螺旋運命―SPIRAL DESTINY―

livedoor blogから引っ越して参りました。旧館から来た方も初めましての方も宜しくお願いします。

まさかアバンからやられるとは・・・

筆頭ー!小十郎ぉぉぉぉぉぉ!

すみません。
まさか「戦国BASARA」に泣かされそうになったのは生まれて初めてです。
戦国オバカギャグアニメ(ゲーム)の代表格であるBASARAで泣きそうになるとか・・・
泣いてないよ。泣きそうだよ。時野一生の不覚。
でもなんじゃ今週、神回にもほどがある。

しかもアバンで既に泣きそうになってましたからね。
あの回想ハンパねぇ。回想終わった後の、微妙な筆頭の表情の変わり方。
巧いとしかいいようがないだろ。これ誰褒めればいいの?原画?作画?演出?

先日、「キービジュアルで筆頭の六爪の一つが小十郎の黒龍になっている」という小ネタを紹介しましたが、筆頭が黒龍を差した時、黒龍で剣を振り、黒龍で謙信と戦ってた(はず)とか、俺ガチ泣きしそうだったぞ。堪えたけど。

今まで「BASARAって腐向けか?ただのギャグゲームじゃん」と思ってましたが、考えを改めました。
確かに腐要素ありました。そしてそれに踊らされた女がここにいます。サーセン。
でもあのシーン、男性でもグッとくるものあるんじゃないの?ずっと一緒に戦ってた仲間がいなくなるって、これ辛いって。
一期はまさに「オバカアニメ」でしたが、二期は結構シリアス路線なのかな。
でも、あのオバカ(と空気)だった筆頭、幸村、慶次が成長しそうな感じで、これはこれで面白いと思います。2クールかけてオバカやられても飽きちゃうしね。あのオバカがあったからこそ、このシリアスが生きてる気がする。うん、二期なかなか好きだ。

リアルタイム放送が終わって、すぐさまDVD再生してまでBASARAを見返したのは生まれて初めてだw



ついでに00の映画予告初めて見ました。
そうだよな、もう来月だもんな・・・早ぇな。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する