螺旋運命―SPIRAL DESTINY―

livedoor blogから引っ越して参りました。旧館から来た方も初めましての方も宜しくお願いします。

自己満なセリフを数え、占うルートの行方♪

タイトルがあの曲ですね、てことで例のアレです。
意外と期待してくれてる方がいるようなので?
ただ、アニメのネタバレにもなっちゃうよな~っということで、
予告編としてセリフ抜き出しだけやってみた。(種死企画と同様の奴です)
さーて、これ、誰のセリフでしょう。当ててみて下されw
全部当てた人には何かをプレゼント!?



「雪村君に触れるな!」
「お前が行っても邪魔になるだけだ」
「……山崎さんは土方さんの命に背くのですか?」
「私は羅刹です。多少の怪我、火傷ぐらいすぐ治ります。君達が逃げる時間稼ぎくらいはできるはずです」
「俺達は命を張ってんだ。そりゃ死ぬことも覚悟しているさ。でもな!コイツらは、アンタの命令で理不尽に命を張らされたんだぞ!?」
「もう俺には出来ることは何もないのだな……」
「近藤さんの為に、いの一番に斬りかかるのが僕の役目なんだよ」
「で、でも、まだ私をからかう元気はお有りのようでしたよ!」
「はい、新選組と一緒に行きます」
「山崎君が倒れた以上、医術に明るいのはお前しかいない」
「本当にろくでもない男だな、俺は」
「局長も副長も冷静な判断をして下さい」
「新選組副長に感謝するのだな」
「君は本当面白い人だよ」
「近藤さんは、平助が飲んだ時、酷く落ち込んでいたからな」
「キッチリ死ぬ瞬間までこの任務を遂行します」
「そんな当たり前の事に俺は気付けなかった。本当にすまない」
「さすが、一度死にかけた事のある奴は話が分かるな」
「え、すす、あ、え、ゆ、雪村…君?」
「思う存分こき使ってやるよ。いいな」
「アンタの行動は自分の身だけでなく、千鶴も危険に晒した事になるのだぞ?」
「毎日こんな美味しいものを食べていた山崎君が羨ましいですよ」
「お前らを見てると余計な力が抜けてくるぜ」
「山崎さんがそんなこと言う方だとは思いませんでした」
「君にまた会える為ならどんな痛みを越えられるさ」
「これは新選組の意地だ。それに、アイツはこれからも鬼に狙われる。お前はそれを許すのか?」
「土方さんと山崎さんは間違っています!」
「我妻が未だ戦場にいると聞いてな。土方と再び挨塗れるのを楽しみにしていたのだが、遅かったようだな」
「そんな親だったらお前みたいな純粋な娘には育たねぇって!」
「お前は妾だ。自分の立場を考えろ」
「そうでなくてはもう俺は俺でいられなくなる」
「君が羅刹になってまで生きようとしたのは何故だい?」
「……実家に帰らせていただきます」
「馬鹿かお前は。喜ぶに決まっているだろう」
「僕じゃ千鶴ちゃんを守ってあげられないんだから……」
「もう死ぬ事が分かってるのに、辞世の句すら詠ませてくれないのか、お前は」
「飲みたくないと言っているのに君は……血のにおいを嗅いだら、もう自分を止められないんだ……」


時系列、発言主はバラバラです。
まぁ、一人称とかでバレバレだと思いますが。
さて、誰がどのセリフを言っているのか。そしてどんな話になるのか。
少しでも妄想を巡らせてくれると、恥ずかしい想いをして晒した甲斐があるってものです(笑)

んで、最後はほぼ書き終わってて、加筆修正している所なんですが、
ハッピーエンドっていうか、ギャグエンドになってしまった感が・・・(汗)
ある意味原田さんより勝ち組みかもしれない(笑)
どっかで、サイトを借りて載せようかなとか考えてます。さすがにブログに載せるのには抵抗がある。検索で引っかかっちゃうしね。

しかしHPなんて作るの久々だしな・・・
昔はメモ帳にHTML組み込んでさささささ~っと作ってたんだけどな。
さすがにもう作り方覚えてねぇーw
そういえば、アカウント取ったはいいが、まったく活用してない忍者ツールを使おうかな。
FC2サイトってどうなんでしょう?簡単?
とりあえず駄文載せれられるだけでいいんだけど。別アカでブログ借りるか・・・?

あといい加減可哀想なので、種死脚本企画も「SS」として小ネタを小出しできればいいなって思ってます。何年PCの中で眠ってるつもりなのかと(苦笑)

朝から妄想だぜ\(^o^)/

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する