螺旋運命―SPIRAL DESTINY―

livedoor blogから引っ越して参りました。旧館から来た方も初めましての方も宜しくお願いします。

俺は3年待った。十分待った。

追加エピソード羨ましすぎるギギギ

と言い続けて3年。
ついにこれをやる日が来た。

「薄桜鬼 随想録 ポータブル」

事件想起3キタァァァッァァァァァァッァ\(^o^)/
PSP版の薄桜鬼FD。同僚が貸してくれました(笑)
彼女が随想録を買ったのは今年の5月。私がうっかりうたプリAAを買ってしまった話は書いたと思いますが、その時彼女が買ったのが随想録でした。
「斎藤好きで随想録やらないとか、勿体ないにもほどがある!今すぐやりなさい!」
と力説した所「今から買いに行く!」と彼女が立ちあがったので、一緒にゲーム売り場に行ったら、何故か私がAAを買っていたという(苦笑)随想録は売り切れでしたが、翌日違う店で購入したそうです。

ついにクリアしたそうで「昨日クリアしたんで、持って来ました!」と貸してくれました。
私は彼女から借りるつもりは全くなかったので。下心皆無だったので。凄くビックリしたと同時に嬉し泣きしましたw


そんなわけでね!3年越しの「事件想起3」という追加エピソードやりました。
事件想起3。慶応3年の夏祭り(送り火・大文字焼き)の話です。
・・・。
斎藤&藤堂・・・御陵衛士組が好きな時野さんにはたまらない時期のエピソードであることは察して頂けると思います。他人の振りってなんでこんなに切なくなるのかな!!
(ゲームは千鶴目線で進むので、千鶴と別行動をしているこの頃の藤堂・斎藤のエピソードはほとんど描かれてないんですよ。今回は貴重なエピソードの1つです。)


とりあえず、まずは斎藤ルートを!(ですよねーw)

斎藤さんは相変わらずの内心ダダ漏れっぷりを発揮しておりました!
既にプレイ済みの他キャラファンの方々からは「前置きが長すぎる!さっさと手を繋げ!」とイライラされてましたが、あれこそ斎藤さんですよ!むしろもっと前置き長いのかと身構えてたぐらいだよ!斎藤ファンにはご褒美でしかなかったです!

あとね!
斎藤ルートは事件想起3が事件想起2と繋がってて嬉しかった!!

随想録はショートストーリー集仕立てのFDとなっているのですが、
これ、昔、随想録感想に書いたと思うのですが、斎藤ルートにおいては、個々のエピソードが結構繋がってるんですよね!
そして今回プレイした事件想起3もまた2とリンクしてて泣いた。
本当、斎藤ルートの脚本書いた人は本当上手いなと改めて思いました(笑)


明日は事件想起3において本命の平助君をやってきます。
平助君は泣けると聞いてるので・・・そりゃそうですよね。御陵衛士と新選組・千鶴との間で揺れ動く、心の葛藤を繰り広げるこの頃の平助君好きにはプレイ前から既に涙ものですからね!

あと、PS2版とPSP版の違いと言えば。
各エピソードのあらすじをキャラクターが読んでくれるのはちょっと嬉しいですね。

あとあと!!エンディング曲!!
そうだよね!PSP版のEDは「光の蝶」なんですよね!!
私、この曲大好きで。吉岡さんの曲の中で、私的には5本の指に入るぐらい好きな曲です。
このED曲でエンディングを迎えられる・・・幸せすぎる。




なるべく早く返却したいので、今週は随想録優先でプレイしてます。
白華とMUSICもやりたいけど・・・!なんで時間は有限なんだ・・・orz

まぁ、隙間時間にMUSICに差し替えて結構やってるけどね。
白華はとりあえず智則はクリアできたのでwのんびり古嗣と胡土前やってきます。早く幻灯火やりたい(笑)でも幻灯火は最後にとっておくんだ・・・!

智則は・・・白華界のトーマ(@AMNESIA)でした(笑)
なんちゃってw
ちなみに、秋房は白華界の志村新八(@銀魂)です(爆) よくよく考えると共通点ありすぎワロタwww


記事タイトルは風間さんの名言「俺は待った。十分待った。」よりw
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する