螺旋運命―SPIRAL DESTINY―

livedoor blogから引っ越して参りました。旧館から来た方も初めましての方も宜しくお願いします。

紅桜篇 自重なにそれおいしいの?版

こちらは
「劇場版 銀魂 新訳紅桜篇」感想(自重なにそれおいしいの?版)
となっております。

その名の通り、全く自重していません。
いつもは出さないような単語も平気で出してます。
男性の方、その手の話題に免疫のない女性の方には閲覧をオススメいたしません。
覚悟が出来た方のみ、「続きを表示」でお進み下さい。






「劇場版 銀魂 新訳紅桜篇」観てきました~。

ヤヴァかったです。心臓が。
何なんですかアレ。もうニヤニヤが止まらない。自分マジでキモかったと思います。
映画館は照明が暗く、鏡がない空間で良かったなと改めて思いました。

ぶっちゃけた話、新訳と言っても、話自体は限りなくTVアニメ版と同じ(むしろより原作寄りになった)と言えると思いますが、でもクオリティだけは段違いでした・・・なんなんですか、アレ。
TV版でも大満足のクオリティだったわけですよ、時野的には。
でも確かに、2,3か所、「ここだけ勿体ないな~」と思う所があったわけです。

それが見事に昇華されてる+強化されてる

わけですよ。そりゃ興奮もしますって。
あ、ちなみに、TV版で引っかかってたシーンはこちら

・銀さんを見送るお妙さん(TV版のすれ違いも大好きなんですが、でもやっぱ原作の万事屋から見てるのも見たいという願望がありました)
・宇宙一バカな侍だコノヤロォォ(これがTV版で一番違和感があったので。やっぱ新八神楽でしょ)
・高杉と桂の会話のシーンのBGM

これが全て改善されてたもので・・・たまらん。
あとこれはTV版でも別にいいなとは思ってますが、変更点としては

TV版→明日を見ずして眠るがいい
原作版→朝日を見ずして眠るがいい

原作版になってましたね。やっぱり決めゼリフなので原作と同じ方が嬉しいかな。


でね、そろそろエンジンかけましょうか。相当痛いよ?年に一度、あるかないかの大暴走ですよ。
正直な話、話自体は、TV版紅桜+真選組ってカンジでしたよね。
作画はさらにパワーアップした綺麗さだし、動きもいい。BGM神。笑いもある。
これだけでも大満足なんですよ。でもね、でもね、

終盤、SEEDが弾けました・・・パリーンって。
サキ・ヤマト覚醒。やめてよね、本気でスイッチ入ったら君に僕が止められるはずないだろ?

ちなみに、時野さんのツボは「ヅラ銀」です。銀ヅラじゃないの。ここ大事。
メジャーな銀ヅラじゃないの。マイナーなヅラ銀なの。
天と地ほどファンの数に差があるんで、そこんとこよろしく。


じゃあ、行きますよ。


バトルシーンかっこよすぎるだろうがぁぁぁぁぁぁぁぁっぁぁぁぁぁぁあ。

まず、似蔵VS銀さん+新八
「辻斬りが出るから危ないよ~」の所です。
ここは割とTV版と同じだったと記憶してますが、でもちょいちょいバージョンアップしてましたよね。
しかし何度聞いても「ヅラがテメェーみてーな奴に負けるわけねぇーだろ」が痺れる。
ここはね、ヅラ銀的、銀さんの超絶ツンデレシーンなわけですよ。
ヅラ銀の基本はですね、ヅラの一方通行で、銀さんに「ウザイ」「消えてくれ」と拒否られるなんですよ。
基本は銀時のストーカーなんですよ、ヅラは。さっちゃんと同じ認識なんですよ。
だけど、いざって時。「ヅラが殺られた」と聞いてマジギレ。デレ全開なのが、凝縮されてるのがこのセリフなわけです。数少ないデレなんですよ。
アメとムチ・・・ムチが99%のヅラ銀における、1%のデレがこのセリフなんですよ。
これを大スクリーンで、大音響で聞いたら、そりゃ酷い顔になりますよ。自分でも引く位酷い脳みそになりますよ。俺、腐女子で良かったと、心の底から思うセリフです。自分マジきめぇ・・・自分にドン引きです。

あとは、ここは似蔵役の青山さんの好演技が印象的でした。
TV版でもゾゾゾっと来る演技をされてましたが、映画ではさらに怖さが増しているといいますか。
まさに「人斬り」に相応しい雰囲気を醸し出してました。わんこ以蔵が見たい人は龍馬伝を見ろ(笑)


「ガキじゃない桂だ」
エリザベスの中から現れ、高杉を斬る桂。
高杉補正wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
TV版では1分近く仰向けに倒れたままという、ちょっと恥ずかしい姿を晒していた高杉ですが、

映画では咄嗟に刀を抜いて、避けているではありませんか・・・!

さすが人気投票不動の4位、高杉さんです。
時野さんの私見ですが、多分今回、高杉で新作カット及び作画補正されてなかったカットは多分1か所しかなかったと思います。基本、何かしらの修正が加えられてましたからね。
ここまで華麗な修正をされると、ますます
ハタ皇子吹き替え版が見たくなってくるではありませんか(爆)



「似蔵VS白夜叉」
ま、ここはTV版の時点で神でしたからね。すでに完成形でしたもん。
ここはあまり修正なかったように思います。
しかしスクリーンで観ると迫力が違います。


「春雨VS銀時+桂」
完全新作のラストバトル。
桂の背後を助太刀する銀さんという超絶悶絶シーンがなくなってたのは少々寂しかったですがもう何が何だか。早くDVDでコマ送りしたい、なんじゃこれと。凄すぎて。
とにかく凄すぎて、胸がきゅーんとした。なんかもう、よくわからないけど、なんかいつもの自分じゃなかったことだけは分かった。
桂さんも強かったんですね。そうですよね、攘夷戦争の生き残りですもんね。

しかし皆さん観ました?銀さんが天人から刀を奪うカット。
いやもう、ここ超絶にカッコ良すぎでしょう。
「よりぬき銀魂さん」のOPで散々みたシーンなのに、鳥肌立たせるって凄すぎるだろ。

つーか、バクチダンサーかっこよすぎるだろうがぁぁぁぁぁっぁ。
映画館のスピーカーで、ズンズンお腹に響く。もう鳥肌立ち過ぎて。もう何が何だか。

二回目視聴の時は割と冷静さを保てましたが、一回目視聴はなんかもう動悸息切れ。
なんかもう、なんなんですか。想像を超えた映像でもうなんかもう。なんかもう。
なんかもう、いつから違ったお前達の道は。
こんな血バシャバシャ出しちゃって、全年齢映画で大丈夫なのか心配になるぐらい迫力ありました。
なんでしょう、銀魂を見て思うことは、「やはり日本刀って美しいな」って思います。
最近は、
馬イクに乗った侍が6本の刀振り回すだとか、刀身が紙のように薄い刀だとか、13Km伸びる刀だとか、トンデモ刀ばかり観てたので、純粋な日本刀の美しさに惚れぼれしてしまいました。
私も御先祖は武士なので、何かこう血が騒ぎます。

とにもかくにも、どのバトルシーンも凄かったです。


っとバトルシーンだけでこんなにダラダラと・・・
キリがないので、これから気になったこと、思い出したことを順序無視して羅列していきたいと思います。


・まずコラボシリーズ
・「いちごオレでございます」
・明治のいちごオレおいしいですよね。よく休み時間に飲みます。そして友人から「臭いキツ!」って言われる。ってことで、「いちご牛乳」というセリフが「いちごオレ」に変わってました。私は結局機会がなく、コラボパッケージは見れてないんですが、Sちゃんに写真を見せて頂きました。・・・ホント、銀魂仕様なパッケージなんですね。
・京成パンダが赤マルジャンプの表紙を飾る
・いつものBGオンリーで笑いを誘う。さすが銀魂。
・ここで笑うことで劇場内に一体感が生まれるのがいいですね。
・真選組の扱いがヒデェw
・客寄せパンダか!
・お妙さん、マジ恐すw
・「動くなっつってんだろ」の言い方が、恐ろしすぎる。ここ雛見沢ですか?
・傘のシーンはいいよね。最後、万事屋三人が帰ってくる所もすごく良かったです。
・神楽かわええよ神楽
・それ以上にまた子の可愛さは異常。また子好きすぎてゴメン。
・また子と武市変態が好きすぎる。
・この二人が生きてると分かってホント、喜んだからな、年賀状回で。
・本編は、基本話の流れは原作通りなので、実はあまりツッコミ所がないんですよね。
・ただ、作画のバージョンアップが凄すぎた。ホント、画が美しすぎる。
・TV版を丁寧に再構成して、違和感のない作り。+おまけの時間も稼ぐんだから凄い。
・おまけアニメにキャラ勢ぞろい!
・とりあえず、たった一言の為に呼ばれた若本さんを思うとwどんだけギャラの無駄遣いw
・もっさんwww
・以前、たまキュアはかーなーり怒られたって聞きましたけど、そこで怯まずむしろ攻めるのがさすが銀魂。・・・また謝りにいったのかな?
・マッハのり子が目立ってたw考えた方、おめでとうございます。
・映画では出てこないけど、「それでも銀魂ついてんのかァァァ」も読者公募だもんね。
・ワーさん、ナーさん吹いたw
・死神と忍者出すなw前代未聞だよこんなのw場内大爆笑(笑)


こんな所でしょうか。
すみません、あまり突っ込みどころがなかった、完成度高すぎて。
あとストーリーはそのままですしね。
散々皆さんの期待をあおった癖に、ろくな感想書けなかった気がします。すみません。



上映後、Sちゃんが・・・

「私、今まで高杉ばっかり見てたけど、今日初めて、ヅラと銀さんとのコンビがイイっと思ったよ」

と言ってきました。
なのでここぞとヅラ銀の良さを語り、30分後。

「ヅラ銀、ありだわ・・・」

洗脳終了(笑)
ちなみに、話はさらにエスカレートして、最終的にSちゃんは「高坂」で「坂高」に目覚めました(笑)
茨すぎるよ!!でもSちゃんの即興妄想ネタを聞き、私もハマりそうになりました。
(後日談。二回目視聴時に、実際書いたものを読ませていただきました。・・・超絶に悶えました。すみません、Sちゃん、私も茨の道、歩んでもいいですか?)


ちなみに、ヅラギニスト的、ツボセリフIN紅桜篇

「ヅラがてめぇーみてーな奴に負けるわけねーだろ」
「ツレがやられるわで頭ん中グチャグチャなんだよ」
「お前達に何かあったら俺は、銀時に合わす顔がない」
「だがアイツがそれに耐えているのに。銀時(ヤツ)が・・・一番この世界を憎んでいるはずの銀時が耐えているのに俺達に何ができる」
「お前は変わってくれるなよ。お前を斬るのは骨がいりそうだ。まっぴら御免こうむる」
「ヅラ、お前が変わった時は、俺が真っ先に叩き斬ってやらァ」
「用意周到なこって」のシーン

どこがツボなのか、こっちの道に足を踏み外したい人はメール下さい。イチイチ説明してあげます。
何度も言いますが、「ヅラ銀」です。「銀ヅラ」ではありません。ここ重要。





我が家には、TV版紅桜篇のDVDがありますが、この映画見ちゃったらもうDVD見れないですよ。
映画凄すぎてTV版見たら、きっと物足りなく感じちゃうんだろうなと。TV版でも十分鳥肌モノなのに。高みを知っちゃうとね、ダメだね。なんて贅沢な悩み・・・!
(ただ、銀さん&ヅラのバトルシーンは大幅に変わっていて、これは映画もTVも甲乙付けがたいデキなのでここは楽しめる。むしろTV版の方がヅラ銀的にはGJ 笑)
劇場版DVD、これは買うしかないなぁ・・・
あと配球が兄弟さんなんで、BD出るんじゃないかな?とか密かに期待しています。
つか、出して下さいBD版。

いや~それにしても、みんなと銀魂を見るっなんて初めてだったけど、
劇場が一体となって笑える~てのは面白いですね。
冒頭のワーナーのくだり、文字通り「爆笑」でした。(本来、爆笑って一人ではできなからねw間違ってると認識しつつ使ってますw)


ということでお送りしてきました、
「劇場版 銀魂 新訳紅桜篇 感想 ~自重?なにそれおいしいの?版~」
いかがだったでしょうか?
本当に自重してなくて、気分が悪くなられたりしませんでしたか?
逆に、期待しすぎて、期待を裏切られたっと感じてる方はいらっしゃいませんか?
1カ月も待たせてふざけんな!とお怒りの方はいらっしゃいませんか?
本当に申し訳ありませんでした!
正直、本日のアクセス数の多さにビビってます。みんなどんだけ読みたかったのコレ。
期待に添うことができたのか、かなり不安ですが、本当いつも自制している分、弾けてきました。
これ以上はホント、ブログに載せられない会話なので、さすがに自粛します。
二人で渡れば怖くない!の精神で、本当、酷い会話でした。私も普段滅多にだすことのない、1割の自分を思う存分出してきました。大満足です。これで半年生きていける。
DVDは買う予定なので、発売された頃にまた簡単な感想が書ければなと思ってます。
時間をおくとまた違った見方ができるしね!

長い期間を掛けて書いた感想なので、一部話がかみ合ってなかったり、重複している部分もあるかもしれませんが、ご了承ください。

なんだろ、なんか書き忘れてることがいっぱいありそう・・・
何か思い出したらまた「追加版」ってことで、書ければなと思います。

ここまでお付き合いありがとうございました!そしてすみませんでしたァァァァ!




スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する