螺旋運命―SPIRAL DESTINY―

livedoor blogから引っ越して参りました。旧館から来た方も初めましての方も宜しくお願いします。

函館旅行記2010夏【完全版】

大変!大変!大変お待たせいたしました!
半年の時をかけて俺、完成\(^o^)/
一人旅☆函館旅行記~2010年夏~【完全版】をお届けいたします!

既にUP済みの「ノエイン編」と「函館戦争編」に「その他編」を追加した3日間の時野の行動完全網羅(!?)感想です。
上記2編にて既出写真も数枚ありますが、ほとんどが新規写真になると思います。
写真の量も過去最高の量になっています。故に少し記事が重いかもしれません。
3日間を疑似体験して頂きたいという思いから1つの記事にまとめました。
あまりにも重いようでしたら分断しますが、雰囲気を楽しんで頂ければ幸いです。


時野の阿呆行動丸出しの恥ずかし旅行記です!








朝4時に俺、起床!
眠い目を擦りながら軽くパンを腹に入れ、自宅を出発!!

朝6時、新幹線ホーム到着!・・・ちょっと・・・いやかなり早く着いてしまった。おい出発まで40分ぐらいあんぞ。そりゃ乗り遅れたら大変だということで親に急かされて家を出たけど、・・・いくらなんでも早すぎね?とりあえずホームでひたすら待ってみた。
ようやく車両到着!上野発の始発電車乗った時から~♪(なんだその替え歌)
新幹線に乗り込みます。まずは新幹線で八戸へGO!
八戸からは「白鳥」という有料特急に乗り換え。東京から八戸(青森)まで約3時間弱なのですが、問題はここからです。この八戸―函館間が実は3時間弱かかるっていうね。地図で見たらあっという間なんだけど、これがまた遠いんだわ。ぐるっと大周り、松前半島を通るので。青函トンネルを抜けたらもう函館山が見えていると言いうのに、見えてるのにまだまだここから1時間あるぜよっていうね。・・・気にせず行こう!

白鳥に乗り込みまず一つ目の駅。
そこで大学生の女の子1人が私の隣に座りました。
同年代の子が隣なのでなんか話しかけようかな~とか思ったんですが、やっぱちょっと恥ずかしいし、
この子は地元の子っぽいので、東京のノリで話しかけたら引かれるかなっとか色々考えてしまって。

さてそろそろ座りっぱなしでお尻がソワソワするなぁっと思った頃、青森駅に到着。
車内アナウンス<<進行方向が変わりますので、座席を回転させて下さい>>
とのことで。
時野「座席回すみたいですね!」
から始まり、隣の子と終点の函館までの間、ちょこっとお話なんかしました。
函館よりもう少し遠い大学に通ってるそうで。大学生トークで盛り上がったりしました。

さてさて。東京を出発してからの道中、全て窓際の席をゲットしたということもあり、風景を楽しんでいた私ですが、青函トンネルに入ってからの記憶が何故かないのです。
「もうすぐ青函トンネルだねー」みたいな話をしてたはずなんですが、気が付いたらトンネル抜けた所だったっていうね・・・
真っ暗だから寝ちゃったのね・・・だって4時起きだもん・・・(笑)

なんやかんやあって、自宅を出発して約8時間。

moblog_d19a3829.jpg

はるばる来たぜ函館~♪
JR函館駅に到着。
ホテルは駅前のホテルに泊まったのですが、チェックインまでまだ2時間ほど時間がある。
ということで、ひとまず荷物は駅のロッカーに預けて、いざ函館散策!!

DSCF3072.jpg はこだて明治館

旧函館郵便局の建物です。今はショッピングモールになっています。
こじんまりとしてて可愛らしい雰囲気。

DSCF3121.jpg

こちらは外にあるポスト。郵便局の名残なのかな?
ちょっと面白かったのでパシャリ。

ここからもう少し歩くと、金森赤レンガ倉庫に到着します。
ハルカが昔、ユウと遊んだ倉庫群です。薄桜鬼碧血録でも出てきましたね。宮古湾海戦から帰って来た土方さんを出迎えるシーンで(でもこの倉庫が建てられたのは明治なんで幕末にはないんだけどねw)

さてさて。函館観光の名所その1である金森倉庫に到着したわけなんですが、
ここって結構駅から近くてですね、すぐ回れちゃうんですよ。
まだチェックインまで時間があるぞ。

「そうだ!ユウ黄昏の海岸に行こう!」

DVDを何回も観て、地図と照らし合わせ予測した地点に割と近かったこともあり、海岸を探すことに!
そして睨んだ通りの場所にその場所はありました。

moblog_2e80eadb.jpg

赤レンガ倉庫からまっすぐ海の方へ下っていくと辿り着きます。


さてそろそろいい時間だということで、ホテルのある駅方面へ戻ります。
お部屋に着いたら、想像以上に綺麗でふかふかのベッドで可愛らしいお部屋で大満足。
次、函館に行くなら是非また泊まりたい。最高でした!
朝から電車に乗って、ひたすら歩いて・・・さすがに疲れてました。
ホテルの部屋でまったり。日が暮れ出した頃、再び散策へ!


DSCF3146-1.jpg ペリー公園

ペリー来航記念(?)の公園のようです。
この写真、ちょっと分かりにくいですが、男の子二人がサッカーやってるんです。
ここはノエイン編でも触れましたが、ユウとイサミがサッカーしてる場所なんですよ。
まさか本当にここで小学生の男の子二人がサッカーやってるとか・・・何?君、時野さんに雇われたエキストラか何かなの!?どーゆーこと!理想の構図すぎて泣けてくる(感動)


DSCF3155.jpg 旧函館区公会堂

函館観光の名所です。
ノエイン的には↑のサッカーしてる二人を未来の二人が屋根の上から見てるシーンで出てきます。
正直、青地に金ピカってどうなの?って思うけど、存在感だけはある建物です。写真撮るのも楽しい楽しい。


DSCF3156.jpg

階段ハァハァ、階段萌!!

さていよいよ日も暮れ始めて。よし函館山に行こう!
ということで、ロープウェイに!
ここはもう言うまでもないですよね、アトリさん大暴走のあのロープウェイです(笑)
ロープウェイはかなりの高速で登って行きます。今まで乗ったロープウェイで一番早いと思った。バビューンと登ります。夕方はやはり混雑しますので、盗難に気をつけて下さいね。

moblog_1695aad2.jpg

絶景すぐる。
「100万ドルの夜景?そんなこといってどうせまたガッカリスポットなんでしょ?」と思ってたんですが、ガチで美しかったです。・・・疑ってすみませんでした。
これは絶景ですよ。ええ。夜景の写真をバカみたいに何十枚も撮ってしまったよ。
皆さん!函館の夜景はガッカリじゃありません、是非皆さん函館に行ったら夜景見て下さいね!


DSCF3220.jpg THE頂上!


さて夜景も堪能したということで、下山し、向かうは「ユウの塾」探し(笑)

DSCF3231.jpg

ノエイン編でもご紹介しましたが、ここが第一話でユウが座り込んでる所です。

DSCF3244.jpg

その流れで、構図的にこの建物がユウの塾の場所と思われます。
実際にはここは塾ではなかったのですが、アニメからもう5年以上経ってますし、真相はよく分かりません。でも建物の形がよく似てるんでパシャっと撮ってきました(笑)

そんな夜景を堪能しながら、ホテルに戻り、一日の疲れを癒す為にベッドでもふもふ。
本当、もふもふ気持ちいいベッドでした。最高♪


2日目

moblog_46b60891.jpg 土方トッシー&石川たくぼクン

モブログでもご紹介しましたが、こんなポスターが函館駅に貼ってありました。
函館の偉人がなんとまぁ・・・(苦笑)

さて2日目です。
まずは駅にある観光案内所で市電一日乗り放題パスを購入。
さぁ、まずは終点まで一気に乗るよ!!

DSCF3248.jpg 市電車両内

そういえば路面電車に乗るの始めてかも!?
市電の本数も多くて、凄く便利でした。そしてレトロな感じで乗ってて楽しい!
今日はまず、肝試し大会の会場になった外国人墓地へ!
ということで終点「函館どっぐ」へレッツゴー!

DSCF3249.jpg 弁天台場跡

終点で降りるとまず目に入るのが弁天台場跡の案内板。新選組が籠城した台場ですね。
本来ならもう少し先にある跡地も見たかったし、5年前なら行ってたと思うのですが、
ノエイン名シーン中の名シーン、カラスVSフクロウの函館どっぐが既に解体されてしまっているので行く元気は起きませんでした。函館どっぐ行きたかったよ・・・グスン。

さて、弁天台場跡から坂道を延々と登って行きます!

DSCF3251.jpg 海綺麗だわ~

DSCF3255.jpg 外国人墓地その1

DSCF3257.jpg 外国人墓地その2

DSCF3267.jpg 外国人墓地その3

左手にある黒い石碑が、カラスが乗っかっちゃったヤツです。
宗派の違う墓地が隣接してる凄い所です。

DSCF3291.jpg カラス、大人になれよ・・・(笑)

DSCF3293.jpg 旧ロシア領事館

煉瓦風の建物。
写真だとちょっと歪んじゃってますが、坂道に立ってるなかなか面白いスポットです。


DSCF3313.jpg 旧弥生小学校の外壁

ハルカ達が通ってた小学校。
以前から保存か解体かで揉めているということは聞いてましたが、私が行った時はまさに解体中でした。この写真がわずかに残ってた外壁です。うう、小学校見たかったなぁ・・・・・・
ちなみにこの小学校の隣の敷地は、元々アメリカの領事館があったそうです。

弥生小学校の跡地を撮影しようと大通りに出たら、なんかカッチョイイ建物が立っているではありませんか!なにこれー!と近づいて、パシャリ。

DSCF3316.jpg

DSCF3321.jpg

中華会館だそうです。何する所なのかよく分かりませんが、とにかく綺麗な建物でした。
(昔は中の見学もできたらしいですが、私が行った時は入れないようでした)

DSCF3327.jpg

かっこいい。


DSCF3342.jpg 元町公園

中華会館から少し歩きまして、着いたのが元町公園。
昨日訪れた旧函館区会館がある所です。ここもノエインでは頻繁に登場しています。
海風が気持ちいい広々してて、でもちょっとこじんまりしてて(!?)
丁度良い大きさの公園で休憩にはピッタリです。


DSCF3355.jpg 八幡坂

函館は坂道が多いのですが、ここが一番有名な坂道・八幡坂です。
ハルカの家は八幡坂の上にあるらしく、通学や遊びに行くシーンで何度か登場している坂です。
写真技術が未熟なので、あまり「坂道!」という感じに撮れませんでしたが、かなり急勾配の坂です。

DSCF3374.jpg チャチャ登り

教会群が立ち並ぶチャチャ登り(坂)を登って行きます。
墓地もそうでしたが、宗派が違う教会が一緒に立ってる凄い光景です。

工事中のハリストス正教会 工事中のハリストス正教会(涙)

DSCF3366.jpg

カトリック元町教会の前にあるベンチ。ハルカが時の放浪者を見つけるシーンに出てきます。
が、これもノエイン編で検証済みですが、このベンチの角度からでは教会の入り口は見えません(苦笑)

聖ヨハネ教会 聖ヨハネ教会

さてここまででお昼の時間。
一応回りたい所はほぼ全て回った。この後はどうしよう・・・
行く?行っちゃう?砲台跡行っちゃう!?

とりあえず、観光案内所に行きました。
砲台までの地図はないか、女の独り歩きでも大丈夫か、などなど色々聞きました。
で、若い女が一人で「要塞見たい」と言ったもんで驚いたんだろうね。
職員のおじさんが凄く優しくて、「それなら途中までトラックで乗せてってやるよ」と言って下さりまして。お言葉に甘えて乗せてもらっちゃいました。


DSCF3391.jpg

おお!この廃墟感たまんねぇ!武器庫だったらしいです。

DSCF3424.jpg

DSCF3435.jpg

「あそこにはあれがあってなー」とか解説付きで、しかも普段は入れないような所まで見せて頂いて・・・本当お世話になりました。


DSCF3440.jpg

広場。
私が通って来た道、かなり険しかったと思うんですが、地元の幼稚園生とかも来るそうです。ここでお弁当を食べるとか・・・函館の幼稚園生ぱねぇ!(笑)
いやもっと安全な道があるのかもだけど。でもやはり一人でここに来ることは絶対にオススメできません。本当に危ないです。登りも下りも。

DSCF3443.jpg 昼の函館

夜景もいいですが、海と白のコントラストが綺麗でしょ?


さて、目的の砲台跡まで来たので、下山です。
下山コースは二つありまして、「石川啄木コース」か「碧血碑コース」がありまして。
啄木コースに行くと、市電に乗るのにまた1km近く歩かないと行けないので、碧血碑コースを選びました。
「碧血碑の辺りは虫が多いからね!これ持って行きな!」と虫よけスプレーまで頂いてしまって。お蔭さまで一か所も刺されず下山できました。本当に、本当にありがとうございました!!

それにしてもいくら歩いても辿り着かない・・・本当にこの道であってるのか。
つか人っ子一人いないマジ怖ぇぇぇぇぇぇと思いながら下山して、ようやくたどり着いたのが

碧血碑 碧血碑

ここでした。
なんかもうずっと孤独に下山してたので、やっと着いたぁぁぁと凄い達成感がありました。
戊辰戦争で亡くなった方を弔ってる石碑です。土方さんも祀られているということで、新選組好きの方的には有名な所なんだそうな。ここにきて、ようやく人と出会えました(笑)

時刻は午後4時。
しかしもう疲れた。だって登山したんだもん(笑)
登山もですが、横の動きも、地図見て頂ければ分かると思いますが、えらい歩いてます。
ということで、まだまだ日は高いですが、ホテルに戻ることに。
ふかふかのベッドにもぐりこみながら、BLEACHを見ました(笑)

さて夕食の時間。
そういえば昼ごはんもまともに食べなかったぞ?
ということで、今晩はコンビニ弁当じゃなくてちゃんとしたお店で食べよう!
と思い立ち、夜の街に繰り出したのはいいのですが・・・・・・


魚介類食べたいな!と思ったけど、よく考えたら市場や市場食堂は朝しかやってないよね。
仕方がない、食堂がたくさん集まってる所があったからそこに行こう・・・

・・・・・・・・・・・どうしよう。ちゃんとした店すぎる。
なんというか、一人で入れる店がねぇぇぇぇぇぇぇぇっぇぇ(滝汗)
一人旅の難点は一番は食事なんですよね。
え、これ絶対お一人様じゃ入れねぇーだろ、え、ちょっと無理あるよね、恥ずかしいよね、一人とか、え?え?どうしよう、でもここまで来たらここで・・・いややっぱ今日もコンビニ・・・いやいやいや・・・いやいやいや・・・・・

と正味1時間ほどお店の前でボッスン並の変顔でウロウロしてたんですが、ここは女!女は度胸!ということで、食堂に入ってみました。
注文したのは、はい、こちら!

DSCF3474.jpg

時野「か、か、カニ丼一つ・・・お願いします・・・・・・」

一人でカニ丼ですよ。
周りみんな夫婦だったりカップルだったり子供連れのファミリーだったりで一人カウンター席に通されて一人で黙々と食べてるんだぜ。カウンター席故に視線が痛い・・・
マッハでかき込んでマッハで出ました(笑)

その後、両親にこの写真を添付したメールを送った所
「本当に入ったの?wwwwwwアンタ凄いな!」と大絶賛でした。ですよね、一人で頑張ったよね、おれ馬鹿だよね、褒め言葉すぎる。

一人旅の基本は度胸です。一人で焼き肉屋に入れるようになったらマイスターになれると思います。
とりあえず中ボスである高級食堂は制覇した!(笑)

そんなこんなで2日目が終了~。
ノエイン関連はほぼこの二日間で行けたし大満足!
ぐっすり寝て翌日に備えるよ!


3日目
moblog_4b660173.jpg 土方歳三最期の地
3日目は函館駅から徒歩15分のここからスタート!
この後、函館駅に戻り、バスで「トラピスチヌ修道院」を目指します。


DSCF3516.jpg トラピスチヌ修道院

厳格な宗派として有名なシトー会系の修道院。
男子禁制、女性であっても中の見学はできません。ここより先には進めません。
煉瓦の建物が本当美しい。煉瓦フェチにはたまらんです。

DSCF3528.jpg

厳かな雰囲気がピリピリしてて気持ちいいです。引きしめられる。


さていよいよ3日目の主役、五稜郭に向かいましょう!
・・・の前に。
バスが来るまで結構時間あるなー。近くの公園でソフトクリームでも食べよう!
・・・これが悪夢の始まりでした。


DSCF3531.jpg 五稜郭タワー到着

五稜郭キタァァァァァ\(^o^)/
やっべ、想像以上に美しい・・・もう函館は夜景といい、この眺めといい、ホント期待を裏切らないな!


DSCF3557.jpg 五稜郭の模型

模型です。こんな感じになってます。
五稜郭タワーでは戊辰戦争のお勉強コーナーもあり、とても勉強になりました。


DSCF3582.jpg 高松凌雲

函館病院の院長 高松凌雲が、病院を襲撃してきた新政府軍に「ここにいるのは負傷した者たちだ」として、かばったとされるエピソードの模型です。

DSCF3688.jpg

この方は旧幕府軍に従軍していましたが、敵味方関係なく手当てした、日本で初めての赤十字活動をしたと言われているそうです。
ちなみに、ゴミ箱で更新している「捏造山崎ルート」の九章其の参にも登場しています(笑)

とここまでタワーで勉強して楽しんでたんですが、どうも、お腹の調子が・・・(下品でスマン)
ソフトクリームか。ソフトクリームしか考えられん。最近ちょっと調子良かったから油断してたけど、私アイスとか食べると1/3の確率でピーゴロゴロな体質じゃないか・・・うわあぁぁぁ。
1/3の尋常じゃない腹痛。壊れほど耐えても1/3も食べられない・・・(コラw)


お昼御飯は五稜郭タワー内のカレー屋さん。
以前、タカノさんがおいしいとおっしゃってたので行ってみました。
・・・美味しかったです。非常に美味しかった。のですが。
刺激が強すぎたのか、もううわぁぁぁな感じでして。さっきからホントサーセン。

DSCF3599.jpg 五稜郭入口

なんかもう這いつくばるような感じでしたが、なんとか五稜郭の入口に到着!
ゼーハーゼーハー。

moblog_8a73bcd7.jpg

そしてこちらが7月に復元されたばかりの函館奉行所です。
ゼーハーゼーハーいいながらですが、奉行所に潜入!(笑)
こちらにも展示コーナーがあり、タワーより詳しい話が載ってて大変勉強になりました。
その内、いくつか皆様にもご紹介。


DSCF3665-1.jpg

「世界の五稜郭」ということで、稜堡式という形式で立てられた城郭がいくつかあるそうです。


DSCF3666-1.jpg

ヨーロッパ拡大図。意外と多いんですね~。

DSCF3670-1.jpg

最後は奉行所の配置図です。
ちょっと写真は見づらいと思いますが、マニアの方向けにと撮ってきました(笑)


想定外のこともあり、奉行所を見た所でタイムアップでした。
いかん、予定の時間を過ぎている、急いで戻らないと電車乗り遅れるぅぅぅ
急いで函館駅に戻り、10分でお土産を購入。急いで白鳥に乗り込みました。

さてそんなわけで、3日間函館を満喫した時野はこの地を去るのであった。
で、帰りなんですが。行きは景色を見てるのが面白くて凄く楽しかった電車なんですが、帰りは真っ暗で何も見えないのに8時間とか・・・苦痛でしかなかった(笑)
うん、真っ暗闇な景色は想定していなかった。これは今後の課題ですね。


てなわけで、3日間本当に楽しい旅でした。そしておバカでした。若気の至りですよ。
そしてこんな長い記事の最後まで付き合ってくれた皆さん、ありがとうございました。





■おまけ
※清純な時野さんが下品ネタとか・・・つか既にピーゴロとか言ってるけどさ、それでも清純な時野さんのイメージを壊したくない方は回れ右でお願いします。












①要塞探検中、こんなものを見つけました

DSCF3399.jpg ネオアームスtry

「あの・・・この石って置き方に意味があるんですか?砲弾飛ばすのに都合がいいとか?」
「いや特に意味はないよ?置いてあるだけ」

どっかの阿呆がわざとこう置いたに違いないと僕は思いました。








②出発時刻まで時間がない!急かされ買ったお土産は・・・

大学の友達へのお土産。
結局渡す機会がなく、仲間内の忘年会(7人パーティ)に持って行ったのですが・・・









まりもっこり

大爆笑でしたwww
友人から「馬鹿だろお前!!」の大絶賛(笑)

友人「咲希・・・やっぱりお前ムッツリだわ」
時野「ムッツリで何がいけない!」

いやいやでもさ、ムッツリって悪い事じゃなくね?
そんな終始厭らしさダダ漏れより、表面上普通に装ってる人の方がいいでしょ。
そう思いませんかァァァ!(叫)

てか、普段からダダ漏れの子は普通に食べてたけど、「え?私そーゆーの付いていけないんだけど」て言ってる友人達こそ「どこから食べていいのか困る」とか言ってたからね。いやもう君達の方が逆に何考えてるんだろっていうね。



すみませんでしたァァァァァァ
時野さんはピュアですよ?勘違いしないでよね!






スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんにちは!タカノです!
完全版キター!(笑)楽しみにしてたので嬉しいです!
時野さん写真撮るのお上手ですね。青空と函館の景色がすっごくキレイな写真ばかりでびっくりしました!

砲台跡カッコイイですねぇ。そんな場所があることも知らなかったので、廃墟っぷりにトキメキましたw行ってみたいですが、山登りは絶不得意なので、時野さんの度胸と体力を尊敬しますw

>え、これ絶対お一人様じゃ入れねぇーだろ、え、ちょっと無理あるよね、恥ずかしいよね、一人とか
あるあるww一人旅の食事には頭痛めますよね。すごい共感しました。中ボス制覇おめでとうございます!(笑)高級食堂のカウンターとか、かなり手強い敵だったとお察ししますw

>お昼御飯は五稜郭タワー内のカレー屋さん。
おお!あのカレー屋さん行かれましたか!タカノ的には今でもたまに食べたくなるくらいの衝撃の美味しさwだったんですが、体調不良のときはカレーは辛いですよね…w

>最後は奉行所の配置図です。
おおお!!凄い!!めっちゃ拡大して見ましたwこれいいですねぇ。何に使われた部屋なのか、文字を読んでみたいです。ここで土方さんが…とか妄想してると、あっという間に時間が過ぎる気がしますwやっぱ奉行所は必見ですね。時野さん羨ましい!

最後にまりもっこりですが、ずっと以前お土産にキーホルダーをもらったことがあります(笑)癒しアイテムになんてこと…と気に入り、普通にケータイに付けてましたwでもクッキーだと、確かにどこから食べればいいかわからないかもしれないw

長々と失礼しました!

タカノ リノ | URL | 2011年05月30日(Mon)00:02 [EDIT]


■タカノ リノ様

タカノさんお久しぶりです!!
だいぶ遅くなりましたが、ついに完成しました(笑)
写真が上手いとな・・・ありがとうございます。ただ、綺麗に見えるのは、これ全て3日間晴天に恵まれたからです。お天道様ありがとうございました。

>廃墟っぷりにトキメキましたw
廃墟好きにはたまらない場所でしたw
登山と言っても基本ロープウェイで頂上に行けるので、下山がメインなのですが、とにかく頂上から遠いし、道悪いし、狭いし、孤独だし、虫飛んでるし、絶対一人旅の方にはオススメできませんが、もしご友人やらこいb・・・と旅行する機会ありましたら、是非行ってみて下さい。写真では紹介しきれなかった廃墟スポット満載ですw

>あるあるww一人旅の食事には頭痛めますよね。
タカノさんは分かってくれると信じてた(笑)
食事本当に困りますよね。函館は特に観光地だったので、一人旅には優しくなかったです。
(先日旅行した神戸は「都心の顔」も持っているので、食事には困りませんでしたw)

>おお!あのカレー屋さん行かれましたか!
行きました!!すんごく美味しかったです。私も今まで食べた中で1,2を争う美味でした。雰囲気も良さ気な場所だったのでもっとゆっくり休憩したかったです。
くそぉソフトクリームめぇ・・・(苦笑)

>やっぱ奉行所は必見ですね。
UPした写真はブログに載せられる最大容量のモノなので文字が潰れてしまっているのですが、もしよろしければ、原寸の写真データを送りましょうか?
こちらは拡大機能を使えば全文字読めるはずですwご興味がありましたらご一報くださいませw

>癒しアイテムになんてこと…と気に入り
ちょっと待って下さいwwwそこで気に入っちゃったですかwwここは突っ込まざるを得ませんでしたw
でもまりもっこり、なんとも言えない存在感というか、ちょっと下品ネタですが、見た目普通に可愛いですよね。なんとまぁ凄いキャラクターを生み出したものだと。北海道をぱねぇっス。

最後に、
このクソ長い記事の細かい所まで読んで頂き本当にありがとうございました!

時野 咲希 | URL | 2011年06月04日(Sat)18:11 [EDIT]


完成版楽しかったですー!!
ユウの塾の場所とか、見てたらノエイン見直したくなりました。やっぱり名作ですよね、ノエイン。
夜景の写真もホントにきれいですね…!感動しました~。

下品編w
ネオアームスtrywwwww
意味聞いたんですかwさすがです。あ、でも聞かない方がムッツリなのか?w
まりもっこりにも笑いましたwあんなお菓子があるなんてwww北海道行ったら絶対買います!
でもまりもっこりかわいいですよね。昔普通に携帯につけてました。あれが普通に市民権を得られる北海道は土地と同じく心も広いと思いますw

函館、前々から行ってみたかったんですが時野さんの旅行記見てますます行きたくなりました!学生やってる間に行けるといいんですが…。もし行くことがあれば今回の記事参考にさせてください!

それでは。

ゆき | URL | 2011年06月15日(Wed)21:03 [EDIT]


■ゆき様

>完成版楽しかったですー!!
ありがとうございます!!嬉しいです!!

>ユウの塾の場所とか、見てたら
>ノエイン見直したくなりました。
かなり忠実に再現されていて、感動もひとしおでした。
ノエインは時間をおいてみてみるとまた面白い発見があったりする作品なので、是非是非再視聴をお勧めしますv

>意味聞いたんですかwさすがです。
>あ、でも聞かない方がムッツリなのか?w
だってあれは聞くしかないじゃないですか。聞かないで帰郷したらずっと気になるじゃないですかw

というのも、石ころがたくさんある所でこのような配置になっているのなら偶然かと思いますが、周りは草ばっかりの所にポツンとこの3つが鎮座してたんです。
しかも実はここは本来は立ち入りできない所で特別に入らせて頂いた所なので。犯人は函館の先人かもしくは管理してる職員しかいないわけです。
これはもう狙ってやってるとしかw

どっちにしろ、ネオアームストロングに見えてしまった時点で私の負けですよね。サーセンw


>でもまりもっこりかわいいですよね。
タカノさんだけでなくゆきさんもストラップつけてたんですかwwwwwwwwwww

>あれが普通に市民権を得られる北海道は
>土地と同じく心も広いと思いますw
全くもってそう思います。お土産屋でも、「こんなキャラ恥ずかしい・・・!」ではなく、「今大人気のまりもっこり」と堂々と一番目立つ所で売られてるのに男気(?)を感じました。

>学生やってる間に行けるといいんですが…。
そうですね!やはり社会人になってから旅行はなかなか難しいと思うので、この1年で無理矢理でも行っちゃう事をオススメします。
この函館旅行もスケジュールギリギリ、お金ギリギリで敢行した為、現在金欠で困っているのですが、旅行に行ったことは全く後悔してないです。行って良かった~と心から思えます。いい経験になりました!

>もし行くことがあれば今回の記事参考にさせてください!
こんな阿呆行動丸出しレポートですが参考になれば幸いです。
もし旅行に行かれましたら、ゆきさんの感想なんかも聞きたいですv

時野 咲希 | URL | 2011年06月18日(Sat)18:19 [EDIT]