螺旋運命―SPIRAL DESTINY―

livedoor blogから引っ越して参りました。旧館から来た方も初めましての方も宜しくお願いします。

もう慎司君フルボッコやめたげてよぉ!

祐一「そっとしておこう」



なんか拓磨ルートぽくなってきた!!!!

といっても、拓磨ルートってどんな話だったっけ(笑)
いや、アニメの楽しみもとっておきたいなっと思って、あまり深い考察とかせずプレイしたので、すっかり拓磨ルートだけ内容がごそっと頭から抜け落ちているという(苦笑)

ゲームで一番鮮明に内容を覚えてるのが祐一先輩ルート。次が慎司君。この二人のルートは「プレイしててワクワクする!面白い」ルートだから。
遼は話の前後はあやふやな所もあるけど、セリフをよく覚えてます。印象的なセリフが多いから。本当は狗谷名言集とかやりたいけど、アニメ終わってからかなと。セリフがネタバレ全開なので(苦笑)
真弘先輩はやってると二次元にスリップしちゃうから三次元に帰ってくると忘れてることが多いです(笑)真弘マジックに掛かってしまう。魅惑の先輩!

緋色は結局まだ1巡(悲恋も入れれば2巡)しかしてないので、全然やり込めてないんですよね。本当はもっとやりたい。白華が終わったらやるんだ・・・といいたいが、修論終わるまでPS2は封印かな(涙)


アニメは美鶴ちゃんに何があった・・・!とりあえずお兄ちゃんどうにかしてあげてよぉ!ゲームとは違う環境なので、慎司君と美鶴ちゃんがどんな行動に出るのか、楽しみでもあり、怖いです。

てことで、やっと、慎司君と美鶴ちゃんが双子だってことが言えた!
先週、思わず放送終了後叫びたくなったけど、「木曜日のニコ動配信(全国配信)まで我慢するんだ!」とグッとこらえましたよ。褒めて!
とは言っても、二人が双子なのはみんな分かってましたよね(苦笑)
私も一期の時点で気付いてて、ゲームやって「ああ、やっぱりそうか(苦笑)」と思ったので。
今まで、ゲームの感想とか書いてたけど、セリフ抜き出しとかしてても、二人が双子だっていうことだけは隠してました。わざとセリフを変えたシーンとかもあります。

慎司君は言蔵家の子供。守護五家の子供ではないわけです。
そりゃ守護者の力が発現するわけないわけですよ。それで修行に出されるって・・・そりゃないよ、酷過ぎるだろって思いましたよ。犬戒の親って・・・orz
言蔵家に捨てられ、犬戒家に捨てられ、アニメではまさかのロゴスにすら捨てられて・・・
もう慎司君フルボッコはやめたげてよぉ!

ちなみに、言蔵家は宇賀谷家(ババ様の家系)の分家ですから、玉依毘売命の血が流れているので霊力は高いです。だからこそ慎司君にも守護者の役割が務まったというわけですね。


それにしても祐一先輩はカッコイイな。真弘先輩と慎司君を止めるシーンとかマジカッコ良かった!さすが祐一先輩は裏切らない。
あと、慎司君と真弘先輩の身長差に萌えてたw
慎司君も小柄に見えますけど、真弘先輩とは8センチの差がありますからね!(笑)

真弘 157cm
珠紀 160cm
慎司 165cm

そして!!!
真弘先輩の過去キタァァァァ。なんで真弘先輩は蔵の開け方知ってたんだろうね。
気になるね。泣けるね!(号泣)
そしてそして!!!!!!!メロキュンキタァァァァァァァァァッァ\(^o^)/
ああああああもう真弘先輩かっこよすぎるぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ。俺、こんな完璧にカッコイイ人見た事ないや。真弘先輩は本当カッコ良すぎる。

しかしメロキュンの順番は謎すぎるなw
1話 拓磨(まぁ、初回だし。拓磨に異変が起きたし。順当)
2話 卓(裏切った回にメロキュンやるなよwww空気読めwww)
3話 慎司(だから裏切ったのがバレた回でやるなよwww空気読めwww)
4話 祐一(なんかやっと心から萌えられるメロキュンきた!)
5話 遼(最後に真弘先輩っということは、来週は真弘回ですか!?wktk)
6話 真弘(と思ったらただ6話に遼の出番がなかっただけであった 苦笑)

てことで、二章も折り返しですね。
なんかもう凄い展開になってて、ある意味ラストが予想できない。
拓磨は主役だし、卓さんは裏切りの真相があるし、慎司君は美鶴ちゃん絡みとかでまだまだフルボッコされるだろうし、真弘先輩はようやくアレが見え隠れしてきたし、謎の少年は未だ謎のまま。
そして祐一先輩だけ自ルートの美味しい所が何も生かされないっぽいという・・・orz
まぁね、祐一先輩は完全な恋愛ルートだからね。拓磨ルートな時点で出番ないですよね。そうですよね(号泣)祐一先輩は普段居眠りしてるのに、自ルートになると途端に輝き出すからね!


さぁ、結界を抜けた珠紀!
珠紀と拓磨はどうなる!?やっと恋愛モノっぽくなってきた!!楽しみ!!

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する