螺旋運命―SPIRAL DESTINY―

livedoor blogから引っ越して参りました。旧館から来た方も初めましての方も宜しくお願いします。

「鋼の錬金術師 シャンバラを征く者」5年越しの想い

「劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者」

2005年に公開された劇場版。
やっと見ることが出来ました・・・・・・やっと、やっとだよぉぉぉぉ(号泣)

エドに、錬金術のある世界に戻ってほしいという願望はあったけど、
現実世界で兄弟二人旅ってラストも、いいですね。でもやっぱ寂しいものがある。
ウェンディの事を考えると・・・・・・でも錬金術に振り回されてきた二人ですから、錬金術がない世界で、世界と関わって行くって・・・うん、いいラストだよね。でもn(ry

エドとアルが二人で錬金術を使うシーン。ここ、映画のPVでも使われてたので散々見てたシーンではあるんですが、やっぱ好きです。

しかし、なんてゆーか、大佐がおいしすぎる。伍長ですけど。
やっぱりあなたはおいしい所持って行くんですね。悔しい。
さすがTV版最終回という最後の最後で私を惚れさせた男だぜ。(それまでは「アウトオブ眼中」とか言ってたんだぜ。最終回でやられた。悔しい)
ホークアイ中尉の笑顔が見れたので許しますけど(何をだ)


やっと旧ハガレンが終わったというか。
私の中ではこの映画を見ていなかったことで、旧ハガレンが宙ぶらりんなままだったんです。
その宙ぶらりんのせいで、FAを受け入れることが出来なかったのかなと。(他にも新旧ド●えもん現象的な部分も若干ありますけど)
私の中で終わってないのに、リメイクなんて・・・って感じだったのかなと。
そんなわけで、FAはほとんど見てない状態ですが、機会があれば第一話から見てみようかな。
そんな気持ちになりました。


5年越しの視聴が叶い、心がスッキリしました。ありがとうございました。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する