螺旋運命―SPIRAL DESTINY―

livedoor blogから引っ越して参りました。旧館から来た方も初めましての方も宜しくお願いします。

笑いは万病の薬は本当だった

アンケートご協力、ありがとうございます。
引き続きアンケートをTOPに表示させていただきますので、まだご回答頂いてない方、是非ご協力下さい。
現状としては、全部で8票の回答が寄せられ、項目ごとの数は違えど、地震情報を、更新自粛を、あえて通常運転、どの項目にも投票があったことはお伝えしたいと思います。もう少し回答数が頂けましたら皆様にもご報告及び今後のブログ運営に反映して行きたいと思います。

地震情報をっというご意見もあったので、現状・・・というか個人的な話ですが。
今だから言えますが、大津波の被害を受けた陸前高田に親戚が住んでおりまして、ずっと安否が分からない状態でした。今日になりようやく無事だと確認でき、ようやくホッとすることができました。この五日間、何事にも気が入らないというか、気が抜けている状態だったので、ようやく生きた心地がしました。

未だ行方不明の方が多い地域で、不安に思ってる方も多いかと思いますが、五日経ってようやく連絡できた私の親戚のようなケースもあります。まだライフラインが復旧していない避難所も多いかと思います。どうか希望は捨てず信じてほしいと思います。

こーゆーこともあり、昨日よりすごく前向きに物事考えられるようになりました。
また、アンケートによって皆さんの気持ちも伝わってきて、ブログ云々の前に、私自身頑張ろうという気持ちになれました。

少し話題が変わりますが、ずっと張り詰めた気持ちだったのですが、昨日思いかけずクスっと笑ってしまうことがあり、久々に笑ったら心がスーっと少し軽くなったんですよね。笑いは万病の薬といいますが、笑いの効力は想像以上です。TVではずっと凄惨な映像を見せられ、被災地の方でなくても気が滅入る思いをしている方もいるかと思います。そんな方は小さな事でいいので笑ってみると少し気が楽になるかもしれません。


あ、先日書いた薬の件ですが、今日なんとか病院行けました。
丁度行った時が計画停電真っ最中でして、(病院に行くにも、いつもの倍、時間掛かりました)
看護師さん達が待合室の方まで出てきて、太陽光のもとで必死にカルテを書いてて本当に大変そうでした。お会計も電卓!「領収書は次回いらした時にお出しします」だそうで、本当大変そうでした。それでなくても医療事務は煩雑化してるそうなのにいきなりアナログは混乱しますよね。何度も何度も計算やり直したりして、本当大混乱してました。

そんな真っ暗な中での診察でしたが無事処方箋ゲット!いつもと違って手書き処方箋。合ってるんだか間違ってるんだが、素人には解読不能!
ただ、薬局は閉まってたのでまだ薬貰ってないっていう。明日もらってくるよ。薬局は家に近い場所を使っているので。そこは無問題。


そんなこんなで時野は元気です。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

無事です
家は外は大丈夫
中は電化製品全滅っ感じです
職場は亘理なので被害にあわれた
家族なくなった方多数です
今はガソリンもないため、職場に泊まり込みです
電気携帯が通じるようになり
落ち着きました
まだ、水とガスはきてません
とにかく無事
時野さんも頑張って
計画停電、ヤシマ作戦、ウエシマ作戦ありがとうございます
被災者の一人として皆様に感謝します

pinpin | URL | 2011年03月17日(Thu)11:31 [EDIT]


■PINPIN様

御無事で本当に良かった・・・!
この一週間本当に心配していました。とにもかくにもご無事と分かってとてもホッとしました。
しかし亡くなった方も多いとのことで、お悔やみ申し上げますとしか言えない自分が悔しいです。

やはりガソリンが足りないのですね。
電気が通じるようになって~とのことなので、PINPIN様の所にどこまで情報がいっているのか分かりませんが、救援物資は続々集まってるそうですが、それを運ぶガソリンが圧倒的に足りていないのが現状だそうです。
ライフラインは急ピッチで整備されているそうなので、もう少し、もう少し踏ん張って下さい。

今回の震災、日本中が協力しようという気持ちで溢れてます。節電に関しては皆さんとても協力的です。看板の電気が消され、最低限の電気しか点いていないので、電気がないとこうも真っ暗なのかと思うぐらい薄明かりの中生活しています。けれど誰一人文句は言いません。皆、一刻も早く被災者の方が元の生活に戻れるよう心から願ってます。

皆さんからご意見を募った所、こんな時こそいつも通りでっとの声が圧倒的でした。
皆さんがいち早く日常生活に戻れるよう、私もいつもどおりに、皆さんに日常生活に戻ってもらうため私達がまず日常に戻らねばならないと痛感しました。
いつもどおりに、笑い話を提供して行きたいと思います。

重ね重ねになりますが、PINPINさんがご無事で本当に良かったです。
これからも大変な局面があると思いますが、どうか少しでもいいので笑って下さい。

時野 咲希 | URL | 2011年03月18日(Fri)00:42 [EDIT]