螺旋運命―SPIRAL DESTINY―

livedoor blogから引っ越して参りました。旧館から来た方も初めましての方も宜しくお願いします。

可愛い本だってさ

これといって面白いネタもないので、
1年前に書いたけど
結局、お蔵入りした記事

をUPしてみようと思う。
ただの恥さらしじゃァァァァ(笑)


あくまで1年前に書いたものです。1年前です。2010年3月24日だって。




部屋の模様替えをしたんですけどね、

「このバッグ、なんか可愛い本が沢山入ってるけど、どうするの?」

と言われ差し出されたのは、薄い本を隠していたトートバッグ!
幸いなことに私は18謹なので(今作った造語w)、見るからに「ヤベェ」というのはないですけど、内容はほぼアブノですからね!(心のメインフィールドはノーマルですけど、供給数は圧倒的にアブノの方が多いですからね。必然的に後者が増えるよね!)
何この羞恥プレイヽ(^o^)丿
ちなみに、中身は種の山でした。可愛いってまさか・・・読んだ・・・わけないよね、表紙だけ見たんだよね?そうだよねママァァァ、だってこれアスshいやいやいやきっとシンステだよね。アスシンなわけなぎゃぁぁぁ。

でもな、確かにこの本達、少し処分した方がいいのかもな・・・
といってもそんなに数あるわけじゃないですよ?
多分、プロのコミケマスターが夏コミ一回で買う量と同じかそれ以下だと思いますよ(笑)


さてさて。
読者様の中には知ってる方もいるかもですが、私一度だけアンソロに寄稿したことがあるんですよね。
寄稿・・・とは言っても、あれはほとんど身内で作ったようなアンソロなので、合作みたいなカンジだけど。
知ってる方とかいるのかな?もしくは持ってる(持ってた)人とかっているのかな?

さっき久々に読み返してみたけど、いや~こっぱずかしいデキで。
でも、確実に今の私より文章力が上な高校2年の私(笑)

もしルナマリアがオーブで生まれ育ち、シンと幼なじみだったら
っていうパラレル小説です。パラレルとは言っても、イレギュラーはルナマリアだけで、あとは基本本編と同じ流れで進行していくお話でした。

シンが中学に入学する所から始まり、地球軍オーブ侵攻でお互いバラバラになり、アカデミーで再会すると言った話でした。
なんでこんな話を書いたかというと、確か、種デスの制作が発表されて間もない頃、「シンとルナマリアは同じオーブ出身の幼なじみ。家族を失い単身プラントに渡ったシンを追いかけルナマリアも入隊した」みたいなガセネタが流れてた気がしたな~っと。私の記憶ではなんか雑誌でそんなのが書いてあった気がしたんだけどな・・・
ってことで、そのガセをマジネタにしたらどうなるんだろう?と思って書いた話です。テラナツカシス。


元々はですね!私がお世話になってるシン好きチャットのメンバー内で「アンソロ作りたいね~」って話になりまして、
私は同人経験皆無なので「編集作業ならお手伝いしますよ~」って言ってたんですよね。
で、いざ本当に作ることになりまして、ある日
「ところで咲希ちゃんはどんな話つくるの?」
と言われまして「へ?私参加することになってるの?編集しか手伝わないよ!?」
と返したんですが、なんか流れでSS書いちゃったっていうね。まぁ、当時は超絶暇人だったし。


久々に読み返すことで、当時の私が種デスに抱いていたイメージていうのが蘇ってきました。
こんな気持ちだったな~っと。

相変わらずの脚本企画の方も、元々の構想はこの話を書いた頃とほぼ同時期ですから、
当時のイメージを思い出すことで、脚本企画で当初やりたかったエピソードとかもちょっと思い出してきましたよ。
とりあえず、ステラとレイを救う。シンを成長させる。シンとキラを和解させる。
が三大テーマだったなっと。


うん、なんかモチベーション上がってきた!ちょっと久々にまた書き進めてみようかな。
息抜き息抜き。




昨日のデッテニ再放送、やっぱさ!私はアスカガが好きだってのが分かった。
二人だけの戦争から始まり、「なら倒すしかないじゃないか!」、カガリは俺が守る・・・までの回想。
回想だけでも泣けるってのに、花嫁攫いに来たのは弟だからね、そこは旦那が行けよって言うね!(無理に決まってるだろがw)

さーて来週はフェイスアスランがミネルバにやってくる。
メイリンに飲み物預けてピシっとするシンを見るのが楽しみです。あのメイリンの表情、5年経った今でも忘れられないw
メイリンの受難が始まる\(^o^)/でも実は一番の勝ち組なんだよね、この子。
ファイナルプラスで、ラストカットが全員コーディネイターになった時は大爆笑ですからね。ナチュラルはいらないですか、そうですか。


ファイナルプラスの勝ち組はメイリン、負け組はヨウラン・・・
ヨウランなんてさ、終盤いつの間にか出番なくなってたし、ファイナルプラスでひっそりと殺された可能性大ですからね。
その生死についてすら触れてくれないからね。でもシャトルに居なかったこと、ヴィーノの号泣ぶりを見るとね・・・



といった具合に、
最終的にただの愚痴になったのでボツったっていう。懐かしい・・・
ちなみに、途中に出てくるアンソロ様に寄稿したっていうのが、ゴミ箱で載せている短編です。

そういえば、先日も薄い本が綺麗に整頓されていました。ヤバイ、今回の山には間違えて買ってしまった18が混ざってるのにwww
てか、ハッキンモノの場合、もう少し注意マーク大きくしてほしいな・・・イベントは問題ないんだけど書店だとねぇ・・・

どうしたものか。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する