螺旋運命―SPIRAL DESTINY―

livedoor blogから引っ越して参りました。旧館から来た方も初めましての方も宜しくお願いします。

「蹉跌の回廊」視聴感想

「薄桜鬼 碧血録」第14話の感想です。
まだ観てない方、そして
今回の感想には時野のイメージを著しく損ねる可能性のある画像が含まれています。
どんな時野を見ても、これからも同じように接する覚悟がある方のみ、先にお進み下さい。









まずは、いつものように神奈川一発目感想から行きますよ!

2010/10/17 00:58

か、か、神展開すぎる・・・!

ゲームやった人は分かると思うけど、各ルートのいいシーンをバランス良く汲み取った感じがしました。

まさか土方ルート確定のアニメで斎藤さんのデレスチルが拝められるとは(爆)
さすがに他ルートなので少し自重気味でしたが、ゲームではパネェスチルだよ。
初めて出したとき「ぎゃあああ」と悶絶したもん、TVの前で。コントローラーぶっ放したもん(痛)

あと、甲府でのやりとり、特に最後の羅刹が出てきたあたりは原田ルートでしたよね。
いよいよ父様くるぅぅぅぅぅぅぅぅぅ\(^o^)/
本番はここからだZE☆
しかし、父様のテカリ度がパワーアップしてる気がするんだが、こんなでしたっけ?(爆)

あと近藤さんへのフォローも入ってて良かった。
千鶴かっこいいよ千鶴。

で、何よりも金打ですよ。
このシーン好きすぎて死ねる。
土方ルートで一番好きなスチルじゃ!やべぇ鼻血が


次回予告をみる感じでは、基本土方ルートで、毎回各キャラのメインシーンを混ぜるって感じですかね?
今週は結構斎藤さんがフィーチャーされてましたし、次回予告を見ると、来週は原田さんぽいので。
それで、怪我を治した沖田さんが来るんですよね。そーゆーことだよね?(笑)

こんな阿呆丸出しの感想しか書けなくてすみません(苦笑)



さて皆さん、よく考えて下さい。神奈川テレビでは「24:30」からの放送なんです。
先々週や先週の感想を見て頂ければ分かると思いますが、今回の書いた時間にご注目
「2010/10/17 00:58」
放送は終わってるけど、まだ一応放送時間内だぞオイ!
どんだけ必死に書きつづろとしてるんだよと。落ちつけよ、自分。




ではここからは2回目以降視聴感想です。

一発目感想でも書きましたが、各キャラのルートのいいとこどりな14話でした。
一応ゲームということで、創作も多い所を、各ルートをつなぎ合わせることでより史実に近づいたんじゃないですかね。構成力に「おおおおお」と感動しました。

ちなみに、解説すると
「副長、この戦い勝てるとお思いですか?」~「微衷を尽くすのみか」までが斎藤ルート
「俺が江戸に戻って援軍を呼んでくる」~「近藤さん、生きて下さい」までが土方ルート
「不知火さん登場」~「羅刹&パパご降臨」が原田ルートとなっております(笑)
でも、個人的には、この甲府戦の主役って新八っつぁんだと思ったり(笑)
どのルートでも存在感ありすぎだぜ、新八っつぁん。何故、攻略できない(爆)

この各ルートの混ぜっ具合が絶妙でして。TVだけの人だったらスムーズに受け取れる展開なのではないかなっと思いました。これなら今後も期待・・・していいのだろうか。

それにしても、PVで既にそのシーンがあったから「もしかして?」とは思いましたが、
まさか甲府の夜の斎藤さんスチルが観れるとは思いませんでした。
スチル再現に定評のあるアニメ薄桜鬼ですが、まぁ、さすがに今回は他ルートということで、控えめな再現でしたが。
原作ゲームはもっとパネェぞ。本気でコントローラー投げ飛ばしたからね。

↓その時の時野さんのイメージ図(※覚悟してご覧ください)





時野の代役:小泉リサ(@ラブ★コン)
※あくまでイメージ図です
ラブ★コンの小泉リサさんに代役を務めて頂きました(笑)

そして「なにゆえ」来ましたァァァァァァッァ\(^q^)/
アニメは土方ルートなので、「なにゆえ」は聞けないと覚悟していたのに(笑)
斎藤さんと言えば「なにゆえ」攻撃。「何故」「何故」「何故」
今度最初からやってみて、何回「何故」が出てくるかカウントしたいとか思ってますからね。
新手の攻め方ですよ。「何故攻め」

今後、もっと土方さんとの好感度が上がればもうこんなサービスもないんだろうけど、
斎藤スキーとして、十分堪能させて頂きました。
これで、ルートの都合上(?)会津で殺されても悔いはないです・・・誰がCCO様を倒s(ry


んで、斎藤語りはここまでにして、
先週のゲームネタバレ感想には書いてたんですが、

金打キタァァッァァァァァァァァァァァァァァァァァァ

数多くある土方ルートのスチルで一番好きなのがこれです。
ここだけ何度もリピートでした。
「ならば、新選組隊士として、雪村千鶴に命ずる。局長の護衛役を任せる」「絶対死ぬなよ」
セリフが違ってるのは分かってますよ。
でもこれ、もう、萌えずにいられますか?否!断じて否!

あと、先程も書きましたが、序盤は斎藤ルートがベースになっていたのですが、
だから私、前に言ったじゃない。

斎藤ルートの土方さんのカッコ良さ、ハンパねぇって!(笑)

不器用な斎藤さんをフォローする兄じゃのごとき土方さん。
斎藤ルートの土方さん、マジかっけーよ!藤堂ルートの土方さんも素敵です。
まぁ、そんな「完璧な」土方さんの「弱い所」をクローズアップしていくのが土方ルートなわけですが。
いやー土方さんマジかっけーよ。「俺もお前も本物の武士ではないから、真似ごとだけどな」
あの苦笑いがね、中の人の演技素晴らしすぐる。


そして最後は原田さん。
爆風に吹き飛ばされるとか、何このシーン。超絶に萌えるんですけど。
原田さんは倒れてるだけでも色気あるんだけど、何この歩く18禁(爆)

不知火さんと戦う原田さん。・・・てかカッコよすぎじゃね?なにあの弾丸の避け方。
パンパンパンって、何これ、マトリックス?
そこに羅刹登場。不知火さんも不本意の為、一時休戦共闘モード。
羅刹によって槍を飛ばされた原田さん。

・・・・・・みなさん、良く見て下さい。

は、は、は、原田さんが刀振ってるぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ

こ、これがどれほど貴重だと。ゲームでは一回も刀抜いてなかったよね?確か。記憶違い?
終盤、原田さんにきゅんきゅんだった時野さんでした。本当申し訳ない今回の感想。


さて、薫も動き出したみたいですし、アニメ薄桜鬼、どんな展開になるのか。
楽しみ半分、不気味さ半分です(苦笑)




うん、酷い感想だ!
特にあの画で笑って頂けたら幸いなんですが、逆に気分悪くなられた方は申し訳ありませんでした。
無駄に制作時間かかってますからね、あの画像w

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する