ってたのだけど、こんな下にまで伝わってるのかよw
・確かに実戦経験では青葉が「先輩」なんだろうけど、思うのだが青葉が2088年に来てから、作中では1カ月ぐらいしか経ってないんじゃないかな・・・?
・物凄く遠回りしたけど、日本からハワイに行って最後アラスカにしか移動してないからね。
・太平洋沖の無人島基地→習志野(千葉)→千歳(北海道)→台風で一時停泊→ハワイ→アラスカ。
・ちなみに、ディオはハーフ(orクオーター)だろうけど、育ちは日本らしい。
・大村基地(長崎)の戦いで母親を亡くしてるし、ドラマCDで「ランドセルを背負うフィオナ」という発言があったそうなので。まぁ、WB家は世界各地に家があるだろうけどなw

・無重力ではしゃぐ青葉さん可愛すぎるだろ・・・天使か!天使がいるぞ・・・!
・ディオ「遊ぶな、緊張感のない奴め」 青葉「いいだろ、少しくらい」 → 敵襲
・ゾギリア軍優秀やな!

・フロム「僕もカップラーなのに。カップリングマシーンさえあればなぁ・・・」
・スタッフ「フロムすまんな。二期ではお前をカップリング機に乗せるつもりだったんだよ」という懺悔のセリフに聞こえたw

・「なんだなんだその動きは!素人丸出しじゃねーか。そんな腕で戦場に出てくんじゃねーよ!」
・タルジムは何か憎めないんだよな・・・

・「コネクティブ・ディオ!」「アクセプション!」
・青葉「これにはもう慣れたよ!」
・あの苦戦してた機雷を攻略してるバディに燃えた。だがやはり罠にハマるw
・デカップリング!を狙って攻撃。
・ハーン「時の流れまではどうにもならないだろ!?」www後編まで見てるとwwww
・青葉直撃コース!だが、とっさに雛とカップリングしたことで助かる。
・み、三島・・・!二期があればこのわんこ新人にも出番があったのかな?ちょっと見てみたかった。

・強制デカップリングだとぉ!?
・おじいちゃん出撃キタァァァァ\(^o^)/
・ビゾン「さぁ始めよう・・・この時を70年待っていたのだから!」

・ED
・あの空に還る未来で。まぁ、完結編のタイトルだからこのEDが流れないと困るw
・イントロ含めて本編の一部だからな。


【後編】
・ビゾンさん元気やなwwwとても90才超えには見えないわwww
・櫻井さんの演技が神すぎるwww抜けた歯から息が漏れる感じ・・・すげぇーなwww

・青葉VSビゾン。
・ビゾン「この・・・ちょこまかと!」 あら懐かしい第1話のセリフw
・あの近距離攻撃を避けた青葉さんスゲーなw
・さすが、ヴァリアンサーの攻撃を自転車で避けてた青葉さんだぜ・・・

・タルジム「見つけたぞ!この裏切り者がぁぁぁぁ!」
・ああ、ビゾン大好きっ子に見つかってしまったwタルジムのセリフには大体「ビゾン」が入りますw
・タルジム「よくものこのこ出てこられたな!ビゾンの仇だ!」
・そのビゾンさんがすぐ傍にいる面白さwwwwwww
・長男をめぐり次男VS末妹の戦いがハジマタwそれを止めようとする三男。
・ゾギリア組はあんなに仲が良かったのにな。あんなに一緒だったのに~。
・でも見返してみたらタルジムは最初からビゾンしか見てなかったかもしれないw

・ビゾン機デカップリング。
・再起動されて喜ぶおじいちゃん可愛いw守りたい、この笑顔w
・特務武官殿キタァァァァッァァァァァッァア\(^o^)/待ってました!!

・なかなか無茶苦茶な事をやろうとしてる青葉とディオ。
・ディオ「どうせ試してないとか言うんだろ?」 青葉「分かってるじゃないか」
・そして・・・

・「コネクティブ・ルクシオン!」<アクセプション!>に大爆笑したわwwwwwwww
・一人なのにカップリングwwwwもう絆もへったくれもないじゃないかwwwと突っ込んだら、ヴァリアンサーの中に疑似人格を作って二人でカップリングしてると。・・・お、おう・・・
・あ、あれだろ?「コレハセッ・・・カップリング?」みたいな?ルクシオンタンhshs(笑)
・M3がこのパターンらしいですね。機体と同調して~みたいな。M3は見逃したんだよな。残念。
・しかし、スタンドアローンモードのルクシオンが普通にカッコイイ件。
・バディ・コンプレックスではなくスタンド・アローン・コンプレックスになったと。それなんてwww

まゆか「スタンドアローンモード解除!」
雛&ディオ「「コネクティブ・青葉!!」」
青葉「アクセプション!」


・やるとは予想してたがマジでやりやがったwww3 ピー カ ッ プ リ ン グ !
・てかもはや「couple 【名詞】2つ,二者一組,一対」になってない件wwwwwww
・もうカオスすぎるだろwwwwwwwwwwwwwwwヴァカァナァァァ!

・本当エルヴィラさんって青葉に似てんだよね・・・見た目もセリフも。
・気に入った相手の名前を連呼する青葉もよく「エルヴィラさん」呼んでたし。狙ってた感が。
・やはり当初は血縁関係がある設定だったんじゃないかな。裏設定本・没設定暴露本はまだですか!!

・ビゾンさんを巻き込んで4人で記憶共有展開!
・挿入歌来た!待ってました!!
・大学入学式キタァァァァ\(^o^)/やっぱり大学で出会うのか。
・この後ろ姿はどう見ても青葉さん。身長高ぇぇぇ・・・これは180あるな。
・雛ピン来た!まさか縁日の景品だったとは・・・(笑)
・白衣の雛と・・・振り返った青葉さん!やはりお前らがカップリング研究してたんだな・・・
・それにしても大人青葉さん、カッコ良すぎだろ・・・謎の色気がある(真顔)
・16歳の時点で既に「天然タラシ」の片鱗を見せていた青葉さんなので、大人になったらヤバいだろうな。そりゃ雛さんイチコロだわ・・・
・青葉と雛の初カップリング実験。雛だけ飛ばされたのか・・・
・「雛ぁぁっぁあ」と大絶叫してるであろう青葉さんの表情見てるとゾクゾk・・・切なくなりますね。
・2088年に飛ばされる雛。

まさかのディオと雛がバディだった件。

・これ、今回の完結編で一番ビックリしたわwでも考えればあり得た展開だよな。何故思い至らなかった。
・バディコン界のツンデレ王子とツンデレ姫がバディだったとか。この二人なら最初から息ぴったりのまさにナイスカップリングだっただろうな。
・ディオと雛は結構似た者同士だからな・・・このバディ、めっちゃ滾る・・・!
・最初、ディオが青葉をバディとして認めなかったのは、元々そのポジションは雛だったからとかだったら面白いのにな。
・まぁ、ディオはループしてないのであり得ないですが。でも「世界線の修正」というSFのお約束的にはあってもいい設定だと思います。

・そしてビゾンさんに至っては最初は雛と敵対してたとか・・・ビゾンさんには最初から勝ち目がなかったんや・・・どんだけビゾンさん不憫なんだよ・・・涙が止まらないwww(笑うなw)
・東京で完結編が放送された2夜連続で、ツイッターのトレンドに「ビゾン」が入ったそうなんですが、前編放送日は「ビゾン」だったのに、後編放送日は「ビゾンさん」だったらしいwどんだけ同情されてんだよビゾンさんwww
・最初の世界において雛にとって、青葉は彼氏、ディオはバディ、ビゾンは宿敵だったと。
・ちなみに、雛が連合側にいるわけだから、ビゾンのバディはヒナじゃないわけで。
・タルジムとバディ組んでたら面白いな。そう考えればタルジムのビゾンっ子ぷりも納得(笑)
・本当バディ・コンプレックス(複雑・複合)だわ・・・
・とりあえず誰かディオ雛のバディ時代の話を下さい。

・2014年に飛ばされ高校生になってしまった雛の前に現れた、高校生時代の彼氏。
・まさか第1話の「私はこの時代に来てからずっと貴方を見守っていたの。私と出会う前の青葉、貴方をね」というセリフをここで更に回収するとは・・・
・こーゆー二重の意味が込められてるセリフが多いのがバディコンの憎い所。本当、近年稀に見る神脚本アニメだったのだな・・・悔しい・・・!
・攻撃に巻き込まれた青葉をルクシオンで助ける雛。ルクシオンカッコイイ。さすが主人公機である。
・ここから無限ループが始まるのか・・・
・ここまで雛の「記憶」だけど、パイスー姿で研究室に帰還する雛のシーンに関してだけは、雛の記憶ではなく視聴者向けのシーンなのかなと。
・大人青葉の驚き具合から、この青葉は未来に行ったことがない一番最初の青葉なんだろうなと。
・おそらく、この大人青葉の時間感覚だと、実験を行い雛が消えてからあまり時間は経ってないと思うけど、雛が消えたブースから片時も離れず待ってたと思うとキュンキュンするね。
・消えた1分後に戻ってきたかもしれないし、もっと日にちが経ってから戻って来たのかもしれない。時野の希望は3日後ぐらいです。
・青葉にとっての「一瞬」の間に、雛は「10年×∞回」を体感して戻ってきたわけだよな。
・ここら辺の考察は「ヒナの時間軸考察」記事をご参照下さい。

・雛の記憶終了。
・マルガレタ特務武官殿キタァァァァッァァ\(^o^)/再び待ってました。
・やはり特務武官殿好きです。
・ビゾンじいさんは復讐しか考えてないので無問題。

「お前が悪いんだ。お前が大人しく俺の下に横たわってさえいればぁぁぁ!」

・じいちゃん、ゲスいwwwwww
・まぁ、70年ストーカーこじらせてたんだからむしろこれぐらいの表現で収まっただけマシなのかもしれないw
・「お前の気持ち、ちょっとは分かるよ」リア充に同情されるおじいちゃん・・・
・だが、真実が明らかになった今、これビゾンは逆恨みじゃなくて、マジで青葉と雛の研究のせいで人生歪めることになるわけだからなw本当、ビゾンさん不憫すぎる・・・
・二人なら悪にでもなれる~♪
・3人がビゾン撃つシーンが切ない。
・ビゾンさんしぶといw
・からの子安神演技wwwwwwwwwwwwドクター・ハーンwwwwww
・最後諦めてるハーンがwwwwwww
・青葉とディオのバディが衛星を止めに向かう。
・青葉「でもじゃない!」 ディオ「試してみないと分からない、だろ?」
・これはなかなか熱い展開!最後はやはりこのバディで締めないとね!
・何故1ナノ秒過去に戻れるのかおおよそ理解出来たけど、エルヴィラさん達が事象を観測できてるのだけはさすがにどうなのこれwアニメの演出上仕方がないですがw
・でも、「行けぇ!」は燃える。「飛べ、ガロード」的なw

・特異点発生、ディオとのお別れシーン
・青葉「俺さ、夢にも思ってなかったよ、まさか70年後の未来に親友ができるなんてさ」
・ディオ「お前は・・・突然現れて、俺達を引っかきまわして、また突然・・・!」
・青葉「・・・じゃなあ!ディオ!」
・本当はもっと時間掛けてこのシーン見たかったよ・・・てか、本当最後までディオは報われないよな・・・ディオの不憫っぷりを楽しむアニメという認識は最後まで変わらなかったwww
・多分、ちゃんと二期がやれれば、ディオももう少し掘り下げてもらえたんじゃないかな。
・現状、ディオは青葉としかカップリングできないようになってしまったわけだから、ディオがカップラーに戻るには再訓練しないといけないだろうしな・・・ディオ・・・・・・(号泣)
・せめて、おじいちゃんになった青葉と雛がディオに会いに行くとかそんな追加シーン欲しいです。せめてドラマCDで!
 青葉「70年ぶりだな、ディオ」
 ディオ「俺は一日ぶりだ」(ツンデレ全開)
 雛「ふふ・・・ディオは相変わらずね・・・」

・リーさんとエルヴィラさんの結婚式。ほら言った通りだろ?(笑)
・まゆかがブーケ受け取るとか・・・残酷な展開キタコレwww誰かまゆかを幸せにしてあげて下さい。
・さりげなくブーケを狙ってるネーレ副長が可愛かったのであった。

・そして・・・
・大学入学式来ましたー!
・最初の世界では、雛と青葉は肩がぶつかったぐらいでしたが、今回は思いっきり突進してると。
・明言はされてませんが、やはり青葉の方は記憶を保持してるんじゃないかな。
・出会い方が違うからまた違う未来が紡がれるのではないか。ループではないという希望を持たせるラストだったのかなと。
・記憶を保持してる青葉がカップリング実験をするかしないかは視聴者の想像にお任せって感じですかね。

・「雛時間軸考察」でも書きましたが、青葉は記憶があってもカップリング研究を続けると私は思ってます。
・雛が還って来れるように、記憶を共有できるように・・・というのもあるけど、なにより未来の親友を助ける為に研究をするんじゃないかなと。
・二人のカップリング実験によって戦争が起こったのであれば話は別ですが、実験しようがしまいが戦争が起きるのは回避できない。
・カップリング機がなかったら、もしくは研究が不完全だった場合。
・ディオ達シグナスのクルー達は死んでいたかもしれない。
・マーカスが死亡してカップリング機が使えず絶体絶命の所に青葉が現れたから「救世主」なわけですから。
・逆説的に、カップリング実験によって時間が歪んだビゾンがゾギリアを建国していたのなら、研究をしないことで戦争回避も可能だったかもしれないが、完結編ではあくまで「クーデター」なので、研究と戦争は直接は結び付かないと。
・2014年9月1日(青葉が未来に飛ぶ前)にはネクトオリビウムは発見されてるわけだし。
・カップリング機がなかったら連合はあっさりゾギリアにやられてただろうし。ディオを助ける為に研究は必要なんじゃね?っというのが私の考え。
・ここはスタッフの意図通り、視聴者の想像におまかせでいいんじゃないかな。
・↑はあくまで私の理想はこうっという話ですから。


ということで、ついに終わってしまいました。


バディ・コンプレックス、本当面白かった!久々にハマれるロボット作品に出会えたわ。
タイムトラベルモノは難解になりやすいですが、バディコンは分かりやすい方だったと思います。
まぁ、時野さんはロボットアニメとタイムトラベルが大好きだからっというのが大きいのですが。

バディコンのタイムトラベル関係の世界観を理解する為にオススメの他作品
「ノエイン~もうひとりの君へ~」「シュタインズ・ゲート」「仮面ライダー電王」
を見てるとより理解が深まると思います。
あと、余裕があれば「ゼーガペイン」とか見てるとより理解が深まるかも。
世界観的には「パラレルワールドの存在」と「バタフライ効果」の扱いの近さでは電王が一番近いのかな?

ありがとうバディ・コンプレックス!
本当王道ロボットアニメだったわ・・・・・・こんなに最終回に満足したのは久々だわ。

バディコンを見逃したあなた。今からでも見るべき!
本当最高でした!!スタッフ&キャストの皆さん、お疲れ様でした!!
時野さんは久々に二次創作頑張ろうかな。もう我々が補完するしかないだろ!!


長々と感想にお付き合いありがとうございました!!

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する