螺旋運命―SPIRAL DESTINY―

livedoor blogから引っ越して参りました。旧館から来た方も初めましての方も宜しくお願いします。

「劇場版 薄桜鬼 第二章 士魂蒼穹」BD

「劇場版 薄桜鬼 第二章 士魂蒼穹」のBD、何度も見てます(笑)
本当、よう出来てるよこの映画・・・90分×2本でよくここまでまとめた。
そしてTVシリーズとは同じようで全く違う。むしろTVシリーズを見てるからこそ新鮮に感じるっという不思議な映画になってるなと。

例の斎藤さんが振り返るシーン。※ネタバレ注意
劇場で見た時は凄く長い時間に感じたのだけど、改めて見るとあっという間だったんだなって思いました。それだけ衝撃的だったってことなんでしょうけど。
あれですよ。平助が消えて、沖田さんが消えるまで。視聴者から見てもたった3分しか経ってなかったという衝撃。実際、作中の時間軸で言っても10分ぐらいなんじゃないかな?
そんな短時間で二つもショックなことが起きれば、そりゃ吹っ切れるわ。あの表情になるわ。
憎い演出です。

あとね。最後のバトルシーン。土方VS風間。
これ、オーディオコメンタリーで言われてて初めて気付いたんですが、

土方さんの瞳が金色(若干赤混じり)になってる・・・・だとぉ!?

これ気付いた時、本気で鳥肌立った。
なるほど、千鶴の血を飲んだ事、そしてちー様に「もはや本物の鬼だ」と認めさせるほどになった土方さんは、本当に羅刹ではなく、鬼と羅刹の融合体になってるっていうね・・・
そんな土方さんだからこそ、ちー様は「鬼としての名をやろう・・・薄桜鬼だ」になると。
なにこれ・・・凄い設定というか、萌え設定持ってきたな。天才か。
正直、原作やってても「もや~」っとしてたシーンを神シーンに変えた映画、天才か。

他にも色々書きたいのは山々なんですが、本当凄い映画だったぜ・・・・・・!
ありがとう、薄桜鬼。そして私に薄桜鬼を勧めた全ての元凶である姫里ちゃん、ありがとう(笑)


でだ。
特典のオーディオコメンタリーがまた面白くて。
メインキャスト全員40代突入おめでとう!なベテラン達の洗練されたイジリ!(爆)
ひたすらイジられる森久保さんが素晴らしいです(笑)

三木さんが軽くイジリ(餌撒き)だし、それに的確なエピソード(という名の油)を投入する鳥海さん、そして的確すぎるツッコミで追い詰める津田さん。
この三人の連携プレイが凄すぎるwww

三木「他の現場に行ったらしっかりしてるんでしょ?www」
森久保「一応!一応!!」
鳥海「僕もそれまではそんな・・・基本はしきってる側に居たりとか(思ってたのに)」
津田「そうそう僕もそんな印象ないもん、祥ちゃんに」
鳥海「なんでボケに回るんだろこの現場でっと思ったら、要は本当はそっちだったんでしょうね。徐々に他の現場でもそーゆー方向が出てきた」
津田「なるほどw過渡期だねwww」
森久保「それでもいいんだって覚えちゃった・・・」
鳥海「頑張りすぎてたんだね」
森久保「だって気付いたら一番年下なんですもん、僕が。やっぱいいじゃないですか!」
津田「どんどん楽になってきちゃってwwwww」
森久保「そーゆー意味でも忘れられない作品です」
津田「人生のターニングポイントwwwwwwwww」

森久保さんといえば「森久保の兄貴」というイメージが強かったけど、
昨今は「マラカス先輩wwwwww」とイジられてるからなwwwこーゆーことだったのかwww

こんなコメントの後、オーディオコメンタリーでこの映画で凄い重要なシーンでスマホ画面を見てて見逃した森久保さん、さすがっすw持ってるわwww
そしてまた3人にイジられる。素晴らしいwwwwww


そんな劇場版薄桜鬼完結編。
最高でした。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんばんは!
コメントするのはかなりお久しぶりですねw

咲希さんがここまで薄桜鬼にハマってくれて、オススメした私はとっても嬉しいです(*´∀`)
勧めて良かったなと思いますw

劇場版、評判良いので視聴するのが楽しみです!
また観たら報告するので一緒に語り合いましょう!

姫里 | URL | 2014年09月26日(Fri)23:44 [EDIT]


■姫里様

コメントのお返事、大変遅くなりました・・・!

薄桜鬼は本当私の人生狂わせてくれましたよ。姫里さん、なんてもの薦めやがった!!(怒)
・・・薄桜鬼に出会わせてくれて本当にありがとう(笑)

劇場版、すごく良かったですよー。
TVアニメとはまた違った切り口で。同じ話はずなのに全然違う話になってるのが面白かったです。
まだ見てないようでしたら、ぜひ見てみて下さい~。

時野 咲希 | URL | 2015年05月10日(Sun)23:12 [EDIT]