螺旋運命―SPIRAL DESTINY―

livedoor blogから引っ越して参りました。旧館から来た方も初めましての方も宜しくお願いします。

白髪の王子様たち

昨日は久々にPS2起動できましたー!祐一先輩ぃぃぃぃぃぃ。


前回セーブした所が丁度、祐一&慎司コンビ共通ルートに突入した所(3章途中)だったので、昨日はひたすらこの秀才組に萌えるターン!(笑)
ああ、やっぱり二人がドライの攻撃から庇ってくれるシーンは名シーンだわ。もうここ大好きすぎて!ヤバイ。

そして、あの禁断の「湯けむり事件2」・・・
うむ。改めて見直したけど、これは酷いwwwwwwwww
恐ろしくてブログに書けないでいますが・・・このシーンをプレイしたであろうお二人!これはブログに書いていい内容かな?どうかな!(苦笑)
女子中、女子高育ちの純粋培養・珠紀さんには刺激が強すぎるwwwwww
湯けむり事件は本当謎イベントだわ・・・www


んで!セーブポイントの関係で、今日はここまでやろうと決めてました!
ということで、時野が大好きなシーン直前でセーブ。ちょっと再生してから電源切りましたw

首飾りぃぃぃぃっぃぃい。ああもうここ大好きすぎて!!!
スチルがまたスッゲー映えるんですよね。


ということで、今5章に入ったところかな。(全8章なのでまだ折り返したところです。道は長いw)
もうすぐ共通ルート終了。そろそろ個別ルート入りますよ!楽しみ!!

早く祐一・アリア・フィーアのコントが見たい!(※コントじゃねぇーよwww)

珠紀「先輩!みんな見てます!」
祐一「?、それがどうした?」
アリア「フィーア!何も見えぬではないか!手をどけろ!」
フィーア「アリア様にはまだ刺激が強すぎるかと」

祐一先輩には「恥ずかしい」とか「照れる」とかそーゆー概念はありません(笑)
ゴーイングマイウェイな先輩が大好きですwww
時野命名「白馬(髪)の王子様」こと祐一先輩ルート、この先が凄く楽しみです!




でだ!
なんかこう、原点回帰がしたくなってですねぇ、久々に「薄桜鬼」やりましたw
もちろん、斎藤ルート一択ですが、なにか?(笑)

さすがに最初からやったら終わらないっということで、個別ルートに入る4章からやりました。鳥羽伏見の戦い勃発の所からです。アニメで言う所の第一章最終回からです。

4章:鳥羽伏見
5章:江戸
6章:甲府
7章:金子邸
8章:会津

こう列記するとやっぱ斎藤ルートの全8章構成ってなかなか長いよな・・・。まぁ、土方さんは9章ありますけどね!www
沖田さん、平助君は7章構成です。これぐらいが丁度いいw
逆に原田さんとちー様はもう少しボリュームがあってもいいなぁとか思う次第ですw

ちなみに、初回プレイ時は「斎藤→土方」の順番でやったもんだから、序盤なんで既読スキップもほとんど使えないってことで、そりゃ大変でしたよ!なんで章が長い二人を先にやってしまったのかとw
以前、読者のゆきさんが教えてくれたベストな攻略順があります。
「ノーマル→沖田→斎藤→藤堂→原田→土方→風間」
これ凄くいい順番だと思う。
時野さんの残念な順番はこうでした。
「斎藤→土方→沖田→原田→藤堂→ノーマル→風間」
ただし!これ、風間さんが本命になりそうな人はこれでやってみるのも一興かと思います。
風間株がどんどん上がっていくのでw原田さんと沖田さんは逆でも可。
ただ、最初の二人が風間株最安値なので(斎藤ルートとか株底辺だからねw土方ルートが0なら斎藤ルートはマイナスですからねw)精神的にタフな人でないと厳しいかと思いますがw
私はこの順番でやったので、すっかり、ちー様好きになりましたwちー様カッコイイよ!惚れる!


でだ。
久々に斎藤ルートやったわけですが、天霧さんに殴られるちー様見てたら居た堪れなくなった(苦笑)

で、ですよ。斎藤ルートの感想ですね!
やっぱりね!5章が大好きです。江戸の実家で助けてもらうシーンが!


んで!なにより!

素敵上司・土方さんのカッコ良さプライスレス!

いやね。
なんで斎藤√の次に土方√をプレイしちゃったかっていうと、まぁ、特にプレイ順とか気にしてなかったこともあるけど、なにより斎藤ルートでの土方さんがカッコ良すぎたせいですからね!

会津に残ると決めた千鶴に

土方「理由は・・・聞かねぇ方がいいのかな?」

て言うのがね!もうね!!!!土方さん素敵過ぎて画面の前でノックアウトしてましたから。
「千鶴!斎藤さんは任せた!私は土方さんに付いて行く!」とか言ってましたからね、ガチで。
それぐらいカッコ良すぎる。

あとあと、近藤さんの最期を語る土方さんがね。

土方「無念なんかじゃねぇーよ」

がもう堪らんのですよ。三木さんの熱演ぱないです。
土方ルートでは描けない、他ルートだからできる葛藤が垣間見れる斎藤ルート。
素敵上司すぎるぅぅぅぅぅぅぅっぅう。


あとは、やっぱり三馬鹿ですかね。
特に平助君が駆けつけるシーンが大好きで。あの喝を入れるセリフが!

平助「絶望なんてするわけねぇーだろ!」

がね!あれで斎藤さん、目が覚めたと思うんですよ。
この少年漫画ルート、マジ熱い!友情っていいよねて思うルートです。


もちろん、千鶴ちゃんとの絡みが大好きが一番の理由なのですが、その他の要素も楽しめる、時野にはたまらんルートですという話でした(笑)
今日はゲームやれるか微妙ですが、随想録もやりたいなとか思ってしまいました。
そして黎明録のエピローグでニヤニヤしてくる!完璧!(苦笑)



そんなキュンキュンを満喫した一日でした。
ちなみに、記事タイトルの「白髪の王子様たち」は祐一先輩と斎藤さん(羅刹ver)を指して付けてみました。・・・映画で羅刹化したりしないかな。しないよね、諦めてるけど、動いてる羅刹斎藤さんも見たいという話(笑)

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する