螺旋運命―SPIRAL DESTINY―

livedoor blogから引っ越して参りました。旧館から来た方も初めましての方も宜しくお願いします。

暑さに浮かれながら山崎追想録。

忙しいです。リア充なんて望んでないんだよ、ずっと引きこもっていたいんだよ。

そんな忙しい日々、どんどん荒んでいく心を癒すべく、ゲームをする暇もなく(苦笑)
仕方がないので、脳内攻略した山崎ルートを読み返して癒してます、イタタタ、時野です。

だって私が捏造したものだもの。私好みの展開だもの。そりゃ萌禿げるって話ですよ。
いやでもあれでもね、もっと直せる所はあると思ってます。千鶴がちょっとブレちゃってるよなっと。本編のちづタンはもっと健気で可愛くて男前です(爆)

思えば、初プレイ時。
斎藤さんがツボすぎてきゅーんしつつも、「何これ山崎さん普通にかっこいい、なぜ攻略できない勿体ない」と思いながらプレイしてて、土方ルートで「うわぁぁぁ」ってなって、沖田ルートで「ああああああ」てなったのを思い出します。丁度1年前の話ですね。ハガレン最終回よりいつでもできるゲームを選んだ阿呆ですから。

んで、そのまま勢いで随想録まで買ってしまって、「山崎流忍法☆畳返し」で痺れました。
色んな意味で。

以前、薄桜鬼幸薄三人衆(平助・沖田・土方)っというのを挙げましたが、
随想録残念三人衆というのもいまして。
時野的「ああ、この人残念すぐる」三人衆の筆頭が山崎さん、斎藤さん、土方さんだと思うわけです。
土方さんは幸薄と残念で二冠達成です。って言ったら怒られそうですが、そんな残念な人たちが私は大好きです(笑)

黎明録では土方ルート乗っ取って山崎ルートが展開される始末。
三章から登場するのにあの存在感。居眠りはするわ、ゲロッチョするわ、殴り合いはするわ、「私闘は切腹じゃなかったか?」「よしごまかそう」ってそれでいいのか山崎ィィィだし、とにかく山崎さんの存在感ぱねぇって。
平助「龍之介と友情ルートは俺が貰った!・・・と思ったのに山崎君に持っていかれた・・・!」
と嘆いている平助が目に浮かびます。
お願いですから平助にもっといい目見させてやって下さい。切実に。


・・・すみません、やはり暑さにやられてるみたいです。
とにかく忙しいので自給自足のザキヤマルートで萌え萌えしてたらいつの間にか山崎追想録になってたっていう。山崎さん萌えるよねってね!山千ルートマジで作ってくれよオ●メイト様ァァ。

私は残念な人が大好きです。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する