螺旋運命―SPIRAL DESTINY―

livedoor blogから引っ越して参りました。旧館から来た方も初めましての方も宜しくお願いします。

だってこれでも女の子だもん

私のクソ真面目な性格も相まって、大学に入ってからというもの常に何かに追われ、「大学生って暇だよね~」と言われる度にカチンと来ていた3年間を過ごしてきたわけですが、ようやく「暇」と言えるような、穏やかな日々を過ごせるようになりました。
うん、単位はとっておくものだな。最近は週1、2しか学校行ってないです(笑)

てことで、ようやく暇を持て余す「大学生」になれた私は、先週から「薄桜鬼」やってました(笑)
んで、全ルートクリアしました。

かなり楽しかったです。

乙女ゲーには苦手意識持ってたけど、いざやってみると面白かったです。
私だって女の子だからさ!
男っぽいと言われようとも一応女だからさ!
いつも友人に「咲希って絶対お兄ちゃんいるよね」「お兄ちゃんいると思った」と言われる一人っ子だけど一応女だからさ!
バレンタインデーよりホワイトデーの方が忙しい人間でも一応女だからさ!
非常にドキドキしました~。うん、悪くない(笑)

これは先日も書きましたが、糖度低めな所も初心者的には丁度良かったです。
多分、甘~いシーンより、血飛沫なシーンの方が多いからこのゲーム(苦笑)
私のような血フェチ、刀フェチにはたまらんわけだが
そーゆー点でもとっつきやすかったです。いいゲームを紹介して頂きました。

せっかく全クリしたので、各ルートの感想は後ほど書くとして。
あ、ちなみに、私がプレイした順番は
斎藤→土方→沖田→原田→藤堂→風間→ノーマルです。
まず土方ルートと沖田ルートについてちょっと叫んでもいい?





山崎さん素敵すぎるだろうがぁぁぁぁぁっぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!


先日の斎藤ルートの感想でも山崎さんには触れたけど、
土方ルートと沖田ルートの山崎さん素敵過ぎる。土方ルートの山崎さんなんかもう・・・!
ちなみに、アニメは見てなかったけど、一期の最終回はこの土方ルートの山崎さんで締めだったそうで。なんて所で終わらせるんだw
んで、土方ルートの後に沖田ルートをやるとこれがまた山崎さん萌だから困る(笑)
なんで攻略できないんだ!(笑)
山崎さんGJなゲームでした。


さて、以下は各ルートの感想です。
乙女ゲー感想ですから、そりゃ自重しないよ。自重したら恋愛シュミレ感想にならんだろう!
とは言ってもそこまで暴走した感想にはならないとは思うけど・・・
とりあえず、一通り覚悟してからお進み下さい。もちろんネタバレ闊歩だよ。








■土方ルート
さすがメインキャラです。話は一番練られてたと思います。
九章までありますから、そりゃボリュームも満点です。
また副長という立場なので、色んなキャラが話に絡んで来るのでそこも面白かったです。
ただその半面、中盤までは副長という立場故、主人公との絡みも少なかった気もしなくもないですがwただ終盤はもう甘すぎる展開でしたよね。箱館編(九章)ヤベェ・・・!
土方ルートはとにかくどんどん周りがお亡くなりになって行くので、悲壮感がハンパなかったです。どんどん孤独になって行く・・・。
お気に入りのシーンは金打のシーンですね~。絶対に死ぬな命令痺れました。

あと、斎藤ルートでは散々な扱いだった山南さん(←藤堂ルートはもっと酷い)が救われるルートでしたよね、ここも良かったです。


■沖田ルート
他のルートでは沖田の「お」の字も出てこない、どっかのウラタロス的な扱い(=空気)な沖田さんなわけですがw(そのネタは原田でやれw)
メインルートはそりゃ常に沖田さんと一緒です。
むしろ沖田さんしか出てきません(笑)
いやマジで。沖田ルートに入ってから出てきたキャラ・・・
山崎さん、松本先生ぐらいじゃね?あとかろうじて土方さん。
病気で戦線離脱ですから仕方がないことではあるのですがね。むしろよく頑張ったなシナリオ!
沖田ルートの敵は薫。いや~ヤンデレ兄貴いいっすね!
主人公まさかの羅刹化にはビックリしたが、薫スパイスが効いていてとても面白かったです。
お気に入りのシーンは、屯所での薫と敵対してる時かな~。あとBADENDでスチルがあるのもなかなか。


■斎藤ルート(※本命の為、感想の暴走度注意)
斎藤ルート完璧すぎ・・・私のツボ、どストライク。
何なんですかあのツンデレ。いやこれが世に言う「クーデレ」って奴ですか。
「土方さんに命令されたから」「隊務だから」「新選組が守ると決めたから」と、あくまで「任務だから」攻めで、最後の最後で「お前を死なせたくない」ですよ。最強のデレキタコレ\(^o^)/
羅刹になり、昼間起きてるのも辛いはずなのに、「俺がやらなくて誰がやる」と仕事をする斎藤さん。
お願い、もう休んで下さい斎藤さん!と心の中で叫んでたら「俺が昼間起きているのは何のためだと思っている」「誰がお前を守るんだ」ですよ。そして言い訳が「隊務だから」ですよ。
なにこれ胸キュンどころの騒ぎじゃねぇーぞ!
千枚通しで指を怪我し、滴る血を見ながらも必死に自分を抑える斎藤さん。
返り血を浴び、衝動に駆られながらも戦う斎藤さん。しかも昼間に。
どんどん自分を追い込んでいく斎藤さん、見てられないぜ・・・!
そして、普段抑えてる分、暴走した時が凄い(笑)耳朶フェチだったことに全力で噴いたw
「俺はお前が思うほど強い人間ではない。完璧な武士ではない。見苦しい姿を晒すくらいなら別れるのがいい」
むしろ弱いあなたが見たいです!!と叫びたくなる悶絶セリフ。
お前の前ではカッコつけていたい。完璧な武士の姿でいたい。本当の自分なんぞ見せたくない。
お前が幻滅する様を見たくない・・・!
きっとそーゆーことですよね。このセリフ好きすぎてもう何十回聞いたか!どんだけ私のツボを・・・!
・・・もう自分がヘンタイにしか思えなくなってきたぞ(苦笑)

あとね、やっぱ変若水を飲むシチュエーションがね!最強すぐる。
天霧戦で既に怪我済みなのに、風間との戦いでボッロボロ。
それでも主人公を、部下を守るために変若水を飲む。
飲む状況は土方さんも似てるんだけど、やっぱ切羽詰まった感がより強いのが斎藤さんなんだよな。

そして斎藤ルートの好きな所は、斎藤さん萌えもありますが、やはりストーリーが。
最後の原田、新八、平助との共闘に痺れました。何この燃え展開!萌えじゃない燃えだ!
風間を倒した後の4人のやりとりもまたw
原田「選んだのはそれだけじゃないみたいだけどな」
永倉「斎藤が顔赤らめてやがる!お前影武者か!?
新八っつぁん、危ない、全力で逃げて!(笑)

んで、終章ですよ。
「斎藤さん」→「・・・・・・」
「斎藤さん!」→「・・・・・・(ぷいっ)」
「・・・一さん」→「ここで待っていればお前が迎えに来ると思った」
な、な、なんじゃごりゃうるあつうあうあううあうう(もちつけ)
一さん、可愛いすぎるぅぅぅぅぅぅ。鉄板ネタだけど、猛烈に可愛いすぎるだろ、何これ。
ニヤニヤが止まらない。ちょ、ホント、斎藤さんについていきたい。

斎藤ルート、時野的には神ルートでした。
お気に入りのシーンは多すぎて選べねぇw
江戸の自宅で父と再会・ピンチに駆けつけるシーンはやっぱ燃えますし、
俺はお前が思うほど強くないと弱音・本音を吐くシーンはもうたまらんし、
ボタン掛け違えてる斎藤さんも可愛いし。
一度躊躇してキスするとかもうどんだけ萌えさせる気なの。
衛士になった時の桜の別れのシーンも好きだしなぁ。
沖田さん労咳発覚時、声を出すなシチュもいいしな~。
右差しの理由吐露とか、背が低いとかwもうツボだらけで困った。
実際にはいなさそうなキャラNO1ですが、ゲームならそれでいいじゃないっという結論に至りました(笑)

長々と失礼しました。ああ、みんながドン引きしている姿が目に浮かぶ・・・


■藤堂ルート
何が悲しくて山南さんとお千ちゃんのあのシーンを見なくてはいけないのか!
お千ちゃんんんんんんんんんんん!(号泣)

あとこれまた平助と関係ない話になりますが、
風間好感度急浮上(笑)
なんかもう、お千ちゃん助けに来たナイト様になってますけど。
各ルートで、羅刹の定義も変わるわけですが、
沖田ルートでは主人公が羅刹化したが為に風間が諦めるという流れだったわけですが、お千ちゃんは羅刹になっても利用価値があるようです。というかあれは半ばお千ちゃんに目覚めてた気がする(笑)
平助ルートやってなかったら、風間ルートはできなかったですね。

で、平助ルートなので、平助君の話に持って行きましょうか。
絶対不可避の羅刹化運命をたどってる彼なわけですが、
その分、羅刹への考え方が他キャラと異なります。ある意味、羅刹の怖さを一番よく理解している。
だって、土方・沖田・斎藤は強くなるため(戦うため)に飲んだわけだけど、
平助の場合は、生きる為・・・だからね。そこが大きく違うんですよね。故の苦しみ。
お気に入りのシーンは、「黄昏が夜明けに見える。月が太陽に見える。血を浴びるのが気持ちいいんだよ!!」の所かな。


■原田ルート
原田さんの勝ち組っぷりがスゲーwww
各ルートのハッピエン度を表すと

原田>>>>>(絶対に越えられない羅刹の壁)>斎藤>土方>沖田>>藤堂
(風間は斜め横らへんw直線状には表記できなかったw)

な気がします(苦笑)
圧倒的すぎる!さすが自重しない男!(笑)

それにしても、すれ違いっぱなしな二人でしたねー。まぁ、そのすれ違いっぷりに萌えましたけど!
原田さん、人間味ありすぎるw
斎藤さんが夢ルートなら、原田さんは現実ルートとでもいいましょうか(笑)
一番親近感が沸いたルートでもありました。実はかなり好きです、原田ルート。

お気に入りのシーン。
新八っつぁんとの別れのシーンですよね。あのスチルヤバス。
原田萌えというより新八萌えだけどな!このシーンは(笑)


■風間ルート
藤堂ルートで株が急上昇した風間。
風間ルートの風間は、思わず「今までの他ルートでの嫌がらせ許してやるよ!」と言いたくなるほど優しくてビックリしました(苦笑)
なるほど、新選組と遊びたかったのね(爆)
と冗談はさておき、「新選組はバカだ」というのはけっして蔑んでいるのではなく、ある種尊敬しているからこそのセリフなんだろうな。そうすると土方ルートのラストにも納得いくなぁ~とか思った風間ルートです。
あと風間ルート序盤は、ある意味面白い(笑)
天霧さんですらポカーンですぜ!



そんなこんなで、このゲーム楽しめました。
プレイも後半になるにつれて、「既読スキップ」を多用してましたが、
また時間をおいて、話を忘れた頃にまたじっくりやったら面白そうだなと思います。
ただこれ以上甘い乙女ゲーはできないっというのも実感しました。ホント、適度な糖度でした。
また何かオススメゲームがあれば教えて下さい。
女性向けはもちろん、男性向けもお待ちしております。


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する