螺旋運命―SPIRAL DESTINY―

livedoor blogから引っ越して参りました。旧館から来た方も初めましての方も宜しくお願いします。

「劇場版 薄桜鬼 士魂蒼穹」観に行ったよ

「劇場版 薄桜鬼 第二章 士魂蒼穹」観に行ってきました!
劇場版薄桜鬼、完結編(後編)です。


TV版「碧血録」を見てた時思ってた「こうなったらいいのに!」がかなり実現されてて、時野にはたまらん展開になっておりました・・・そうそう、こんな展開見たかった!みたいなね。

あまりにも「だったらいいのに!」展開過ぎて、終始ニヤニヤが止まりませんでした。ニヤニヤしすぎて切ないシーンでも涙出てこなかったw
ちなみに、一緒に観に行った原田好きの友人は初日に既に見てるのに、第一章同様、また泣いてましたw


いやーすごく良かった!面白かった!
しかし!私、映画って結構見終わった後も展開覚えてたりすることが多いのですが、見終わった直後に展開を思い出そうとして「あれ?ここどうだったっけ?」と思うシーンが多く。
これは、もう一回観に行かないと!と思い立ったので、近々また観に行ってこうよと思います(笑)


ということで、昨日見たはずなのに既に記憶が曖昧な状態でありますが、箇条書き感想!
ネタバレ注意!





「士魂蒼穹」ネタバレ+記憶曖昧+箇条書き感想

・甲府戦からスタート。
・戦闘シーンの緊迫感ハンパない。
・永倉・原田離隊。後から友人に言われて気がついたけど、これ以降、新八の出番はなかったのである。
・碧血録感想で「千鶴が土方さん好きっという気持ちは原作以上に強いけど、逆に土方さんが千鶴が好きっという感情が原作以下でアンバランス」と書いた気がしますが、劇場版の土方さんと千鶴ちゃんの関係がたまらん。
・ちー様がひたすらカッコイイ。
・というのも、原作及びTVで、ちー様が千鶴に執着するのは「俺の嫁にする」が大義名分で本当は「新選組と遊びたかった」が本音というキャラでしたが、劇場版では「羅刹の存在は認めない=羅刹になった土方倒す」なのでひたすらカッコイイ。
・からの~「行くな!」がヤバすぎる・・・!パンフで川井さんが「そのまま風間に行っちゃえよ」と言ってたのも頷けるwww
・龍之介&小鈴キタァァァッァァァァァッァァァァァァ\(^o^)/
・TVしか見てない人にはビックリの井吹夫婦wwwww
・しかも龍之介は嫁をゲットした上に、夢であった錦絵師になってると・・・
・私が散々黎明録感想で言ってた「原田ルートと斎藤ルート混ぜろよ」設定になってて噴いたwww
・原田ルート=小鈴と駆け落ちエンド
・斎藤ルート=唯一の定職(錦絵師)エンド
・完全勝ち組龍之介、おめでとう!
・この映画は第一章に引き続き、平助君の描写が秀逸すぎる。
・羅刹は寿命を前借しているに過ぎないっという事実を既に羅刹になってる平助・山南さんに伝えるのも良かった。
・千鶴を救うべく戦う平助さんカッコ良すぎ・・・

・そして会津・母成峠の戦いにおける斎藤さんの描写が凄すぎたので別枠で。

平助「俺がここまで生きたのも、この戦いのためだったのかな!」
と勇む平助君。
しかし、深手の傷を負う平助君。
平助「一君、もう寿命みたい。傷がふさがらないや」

平助を抱きしめて、
斎藤「お前と戦えてよかった」
と言葉を掛ける斎藤さん。
そして腕の中で灰になって行く平助・・・

平助を失い、一人で大勢の敵と対峙するが、背後をとられる斎藤さん。
そこに

沖田「一君、背中がガラ空きだよ」

ここで沖田さんキタ!!
さすが双璧。二人でバタバタと敵を倒して行きます。
しかしさらに敵に増援が。こんな所で負けられない。
「行くぞ!」と意気込む斎藤さんだが、沖田さんから返答がない。
不思議に思い、斎藤さんが後ろを振り向くと

沖田さんの姿はなく・・・そこには刀だけが残っており、灰が積もっていたのであった・・・

目の前で平助、総司が消えていくのを見た斎藤さん。そしてさらに増える敵。
斎藤さんは懐に入れていた変若水を手に取り、それを飲み羅刹化。

斎藤「ここから先は誰ひとり通さん!」

と右手に沖田さんの刀を握り、両刀で敵を一網打尽にするのであった・・・





後ろを振り向いた時の斎藤さんがヤバすぎて・・・BD出たらこのシーンを死ぬほど再生する時野が容易に想像が付きます。

第一章で変若水を受け取った4人の選びとった結果をまとめるとこうですね。

井上:千鶴のピンチに変若水を飲もうとしたが、あと一歩で敵に瓶を踏みつぶされる。マジ泣ける。
土方:千鶴を助ける為、風間を倒す為、変若水を飲む。
原田:新選組を離隊する際、川に捨てる。こうして新選組への未練を捨てる。
斎藤:目の前で羅刹となった仲間が次々と消えていき、絶望的な状況で自棄飲み(コラ)

自棄飲みというか、「俺もお前達と同じ道を選んでやる!」という感じですかね。



そんなことを思った母成峠のシーンでした。
あと甲府もでしたが、戦闘シーンが凄すぎる。
わざと細い路地や家屋に敵を誘いこんだり、戦術みたいのも垣間見れて本当面白かったです。


そして。土方さんを懸命に追いかける千鶴ちゃん。
蝦夷に渡ってからの展開はTV版でもかなり気合い入れて描写してたので、あまり目新しさはなかったですが、やはりグッとくるものがありました。
最後の風間さんとのバトルも本当・・・良かったです。



やっぱり、もう一回観に行こう。
劇場版薄桜鬼最高でした・・・TVアニメ版を見たあなたこそ、見て頂きたい・・・



スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

お久しぶりです~!!
私も劇場版見に行ってきました!もうほんとに最高でした・・・!
土方ルートとノーマルルートとオリジナル展開が絶妙に混ざってて「こう来たか!」と感動しました。

>ちー様がひたすらカッコイイ。
>というのも、原作及びTVで、ちー様が千鶴に執着するのは「俺の嫁にする」が大義名分で本当は「新選組と遊びたかった」が本音というキャラでしたが、劇場版では「羅刹の存在は認めない=羅刹になった土方倒す」なのでひたすらカッコイイ。

ちー様のかっこよさがゲームやTV版と質が違う気がして映画を見てて不思議だったんですけどようやく納得w
いや、元々かっこいいんですけどどことなく残念さが漂うかっこよさがある意味ちー様の魅力じゃないですか。その残念さがなかったから不思議な感じがしたんだなーと。
でも劇場版のちー様も好きですよw「行くな!」のところで「はい、行きません!」と心の中で叫んだ自分がいましたのでw
あとちー様に関しては、千鶴ちゃんの洋装を用意してくれて全力でグッジョブ!と叫びました。心の中でw
ゲームでもテレビでも千鶴ちゃんの洋装見れるのって箱館にいるときだけじゃないですか。それがすっごく不満で。
皆が洋装になった時と同じタイミングで変えればいいのに~と思ってたので会津で斎藤さんや平助と洋装で行動する千鶴ちゃんを見て感動してましたw
女の子の姿もちょっと出てきましたしねー。色々な千鶴ちゃんが見れて感無量でした。

>龍之介&小鈴キタァァァッァァァァァッァァァァァァ\(^o^)/
ここは私もびっくりしました!出てくること知らなかったので。
しかも龍ちゃんだけじゃなくて小鈴ちゃんも出てきて・・・!
劇場版の唯一の不満点だった女の子不足を補う貴重な人材が!しかも大好きな小鈴ちゃん!ありがとう。ありがとうスタッフ・・・!
そして劇場版で一番の勝ち組なっている龍之介に笑いましたw散々な目にあってきたけどこれで多少報われたんじゃないですかね?(でも幸せな龍之介を見て若干物足りなさを感じたのはここだけの話ですw)

>会津・母成峠の戦いにおける斎藤さんの描写が凄すぎた
会津での斎藤さんは凄かったですよね・・・!平助も総司も灰になってそれでも一人で戦う斎藤さん・・・。何?このかっこよさと切なさ!惚れるわ!

あと原田さんと平助も良かった!左之さんはゆるぎなく左之さんで、不知火さんが左之さんの槍持って会津に来てて泣きそうになったし、平助も斎藤さんと笑いあってる所がね!私密かにこの同い年コンビ大好きなので劇場版では一緒に行動すること多くてすっごく嬉しかったです。

逆に綱道さんと薫に関してはTV版のほうが好きです。
綱道さんは一番扱い悪かったですよねwゲームのどのルートよりも悪人になっててびっくりしました。
薫君に関しては誰か彼が救われるルート作ってくださいorz

土方さんに関してはねー生き残って千鶴ちゃんを幸せにするのは当たり前のことなのでね!当たり前のことなのに生き残った二人を見て涙が出るのはなぜなんだろう・・・。幸せになれよこのヤローを叫びたくなりました。
ちー様は生き残るとは思わなかったのでびっくりしたんですが、立ち去るちー様を見て、え?もしかして薩摩帰るの?はぐれ鬼になったんじゃないの?あ、でもそういえば天霧さんははぐれ鬼のようなって言ってただけではぐれ鬼にはなってないのか。でもお家帰る前にちゃんと天霧さんにごめんなさい言うのよ・・・!と、まるで近所の悪ガキを見守るおばちゃんのような気分になってましたw

そしてED・・・亜衣加様はやっぱり最高です。素晴らしかったです。本編よりも泣ける罠・・・。

そういえば沖田さんのこと何も語ってないなーと今気づきました。
沖田さんに関しては・・・特に何も言うことがないのです。斎藤さんが背を向けている間に灰になってるという最期は衝撃的でしたけど。
どこまでも最期までゆるぎなく沖田さんだった沖田さんを描いてくれて感謝しかないです。

また長々と語りすぎてしまいました・・・。
白華の感想も書き終わってるんですけど長すぎて。もうちょっと整理してからお送りします。
それでは。

ゆき | URL | 2014年04月06日(Sun)01:10 [EDIT]


■ゆき様

お久しぶりです!!!!!!!!!
映画、見ましたか!もう最高でしたよね!!
リメイク映画でここまで鳥肌が立った作品はそうはありません。本当良かったですよね!!

>ちー様のかっこよさがゲームやTV版と質が違う気がして
>映画を見てて不思議だったんですけどようやく納得w
私も最初「なんかこう何かが違う」と思って分析した結果、こんな結論が導き出されました(苦笑)
基本的には原作やTVのちー様が好きなのですが、今回の映画は時間的に短いですから、あえてこーゆー路線にしたのかなっと思います。深く描写する尺がないので。
もちろん、劇場版のちー様も大好きです。惚れました。

>千鶴ちゃんの洋装を用意してくれて全力でグッジョブ!と叫びました。
>心の中でw
一緒ですwww私も「ちー様でかした!!」と叫びました、心の中でw
私も洋装お披露目が遅いのはちょっと勿体ないなーと思ってた人間なので、凄く嬉しかったです。
千鶴ちゃんは洋装が本当よく似合いますよね・・・!

女の子姿もたまりませんでした!
本当、千鶴ちゃんってどうしてこんなに魅力的なヒロインなのでしょうか。

>龍ちゃんだけじゃなくて小鈴ちゃんも出てきて・・・!
これはいいサプライズでしたよねー!
龍之介とすれ違っただけではなく、まさか夫婦のおうちにお邪魔できるとか・・・
あと、原作でも散々なラストだった龍之介が完全無欠のハッピーエンド迎えててホロリw
錦絵師になって超絶美人の嫁さんまで手に入れるとか・・・良かったな龍之介!!

>でも幸せな龍之介を見て若干物足りなさを感じたのはここだけの話ですw
龍之介とはそんな役ですよねwwwすごく分かりますwww
まぁ、あまりにも原作及びTVでフルボッコされてたので、映画ぐらいいい目見させてあげましょうw

>会津での斎藤さんは凄かったですよね・・・!
>平助も総司も灰になってそれでも一人で戦う斎藤さん・・・。
>何?このかっこよさと切なさ!惚れるわ!
このシーンは本当凄かったですよね・・・鳥肌立ち過ぎてヤバかったです。
何より「演出」が凄かったですよね。これなら変若水飲んじゃっても仕方ないやと。原作土方ルートで持ってた不満が解消されましたw

>あと原田さんと平助も良かった!左之さんはゆるぎなく左之さんで、
>不知火さんが左之さんの槍持って会津に来てて泣きそうになったし、
>平助も斎藤さんと笑いあってる所がね!
左之さんや沖田さんは最期を丁寧にTVで描いていたこともあり、それを踏まえつつの補完っという形でしたよね。
劇場版で特に描写が描きこまれてたのが平助かなって思います。平助の苦悩を描きつつ、前向きに活躍もする。平助君の魅力が詰まってる映画でした。
斎藤さんとの年少コンビも良かったですよね。

>当たり前のことなのに生き残った二人を見て涙が出るのはなぜなんだろう・・・。
>幸せになれよこのヤローを叫びたくなりました。
ようやく、ようやくこの結末が見れましたね・・・
3年越しのハッピーエンド・・・
もうTV版最終回の「完」が悔しくて悔しくて。やっと・・・千鶴ちゃんを幸せにしろよ土方ァァッァ!

で、ちー様生き残りましたね!ちょっと嬉しい!!
いやほんとう、迷惑掛けた天霧さんにはちゃんと謝るとして、これからは西の頭領として奮闘するちー様を応援せざるを得ませんw
本当、劇場版のちー様カッコ良かったです。

>どこまでも最期までゆるぎなく沖田さんだった沖田さんを描いてくれて感謝しかないです。
沖田さんは本当沖田さんでしたよね。私も上手く言葉で表現できませんが、ゆきさんがおっしゃいたいことはなんとなくわかります!
劇場版の沖田さんも本当に良かったです。イメージ通りの沖田さんというか。

>白華の感想も書き終わってるんですけど長すぎて。
本当、以前頂いたメール返せてなくて本当に申し訳ないです(土下座)
白華感想送って頂けますか!?本当嬉しいです!
白華如何でしたか?重い話の中でときめく事は出来ましたか!?
以前、感想が返せなかった身ではありますが、感想楽しみにしています!
四季の詩もいいですよー!是非プレイしてみて下さい♪


時野 咲希 | URL | 2014年04月06日(Sun)13:03 [EDIT]