螺旋運命―SPIRAL DESTINY―

livedoor blogから引っ越して参りました。旧館から来た方も初めましての方も宜しくお願いします。

一筋縄ではいかないストーリーとなっている。

アニメ化まであと1カ月切ったー!
てことで絶園が楽しみな今日この頃。久しぶりに原作を読み返してみた。
そして思ったことがあって・・・

んで、丁度、ニコニュースで原作つき新作アニメについての前評があったので読んでみた。
以下、記事抜粋。

●絶園のテンペスト

 推理モノの要素を含んだ人気ファンタジー「絶園のテンペスト」がボンズによってアニメ化される。原作は城平京(原作)、左有秀(構成)、彩崎廉(作画)のチームによって月刊少年ガンガンで連載中。

 物語は、とある少女が絶海の孤島に漂着するところからはじまる。彼女は一族史上最強の魔法使いで、「絶園の樹」の復活をもくろむ同族によって魔法の使えない島に流されたのだった。ある日、1人の少年が瓶詰めを拾うと、そこには彼女からのメッセージが込められていた。彼は妹を殺した犯人に復讐するため、魔法使いと契約を果たす。妹の恋人だった親友を巻き込んで、前代未聞の復讐劇が展開される。
原作の城平京は「スパイラル 〜推理の絆〜」を手がけた人物。推理作家としての手腕も発揮されているため、一筋縄ではいかないストーリーとなっている。

 主人公の少年2人を演じるのは、内山昂輝に豊永利行。旬の若手声優が起用され、劇場版アニメ「ストレンヂア 無皇刃譚」の安藤真裕監督が制作チームを率いるほか、シリーズ構成に「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」の岡田麿里が加わるなど、化学反応が楽しみな1作だ。


・・・思いっきり葉風ちゃんと真広視点のあらすじwww主人公どこいったwww
で、原作読み返してて、「ああ、最初は吉野って巻き込まれ型主人公だったなぁ」ということを思い出しました。
最近は巻き込まれるどころか巻き込みまくってるけどね!(笑)
主人公が首謀者説まであるからな。ただそこは城平先生なのでトンデモ展開が待ってると信じてる。

それにしてもアニメPVでの真広はカッコイイな。悪っっい顔がたまらんハァハァ。いや悪人ではないよ?ただやっぱ復讐劇の主人公・・・主人公じゃなかったwいや序盤は完全に主人公だが。吉野が覚醒(!?)してからは影が薄・・・おっと誰か来たようだ。
まぁ、とにかく、復讐劇の当事者ですからね。復讐というか、なんで自分の妹は殺されたのか。辻褄を合せてやるってのが真広の目的だからね。言っておくがシスコンではないからな(苦笑)
ついでにBLでもないから安心しろ!(笑)
PV第2弾で吉野が引用してるハムレットの言葉も、一番最初に引用したのは吉野ではなく真広だからな。PV見てるとやっぱりうっちーが真広に思えてくる(苦笑)
いや、やっぱね豊永君の真広の声が解禁になれば慣れると思うんですよ。今は吉野だけだからね。二人揃えばやっていける気がしてきた。
葉風ちゃんとフロイライン山本の声はバッチリだと思うので。

問題はストーリーだよね。本当どこまでアニメ化するのか・・・
まぁ、スパイラルよりはマシなアニメになるだろう。スパイラルよりマシだったらそれでヨシ!(次元が低いよ!)
つか、1年前の記事を読んでたら「絶園は原作が終わってからアニメ化してほしいなってそんなの無理か。でもガンガンは最後の切り札としてとっとくべき」的なことを書いてたwまさか今年の内にアニメ化するなんて思わなかったよ・・・w

絶園が絶望にならなければそれでいい。
つか早く最新刊の発売日になーれ!22日はまだかー!

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する