螺旋運命―SPIRAL DESTINY―

livedoor blogから引っ越して参りました。旧館から来た方も初めましての方も宜しくお願いします。

オジプラスはガチで欲しいであります!

何やらおじさん版「ラブプラス」妄想が話題になってるそうで(笑)

なにそれ、めっちゃ欲しい。ガチで欲しい(コラコラコラ)
先日、友人と「執事喫茶に行ってみたい」という話になって「若い執事よりおじさま系の方がいいよね」という話になりまして。翌日、別の友人ともその話をしたら「私もおじさま系がいい」と言ってました。

ハガレンの作者、荒川先生(女性)が「おっさんが好きです」と言っていて、「荒川先生と握手がしたい」と思った高1の夏。(我ながらそんな昔からおっさん萌に開化してたのかwww)


タイプA:執事系清楚なおじさま
タイプB:面倒くさがりなダルそうなおじさん
タイプC:ナチュラルにレディファーストな優しいおじさん

の3種類から選べてデートする・・・とかだったら最高だよな~。


そーゆー意味では、咎狗の源泉ルートなんて最高ですけどね!(源泉はタイプB)
元々おっさんキャラ好きの私にはドツボストライクでしたからね。
咎狗がアニメ化した時、
「あーあ、こーゆーキャラが攻略できたらいいのに」→「攻略キャラだとぉ!?さすがニトロ様!」
でしたからね(苦笑)
源泉がいたから原作買っちゃったようなようなもんですから。ケイスケだけじゃ買えなかった。
そして想像以上に萌ルートでしたっていうね。


なんで、こんなに源アキが好きなのか自分なりに検証してみた。
あ、そうか・・・

理想のトダシンがここに・・・

ということに気付いた(笑)
トダシンつまりトダカ一佐とシン・アスカのことです。
おっさん×ツンデレ息子
18禁ゲームで中の人ネタは厳禁なんだが、この方は偽名使ってないので・・・左側の中の人が一緒の件について
種死のトダカ一佐とシンの悲壮すぎる最後に納得がいかず6年。今更ながら救いの神に出会った気分です。(※ゲーム発売と種死放送はほぼ同時期ですw)
私の過ごしてた虚しい6年間はなんだったんだろう・・・と思わずは居られない今日この頃(苦笑)

てか、普通に考えて、シンがトダカ一佐を殺してしまったこと知るエピソードは必要だったと思うんですよね。戦争の悲惨さ、怖さを伝えるには一番のトラウマエピソードだと思うんですけど。ある意味、ステラを失うこと以上にシンには意味があったと思うんだけどな・・・
ああ、そうですか、シンは主人公じゃないですもんね。監督が「シンはただループしてただけ」って名言しちゃったからね。ラジオで。ラジオを握りつぶそうとしたのはあの時が最初で最後です(笑)
最近全く執筆できてませんが、種死脚本企画ではちゃんとシンがトダカ一佐と向き合うシーンを盛り込んでいますよ~!


あれ?おっさん萌からなぜシンの話になった・・・
まぁ、咎狗はBLなので。普通にノマカプで見たい。
てか、マジおっさんに癒されたり。やっぱり執事喫茶行って来ようかな。
一緒に行ってくれそうな子もいるし。


オジプラスまじで発売してくれないかな~。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する