FC2ブログ

螺旋運命―SPIRAL DESTINY―

livedoor blogから引っ越して参りました。旧館から来た方も初めましての方も宜しくお願いします。

【悲報】十兵衛がラノベ主人公だった件【朗報】

おい十兵衛www
ということで、麒麟がくる第6話見ました。

最後のシーンがさ。本当、そーゆーとこだぞ十兵衛。
でもさ、普段なら「駒ちゃんいいぞいいぞ、これ、大河オリジナルで側室になるパターン来るー!!」と盛り上がる展開なのですが、いかんせん、明智光秀といえば側室を持たなかった正妻LOVEで有名な御方(言い方w)

NHK的には「いやっほー!ありがたい設定。推せ推せ設定キタコレ」なわけじゃないですか。
黒田官兵衛も側室を持たなかった珍しい武将で、ドラマも光さんを早々に登場させグイグイやりましたし。
真田丸の信繁はもっと子供がいたはずだけどドラマでは結構少なめだったし(それでも十分多いんだが)
直虎の政次も妻子がいたといいますからねぇ。
女性ファンを取り込むためにNHKも必死なわけで、そこに明智光秀ですよ、NHKウッハウハのはずなのに、駒ちゃん推しすぎない?大丈夫?
まぁ、官兵衛も確かに序盤のヒロインはいたけどね。とはいえあの時の官兵衛は子供だったはずですけど。今回の光秀は既に20歳だしな……。

むしろ「駒ちゃんには一切なびかなかったのに、純愛来たコレ!」演出なんだろうか。
駒ちゃんには敗北しか待ってないので、見ていて辛いですね。かといって妾設定なんぞ来たもんなら視聴止めるかもw

それにしても十兵衛の人たらしっぷりよ。
駒ちゃんだけじゃないぞ、どんだけモッテモテなんだよ十兵衛君。

それにしても鈍感なラノベ主人公感満載のくせに色気だけはビンビン飛ばしてくる明智十兵衛光秀こと長谷川博己なんなん?最高なんだが……(コラァ)
え、だって、ハセヒロだよ?そんなん、かっこいいに決まってるやんけ……はぁ、毎週毎週ありがとうございますなんだな……(涎)

長谷川博己に谷原章介に向井理に眞島秀和やぞ?時野さんが大好きな塩顔俳優をここぞとばかり揃えやがって……あとやっぱりモックン最高よな……時野的には花燃ゆよりよっぽどイケメンパラダイスなんだが?最高なんだが?

基本ストーリー重視の一応お堅い大河ファンのつもりですが、今回は目の保養的にも大変嬉しい作品となっております。ええ、ええ。話が面白い、映像が綺麗、どの役者も演技が上手い……文句の付け所がないよね。
言葉が若干現代風なのは気になるけど、それも昨今の大河ではどれもそんな感じですしね……慣れたわ。

麒麟がくる面白すぎて、未だに録画データ消せなくて困ってます。
ハードディスクが……容量が……!
いつもは見終わったらよほどの神回以外は消しちゃっているのでね。でも今回は消せない!見返したい!
最近は俳優の不祥事とかで配信停止とかもあるし、録画した奴、ディスクに焼いておこうかな……

麒麟がくるの面白さは、十兵衛の「は!」のバリエーションだと思うんですよね。
名前を呼ばれると条件反射のごとく(というか若干食い気味で)「は!」て応えるし、「は?」とか「はぁ?」とか「は」のバリエーションが多すぎて毎回笑ってしまう。凄く現代的な言い方(イントネーション)ではあるんだが、面白いんだから仕方がない……今後どんな「は!」が出てくるのか楽しみです。

いや~西郷どんはくっそつまらなかったし(1年返せって本気で思ってる)、いだてんは面白かったけど大河ドラマだとは思ってなかったし。
すごく久々にドハマリできる大河ドラマが来て嬉しいです。明智光秀の前半生はよく分かってないですからね。逆手にとってやり放題楽しいですなぁ。
このまま面白いと嬉しいですね。とはいえまだまだ6話。まだ40話近くあるわけで。最後まで面白いといいですねぇ。

後々読み返すため用のリンク。
「麒麟がくる」最序盤感想はコチラ
>2月9日「諦めて年越ししました2020年。

スポンサーサイト



PageTop