螺旋運命―SPIRAL DESTINY―

livedoor blogから引っ越して参りました。旧館から来た方も初めましての方も宜しくお願いします。

2013年!時野的萌キャラランキング

2013年に書き切れなかった記事。
以前、こんな記事を書いたのは覚えていらっしゃいますか?


>そうそう、今年の萌キャラ★プチランキグなんかも考えてみました!
>マイベスト萌キャラを男性キャラ3人、女性キャラ3人を選出しようと思いまして。
>こちらも後日発表予定。さぁ、時野の心をときめかせたキャラは誰だ・・・!
>こちらは予想しやすいかなと思うので、皆さまの予想お待ちしております。

>萌キャラランキングはアニメ作品限定です。
>ちなみに、ゲームだと今年はアテルイ(@白華)にやられました(笑)
>・・・アテルイルート最高すぎるだろ・・・(戦慄)
>でも、白華最萌キャラはやはり空疎様なのであった。空疎様は去年ときめいたので(笑)


本当は年末ランキングと一緒に発表するつもりでしたが、書き終わらなかった/(^o^)\


ということで、今更ですが、
2013年、時野の心を鷲掴みにした萌キャラ達をご紹介いたします!





【男性部門】













1位 エルエルフ『革命機ヴァルヴレイヴ』

「お前はハムエッグの黄身も愛した女もナイフで半分に切り分けるのか?
 幸せは半分こになんて出来ない」
「ならお前には分かるのか!?力を持つこともできない俺の気持ちが!」
「俺に攫われてくれ」


やはりハムエルフこと旅団ひとり(一人旅団)ことエルエルフ・カルルスタインことミハエルかなと。
名前の汎用性wエルエルフという名前の響きもいいですが、なにより「ミハエル」という本名がちゃんと残ってるコードネームに思わずドキドキしましたね。
「ミハエルフ」のゴロの良さ・・・

エルエルフはとにかくイケメンキャラとしてもネタキャラとしても大変美味しいキャラでした。
なにせ、第一話で「ハムエッグの黄身~」ですからね。
「俺は!スペシャルで!2千回で!模擬戦なんだよー!」並のインパクトがあったわw
とりあえず2話も見るかという気にはなったw

非情な決断ができてしまう軍人ではありますが、学生たちと過ごし、徐々に人間らしさが垣間見れてく様にハマってしまった。
一人旅団っぷりも純粋に見ててワクワクしました。
なにより、リーゼロッテとエルエルフの二人が大好きでした。8話の二人の出会いのシーンは本当大好き過ぎて。
それまでただのギャグアニメとして見てたヴヴヴを初めて正座して観た回でした。

二期に入ってからは作画的にも美しすぎるエルエルフさんに悶えてました。
人間らしさ、甘さが滲み出てて、そして時に本音をポロリ。それの最たるものが「ならお前には分かるのか!?」だと思います。
そんな魅力を増したエルエルフさんの最終奥義「俺に攫われてくれ」で本気で悲鳴をあげました、深夜に。
カッコイイのはもちろん、不覚にも羊羹を気に入ってしまったり、連坊小路兄妹を見捨てきれなかった甘い一面もたまらないキャラでした。
サキへの置き手紙での「必ず帰ってこい」の行とかも好きです。
ハルト相手にはケンカもする。こんな人間味あふれるキャラ・・・惚れないわけがない。

2013年はエルエルフに翻弄された年でした。










2位 不破真広『絶園のテンペスト』

「とうに賽は投げられてんだ。これから先は俺が全て背負ってやる」
「俺も、お前の前では泣きも喚きもしてないだろ」
「お前の彼氏は新しい恋人でも出来りゃ完全に他人だが、俺はずっとお前の兄だからな」


まぁ私の真広厨っぷりは今に始まったことではないですが(苦笑)
そりゃもう3年以上の筋金入りの真広厨です。

一見、不良チックで、怖い奴ですが、根は純粋で実は優しい子なんですよね。
妹(と両親)が殺されたことが「憎い」っというより、「信じられない」っていうのが行動の原動力なんだと思います。
愛花ちゃんへの想いに気付いてないお兄ちゃん。
真広は年上のお姉さん方からモテるタイプで、遊び相手には困らなかったわけですよ。真広自身も「自分は女慣れしてる」と思ってたわけですから。でも本当の恋には全く気付いてなかったという。

羽村君との友情も見どころでした。
弱気な羽村君を奮起させる真広。
真実を知って物分かり良く全て受け入れてしまった真広を叱る羽村君。
忘れがちですが、羽村君の方が年上なのですよ(笑) 確か2つぐらい上ですよね。

アニメでは左門さんとのやり取りも面白いことになってましたね。
初売りの回は大爆笑しましたwww左門のクールボケにイチイチナイスツッコミを入れてくれる真広さん。
この人たち、ついこの間まで富士山麓で対峙してたのに・・・(笑)

そして、吉野との墓地での再会シーンが大好きすぎて何回観たことか・・・
吉野さんが見てない所では泣いたり喚いたりしてたようです。真広ぉぉぉぉぉぉ。

器用で不器用な真広が大好きです。










3位 花礫『カーニヴァル』

むしろ花礫がいたからこそ最後まで見れたとも言える(苦笑)
メンドクサそうに突き返すんだけど、一度懐に入れた仲間は見捨てられない、そんなキャラでした。





・・・うん。全員、準主人公な件www
ハルト、吉野、无。どこか気弱な雰囲気がありつつも我が強い主人公に振り回される哀れなもう一人の主人公ズなのかなと(爆)
実際に物語を動かしてたのは彼らな気がします。

ちなみに、このランキング自体は12月上旬に作ったものでした。
今の心境だと、この後ろにFree!の橘 真琴と七瀬 遙がスタンバってます(笑)
まこちゃんはマジ心の癒し。振り回される~という点では真琴も当てはまりそうだ。遙専属の通訳である。
遙は見てるだけで鼻血が出ます。血のプールの完成である。



では、次は女性部門です!





【女性部門】










1位 小森ユイ『DIABOLIK LOVERS』

「これでも食らえっ!」

ユイちゃんが本当に可愛くて、健気で・・・時野好みすぎるヒロインです。
第一話の「これでも食らえ」で完全に落ちました(笑)
もうユイちゃん見てるだけで胸のざわめきが止まらない!この気持ち、まさしく愛だ!
ユイちゃん、本当可愛い!萌える・・・!

あとアニメに関しては、中の人の演技が素晴らしい。
おどおどしつつも凛としてて、でも健気で、吸血がエロく、そしてコーデリアに乗っ取られてからの高笑い・・・
新人声優でこれだけ演技できればかなりの大物でしょ・・・今後の活躍に期待したいです。










2位 姫柊雪菜『ストライク・ザ・ブラッド』

「・・・いやらしい」(軽蔑)
「私は先輩の監視役ですから」

こちらも吸血されるヒロインwww
姫柊が本当可愛くて・・・もう好みストライクすぎて。ユイちゃんと激しく悩みました。
パンチラ、透け制服、彼シャツ(パーカー)で戦闘とか本当にご褒美すぎる(鼻血)
パンチラスロー再生余裕!

時野を変態に貶めたヒロインです。
・・・私、本当に性別が女なのか、最近ちょっと自信なくなってきた・・・



と思ったが、
この後の3位を誰にするか真剣に悩んだ結果、そんな失いかけた自信を取り戻したのであった。



















3位 エルエルフ

サーセンwwwwwww
だって、今年の作品で3位に該当する萌えヒロインがいなかったんだよ!!(爆)
好きな女性キャラは多かったんですよ、今年は。

ヴヴヴの流木野サキ
絶園の鎖部葉風   等々

だが、「萌え」ではないのだよ。好感が持てるヒロインなのだよ!彼女達は別ベクトルの「好き」。
私の「萌え」の定義は、見てるだけで、画面に映っただけでドキドキするキャラを指しています。
なら、萌えるヒロインは誰だ・・・エルエルフじゃね?という発想に至りました。
だって、エルエルフから漂う圧倒的なヒロインオーラ!二期OPの正妻戦争とかショーコやサキより貫禄あるというwww
最終回はまごうことなき正ヒロインだった件・・・(戦慄)


ということで、まさかの吸血されるヒロイン3人ということで(爆)
彼女らを吸血する逆巻兄弟、古城、ハルトが羨ましすぎるぜ・・・!ちょっと俺と代われ。
ちょっくら第四真祖か神憑きになって吸血してくるわ ノシ



やはり女として終わってる・・・orz
そんなことを実感した2013年萌えたキャラクターランキングでした。



2014年も素敵な萌キャラに出会えますように!(開き直り)



※記事カテゴリーですが、2014年に書いた記事ですが、内容は2013年の総括の為、「雑記【2013】」にカテゴライズしました。


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する