螺旋運命―SPIRAL DESTINY―

livedoor blogから引っ越して参りました。旧館から来た方も初めましての方も宜しくお願いします。

今晩のゲストは梶浦さん

※一部訂正しました。

今晩のアニメギガのゲストは梶浦由記さんです。

アニメ音楽界の天才って言ったら、梶浦さんとやっぱ菅野さんですよね・・・二大天才だと思ってます。
梶浦サウンドは真似できないと思います。コーラスの使い方がこんなに上手い人を私は見た(聴いた)ことないです。
ハーモニーが美しすぎる。先日のMJアニソン特集でKalafina(梶浦プロデュース)のライブを見たけど、あまりの美しさにTVの前なのに鳥肌たったもんなぁ・・・

まぁ、曲が壮大すぎるので、アニメ本編がつまらなすぎると音楽だけ惹き立って作品崩壊しかけた例もいくつか思い当たりますが(爆)
ど●●●●くル●●とか・・・(※コメントでご指摘いただきました。この作品に関しては勘違いだったようで、本当に申し訳ないです)
梶浦サウンド使うならそれなりの作品にしないとね・・・本当、浮くよ。安易に梶浦さん使うのは身の破滅だと思います(辛口コメントですみません)

独特のサウンドの秘密、ヒントが聴けるんじゃないかと、今からワクワクです。
あと、これ、あんま関係ないけど、最近無性にFictionJunction YUUKAの「荒野流転」が脳内エンドレスリピートで困ってます。
荒野流転いいよね!

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

>コーラスの使い方がこんなに上手い人
個人的に川井憲次さんもコーラス(というかヴォーカリーズ)の使い方が上手いと思う。

>ど●●●●くル●●

どれを指してるんだろう?
櫻井さんが主役張っていた作品のことかな?
でもそれだと梶浦さん関係ない話だしなぁ?

久遠 | URL | 2010年01月25日(Mon)00:42 [EDIT]


■久遠様

>個人的に川井憲次さんもコーラス(というかヴォーカリーズ)の使い方が上手いと思う。
そうですね、川井さんも上手いですよねー。
ただ、川井さんのコーラスと梶浦さんのコーラスには言葉では表現しにくい違い、それぞれの良さがあって、その梶浦さんの良さは、やっぱり誰にも真似できない良さだなっと思っていまして記事を書かせていただきました。
あ、これだと語弊があるかな。もちろん、川井サウンドも誰にも真似できないですよね。以前、川井さんもアニメギガにいらっしゃって、お話聞きましたが、音への凄まじい拘りに鳥肌が立ちました。

>でもそれだと梶浦さん関係ない話だしなぁ?
コメント頂いて調べたのですが、あ、ルーツは梶浦さんではなくアリプロだったんですね。
これは本当に申し訳ない勘違いでした。すみません。
アリプロじゃー浮くよな。アリプロ単体は好きですが、やっぱ世界観云々だと・・・
これで「リミナリティ、サインっと作品観に合致してたのに、ルーツはこんなにも浮いてるんだろう」っと長年抱いてた疑問が解けました。(リミナリティやサインが合致してたからこそ、ルーツの浮きっぷりにモヤモヤしてまして、なので、あのような辛口コメント書かせていただいたんですが、梶浦さんではなかったのですね・・・)
ご指摘ありがとうございました。

ただ、間違いを書いたことは本当に申し訳なかったなっと、真下監督はじめスタッフに申し訳ないと思いつつ、
久遠さんも、自分の好きな作品を汚されて怒る気持ちも分かりますが、そんな喧嘩腰にいやらしい感じに書かなくてもと(汗)
もう少し、「間違ってますよ、本当はこうです」っとやんわり指摘するだけでも・・・・・・チキンハートの私はちょっと泣きそうになりましたよ、正直。
(こんなこと言ってる時点でブログ書く資格はないなと思いますが)

勘違いしてた私が100%悪いですけど、こんなの見苦しい言い訳にしかなりませんが、ブログって書くの結構大変なんですよ。いつも冒険なんですよ。
間違った情報を流しちゃいけない、でも面白くパフォーマンスもしなくちゃいけない(こーゆー点、自惚れでもありますが)
多少、過激なことを書いてるブロガーさんて、結構本心はビクビクしながら書いてると思うんですよ。
扱う情報が多ければ多いほど、「自分の知識不足だったら・・・」ってどんな人でも大なり小なりビクビクしてると思うんですよ。
だから多少の勘違いだったり、言葉の使い方が間違ってたり、ミスだったりって絶対あると思うんですよね、大手ブロガーさんとかでも。
そんな中、重箱の隅をつつくってちょっと可哀想だと思いませんか?

小学生の頃を思い出してみてください。
授業中、勇気を振り絞って手を挙げて答えたら、答えが間違ってて、クラスメイトに笑われて恥ずかしい思いをしたことはありませんか?
先生を「おかあさん」と呼んでしまった友達はいませんでしたか?
ブログを晒すとは、授業中手を挙げる行為と似てるんですよ。いつも冒険です。

言い訳もいいところだし、もしかしたら逆切れしてるようにも捉えられてしまうかもですが・・・言葉だけって難しいですね。
今回の件は完全に私の知識不足が原因です、本当に申し訳ないです。
ただ、私だけでなく、多くのブロガーさんの心情を少しでもお伝えできたらなっと思い長々言い訳を書かせていただきました。
久遠さんだけでなく、このコメント欄を閲覧してるであろう、読者様にも分かるようにっと考えてたら余計な話までツラツラと・・・

重ね重ね申し訳ありませんでした。記事は訂正しておきました。

時野 咲希 | URL | 2010年01月25日(Mon)02:02 [EDIT]


あ、いや、失礼。
僕もそういうつもりで書いたわけでは。
書き込みに配慮が足りませんでしたね。
申し訳ありませんでした。

いつも読ませていただいてますが
時野さんの文章、面白いですよ。 

数回前の記事で特技がどうのって話題あったと思いますが数年にわたりブログを続けている、頻繁に更新しているって、すごいことだと思いますよ。自信もってもいいと思います。

久遠 | URL | 2010年01月25日(Mon)07:35 [EDIT]