螺旋運命―SPIRAL DESTINY―

livedoor blogから引っ越して参りました。旧館から来た方も初めましての方も宜しくお願いします。

メルフォ返信2013(9/22)

読者のゆきさんから蒼黒の楔プレイ感想が届きました!1カ月前に!(爆)

・・・ずっとお返しできずにすみませんでした。一人ニヤニヤしててすみませんでした。
ゆきさんからメール頂いて、私も蒼黒再プレイしたくなっちゃいましたよ。蒼黒はいいよね、本当。

で、時間を掛けて、一つ一つお返事書いてたんですが、「なんかこれ前にも書いたような?」みたいな既視感がありまして。どうやら過去の感想記事と同じこと書いてーら!とw

1年近く前の記事ですので、新しい記事に完全に埋もれてしまっていますよね。
ゆきさんもプレイ後、改めて読んで頂くと面白いかなと思いまして、蒼黒に関する感想記事をまとめてみました。ご参考までにw


2012年9月16日「蒼黒 祐一先輩攻略
2012年9月22日「遼の悲恋ENDが神すぎて号泣が止まらない
2012年10月18日「『蒼黒の楔』祐一ルート感想


ちなみに、遼正規ルートの感想は9月10日、
DS版追加シナリオ紅陵祭の感想は9月17日に書いています。もしご興味があればそちらもどうぞ。
このほか、2012年9月~10月頃の記事に蒼黒に関する記事を結構書いてますので、サイドバーの「月別記事」を使ってこの辺りを漁ってみて下さいな。


では!返信です!!










■ゆき様

>お待たせ?しましたー!!!蒼黒の感想です!
かなり待ってました!!!!いやーゆきさんの感想が本当に楽しみで。メールが届いた時画面の前で小躍りしてしまいましたよ。でもなかなか返信できず・・・本当に申し訳ありませんでした。

>拓磨の叫びがかっこよすぎてしびれました!
>つーか美鶴ちゃん!緋色の1と3はきちんと繋がってるわけじゃないけど
>1の拓磨ルートの美鶴ちゃん知ってるからなんか泣きそうになりましたよ・・・

蒼黒の美鶴ちゃんは本当健気で・・・たまらないですよね。
特に拓磨ルートの美鶴ちゃんはたまりませんでした。


>勉強会での差し入れに笑いましたwホットドッグってwww
>拓磨を意識しまくってる遼がかわいいです。
>でもあれ?おかしいな、遼がかっこよく見える・・・
>今迄はかっこいいと思う前に18禁発言でただの恥ずかしいやつになってたのに(笑)

ホットドッグは笑いましたよねw絶対「肉料理でドッグ(犬)」的な発想ですよね、珠紀さん!w
ちなみに、本当の好物は「肉まん」だそうですw

で、鬼崎コンプレックスっぷり凄かったですよね。
「鬼崎」って何回言ったよお前w遼がすこぶる可愛く思える蒼黒の楔ですw
あと、言動も、蒼黒本編ではかなり大人しかったですよね。まぁ、ストーリーがシリアスですし。
亡くなったお父さんが大好きだったとか、割と純粋な男の子なんですよ(笑)


>鏡の話は後付け設定なんだろうなー。
>なんで大蛇家が管理してたのかがよく分からん・・・

白華の檻で震えて下さいwwwもうそろそろプレイされてるかなと?
後付け設定といえば、中学生時代に珠紀と会っていたっという設定もなかなか良かったですよね。

>からくり屋敷wwwなんで珠紀見つけてんのwww偶然見つけられるレベルじゃねーぞwww
からくり屋敷は笑いましたwwwwww
卓さんも気づいていなかったからくりに気付いちゃうとかwww

>切ないんだけど・・・スチルの清乃ちゃんの生足にしか目が行かないwww
>典薬寮組最大の見せ場なのにwww本当ごめんなさい!!!!

あの生足は美しかったですよね。私も二巡目は足に目が行きました(笑)


>やっぱり慎司君ルートの良さは珠紀が一番等身大であることですよね。
>一緒に成長して行ってるかんじがすごく良かったです。
>でも慎司君ルートの一番のMVPはタタマだと思いますwww

慎司君の成長著しいですよね!
そして「緋色」と一番繋がってるのが慎司君ルートだなぁなんて思いました。
「居場所は与えてもらうんじゃないよ、自分で作るものだよ」というようなセリフが緋色・蒼黒と出てきたのが嬉しかったです。
そしてタタマwwwwwww本編の泣きシーンに「タタマwww」に気付いてしまって、泣いて笑って泣いての凄いことになりましたwそして想い出アルバムで突っ込まれて再び爆笑www


>緋色キャラとは思えないほどの素直さですね・・・
>このまままっすぐ育ってほしいものです(笑)

凛君は本当に純真無垢ですよね!ひんまがった守護者達の中の天使ですwカミ様ですけどw


>ケテルさんを攻略しようと思ったんですが・・・
>あれ?真弘先輩ルートになった?

ケテルさんと凛君は3ルートクリアしないと出現しないんですよねw
①拓磨or遼(犬猿格闘タイプ組)、②真弘or祐一(先輩親友組)、③卓or慎司(頭脳派組)
それぞれどちらかを攻略しないと出現しないんですよ。いやーでも真っ先にケテルさんやりたい人もいたと思うので、同じ罠に引っ掛かった方は多いかとw

>若干恋愛が唐突で?となったけどケテルさんが予想外にツボったのでOKです(笑)
実は私もケテルさん大好きです!あれはキュンと来ますよね、かなり唐突でしたけど!(笑)


>真弘先輩ルートの展開がすごすぎ・・・
凄かったですよね・・・壮絶でしたよね・・・
面白いなと思ったのは、遼の悲恋では、珠紀が鏡の契約者になった時点でBADENDでしたが、真弘ルートはそのBADENDの状態からHAPPYENDを掴むという・・・さすが真弘先輩だなぁって思いました。

で、真弘悲恋エンドで号泣ですよね・・・ああ、祐一先輩は本当、なんでも分かってくれるんだな・・・この二人の絆にもうるうる来ました。


>祐一先輩ルート
祐一先輩ルートはね・・本当・・・凄かったですよね・・・
蒼黒の楔のメインは祐一先輩だろうていうね・・・鳥肌が立ちっぱなしでした。
白華で是非、幻灯火を救ってやって下さいw
ゲントウカと玉依姫の出会いのシーン(映し鏡)が大好きなので、白華ではプロローグで既に涙がこぼれましたよ(苦笑)

子供スチルはずるいwww慎司君にもくれよwwwと思いましたwww
いやーもう、祐一ルートは凄いとしか言いようがないですね・・・
最後、固まってる真弘先輩や、慰め合ってる(?)拓磨と遼にニヤニヤしましたwww


>新・玉依姫神社臨時相談所・映し鏡
緋色と比べてかなり内容が面白くなってますよね♪
臨時相談所が大好きすぎて何度見たことかwそして五瀬さんの映し鏡はね・・・泣けますよね。
ちなみに、五瀬さんの映し鏡で泣いた後に卓ルート(だったかな?)やったんですが、あんな話を読んだ後でもう五瀬さんを憎くは思えないんじゃないかなって思ってたのですが、ちゃんと殺意が沸いたので悪役として申し分ない人なんだなと改めて実感することが出来ましたwww
五瀬さん、その後どうなったんですかね?明日への扉で話題に触れられても核心に迫ったルートが見つからず・・・私が見逃してるだけなのかな??

>ババ抜き
ババ抜き楽しいですよね!一時期、ずっとあれやってましたwww
玉依姫カードを引かれた時、凄い悔しいですよねw
あと、カード選ぶ時、真弘先輩とかは表情に出るので面白いですwww


>超番外編・薄桜鬼遊戯録弐 山千ルート感想
>実は遊戯録を買っちゃいましてw
>そこの山崎さんルートが萌え死ぬんじゃないかと本気で思ったので叫ばせてください。

マジですか!?
これはヤバイですな・・・山崎さん本当・・・たまらんです・・・!
友人に話したら「なら遊戯録やってみる?」と冗談交じりに言われましたwちょっと本気で借りてこようかと思います(笑)
とりあえず、「千鶴」と呼ばれただけで昇天できる自信はある。



明日への扉感想も読ませていただきました!!
もう、「そうそう!そうなんですよー!」と何度頭を振ったことかw
拓磨のケコーンには噴きましたwwwさすがメインヒーロー。
ツチノコ騒ぎしてた真弘先輩とは雲泥の差!wwwwwww
もし、真弘先輩が拓磨ルートをプレイしたら、卒倒すると思いますwww

これ、年末のゲーム感想にも書いたと思いますが、
慎司君、祐一先輩、遼の3人は割と地に足がついた話でしたが、
後のメンバーのぶっ飛び具合はハンパないですね!
(真弘先輩は地に足がつき過ぎてむしろめり込んでる勢いですが!w卒業関係ねぇwwwww)

祐一ルートは!
「みんなとの~」では、なんかもう恋人通り越して新婚生活入ってますよねw
家電選びとか・・・ニヤニヤします!
「あなたとの~」では、もう祐一先輩が素敵過ぎて、可愛くてキュンキュンしておりました。
あと、嫉妬するシーン、私も大好きです。本当激レアですよね!!先輩が嫉妬してる!!
思わず、このシーン(セリフ)をキャプってしまいました。いつでもどす黒い感情に支配されそうな祐一先輩が拝めますwww
あと、緋色回想シーンもキャプリましたwww

そして最後ね!ぶはwww祐一先輩抑えて抑えてwww
ある意味、リミッター外れると何しでかすか分からない怖さもといドキドキ感がありますねwww
狗谷さんはヘタレなのでwあの空のバレンタインでも思いましたけど、狗谷さんより何やるか分からないですよ、この人は。サラっとやってのける怖さwそしてそこに萌えるというwww


いやー本当蒼黒面白いですよね!本当、またやりたくなってしまいます。
白華は順調ですか!?白華感想、全裸待機してます!是非送って下さい!途中経過もお待ちしております♪

本命は幻灯火になるのか、古嗣になるのか、空疎様になるのか・・・楽しみです!





スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する