螺旋運命―SPIRAL DESTINY―

livedoor blogから引っ越して参りました。旧館から来た方も初めましての方も宜しくお願いします。

「私の好きな妻は、夫の前を歩く凛々しい妻です」

「私の好きな妻は、夫の前を歩く凛々しい妻です」

尚之助様ァァァァッァ!
久々に大河で泣きました。泣いたのは篤姫以来かもしれぬ。

ちなみに。川崎尚之助の明治以降の消息について明らかになったのは、実は今年に入ってかららしいですよ?大河が決まってから研究が本格化してようやく分かったのだとか。
研究とは、なにか大きなキッカケがあって、発展するものですからね。
研究者にとって研究対象というのはたくさんあるのです。でも、数が多すぎて全てを研究するわけにはいかない。そこに大きな「柱」。今回で言うと「大河ドラマに出る」ということで、優先的に研究が進むっなんてこともよくあるのです。
と生意気に語ってみましたが。
私もわずかながら「研究」というものに携わっていたので、「ドラマをきっかけに詳細が分かったっという事実はロマンがあるなー」なんて思った次第です。
まぁ、私の院生時代の研究も「時期的柱」があって、それによって新事実が発覚した~という体の研究だったので。思わず胸を躍らせてしまいました(笑)
そろそろ私の研究も世に出る頃だわ・・・楽しみ(笑)

ということで、今回の再会のシーンはほぼ捏造なんだろうなとは思いますが。
このセリフは良かった。ドラマとして泣けるわ・・・!
ちなみに、3週ぐらい前ですかね。みねの涙でうるうる来ましたけどね!子供の涙は反則やで。しかもみね役の子の泣き方が、いい意味で綺麗じゃないのが本当切なくてね!最近は綺麗に泣く子役が多いしそれはいいと思うけど、あの「本当に泣いてる感」がまた心を揺さぶるんですな・・・みねぇぇぇぇ。


と、そういえば、八重の桜の感想をブログにアップするのは初めてかしら?
ちなみに、第一話の感想を結構熱く語った記事を書いたのですが、色々な諸事情から結局アップしなくて下書き状態なんですよねぇ(苦笑)

今年の大河は私的には結構好きです。
あと去年の清盛も私的にはそんなに嫌いではなかった。江・天地人は問題外だけどなw

惜しむは全話見れてないことなんです。いやー1月から修論で忙しかったからな・・・
飛び飛びでしか見てないです。来年、再放送とかやってくれないかな?
とりあえず年末の総集編は久々に見たいなと思います。来週からの新島襄編がどうなるかですねー。
(年末総集編を正座視聴したのは「功名が辻」が最後かも 苦笑)

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する