螺旋運命―SPIRAL DESTINY―

livedoor blogから引っ越して参りました。旧館から来た方も初めましての方も宜しくお願いします。

Happy Birthday 前編

ついに始まってしまいましたね、ハッピーバースデー編。
本誌掲載から3年。そう、丁度3年前の3月でしたね。

ボッスンの出生の秘密が明らかになるボッスン過去編。
まずはAパート。皆さんは何も違和感なく「ああ、亮輔って言ってるし、お母さん出てるし、ボッスンの親の話か」て思ったと思います。うん、だってそれは正しい反応だと思います。
だって茜とルミはずっと出てましたもんね、4月から。
そう、ボッスンの家族については放送開始時からずっと描かれてきました。さも当然のように。
でも違うんです。原作では一切出てきていなかったのです。初登場が今回の話だったのです。

そうだから、私がずーーーと言ってきた、4月から張ってる伏線。それは茜という母親がいること、瑠海という妹がいるということ、父親がいなさそうだということ、このボッスンの家族環境のことだったのです。

原作ではこれが一切出てきません。
しかも今回のAパートの両親の過去話。実は「亮輔」という名前も出てきません。
さもボッスンが話しているように読者が錯覚するように作られていました。

といっても、いきなり幼馴染が出てきたりして違和感を覚えた人は多かったと思いますが、時野さんは違いました。それには理由がありました。
そう3年前の3月。覚えてますか、私、その頃、日本にいなかったんですよ(笑)
海外行ってました。

そんなわけで、海外でざんぷ最新号など読めるはずもなく、3~4週間ぶりに読んだざんぷ、それがこのHappy Birthday前編(原作81話 男の穏やかな休日)でした。
(ハズカシガールもステイクアウトブルースも読んでませんでした)
なもんで、私の中では「ああ、私が日本にいない間に、ボッスンの幼馴染なんか出てきたのかよ」とか思って読んでたら「ボッスンの父親だとぉうそぉぉぉ」な状態でした(笑)
ああ、懐かしい。

とまぁ、思い出話はそこまでにして。
今回の話、ちょいちょいカットされてたんですが、ヒメコ過去編では「おおおい、そこカットしちゃうの!?大事なシーンだろぉ」な所も多かったのですが、今回省いたシーンはアニメでは特段いらないシーンというか、ボッスンの家族のやり取りのシーンだったんですよ。だって、この家族の話はこれまでちょくちょく出てきましたもの。今更どんな家族なのか、一面を見せる必要がなかったんですよね。

あとは、ぶっちゃけるとこのHappy Birthday編って色々「そんな無茶な」な所も多い話なのですが、そこらへんのできる限りのフォローはなされていましたね。


ストーリー以外ですと、アイキャッチ!
CM入りはコミクス10巻表紙、CM明けは82話の扉絵ですね。
10巻表紙は過去のみんな。ヒメコがまだ鬼姫になってないんで、みんなが中2だった頃のイメージイラストなのかなっとか。もしくは分岐点に立ってる頃か。ロリ兄ちゃん萌す(空気嫁w)

んで、ですよ。82話の扉絵はカラー絵じゃないから色指定はアニメスタッフがやったと思うんですよ。
なんで、その色!?
ヒメコとペアルックくそ噴いたじゃねぇーかwwwwwwww

なんというハズカシガール!ハズカシガールよりペアルックになってるじゃねぇーかwww
つかそもそも服装が被ってたのね。パーカーにボーダーインナー。
まさか篠原先生、こんなところまで狙っていたとは・・・(偶然ですよ)
そして色指定したスタッフは絶対確信犯wボスヒメワッショイ!

そんなことを思ったアニメハッピーバースデー前編でした。
来週がハッピーバースデー編の山場!楽しみです。
来週もだいぶ詰め込む形になりそうですが、オリジナル要素で、暴れてる鬼姫とか仲睦まじい笛吹兄弟とかチラっと出てこないかな!無理かな!
そういえば、ハル母ちゃんの声がますみんでビックリした。意外だった。
「絶対この声知ってるよ。誰だ、誰だっけ・・・」がずっと気になってEDまでドキドキしてました。そうかますみんか!ますみんが微笑んでたのか。ますみん可愛いよますみん。
あとは、よっちんの演じ分けも楽しみにしてました。こちらもなかなか良かった。桐島両親は癒し。


どうでもいいですが、放送禁止用語の規準が分からない。奴隷がアウトで下僕はOKなのかw
とにもかくにも来週次第ですね!来週どうなることやら・・・あのシーンがクッソ楽しみです。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する