螺旋運命―SPIRAL DESTINY―

livedoor blogから引っ越して参りました。旧館から来た方も初めましての方も宜しくお願いします。

ベーコンレタス生活11日目

ベーコンレタス生活11日目
ビトロ様が期待通りのHENTAI紳士っぷりでスパーキング。

もう2週間かYO!実はご無沙汰プレイ近況ー!
とりあえず、ケイスケ、源泉、リン、そしてシキ様をクリアしました(ついでにビトロ様もw)
プレイ順は↑に書いたとおり。結局、goodもbadも両方クリアしてます。

細かい感想は全クリしてから書きたいと思っているので、(あと処刑人2人とn様が残ってます)
今回は各ルートざっくりした感想というか思った事を書きたいと思います。
と思ったのですが、思いの外長くなりすぎました、まさか3時間も掛けて書いてしまうとは(滝汗)
そんな汗と涙の結晶(?)感想です。

以下、BLトークな上に、少し生々しいです。覚悟した上で閲覧下さい。
いやそこまではっきりした表現は使ってないつもりですが。でもこれ18禁ゲームなんで。
高校生以下の子は自重してね(興味持ってゲーム買うのはダメよ、絶対!)


では行きますよ?(※長いです)








■ゲーム冒頭に出る注意書き。

ゲームプレイ上の注意

「あんなシーンやこんなシーン」とは具体的にどういったシーンのことなのでしょうか(笑)
毎回この注意書きが出るたびに笑ってしまいます。しかも一瞬しか映らないからね。注意書き読ませる気ないだろwww




■全体の感想
基本的に話はよく練られてると思います。各ルート矛盾点も少ないし(全くないとは言わない)
で、「グロくて、暗い」と言われる咎狗ですが、あくまで時野さん的な印象ですが・・・

そんなにグロくなくね?
むしろ某乙女ゲーの方がグロかったよね。血飛沫乱舞の上に死体ゴロゴロだったからね。しかもBADENDではなぶり殺されたからね・・・大分こっちで耐性ができてしまっていたので、グロは全然問題なかったです。
唯一免疫がないグロと言ったら、内臓系でしょうか。といってもたった一瞬だけですし、そこまで身構える必要はないかと。うみねこより大分軽いかと(笑)

そんなにエロくなくね?
確かに18禁ゲームであることには間違いないので、間違えてうっかり買われてしまうと困るので何度も言っておきますが、ガチ18禁です。
でも、そこまでエロくないというか。割とスルーできる範囲だと思いました。全然ぬるいよ!
あと、設定でモザイクをつけることが可能なので、(というかモザイクが標準装備)
そこまで身構える必要もないのかも?私も別にエロには興味ないのでモザイク付きでやってます(笑)

そこまで暗くなくね?
いや、決して明るい話じゃないですけども。
「こいつ、ギャグキャラだろ・・・」みたいなのも何人かいますから。アルビトロとかアルビトロとかアルビトロとか(笑)
シリアス好きにはオススメの世界観です。



そんなこんなで、それなりに楽しんでます。
では各ルートの簡単な印象を。(時野プレイ順に書きます)



■ケイスケルート

最初、BADEND目指してやってたのに、PCとの相性の関係で、途中から「強制GOODENDモード」に突入してしまい、いきなりハッピーエンド見せつけられたっていう(笑)
でもですね、去年アニメを見てたわけですが、「アニメ、ケイスケにすっげー優しいな」とか思って見てたわけですが、実際ゲームをやって思ったのが、私が想像していた以上にアニメがケイスケルートそのまんまだったっていう(笑)
選択肢もケイスケルート仕様だったので、「アニメで聞いたぞこのセリフ」みたいなのがかなりありました。
そーゆー意味では新鮮味がなかったかな。いやもちろん、アニメ見てたからなわけであって、純粋に内容としてはすっごく面白かったです。アニメ見てなかったとしてもケイスケルートに転んでたね。

そして、何度も言いますがこのゲーム18禁ゲームなんですけど、
キャラの中には「別にエロなくても話成立するな」ってキャラもいるんですが、

ケイスケはエロなくして話が成立しません(断言)

そりゃ、TB(15禁版)で出番減るよ。これは仕方がない。だって話が成立しないもん。
時野さん的には初エロゲーだったのですが「そうだよ、エロを扱うならこう話に組み込まなきゃ!」と妙に納得というか、これぞ18禁BLゲーの醍醐味だろ!取ってつけたヤツじゃないんだよっという感じで感動しました。

さて、ケイスケといえば、やっぱり「ドライバー」ですよね(そうなのか!?)
ドライバーって色んな意味があるけど(@銀魂参照w)、工具のドライバーです。
ゲーム未プレイの私でも知ってる有名すぎるダブルドライバー事件。
某所のケイスケ紹介記事に「ケイスケが行ったドライバー攻めはBL界に衝撃を与えた」って書いてあるのがどうもツボです。この一文考えた人神すぐる。
で、さすがに直接的なネタバレは踏みたくなかったので、私なりに色々想像というか想定をしてたんです。3パターンぐらい考えてました。

てっきり、ドライバーのプラスとかマイナスの所を使うのかと思って「それはどうなの。それはどうなの。いやいやいや・・・それはないでしょ。てことは使いどころが違うんだよね。いやこっちならまだ使えそう・・・いやいやいやまさかそんなわけないよね」って感じだったのですが、
実際その事件を見てみた所

「あ、なんだ、ドライバーの【柄】の方か!」

と一瞬、ホッとしたんですが、冷静に考えると「いやいや柄って。柄って・・・いやこっちの方が大問題だろ。ホッとしてる場合じゃねぇ。てゆーかまてよ、これ確かダブルドライバーなんだよね、まさか、え、ちょっとおいいいいいいwwwwwwwww」って感じで見守ってました(笑)
おおふ・・・さすが衝撃を与えただけあるね。ドライバーのポテンシャルすげぇ。普段何気なく使ってるけどドライバーにこんな潜在能力があっただなんて・・・もう発想の勝利としか言いようがない。ケイスケ様すげぇ。とりあえずシナリオライターちょっとツラ貸せやwww

そんなことを思ったケイスケルートでした(酷い感想だなこれ)

あとは、ライン中和かな。
アニメで見てた時は「ええええ、これはちょっと抜けるの早すぎるだろwwww」とツッコミながら見てたんですが、原作でも割とあっさり抜けました。ビックリしました(さすがにアニメよりは時間掛かったし、アキラァも疲労困憊でぶっ倒れます。なんて健気な嫁!)

とにかくケイスケルートはアキラァとケイスケしかでてきません。二人の世界です。
幼なじみの夫婦が痴話喧嘩しにトシマにやってきてより絆を確かめ合っただけです(笑)
他のキャラ空気すぎワロタw

ちなみに、私はよく「アキラァ」と書きますが、これ冗談じゃなくて、本当に「アキラァ」て言ってるんです。ちっちゃい「ァ」が付くんです。ケイスケのセリフは「アキラァ」仕様なんです。
「アキラアキラアキラァアキラァアキラァァァァァ」みたいな感じのセリフが多いです(笑)

「アキラ」と「ケイスケ」って本当、名前の響きがいいよね。他のキャラもそうだけど、咎狗はとにかく名前のセンスつーか音の響きが凄くいいと思う。




■源泉(もとみ)ルート

おっさんルート。大人の余裕でプレイヤーを魅了するおいちゃん最高!(笑)

「息子が生きてればお前と同じぐらいなんだ」
最初は、自分の子供と重ねて世話を焼いてたオッサン。
ケイスケが豹変したことで憔悴しきるアキラを気遣う優しいオッサン。
他人には興味を示さないアキラが「なんでアンタはトシマなんかにいるんだ?」と聞いたり、
少しずつ心を開くアキラ。

が、そこで咎狗数少ない女性キャラ、エマ様からの通信が入る。(エマ様かっけーっす)
「源泉?・・・そいつは我々と同じ立場の者だ。お前の敵になりうる。今すぐ離れろ」
恋路の邪魔は女性キャラの宿命!(笑)

あんなに優しかったおっさんが敵?信じたくない・・・でも・・・
と不安に駆られるアキラ。そしてそこに源泉が戻ってくる。
もう、ここの教会でのやりとり。嘘だろ、信じたくないっと動揺するアキラ可愛いすぎるぅぅぅ。
「俺は情報屋だ。お前が望むなら話す」
「なんだよ、仕事の顔しやがって・・・」と不信感を募らせるアキラ。くそ可愛い。
「俺とエマ、どっちを信じるんだ?」と問われ、源泉を信じるアキラ。クッソ可愛い。

そして明かされるアキラの血の秘密とそれに関わっていた源泉の過去。
息子と嫁の復讐の為にニコル・プルミエを殺す、と。
「でも俺も同じなんだろ?だったら俺も殺せ!」と迫るアキラくっそ萌えるぅぅぅ。
「俺はお前の内面を知りすぎただから殺せない」「プルミエだって被害者だろ、内面を知らないから殺すのか?それなら俺の冤罪をつくった軍と同じだ!」「俺は息子と嫁さんの為に、この悪魔の計画を終わらせると、プルミエを殺すと決めてたのに・・・なんでこんな」源泉萌えるぅぅぅぅぅぅ。
最終的にプルミエも助けようということ話は落ちつきます。まだnルートはやってませんが、おっさんルートやってから早くnルートがやりたくて仕方がないです。n萌\(^o^)/

ついにCFCと日興連の内戦が始まり、トシマを脱出する二人。
それから5年後。・・・・・・・あああああもうこの二人マジ素敵すぎるぅぅぅぅ
グランドキャニオンの中心で愛をささやく(笑)
プロポーズの言葉は「一緒の墓に入ろう」です。・・・先に棺桶に入ることがほぼ確定してる側から言われるのもなんですが(笑)
てかもう、おっさんが可愛い、でもアキラの方がもっと可愛いですトシマ引越センターっていうか。
なんなのこの可愛い2人。歳の差なんか関係ないんだぜ。源アキ萌ぇぇぇぇ。
なんで源アキ好き少ないの!こんなに猛烈に萌えるのになんで少ないの!やっぱりマイナー所が好きなのか私は。もっと増えろモトアキィィィィィィ。

ということで、実はケイスケと比べられない、ほぼ同列に匹敵するほど源泉ルートがツボでした。
最高だろおっさんルート。とにかくアキラが可愛いルートです。



■リンルート

はい!来ました!アキラ唯一の攻めルート!(笑)
アキラだってな、やられっぱなしじゃないんだよ、やる時はやるんだよ、それが男ってもんだろ!っと思ってたんだけど、いざやってみると、「あれ?これやっぱりリンアキじゃね?」とか思ってしまった残念な男、それがアキラです(爆)
いや、アキラが通常運転でホッとしましたけどね。あ、でも一応攻めですよ?

んで、そんな主人公攻めルートなんですが。
このゲーム。メイン攻略キャラってやっぱりシキだと思うんですよ。
が、しかし、そのシキを攻略するためにはリンを攻略しなきゃいけないのです。

シキ目当てで買った人に他キャラのエロ・・・しかもまさかのリバ(逆)を見せつけるってどんだけ鬼畜ゲーなんですかこれ(笑)
ちなみに、リンを攻略しないとシキ様は攻略おろか、話にもほとんど出現しません。レアポケモン状態です。マジで鬼畜ゲーだと思いました。時野的には理想のリンだったので、楽しめましたが。

やっぱね!リンはこーゆーキャラだよね!思ってました、こんなんじゃないかと思ってました!「こんなリンだったら萌えるなー」と思ってた性格そのまんまでした。ありがとう。

アニメ見てた人には想像つかないかもしれませんが、リンの触れてはいけない話(シキや過去の仲間)に触れるともう大変。罵倒のスコールです。「ざっけんじゃねぇーよ」みたいな。

明かされるリンの過去。
いつも相手にされなかったけど、強くて憧れの兄(シキ)
ブラスター(チーム戦)に参加することで仲間とつるむ楽しさを知る
急に兄が自分を見てくれるようになり、舞い上がるリン
が、それはただ、仲間を殺す為に利用されただけだった
リンが惚れてた仲間(カズイ)はアキラそっくり

「そうだよ、お前をカズイと重ねてたんだよ、悪い?最初はビックリしたよ、本当そっくりでさ!」
それでケイスケはアウトオブ眼中だったんですね(笑)
アニメでこのシーンがちょろっと出た時「作画の問題なのか、誰が誰だか分からねぇ・・・」状態だったんですが、黒髪の奴が若かりし頃のシキ、アキラに似てる感じの奴がカズイですね。後でアニメ検証してみます。

ケイスケを救えなかったこともあってか、どうしてもリンだけはほっとけないアキラ。
そこでアキラくんが奔走します。ボロッボロのリンの看護、イルレ挑戦代打出場etc
だが、逆にリンの神経逆なで!ほんとすれ違いだなこの二人。そこに萌えますが!

紆余曲折、「アキラはアキラだ」と通じ合った二人だった。が!やはりシキと決着をつけなければアキラと並べないとシキの元へ走るリン。
アキラは源泉に連れられトシマ脱出。

それから5年後。
いいですか、5年です。生き別れてから5年です。
ブラスターを観に行くと「アキラは変わらないね」と変貌した大人リンが現れます。
5年ですよ、5年・・・5年も思い続けてたんか。
シキは倒したものの、トウキョウを脱出するのに時間がかかったと。5年ってほんと凄いなって思いました。

ただ、あくまで時野的個人的な趣味なんですが、
途中まではすんごく良かったんです。話すっごく好みだったんですが、どうも終盤が駆け足な気がしてしまって。なんかとっても惜しいな!って思うルートでした。



■シキルート

お前のものは俺のもの
っというジャイアニズムルート(笑)

アキラが一人になるといつも出現するレアポケモン・シキ様。
「なんなんだよアンタ、いつも俺の前に出てくるな!」「お前が俺の所に出てくるのだろ」
仕方ないよね、だってカリスマだもんね。オーラ出てるもんね。・・・いやどう考えてもシキ様がストーキングしてるとしか思えないです(笑)

黒スケとの最期の説得バトル。
事切れるケイスケの前に現れるシキ。
「お前の仲間か?」
「なんだよ、なんでこんな時に来るんだよ。もうどうだっていい、好きにしろよ!

ああああああ、ダメだよアキラァァァァストーカーに「好きにしろ」なんて言うとな・・・
案の定、シキに連れて行かれるアキラ。
この時、アキラが「ケイスケ・・・!」って言うのが、もう、ぶわってくる。

お前に酷い事言ってごめんな。お前を苦しめたのは俺の血だごめんな。
雨の中そのままにしてごめんな。俺はこのまま連れ去られてしまう、助けてケイスケ・・・!

とかそんな色んな気持ちが混ざった「ケイスケ・・・!」だと思うとね。ここだけで涙腺決壊。

そんなこんなで、シキに連れ去られるアキラ。
そしてオサレなアパートに閉じ込められる。
・・・さすがイルレ様です。しっかりした鍵付きの部屋にふっかふかのベッド。シャワーバス付き!
豪華です。今までのキャラがどんだけ貧相な所にいたと・・・(笑)
そしていたぶられるアキラ。刀は突き付けられ、喉は締められ、シャワーをぶっかけられ、浴槽に突き落とされ土左衛門一歩手前etc
これ、充分凄いんですけど、やはりダブルドライバーの後だとインパクトに欠k・・・

とにもかくにも。リンといい、シキといい・・・
お前らの父親の顔が見てみたいわ!(腹違いの兄弟なので)

逃げようと思えば逃げれるのに逃げようとしないアキラ。
そこに現れるシキの宿敵、n様。
そういえば、これまでのルートでは「お前は自分の色を見つけたんだな」と恋路を応援してきたn様ですが、シキだけは許せなかったようで、「お前は何色に染まろうとしているか分かっているのか!」と猛反対のお父様(笑)

nに、エマ、グエン、アルビトロに処刑人となんか8時だよ全員集合状態!
連れ去られそうになるアキラを助けに来たのは、パパパパーン・シキ様!
・・・と言っても、アキラを助けるというよりはn様追っかけてきたって感じですが(苦笑)
n様とシキの確執はnルートをやらないと多分分からないだろうなと思うので今回は保留。

ちなみに、シキは「肉親も殺した」と言っていたのですが、
リンルートでは特に親が殺された的な発言はなかったと思うんです。
そういえば、その前に血まみれで怒りながら帰って来た事がありましたよね。
もちろんシキが憤るということは、相手はnだったということ。
でもシキはnに勝てない。nの血ではないはず。
しかし血まみれっということは、その前に誰か殺してたんでしょうね。
あれ?これって・・・


クリリンのことかー!(お前それが言いたかっただけだろ!笑)

それにしても、シキルートのn様かっけぇぇ・・・痺れました。
マジでnルートどんななんだろう?


さて、ここでアキラがとる選択によって、3つのエンディングへと分岐します。


ED1・介護END
無事、トシマを脱出したアキラとシキ。
だが、nを倒すことに全てを捧げてきたシキはある種の燃え尽き症候群に。
2年後には、虚ろな目をし、車椅子でなければ移動できないほどに憔悴しきったシキ。
一方で、ヴィスキオが崩壊したことで、シキに恨みを持つ輩から日々命を狙われ、転々と移動を繰り返し生活。
いくらアキラが声を掛けてもアキラを見てくれないシキ。でもきっと心には届いているはずとシキの介護をするアキラ。
そしてシキを守りながら戦う内に、戦い方も身についていたと。かつてのシキのように冷徹に相手を斬る。もちろん使うのはシキの愛刀。
シキに話しかけるフワッとしたアキラから敵に眼光を飛ばす戦いモードになるのには痺れた。

で、ですよ。
私実は知ってました、この介護エンド。
でも、これってBADだと思ってたんです。まさかこれがGOODだったとは・・・そーゆー所では「やられた!」って思いましたね。切ないけどいいエンディングでした。


ED2・軍服END
内戦の混乱に乗じクーデターを起こし、ニッポンを掌握したシキ。
まさに国の王になったシキの側近軍人・それがアキラです。
かつて、あんなにシキに反抗してたアキラが、シキに心酔・従順になってしまったというBADENDですが、個人的には大変萌えました(笑)


ED3・淫靡たんEND
はい、咎狗でダブルドライバーと対を成すほど有名な単語、それが「淫靡たん」(笑)
こちらは国の王・・・とまではいきませんが、ヴィスキオに城を構え、事実上の王となったシキ。
そして・・・シキと連れ添って歩く淫靡な男・・・それがアキラです。
基本は部屋に軟禁されており、外に出る時はいつもシキと一緒。
その姿が淫靡な為、部下たちは見ないようにしているのですが、アキラが覚えてしまった遊び。それがシキが外出中に城の部下を部屋に引き込んで遊ぶこと。もちろん、そんなことがシキに知られれば相手は確実に殺されることが分かってての遊びです。
殺されることが分かっているのでなんとか逃げようとする部下も、アキラ通称・淫靡タンに誘われれば誘惑に負ける。
淫靡「あ、そろそろシキが帰ってくる時間だv」(ニヤリ)
相手「・・・!」(顔が青くなる)
淫靡「お帰りシキv」
シキ「・・・今日の相手は誰だ?」(ニヤニヤ)

もちろんBADENDですけどね(笑)



■アルビトロルート

ケイスケルートBADENDの一つです(※でもケイスケは出てこないよ 笑)
まぁ、どうなるかは皆さんのご想像してるものでほぼ間違いないかと(笑)



あれ?ざっくり印象だけ・・・と思ってたのに、
思いの外ケイスケでヒートアップしすぎて(これでも抑えた。もっと色々言いたいけどそれは本感想までとっておく)、源泉をノリノリで書いてしまった手前、リンとシキティもいつの間にか真剣に書いてしまった。
私はこんな世に出せない感想を3時間にもわたって書いてるかと思うと泣けてきます(爆)

おかしいな、最初は30分ぐらいで書きあげるつもりだったのに・・・
とりあえず、nルート楽しみです!
感想の感想もお待ちしております。俺、これでも頑張ってたんだよ?@黒スケ


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する