FC2ブログ

螺旋運命―SPIRAL DESTINY―

livedoor blogから引っ越して参りました。旧館から来た方も初めましての方も宜しくお願いします。

続きは10月でいいのよね・・・?

えっと・・・・・・
今期、唯一のワクワクアニメだった「この音とまれ!」

・・・・・これ分割2クールでいいんだよね?風の噂で聞いたけど間違ってないよね?
ED後、告知もなかったから焦ったわ・・・・・・いいんだよね?続きあるよね?
とビクビクしながら公式サイト行ったら、ちゃんと「10月から」と書いてあって安心したw

てなわけで、大ピンチの最終回。まぁベタではありますが、良かったです。
最終回は何気に滝浪先生の為の話だったのかもしれんな。今後、一番変わりそうな人だよね。

チカくんの怪我により、掛け合いがバラバラになり焦る皆。
演奏中に怪我に気づいて動揺しちゃうさとわちゃんを初め、テンパる皆を引っ張って立て直しのきっかけになったのがコータだったのが凄く良かった。合宿回がめっちゃ活きてる。

コータとヒロ先輩のコンビも好きなんですがwヒロ先輩は武蔵といい感じになっててウケるw武蔵は無意識ぽいけど。2年生コンビ自然体でええな。まぁ、ある意味家族公認だしな!(爆)

そして少女漫画路線全開のチカくんとさとわちゃんなw君たちはどこまで少女漫画路線突っ走るんやw
残りの二人にも何か見せ場を作ってあげて下さい・・・・・・(苦笑)

最終回にしてついに完成したOP映像(笑)
2期は他校との絡みも一層増えて面白くなりそうですね。今から楽しみです。

スポンサーサイト



PageTop

「悠久のティアブレイド」プレイ感想

サイドバーの「ゲーム欄」にはこっそり進捗状況書いてたので、気づいていた方もいたかもしれませんが、実は最近はこのゲームをプレイしてました。

悠久のティアブレイド
-Lost Chronicle-


まさかの「乙女ゲーム×巨大ロボット」がテーマのゲームです。
最初聞いたときは「正気かよ!?」と思った本作。(2016年発売のゲームです)

プレイ済みの友人から「ストーリーは私にはちょっと難しかったけど結構面白かったよ。ロボットアニメ好きの咲希ちゃんならもっと楽しめるんじゃない?」と長年薦められてた作品。
ただ、「目が肥えているからこそ、安易にロボットモノやられても……私がプレイしたら評価は辛口かもしれないよ?」とは返してきたのですが。
とにかく今期のアニメが面白くないので、ゲームをやろうと思って。
友人に「オススメゲーム教えて」と聞いたら「今のところ『シャレマニ』以上に薦められる作品ないけど、咲希ちゃんなら『ティアブレ』どうよ?今こそやってみない?」と言われて、やってみることを決意。
ただ、どうしても私だと辛口になりそうだから、本当は良くないんだが、今回は友人からソフトお借りしました。面白かったら自分で買うからということで。

ということで、期限付きなので、シャレマニ二巡目はちょっとお休みして、ティアブレをプレイしました。
以下、オトメイト(乙女ゲーム会社)の男性スタッフが全力で作った異色乙女ゲーム「悠久のティアブレイド-Lost Chronicle-」の時野のメモ代わりのプレイ感想です。
プレイしながら書いたので思いのほか長くなってしまったのですが、とにかく異色すぎるので、どんな作品なのか、記事で楽しんで頂ければ幸いです。異色すぎて、私の胸の内だけでは抑えきれなかったw吐き出したかったんだw


◆メカデザイン
メカはガチでカッコイイ。コードギアスとかのスタイリッシュ系?ガンダム顔ではないかな。公式サイトで見てくれ。
http://www.otomate.jp/tierblade/chara/index6.php


◆想起したロボットアニメw
ストーリーは確かにロボットモノの王道でした。展開はなかなかよく出来てたし、面白かった。よくまぁ、乙女ゲームというジャンルでこれをやろうと考えたな!と。ちょっと感心した。
まぁ、ロボットが好きで乙女ゲームも好きというかいう人種は時野とか限られた人種だけだと思うのでw世の乙女的にはかなり新鮮に映るんじゃないかなと。だからこその王道だったんじゃないかなと。
でだ。実際プレイしてて、時野さんが思わず「あの作品っぽい要素だなぁw」と思ってしまった作品とそれによって起きた時野の脳内混乱は以下の通りw


・メカデザイン
先ほど書いたとおり、スタイリッシュ系。「コードギアス」のランスロットっぽいなw量産型のゴーレムというメカも出てくるんですが、これも量産型らしく、旧式のナイトメアフレームっぽいなぁと。


・世界観
雰囲気は「創聖のアクエリオン」っぽいwww内容は全然違うけど。
話が進んでいくと少し「ゼーガペイン」ぽい要素も入ってくる。
3千年前に大きな戦いがあり、現在は大気汚染が進んだ荒廃した世界となっています。そんな世界に住むシュドとアタルヴァがネオスフィアという3千年前に造られ隠されていた古代都市(シェルター)に辿り着き、そこに住む少女と出会う所から始まるストーリーです。


・キャラクター
世界観がアクエリオンっぽいし、メインヒーローであるシュド(CV:石川界人)が赤髪でちょっと見た目がアポロっぽい(EVOLタッチ)んだよなと思ってた所にですよ!
もう一人のメイン級ヒーローにアタルヴァというキャラが出てきまして。序盤はこのシュドとアタルヴァがメインで話が進んでいくんですが……
アタルヴァ(CV:寺島拓篤)というトラップwwwwww

脳内を混乱させてくれた二人(笑)

赤い方がシュド(CV:石川界人)、青い方がアタルヴァ(CV:寺島拓篤)です。
まぁ、アポロというよりカグラに近いと思いますがw性格は全く違いますけどね。
シュド君、超熱血ヒーロー&一番常識人キャラだから。

ここで、時野さんの頭は混乱した。
「世界観はアクエリオンっぽいし、シュドの見た目がアポロっぽいwでも隣のキャラ(アタルヴァ)からアポロの声がする!やめて、頭混乱するぅぅぅぅぅぅぅぅぅ」
※割と最近、レコーダーを整理する為に、数年前に放送したEVOL特別編(ジンユノが昭和で再会回)を見てしまったんだよぉ!(苦笑)

世界観とメインヒーローがアクエリオンぽいなーと思ってプレイしてたら、別キャラにアポロの中の人きたら混乱するわ!慣れるまで(頭の混乱が収まるまで)1時間ぐらい掛かったわ!(苦笑)


・古代人キャラの名前はまさか……?
サブキャラにはなるんですが、まぁ、古代人(神殿騎士団)と呼ばれる人たちが出てくるんですが、その人たちの名前が……なんか……ガンダム作品で見たことあるような名前がかなり多かったような……?(笑)
いや、ガンダムのキャラなんてシリーズ総勢何百人といるし、それぞれ名前のモチーフとかあるから、モチーフネタが被ったのかもしれないけどさ……
ちょっと「おおふ……」と思ったキャラ名が大半でした(苦笑)


◆で、結局、どんな人向けのゲームなの?
正直、時野みたいな「ロボットアニメ大好き&乙女ゲーム大好き」人間ってこの世に数えられるぐらいしかいない希少種だと思うんですよね(苦笑)
やはり、「ロボットアニメなんて見たことない。どんな作品なんだろう?新鮮!」と感じる乙女向けではないかなと思います。
作品の雰囲気的には「緋色の欠片」チックなので、緋色が好きな人には合うのではないかなと思います。
スタッフブログさんも軽くさら~と読んだけど、「緋色の欠片」っぽい雰囲気を目指したというようなこと書いてあったし。確かにちょっと懐かしさを感じる作風だった。
最近、ミステリー系ばかりやってた時野さんには久々に「世界観に浸る」系だったので、いいタイミングでプレイできたかなと思います。


そんなこんなで色々混乱も起きたわけですがw
ここからは毎回恒例の時野的おちょくりまくりのキャラクター紹介です!(開き直ったな!)
久々にネタバレとかあまり気にせず全開にキャラクターの魅力を書けるからいつも以上におちょくり具合が上がっております。ご注意ください(笑)

まぁ、その前にわかりやすく主要キャラクターが紹介されているゲームオープニングムービーをご覧下さい。
歌はKOKIAですよ~!



イヴ
本作の主人公。
イヴは約3千年間、AIのクレイドルと二人きりで過ごしてきたという、特殊なヒロインなんですよね。無垢すぎる少女というか。一緒にロボには乗りますが、基本守られる系ヒロインです。そして守ってあげたい(笑)
イヴに感情移入するというよりは、イヴを通してストーリーを体験するっという感じですかね。
正直、時野が苦手とするタイプのヒロインですが、上記の通り彼女に感情移入するというよりは俯瞰的にストーリーを見る感じだったので、プレイしててイラっとすることはなかったです(苦笑)
多分、イヴって男の人が好きな「守ってあげたいヒロイン」像そのものな気がしますね。
でも、そんなイヴさんも某ルートでは人間らしい感情むき出しになるのがプレイしてて凄く面白かった。あのイヴさんは好き(笑)


シュド(CV:石川界人)
超正統派ロボットアニメ主人公感(笑)
スラム街で「何でも屋」を営む社長。17歳。病的なほどに人助けをしてしまう性格で、無報酬で仕事を引き受けてしまうこともしばしば。
当然現れたアタルヴァに巻き込まれて古代都市(シェルター)のネオスフィアに辿り着き、イヴと出会う。
さらに軍に追われることになり、ネオスフィアで眠っていた古代ロボット・ティアブレイドに乗り込み、戦うことに……という完全にロボットアニメのお手本のような展開から始まります。
巻き込まれ系主人公ではありますが、それだけで終わらないのがこの作品。なかなか凝った設定があるので、ここは楽しんでいいところかなと。
ちなみに、「ティアブレイドに乗って戦う」とは書きましたが、かなり序盤の方で大きなルート分岐があり、アタルヴァルートに入った場合はアタルヴァがパイロットとなり、シュドはティアブレイドには乗れません。1機しかないし、搭乗者の契約(ロボに認めてもう)が必要なので(笑)ティアブレイド自体はエウレカセブンのニルヴァーシュ感ある設定かな。意思を持つロボみたいな。
といった感じで色んなロボアニメ要素が入ってる作品です(笑)


アタルヴァ(CV:寺島拓篤)
二大メインヒーロー(?)の片割れ。19歳。とある事情からネオスフィアとイヴを探しており、シュドの元を訪れた所、軍に包囲され、結果的にシュドを巻き込む大変迷惑なキャラ(笑)
最初から最後までポンコツという、時野史上最強のポンコツキャラ(゚∀゚)キタコレ!!
いやーいろんな作品でネタキャラというか、ポンコツキャラっているものですが、そんなキャラも自分のルートになったら最後はカッコイイものですが、アタルヴァさんは自分のルートでもブレることなく最後までポンコツでいろんな意味でビックリした(大爆笑)
ある意味最後までポンコツで居続けたアタルヴァさんに愛着が沸いたwこれはいいポンコツw

見た目は頭がよさそうなキャラなのにこのポンコツぷり!(数学や物理学が得意なのですが、それを活かせる展開が来なかったwww実際、序盤の段階で「この場所であなたの能力が活かされることはなさそうです」と断言されてしまってるしなw)
諸事情で生まれた時から屋敷内に軟禁されていたので体力もほぼゼロ。主人公(ヒロイン)以下の体力なので、走ったり、肉体労働するとすぐ音を上げます。さらにドジっ子で高いところから落下したことをきっかけに高所恐怖症になったり、手先が不器用で皆から作業の邪魔扱いまでされる可哀そうな人です。
真面目な意味でもこの人可哀そうな人ですけども。
ポンコツも貫き通すと萌えるんだなぁという新たな萌えジャンルを生み出した気がしなくもない。ポンコツアタルヴァさん好きです(笑)


ヤジュル(CV:近藤隆)
安定のナンパ枠兼裏切り枠!(笑)
ロボットモノに【仲間の裏切り】はつき物ですよね♪
イヴ達によってネオスフィア内の救命装置の中にいるのが発見され、蘇生させられた古代人(=3千年前の人間)。
救命装置の中にいたとはいえ、3千年経っており、完全に死んだ状態だったが、なんとか蘇生に成功。無理矢理蘇生だったこともあり、自身については記憶を失っているが、古代文字が読める貴重な人材。(生体IDを読み取った結果、3千年前は議員だったことが判明するのですが、こんなチャラい議員様がいていいのか、いやいくない!笑)
ナンパ枠と書いたとおり、軽い!チャラい!(笑)男子会を開いて「イヴちゃん可愛いよね談義」を始めたりする、とっても愉快なお兄さんです。
ヤジュルルート、実は結構好きです(笑)いやー私、ヤジュルは刺さらないと思ってたんですが、プレイしてて凄く楽しかったー!ドキドキヒヤヒヤした(笑)
一番「これ、BADEND入っちゃったかな?」とビクビクする展開だったwめっちゃこまめにセーブしたわw無事HAPPYEND迎えられましたけどw
ヤジュルをプレイするに辺り、シュドは絶対に先にクリアしておいた方がいいですね。色々ニヤニヤできるポイントが多かったです。
あと、ヒロイン萌え的な観点で言うと、時野はヤジュルルートのイヴが一番好きです(笑)


ロウ(CV:松岡禎丞)
安定のヤンデレ敵枠(笑)
年季が入ったヤンデレということで、バディコンのビゾンさん味あるよね。中の人、青葉だけど(笑)
まぁ、ヤンデレになっても仕方ないバックボーンがあるのですが。うん、それは病むよね。病まなかったら逆に怖いわってレベルなので。
それこそ、「1万年と2千年前」じゃないけど、「3千年前から愛してるぅぅぅぅ」キャラなのでw3千年想い続ければそりゃ捻じれるわw
替え歌にするなら「イヴのことは3千年前から愛してるぅぅぅぅ~4百年過ぎた頃からもっと恋しくなった~1億と2千年後も愛してるぅぅぅぅ~君を見失ったその日から僕の地獄に想いは絶えない~♪」という感じでしょうかw
まぁ、冗談はさておき。
ロウの生い立ちを話し出すと、ストーリーの凄いネタバレになるのであまり書けませんが、3千年前にイヴと生き別れになってしまい、ずっと探し続けている可哀想な人なんですよ。3千年想い続ければそりゃ捻じれるわw。ですが、根はいい子すぎる奴ですからね。
最後が一番熱い展開なのはやはりロウではないでしょうか。最終戦は胸が熱くなる!
そりゃ、プレイヤーだって、ロウに一番幸せになってほしい、報われてほしいと思いますよ。
ちなみに、そんなキャラなので、人気投票では1位のキャラです。まぁ、でしょうねw
攻略順についてはまた下の方で書きますが、好みはあると思いますが、個人的にはロウは最後にやるのがやはりベストではないかなと思います。色んなキャラの気持ちが詰まった最後になってたので。少なくとも先にヤジュルをプレイしておくことを全力でオススメします(笑)


クレイドル(CV:柿原徹也)
ネオスフィアを管理するAI。
3千年、イブと一緒にいたAIなわけですが、彼も恋愛対象なわけで。
ということで、何が言いたいか、分かるよな?(笑)
終盤、大分岐する選択肢があるのですが、これが本当笑った。そんなのありかよとwww
「あなたが落としたのはこの金の斧?それとも銀の斧?」的なwww
どっちを選んでもHAPPYENDですが、好きな方(あなたの好みな方)の手を取りましょうとだけ言っておきます(笑)
……なぜ、カッキーをキャスティングしたか最後まで謎のキャラでした(笑)いやカッキーの新たな一面というか「こんな演技も出来るぜ」的な意味では面白いけど。でも、コドリアのフランほどのインパクトはなかったしなー。あの衝撃が凄かったので、今回はそこまで驚かなかったw彼の良さはやはり「息多めキャラ」で活かされると思うんだ(苦笑)
いやでも、クレイドル面白かったです。


ということで、以上5名が攻略対象キャラです。


さて、攻略順についてですが。
序盤はシュドとアタルヴァがメインとなり、敵軍と戦うことになります。攻略制限もあるようで、最初はこの二人しか攻略できない・・・はず?まぁ、ストーリー的にこの二人から攻略するのがベストです。時野はアタルヴァからプレイしました。

シュドはあまりにも正統派主人公すぎたので、「王道ロボットアニメ」及び「戦闘系乙女ゲーム」の両方履修済みの時野さんはあえてトリッキーな方からやりました。
初心者は無難にシュドからやるといいと思います。
とはいえ、シュドルートは色々と情報量も多いので、先にアタルヴァをやるのも悪くないと思います。ストーリーの核があまりブレないので感情移入しやすいし、世界観を理解しやすいかなと。
(シュドは私からしたら「ロボモノ的にも乙女ゲー的にもお約束お約束w」だったけど、どちらかの要素に初めて接する人には「情報量多すぎて理解しきれない!」となりかねないので)
まぁ、↓にもありますが、好きな方からやれっという話ですね。

公式推奨の攻略順は以下の通り(スタッフブログより抜粋)
----------------------------------------------------------------
今回はわざわざ攻略制限まで設けているので、
特に気にせずやりたい順番でやって問題ありません。

......ただ、「好きなキャラが最優先」というわけでない場合、
本作の謎を溜めるだけためて一気に解きほぐしていくコースとしては、

・シュド、アタルヴァの2人を先にクリア
 1周目は当然共通ルートも初体験になるので、
 【必ず】好きな方からクリアしましょう。

・残り3人で一番気になるキャラを一番最後に回す
 ヤジュルの場合 :ロウ→クレイドル→ヤジュル
 ロウの場合   :ヤジュル→クレイドル→ロウ
 クレイドルの場合:ヤジュル→ロウ→クレイドル

・最後にトゥルーエンド

でしょうか。
しかし唯一例外として、クレイドルが好きで、
彼のためならば先に何人かクリアする手間も厭わない方は、

アタルヴァ→(アタルヴァクリアで解放のキャラ)→クレイドル→シュド

敢えてこの順でプレイしてみるのも一興かもしれません。

あとそれと、トゥルーエンドについてなのですが、
特に攻略キャラの誰かがメインになるということはないので、
(まぁ、突入はシュドルート中盤からの派生になりますが)
そのあたり気にする方はご安心を。
----------------------------------------------------------------
とのことです。

時野は【アタルヴァ⇒シュドをやろうとして途中でロウルートに入ってることに気づいて途中からやり直し(苦笑)⇒シュド⇒ヤジュル⇒クレイドル⇒ロウ⇒TRUEEND(大団円)】でやりました(笑)
2人目の時、「いやーさっきからシュドが全く出てこなくなってしまったな……そろそろセーブでもするか……と思ったらこれロウルート入ってるやんけ!!!しかも大分前に突入しちゃってるやんけぇぇぇ!!」ってなりましたw(セーブする時、今が誰ルートなのか分かるので)
どうりでやけにロウさんの回想長いなと思ったけど、敵役だし、アタルヴァルートでもロウは結構出てきたし、そんなもんかと思ってたらやられてたwww

で、時野さんの好きなキャラは誰かって?
正直、ストーリーを追ってる感が強くてあまり「このキャラクターにドキドキしたぁ!」というのはなかったんですが、強いて言えば、アタルヴァかな……?
というのも、HAPPYEND全部見終わった時は「みんな良かったな。強いて言えばアタルヴァはポンコツで可愛い」ぐらいの感じだったんだけど、この作品、ハッピーの他にTRAGICEND(悲劇エンド)というのが存在するんですよ。(一人だけ、さらにBADENDもある)
アタルヴァの悲劇エンドがなかなか精神的にエグくて、でも凄いたまらんエンドで好きです(苦笑)こーゆー展開待ってた感ハンパない!
本当に「悲劇」だなぁ、感。BADではないけど、彼らの心情考えたら完全にBADなんだよな……。最後のセリフが辛いけど凄い好き。アタルヴァが一番恐れてたことだけど、イヴのことを考えてそれを言うっていうアタルヴァの優しさが滲み出てて好きです。
この悲劇エンドの続きはちょっと見てみたいわ!(何)もちろん、ハッピーエンドの方が好きですよ?
あと、ヤジュルに関しては、ヤジュルにとってハッピーエンドがもうミラクルエンドみたいなもので、悲劇エンドでも彼にとっては十分ハッピーエンドな気がします(笑)


◆シナリオ(※結構辛口注意)
ストーリー展開自体はなかなかよくできてたし、面白かったんですが、これ、あまり書くとライターさん批判になってしまうかなぁと思ってしまうが、ちょっとこれだけは言わせてほしいなーという点が。
私もブログで紹介する以上、興味をもってプレイしてくれた読者の人をガッカリさせてはいけないという責任もありますので。正直に書くよ。

乙女ゲーム、特に「オトメイト」(メーカー)の製作スタイルって、これまで色々なインタビュー記事を見る限り、ディレクターさんが企画を考え・作品の骨子を作っているようなんですよね。で、その骨子に具体的に文章をつけて肉付けするのがシナリオライターさんなんですよね。(もちろん二人でディスカッションして企画案を変更・再構築していくわけですが。まぁ、今回、EDのスタッフロールを見る限り、ディレクターさんがメインシナリオ書いてたのかな?)

でだ、以前の乙女ゲームの記事で「音声付き小説と思えばいい」と書いたと思うんですが、正直言うと、展開は面白いが、小説としての体をなしていないというか……せっかくいい展開なのに、文章で興ざめしてしまった感があるんですよね。

ノベルゲーム。ましてや今回はロボットモノというファンタジー全開の作品。
いかにプレイヤー(読者)を作品世界に引き込むかが鍵じゃないですか。
時野的に、世界観に入り込めなかった要因が二つほどあったんですよね。

要因①文字のフォントサイズ変更での表現とその多用
今回、ロボットで戦うわけですから、衝撃を受けたりした時などはやはり「うわあああ」みたいな叫びが増えるじゃないですか。
で、これ、小説としては一番やっちゃいけないのが、大声の時に、通常より大きいフォントサイズで
「うわあああ」
とかやっちゃう奴だと思うんですよね。興ざめというか。
私もあまたのノベルゲームやってきたけど、フォント大きくするのは初めてお目にかかったよ。(最近のラノベでは多いらしいが)
それだけで稚拙感が出てしまうというか。ゲンナリしちゃったんですよね。一気に現実に戻ってきた感w
そもそも「音声付き小説」だと言った通り、その叫び声にはボイスがついているわけですよ。
声優さんはプロですから、「うわああああ」という文章に対し、情感をもって「うぅわああああぁぁっぁぁぁぁぁぁ」という感じで文字に起こせないくらい悲痛さだったり衝撃とかを声で表現してくれているわけだから。わざわざ文字で表現しなくていいからと思いました。漫画じゃないんだし。まぁラノベなら音声がないからそんな表現もありなのかもだが、これ、ボイス付きゲームなんで。
逆に声優さんのいい演技が文章で潰されてしまった感すらあったり。
それが、凄い重要なシーンで「ここぞ!」という所で使われるなら「おお!?」と思うかもしれないんですが、大声のシーン全部でやられたら本当興ざめですよ。しかもギャグシーン・シリアスシーン問わず全部やぞ。


要因②物語の語り部(視点)がコロコロ変わる&今誰目線なのかが分かりづらい
これが本作シナリオの最大のダメな所だと思うのですが。
まずですね、乙女ゲームを好む人って大きく分けて2種類のタイプに分けられると思います。

1.主人公(ヒロイン)に自分を投影するタイプ。主人公=プレイヤー。甘いささやきはプレイヤーにしてくれていると思うタイプ。このタイプの場合でも主人公の名前を変えない人も多いが、名前を変える(自分の名前にする)人は間違いなくこっちです。

2.主人公とその相手の恋愛模様を第三者目線で楽しむタイプ。通称:悦子タイプ(時野が勝手に呼んでるだけですw)

時野は後者の悦子タイプですw家政婦は見たでいいんです。仲人さんっていえばいいのかな?あとはお若い二人でススス~と出て行きながら障子の穴から覗く感じで(爆)

でだ。2はまだしも1のタイプの場合。主人公は自分なのですから、基本、物語の語り部(目線)は主人公でなければならないと思うんですよね。大体の乙女ゲームは主人公がいる(見た)範囲で話が進みます。
もちろん、主人公が知りえないやりとり(今回でいえば、敵軍内のやりとり)を描く必要があるときは、「今はこのキャラクター目線の話ですよ」を明確にする必要があると思うんです。
この「視点の切り替え」が上手くできてる例を挙げると、サスペンス乙女ゲーである「カラーマリス」とかは明確に分かるように演出を工夫していました。他の作品も極力主人公視点から逸らさない。逸らしても誰目線なのかすぐ分かるような文体にしています。
それが本作では、コロコロ視点が変わる上に、今誰目線なのかが、かなり読み進めないと分からないという。

あえて視点が誰か分からなくしてミスリードを起こさせる手法というのもあるし、特にミステリー系では使われる手法ですが(「黒蝶のサイケデリカ」はこの手法を上手く取り入れていたと思う)、本作はそーゆー手法を使ってるわけでもなく、単純に文章の力量の問題かなと思いました(苦笑)
時野は「2タイプ」の人だからついていけたけど、「1タイプ」の人にはキッツイといか興ざめポイントになるんじゃないかなと。

せっかくメカがカッコイイ、ストーリー展開も悪くない、声優陣も豪華なのに、文章で台無しにしているにもほどがあるだろうとw
辛口評価せざるを得なかったです。ここを書かないで「面白かった」なんてブログに書けませんよ。

まぁ、全体的には「乙女ゲームでロボットものをやってみようというチャレンジ精神は面白いし、ロボットの王道を行く展開で悪くなかった」という印象ですね。
時野さんは「めっちゃ王道だなw」と思ったし、故に展開も大体読めちゃってましたけど、大抵の乙女ゲームプレイヤーはロボットアニメなんて見てませんから。凄く新鮮に映ったんではないでしょうか。友人も「ついていくの大変だったけど、新鮮で面白かった」と言っていましたし。

逆に時野は「この展開はあの作品っぽいw」とかメタい視点で楽しめたし。すべてが異色な乙女ゲームなので、今後もたまにはロボット乙女ゲーム作ってほしいなと思いました。

当時のスタッフブログも軽く読みましたが「当初は宇宙戦争ものにしようとしたが、いくらなんでもそれだと乙女はついていけないだろうと思ってボツにした」と書かれてて吹いたw
確かに、そんなガッチガチの奴が来て喜ぶのは時野みたいな希少種だけだわなwでも個人的にはやってみたいがw
もっと敵味方ガチバトル(ヒロインも戦う系)で、鉄板の敵キャラと無人島漂着で禁断の恋に落ちる系やってほしいわ。それこそ乙女ゲームの本領発揮でしょ!(笑)

そんなこんなで、「悠久のティアブレイド-Lost Chronicle-」感想でした。
一応続編(ファンディスク)もあるので、やってみようかな?

ま、ひとまずはシャレマニ2巡目攻略に戻りまーす(笑)
次は満を持してトモセ君や!


以上、長すぎるゲーム感想記事でした!
実は一人一人クリアするたびにWordに下書き書き足していたので、結果凄い長さになってしまった。
だって他のロボットアニメの話とか、乙女ゲーマーの友人に話しても通じないじゃん!誰にも分かってもらえないからせめてブログで吐き出したかったんだ!(苦笑)
最後までお付き合いありがとうございました!(読んでる人がいるかは謎だが)

最後にPVも置いておきます。
1:18~のロウさん(CV:松岡)の狂気っぷりをご堪能下さい(笑)



言っておくが、このセリフはかなり序盤に出てくるセリフですからね。最初からフルスロットルすぎる。
何度も書くが、彼が人気投票1位のキャラですよ(笑)

PageTop

長義さんへの燃料投下が凄い

刀剣乱舞公式がまた凄い燃料投下してきたな。

政府から派遣された監査官こと山姥切長義さん。
監査官スタイル時はオールバックだったことが判明し、長義沼を殺しに掛かってる件。

オールバック+黒の目マスク+フードマントとか・・・・・・
カンカサン、持てる者こそ与えすぎでは・・・・・(語彙力喪失)

今丁度、その長義を手に入れるイベント「第二回聚楽弟」が開催中ですが、すでに長義君がいる本丸にもカンサカンが現れたのには笑ったわwコスプレ?コスプレ??政府命令でコスプレしてくれたの??くそぉ、近侍を長義にしておけばよかったと後悔した。ちなみに、その時の近侍は【極】国広(乱舞レベルMAX)の方でした(笑)

山姥切国広「催し物の知らせだそうだ」
山姥切長義「聚楽弟で待つ」
こんのすけ「すでに調査は終了しています」

なんのコントやこれw
これは文久土佐藩の時はまた肥前君も来てくれるフラグかな(笑)
南海先生は顕現したてみたいなセリフがありましたが、長義君と肥前君は政府で一緒に働いていたのかなとか思うとドキがムネムネしますねぇ。

ちなみに、前回は確定報酬で長義君を入手して以降、「どうせ稀ドロなんてしないし。むしろこのマップで安全レベリングするわ!」と開き直ってたので、今回は運が良ければ10周確定報酬の長義君が手に入りそうで嬉しいです。
せめて、乱舞レベル2にはしたいんじゃ!長義君を突きまくりたいんじゃぁぁぁ!(ヲイ)

ふう、欲望が漏れ出てしまった。
いやーオールバックは反則ですわ・・・・・・

PageTop

本編の後に泣かせると(驚)

「パーフェクトワールド」最終回。
まさか最後のテロップメッセージでやられるとは思わなかった・・・・・・

ストーリーは期待通りいい話だったなーて思って見終えようとしたその時ですよ。
最後の提供画面時の番組からのお知らせテロップで

「いつかこのドラマが、ただのありふれたラブストーリーになりますように」

で堪えてた涙崩壊した。
本編で泣かなかったのにこれで泣くとかマジか・・・・・・

正直、中盤以降は見てて辛いというか。まぁ、ある意味リアルである意味で非リアルな展開だったし、最後は王道の王道ではありましたが、やっぱり最後まで見てて良かったなと思ったな。
て感想で終わるところだったのがこのテロップでやられた。

なんか、原作漫画を読んだ時も思ったけど、やっぱり知らないことが多かったというか、勉強になることが凄く多かった作品でした。考えさせられるシーンも多かった。
イメージ通りの二人に演じてもらえたし、最後まで見て本当に良かったです。
いいドラマを作ってくれてありがとうございました。
本当、いつか「うわーベタなラブストーリーだなー」と思われるぐらい当たり前の世の中になりたいですね。

PageTop

発表から3年、ようやく発売情報が!

うたプリ9周年おめでとうございます。
9年・・・・・・アニメ1000%ですら8年前だという・・・・・・ガクブル。

そして、発表から3年の時を経て、ようやく発売情報が来ましたね。

「うたの☆プリンスさまっ♪Dolce Vita」
⇒当時の記事はコチラ

当初はPSVitaで発売予定だったけど、ニンテンドースイッチで出しますとのこと。
私も本当先週ぐらいにふと「そういえば、PSVitaの生産終了しちゃったけど、うたプリの新作ゲームはもうポシャったのかな。アプリゲーで行くのかな」と考えてた所にこの発表が来たのでさすがにタイミングにビックリしたわ(笑)

上記の3年前に発表された時の記事で「気長に待ちましょう」と書いてたけど、本当に長かったな!
まぁ、仕方ないよね。ソニー様が後続機出してくれないって言うんだから。
オトメイト(現在の乙女ゲーム最大手)が昨年からスイッチに舵切ったので、今後の乙女ゲームは各社スイッチで出していくんでしょうね。それかコンシューマを諦めてスマホアプリ化が加速するかなのかな。
オトメイトさんの開発速度が異常なだけで、本来のゲーム会社だったらそう簡単にVitaで作ってたゲームを即スイッチに移植展開なんて出来ないよね。企業体力違いすぎるから。ブロッコリー頑張ったな・・・・・・
でも、まだ、「作ってるよー」報告だしな・・・3年前から進歩してないからね。また3年しないうちにスイッチ撤退でおじゃんになる可能性も微レ存・・・?さて、いつ発売されるのかね・・・確実にうたプリ10周年は超えるなw

ということで、HE★VENSの3人がアニメに登場したのが2013年の2000%。
7人になったのが2015年のマジレボ。満を持して、7人が攻略できるゲームが出るのね・・・・・・

しかし、公式サイトに妙なことが書いてあるのですが・・・
「うたの☆プリンスさまっ♪ゲームシリーズ初の恋愛シミュレーションです。」

初の恋愛シミュレーション・・・?
ん?つまり公式的にも「今までのは乙女ゲームじゃなかったよー」ってことなの!?(大爆笑)
何かの誤植だと思うけど、つまりこれまでスターリッシュやカルテットナイト、日向先生・林檎先生、果てはシャイニング早乙女を攻略したつもりでいたけど攻略できていなかったと!?今までのはギャグゲームだったと認めちゃったってことですか!?(爆)
リピートのセシルさんルートはマジで乙女ゲームじゃなくてRPGだったと思ってますけど(コラ)
スカートめくーり真斗の破壊力すごかったよね。まぁ、真斗さんは自ルートでも早乙女メロンパン戦争とかしてたけど。
いやー誤植ですよね・・・?ちょっと二度見してしまった。

那月ルートと藍ちゃんルートで大号泣した時野の涙を返せよ!(笑)
蘭丸の「デビューおめでとう」を無限再生した私の思い出がぁぁぁ!!(笑)

そんなわけで、新作ゲームがようやく出るようです。
ヘブンズ推しの皆さんお待ちかねですね。・・・・・・いやまだ、彼らが出てくるってだけで、攻略できる確証はないけど。
「早く綺羅を攻略させろ!」と叫んでから早6年・・・・・・長かったな・・・・・・長かったよ・・・・・・


まぁ、スイッチまだ買ってないんですけどね。
気になるゲームが来年スイッチから発売なので、それまでには買ってるとは思うけど。
PSP⇒PSVitaになった時は、グラフィックがかなり向上して「買って本当に良かったー!」と感動したモノだけど、正直、乙女ゲームの場合はVitaの機能で十分だからさ・・・スイッチ買えって言われても・・・・・・ってのが本音なんだよね。メリット皆無なんだもん・・・まぁ、生産終了しちゃったんだから仕方ないんだけどさ。

とりあえず、まだ開発続行してたのには驚いたw
もうシャニライでお茶を濁すつもりなのかと思ってたよ。あとはグッズ&キャラソンでコンテンツ継続させるのかなーって。ゲーム作る気があったことにビックリしたし、誤解しててごめんねって思いました。すみません。

とまぁ、うたプリなんでね。今度はどんなギャグ&涙を誘ってくれるのか。
正直、ストーリーは毎回「おいおい」とツッコミ入れながらプレイしてますからね。でもうっかりキュンとしたり泣いたりしちゃう。押さえるところは押さえるから結局プレイしちゃうんですよね。
新作楽しみです。

PageTop

2019春の癒やしアニメだった

「真夜中のオカルト公務員」
最終回迎えましたねー。

なんか、OP映像が物騒だったのでどんなアニメなのかとドキドキしてたが、蓋を開けたらほっこり(?)日常系アニメでしたね(話は非日常ですが!笑)

続き(未放送話)はOVAとか、最近はあまり見かけないパターンもなんか驚いたわw最終話にオマケ1話ではなく、OVAなんだな。人気があるエピソードとかなんだろうか・・・・・・

なんかこう構えず見られるというか。安心して見れる癒やしアニメでした。
あと、新宿区内が舞台ということで、個人的には知ってる風景がいっぱい出てきて楽しかったですね。
一時期、新宿の職場にいた+外回りしてたので(笑)
新宿駅周辺もですけど、神楽坂辺りもよく行きましたよ。懐かしいなーと思って見てたw
取材協力の所に東京都の名前もあるし、背景は結構忠実でしたよね。
「また見てね」カットとか毎週楽しみにしてたw

声優陣も豪華でしたね。
そして「爽やかな櫻井を見たら怪しめ」を地で行く展開でワロタw知ってたよ。

最終回も「なぜこれを最終回に持ってきたw」と思うぐらい平和なストーリーでしたね。
むしろ今までで一番平和な回だったのかもしれない。最後までほっこりでした。
あと年齢逆転した榊姉弟の進路相談面談のシーンワロタw仕事で聞き込みする時はあんなに流暢に話す元ホストがなんかお見合いみたいな状態になってるの面白すぎるだろwww何言ってんだ、コイツwww
そしてスマホを使いこなしてるお姉ちゃんさすが現役女子高生だなwいや彼女のリアル女子高生時代にもガラケーないしPHS、最低でもポケベルはあっただろうけど。順応力高いぜ、さすがだぜ。

毎回、クスっと笑えるアニメでした。
今期は時野的不作シーズンだった分、オカルト公務員にめっちゃ癒やされてた感あるわ。今期のアニメで本当に良かった。毎週の楽しみを残してくれてありがとう。面白かったです。

PageTop

朝からめでたい!

朝からほっこりするニュース来ましたねー!
私、あまりブログでは声優さんの結婚云々の話は書かんのだけど、これは朝から嬉しい気持ちになったので。

梶君&竹達、結婚おめでとうー!

しかも今日は竹達の30歳の誕生日とか。誕生日おめでとう!今夜はお肉食べようかな(笑)
とにかくおめでたいニュースのお陰で眠気が吹っ飛んだわ。
久々にめがっさ大物声優同士来たな・・・・・・意外だったけどお似合いだなーとも思った。時野的には好きな二人なので凄く嬉しいんだなぁ。
とはいえ、二人ともガチ恋勢が多い声優さんなのが心配ですが。おまいら息してるか・・・?

最近は本当、声優さんも堂々と結婚報告できるようになって良かったねーと思いますね。
それだけファンとの距離も近くなったからというのもあるかもしれないけど。
でも一昔前は「公表したら人気が下がりそうだから黙っておこう」というのが暗黙の了解みたいな業界でしたよね。

それに一石を投じたのが、当時人気絶頂だった宮野真守だよなぁと思う今日この頃。
あの時は凄かったよね・・・・・・ツイッターは今ほど普及はしてなかった気がするけど、ニュース記事のコメントとか読んでて恐ろしかったもんな・・・・・・結婚だけじゃなかったのもあったけど。
当時一緒にラジオやってた朴姉さんが凄く優しかったというか、気遣ってくれたのを今でも覚えてる。
確かに一時期人気は下がったけど、現在の活躍ぶりをみればね。努力と実力で跳ね返した凄い人だよなぁと思う。

で、そんな宮野騒動があったから、やっぱりその後も公表する声優さんは少なかったんだけど、そこで堂々と発表し、皆から祝福されて、業界の流れを変えたのが鈴村健一・坂本真綾夫妻だなと思う。
堂々と公表し、むしろ惚気芸まで会得したからね・・・・・・。
と、順調そうに見えて、二人がお付き合いしているという噂が流れたのは結婚する数年前。5年以上前とかだったよね。(あまり声優ゴシップを追いかけない私の耳にすら入ってきていたぐらいですからね)
噂が立った時とか、映画の舞台挨拶に主役二人ででるはずが、片方欠席になったり、色々あったと聞いてる。
結婚翌年には事務所独立。それだけ準備に時間を掛けて発表したんだよなぁと思うと、この人達も凄いなぁと思う。

ここから声優さんもポツポツと堂々と結婚を発表する流れになってきたなと思う。

で、決定打になったのは、「某超人気声優が実は結婚してた」週刊誌すっぱ抜き事件でしょうね(苦笑)
本人もラジオで「写真写りどうにかならなかったの!」と逆にネタにしてたけど、あれは可哀想だよ。しかも結婚した時期的に「宮野結婚~鈴村結婚」の間だしな。当時の彼の人気考えたら公表できないよな。
そんな目に遭うくらいなら堂々と公表しようてなるよね。
だからこそ、最近はみんな堂々と発表するのかなと思う、今日この頃。
先日の、ふたりでもじゃもじゃいじってるのもめがっさほっこりしたわw
なもんで、結婚発表があるたびに「おめでとうー!」と思うと同時に「こーゆー業界の流れになるにはあの3人がいたからなんだろうなぁ」と感慨深い気持ちにもなったりしますね(笑)

ファン的にはお祝いできるので、公表してくれた方が嬉しいんですけどね。
いやはや、本当朝からめでたい!お二人とも、どうぞお幸せにー!

PageTop

明青学園1年生エースの宿命

MIX最新話感想。

……明青学園1年生エースはなんか呪われるとかあるんですか?(震)

上杉和也⇒都大会決勝に向かう道中、車にはねられ亡くなる。
澤井ケイイチ⇒準々決勝で靱帯断裂。数年後、早くして亡くなる。

めっちゃ呪われてるやんけ!
投馬がエース背番号になるかは分からないが、1年生で「1」をつけたら死亡フラグだぞ、全力で回避しろよ(苦笑)
とか思った、走一郎&音美パパン回でした。

そして明青学園の初戦の相手は旧須見工と。過去映像で「新田」て名前見ただけでちょっとグッときた。新田兄妹は出てこないんですかね。

明青学園怖ぇぇぇぇっと思った最新話でした。

PageTop

QN LIVE FUTURE2018 円盤感想

待ってました!

うたの☆プリンスさまっ♪
QUARTET NIGHT LIVE FUTURE 2018


ライブBD観ました!!(興奮)
カルナイ単独ライブ2ndステージ!
神戸開催ということで、うたプリ初の関東圏を飛び出したライブ!

キャパ自体は国際フォーラムとあまり変わらないと言っていましたが、やはりセンターステージがあるだけでパフォーマンスのバリエーション広がるので観ててすごく楽しかった!
1stの時にも本人達が言ってたけど、広いステージでも結局4人が寄ってきちゃうからこれぐらいこじんまりしてる感じがカルナイの良さが出てて観てて非常に楽しかったです。
さすがに国際フォーラムは窮屈感あったけど、今回の会場はセンターステージやトロッコもあるし、丁度いいキャパじゃないかな。どうせ会場には行けないんだから!(チケット倍率的な意味でw)
むしろライビュしてくれるから好きです。まぁ、今回は日程的に時野はライビュすら行けなかったわけだが。

今回初披露の「FLY TO THE FUTURE」が熱すぎて。
CD音源とは比較にならないくらい素晴らしい。聞き飽きるぐらい聞いた大好きな曲ですが、ライブで聞いたらまた聞きたくなったよ。やっぱいい曲だよね。
そして3度目の披露となる「God's S.T.A.R.」はもうクオリティが恐ろしいことになってる。プリライ6thステージで「アニメ完全再現だよ」と思ったけど、さらに完成度上げてきたていう。もはや怖いの域。

本当、1stの時も思ったけど、カルナイがこの4人で良かった。この4人が演じてくれて本当に良かったと思いますよね。
昨今、男性アイドルアニメが流行っており、各地でライブやってますけど、ここまで本気でやってくれる作品・ユニットは他にいないと思います。いつも言ってるけど、この人達本職のアイドルじゃないから!声優だから!

特典映像でオーディオコメンタリーや座談会がついてきますが、リハの話が壮絶すぎる。
確かに今回は複雑なフォーメーション多かった。4人揃ったリハはたったの1回とかマジ凄いわ。
何度も言うけど本職のアイドルじゃないから。通常のアフレコetcの仕事やりながらですからね。3人は個人のライブもあるし、前野は毎週末何かしらのイベント出てませんか?って勢いだし(笑)

バックステージ映像も今回は凄い面白かった。
「BE PROUD」で熱唱しすぎてフラフラになって帰って来たたっつんを見て、「この曲バラードだけど凄い大変な曲なんですよ!」と熱く解説してくれる蒼井君が天使すぎて画面の前でこっちが酸欠になった(笑)

そしてアンコール恒例の前野のカミュパーカー&指輪ライトですがw(歴代の指輪&腕ライトを全部つけてくる)
さすがにライブ回数重ねすぎて、指が凄いことになっているんですがwwwwww
ゴッツゴツのピッカピカや・・・!
いつか10本の指で足りなくなる日が来てくれたら最高ですね。
パーカーもちょっと年季入ってきた感好き(笑)


うたプリの劇場版の公開も始まりましたね。
予告編から察してたけど、ストーリーというよりは全編ライブ感な感じっぽいですね。
見に行けるか怪しいが、時間を見つけて行ってくるかなー。

以上、カルナイ単独ライブミニ感想でした。

PageTop

千葉県民にだけ許された6月の祝日が

もはや時野さんには関係ない話だが、
やはり今でもカレンダー見るとつい気になってしまう6月15日。
本日6月15日は千葉県民の日!本来は公立学校や千葉の行政機関はお休みになる日なのですが、今年は土曜日なんですね。可哀想・・・・・・
祝日がない6月にあって、千葉県民にだけに許された祝日、それが千葉県民の日。
千葉県民がこぞってネズミーランドに行く日なのに土曜日。どう考えても振替休日はないですからね・・・まぁ、GWは10連休だったしね・・・強く生きろ千葉県民達よ(笑)

ちなみに、県民の日は大体どの都道府県にもあるそうですが、その日がお休みになるケースって少ないそうですね。
関東圏は大体休みみたいですけど・・・?東京の私立に通ってた友達は10月に「都民の日だから学校休みだー!」て言ってたし。

どうでもいいですが、少し前に話題になった「翔んで埼玉」ですが。時野さんはFateHF&刀剣乱舞を見に行ったときに劇場予告見ました。
ちなみに、HFととうらぶの映画は実家に帰ったついでに見たので、実は千葉の映画館で見てたんですよ。
なんで、「翔んで埼玉」の予告が流れたときの観客の反応が面白かったというかw
多分、埼玉県民と千葉県民とその他都道府県民では楽しみ方というか見方が違うんだろうなと思ったものですw多分、笑いのツボが違うと思う。
結局、映画館には見に行けなかったんですが(見に行くなら都内の劇場ではなく私の場合は千葉の劇場の方がいいと思ったので)、予定外なことが起きて見に行けなかったんですよねー。
TV放送やってくれたら見ようかなと思ってます。

埼玉VS千葉の仁義なきプライドバトル。まぁ、お互いディスり合うのも、お互いライバルとして認めているというか。嫌悪感とかはない(はず)ですから。東京・神奈川には敵わない。でもNo.3の座は譲らない!っていうねwそこで切磋琢磨してる好敵手なんです。なんだかんだで時野は埼玉好きですよ(笑)
まぁ、神奈川も横浜・湘南・鎌倉が凄いだけで、他のエリアはどっこいどっこいだろとは思ってるけど・・・(コラ)そうじゃないなら、「横浜(周辺)出身です」ではなく堂々と「神奈川出身です」て言ってみろよと常々思ってる千葉民です。

あと、千葉県民は「埼玉より劣ってるじゃん」とか言われるのは笑って流せるが、「ちばらき(千葉+茨城)」とセットにされるとキレますので、「ちばらき」はNGワードです、宜しくお願いします。(ごめんね、茨城県民の方)
ちなみに、茨城・栃木・群馬は北関東紛争というのもありますので。ここら辺も「翔んで埼玉」で描かれているとかなんとか?とにかく首都東京が近いが故のくだらないプライドがあるんですよ、周辺県には(苦笑)

でも、埼玉さんは「大宮VS浦和」という内紛もあるそうでw大変そうですねーw
千葉はさすがに内紛はないかな。まぁ、千葉は元々3つの国が合わさってできた所だから、それぞれ特色はあるし、文化が大きく違うんですけどね(苦笑)下総・上総はまぁ、都内通勤圏だから大体同じですが、安房(房総半島)はもう千葉県民も観光に行くぐらい違うからな。片道数時間。成田から飛行機使えば那覇や札幌の方が近いぐらいなわけで。バラエティに富んでいるのが海あり県の特色です。

ちなみに、千葉県民が自分の住んでいる場所を示すとき、ここ10年ぐらいで「チーバ君の●●の辺り」という言葉を使うようになりましたwチーバ君は本当よくできてるわw正面向かれると怖いからぬいぐるみ向きじゃないけど、横向きは本当素晴らしいの限りwちなみにチーバ君をデザインしたのは「Suica(JR東日本の交通カード)のペンギン」をデザインした方ですよ。
本当は「千葉国体」用に用意したキャラだけど、それが千葉県の形をしたキャラクターだった故に千葉県民に愛されて今はご当地キャラになったものです。

そんな郷土愛を思い起こさせる千葉県民の日でした。
6月の祝日の有り難みをヒシヒシ感じる都内勤務の社会人です。

PageTop

2019春アニメやっと追いついた!

6月ですねー
春アニメも佳境ですが、昨晩ようやく全作品最新話に追いついたぜ・・・・・・!

年末のランキング予想のヒントになると思いますが、今期面白いなと思ってるのは「この音とまれ!」と「真夜中のオカルト公務員」ですかね。この2作品は「めちゃくちゃ面白い!!」というタイプの作品ではないですが、毎週「見てて気持ちがいい」とか「どうなるんだろう?」とかがあって安心して楽しめてるかな。
ワンパンマン、文スト、MIXは1期(2期・過去作品)は見てるから、今期もお付き合いするか・・・感が強い(苦笑)

まぁ、MIXはやはり高校生編に入って面白くなったかなとは思いますが。
投馬と春夏が3歳の時に会ってると知って「負けた」と思ってる走一郎&音美ガチ兄妹組w
しかし、今回のメイン4人の名前の安直さw投馬と走一郎もたいがいだが、春夏(ハルカ)ってwどんだけ甲子園行きたい名前なんだよ監督www

あ、ちなみに、今週のコナンは見ましたよ!
ああ、それで、この間、探偵回SP放送してたんですねwめっちゃ懐かしいなーと楽しんでたけど、楽しんでる場合じゃなかったんですねw

あとは・・・
この音とまれは青春アニメの皮を被った少女漫画で好きです(笑)
基本は青春物+少女漫画要素っという感じですが、その+αされた少女漫画要素がベッタベタの王道なのがいいですなw昔懐かしの王道すぎなところが面白い。いいぞ、もっとやれ。

オカルト公務員も毎回クスっとする部分があるし、結構面白い。
そして何より主人公がCV福山潤なところですよ。なんですか、この15年前の福山潤な感じ!(笑)
ルルーシュを演じる前の福山感!懐かしい。懐かしすぎる!!
昨今はルルーシュ以降のイメージが強くて、悪役だったり、謎の人物役が多いですが、昔の福山潤と言ったら好青年(少年)役だったじゃないですか。巌窟王のアルベールとか。あんな感じのキャラが多かったですよね。
ラノベアニメブームが来たのはコードギアスの後だったと思いますが、時期がかみ合ってたらラノベ主人公王になってそうだなと思った(笑)
ちょっと年季が入ってきた声優オタク的には非常に楽しいです、このキャスティング。

あと、時期的に最近、「シャレマニ」をプレイしてる時野さんには、女子高生事件の時は「ちょとまってくれよw」みたいなクスクス感があった(笑)
体の機能を奪う・・・声・・・片足・・・腕・・・目と来たかwwwそしてCV前野wwwやめてwwwww
って思った。いや、見る直前までゲームやってたら引っ張られるよね。部位が部位だったのでついw
私にゲームを薦めた猫子さんに言ったら「確かにwww」と笑われました。
以上、くだらないネタでした。


夏のアニメが楽しみです。(えぇ・・・)

PageTop

改めて見るとよく分かるFate/Zero

やっぱり面白いなこれ。
Abemaさんで、「Fate/Zero」一挙配信始まりましたね!
水曜日まで1~5話が無料配信中のようです。6話以降も無料配信やってくれるのかな・・・?
7月からの「ロード・エルメロイⅡ世の事件簿」に合わせての配信だと思うので、やってくれそうだと思ってるんですが。

改めて第1話(1時間SP)見ましたけど、今だからこそ理解できるなと思いました。
正直、リアルタイムで見てた頃の時野さんは・・・
「Fateってマスターがサーヴァントという英霊を召喚して戦う作品だったよな。セイバーとアーチャーとえーと・・・」みたいなうろ覚えな感じで見てましたからね。
初代SNアニメは流し見状態だったので、時野さんがちゃんと真剣に見たFateシリーズはZeroです。だから当時はよく分からなかったことがUBWやHFを見ている今となっては「ああ、なるほど」と思えるシーン、セリフが満載ですね。

一応、放送当時の奴はディスクに焼いてますが、ダビングに失敗して、「12話⇒11話⇒10話」と逆話数再生される仕様になってしまったので、見返すのがキツくて全然見てなかったですね。なので凄い久々に見た。
あと、配信ってことは・・・・・・規制解除版なのかな?主に龍之介さんのせいで色々規制入ってましたよね。昔、ニコ生で配信された奴は規制なし版でしたけど。さてはて。

改めて見ると、綺礼さんは最初は本当は綺麗だったんですね。いや、途中で変わっていったのは覚えてたけど、第一話はこんなんだったっけっと。
色々記憶が曖昧なので、今回のZero配信が嬉しいです。少なくともUBW見た後にZeroは見てなかったので。やっとちゃんとZeroも理解できる感(笑)

しかし、あんな可愛かったウェイバー君があーなるのは反則だよな(苦笑)
エルメロイⅡ世の宣伝の為の配信だし、このエピソードは必須なんだけど、ギャップが凄すぎませんかw

友人のSちゃんは旦那さん(平成最後に結婚しましたw)の影響で割と最近Fateデビューしたらしいんですが、やっぱりみんな切嗣が好きなんだなとw私も好きだけどさ・・・!

ちなみにSちゃんに「私は雁夜おじさんとケイネス先生が好きなんだよ!変人好きで悪いか!うわぁぁぁあん」と泣いたら「ケイネス先生はまだしもw雁夜おじさんは私も好きだよ、安心しろ」と慰められました。ありがとう。
まぁ、ケイネス先生はネタキャラとして好きなんですけどね。
雁夜おじさんはもうちょっと報われてもいいだろ!作中はあんななんだから!うわーん!(苦笑)

雁夜おじさんがしたことを肯定はしないが、気持ちは凄い分かる。HFの感想にも書いたけど、間桐の人間って凄い人間くさいんですよね。慎二も気持ちは痛いほど分かるんだよな・・・・・・したことは許さんけども(笑)

先日、「もうPC版のSNはプレイできない!」と嘆きましたが、今度復刻版が発売されるそうで!
「このチャンスを逃すわけには・・・!」と思いつつも「エロゲーだしな・・・・・・勇気がいるんだよな」とも。

でも気になるんだよ。
というのも、元々昔から疑問に思ってたことがあって。
「セイバー、凛、桜がヒロイン。・・・・・・桜でエロゲ展開になるのは想像付くんだけど(実際、映画見て想像通りだったw)、どうやったらセイバーと凛でそんな展開になるの・・・?私の妄想力だとその展開に行き着かない。だから余計気になる!」と思ってたんですよね。
UBW見てから余計混乱した。どこに挟むの?と。
その疑問を解決できるチャンスを手に入れたのだが、エロゲか・・・・・・うーん・・・・・・

そんなことを考えてる今日この頃。
まぁ、Fate/Zeroの5話までの無料配信は水曜日までのようですので、見る方はお早めに~!

PageTop

2019年もオトパにエア参戦!

オトパ新情報楽しいですね!
今年もオトパにエア参戦(家で思いを馳せる)しておりました(笑)

いつも大抵、オトメイトの乙女ゲームにお世話になっている時野さん。
この土日はオトメイトのイベントがありまして、色々最新情報が発表されました。

ということで、新情報の渦の中、時野さんが気になったというか、プレイした作品を中心に、驚いた発表を取り上げたいと思います。
昨晩から書いてますが、凄く長くなったので、扱う情報のトピックスをば。

①薄桜鬼がまさかの展開
②Collar×Malice(カラマリ)で嬉しい発表きた!
③CharadeManiacs(シャレマニ)は・・・・・・
④黒蝶のサイケデリカは2年連続まさかのwww


以上4トピックスをずらーと書いていきますね(笑)



①薄桜鬼実写ドラマ化決定

えええええ……予想の斜め上すぎる展開に思わず二度見した。
え、マジで本編を実写ドラマ化するの?SSL(学園パロディ)じゃなくて?(※SSLはすでに実写ドラマ済み)
いや、まぁ、ミュージカルはそれこそ7年ぐらいやってるけど、ドラマ化って……
チープな時代劇になりそうだけど大丈夫?
時代劇だと思って見てた層が吸血シーンでドン引きしませんか!?大丈夫ですか!?
吸血シーンが一番変態チックなのは斎藤さんだが、土方さんもそこそこやぞ!(オイ)
ま、千鶴ちゃんが健気で可愛ければいいや。




②Collar×Maliceアニメ化決定!

カラマリアニメ化キタァァァァァァァァァァァァァァァ\(^◇^)/
これは長くなるので、記事の下の方で長々語ります。




③CharadeManiacsのCD発売!

ファンディスク発売を期待していたが、特に情報なかったですね。
発売から約1年。この時期にアナウンスがないならFDは出ないのかな……残念だ。

ただ、キャラソン&ドラマCDが出るそうで……え、9人全員出るの?コンプしようとしたらCD9枚とかになるの?これまでもキャラソン出た作品は結構あるけど、大体5人(枚)だったけど、今回9人なんですけどもw鬼かw
と思ったら班別で全3枚なんですね。良心的で安心した。
あまりキャラソンやドラマCDは買わない方ですが、全力で「情報収集班(明瀬・茅ヶ裂・陀宰)」のCD買ってきます!(笑)
まぁ、シナリオライターさん曰く、各ルートのネタバレ全開らしいので、3班全部買うかな。掃除班はヒヨリちゃんへの想いを迸らせるトモセ君、調理班はデレデレ全開の獲端君が拝めそうだし(笑)
FD代わりや!そしてお布施やお布施!よし!

しかし、シャレマニスタッフ+緒方恵美さん主題歌(出演も?)で新作ゲームを作製しているんですね……
「バッドエンドから始まる物語」というこれもまた面白そうなテーマで。
しかしこんなに短期間(2020年発売予定)、そして緒方さんもいるということは……
いっそのこと、シャレマニの9人キャストで別の作品をやるとかだったら面白いのになーとも思いました。他社でいうと「遙か方式」というか。オトメイトでもかつて「ヒイロノカケラ」という「緋色の欠片」キャストが全く別の物語(キャラクターの性格も大きく違う)をやった前例はあるので、なくはないな……と。先日の記事にも書いたけど芸達者な役者が揃っていたので、ちょっとやってみてもらいたいwまぁ、本当にそんな方式をとるなら今回の時点でそんな発表ありそうだし、実際は全くの別物だと思いますが!(笑)

シナリオライターの雨宮さんって、これまでいろんな作品の「サブシナリオ」や「ショートストーリー」を手掛けててお名前はよくお見掛けしてたんですが、がっつりメインシナリオを担当された作品はシャレマニが時野的には初めてだったんですよ。(軽く調べた感じでも、オトメイトでメインシナリオはシャレマニが初めてだったっぽいですし?)
こんな緻密なストーリー書ける人だったんだなと感動。今までプレイした乙女ゲームの中で一番矛盾がなく、伏線の張り方も絶妙。かつ、ちゃんとSFチックな要素も入ってて。その説明も違和感なく受け入れられたし、本当スゲーなって思ったんですよ。

言い方は悪いけど、女性って理系分野が苦手な方が多いじゃないですか。乙女ゲームって女性向けゲームなわけで、これまでもSFっぽいモチーフの作品はあったけど、設定はあえてふわっとしてるというか。多分、ある程度細かい設定は考えてるけど、プレイヤーが理解しやすいようにあえてぼかす感じとか、「いやいや、それはどう考えても無理があるだろう」設定も多いのですが、シャレマニは容赦なく専門用語ぶっこんできて滾った!
と言っても大して難しいことは言ってなかったですが、女性向けでここまで踏み込んだ作品にはこれまで出会ったことがなかったので時野はワックワクしたというわけ。時野が大絶賛するのはそーゆー点なんですよね。
なので、新たな「シナリオ雨宮さん×斉藤ディレクター」コンビの作品も期待しています。




④黒蝶のサイケデリカは
 今年も特に進展はなし!(苦笑)


いやいやいやwww
2015年1月に発売され、その年のオトパに参戦して以来、3年ほど参加してなかった黒蝶が昨年2018年のオトパに参戦したんですよ。
ご無沙汰参戦だから「ニンテンドースイッチへの移植が決まったのかな?」と思ってたら、昨年は特になにもサイケデリカ絡みの発表はなく。
「本当は移植予定だったけど、予定が遅れてまだ発表できない時期だったのかな?」と思ってた所に、今年も参戦と言うことで、「今年こそ移植の発表かな?」と思ったら「2019年も特になし!」でワロタwww
いや、とてもいい作品なので、オトパに参戦してくれるだけで嬉しいけれども!ご無沙汰参戦からの2年連続何も新情報なしはワロタwww

余談ですが、先ほどのシャレマニ感想で「SFだけど設定ガバガバな作品が多い」と書きましたが、サイケデリカシリーズは結構よくできている作品で、説明こそ省かれてるけど、割とちゃんとSFしているというか、矛盾は少ないなと感じた作品です。
説明されなかったことも、「おそらくこうだろうな」と考えたら辻褄が合ったので。多分、設定は練ってるけど、あえて説明しないんだろうなと。
理解できるのはSF好きの時野さんみたいなある種マニアなガチオタぐらいでしょうし。
むしろSFの王道を行ってる作品ですよね。が、ゆえに、時野さんはあるキャラクターの秘密について、そのキャラがゲーム序盤で自己紹介した時点で、「ああ、この人は多分……」と見抜いてしまったりもしたのですが(苦笑)
そして、どんどんその仮説を補強する伏線が出てきて、「せつねーなこれ……」となったものです。ただ、実際には予想をさらに超えた凄い設定だったんですけどね……。この「おお!」感が素晴らしいゲームです。
あと、黒蝶と灰鷹の作品の関係性とか、まぁ、うまいこと考えたなぁと感心したものです。
SF好きさんにはサイケデリカもお勧めです(笑)


以上、オトパ新情報に驚かされた2日間でした。
特に2日目の昼公演の作品は「黒蝶」「カラマリ」「ゆのはな」「シャレマニ」という4作品中3作品は自分がプレイ済のゲームだったので、「いいなー昼公演」と思ったものです。映像で見るのが楽しみ。
というか、ミステリー3作品と一緒に組まされる「ゆのはな」さんにワロタw作風が違いすぎwww和むなぁw

ちなみに、友人の猫子さんは3公演全参加しているので、今度会ったときに色々話を聞かせてもらう予定です。楽しみだなー。



でだ。
ここからは「長くなる」と書いた②のカラマリアニメ化についての話題です!

待ってました、絶対来ると思ってたカラマリアニメ化!うれしい!超うれしい!
どんな作品か。まずは2016年に書いたゲームプレイ時の感想記事をご覧ください。
⇒2016年12月18日『こんなゲーム待ってました「ラブ×サスペンスAVG」』

とにかく声優陣が豪華&大人数な作品です。
主要な登場キャラとそのキャストについて書き出してみました。

【主人公および攻略対象】
星野市香:???
柳 愛時:森田成一
岡崎 契:梶裕貴
榎本峰雄:斉藤壮馬
笹塚 尊:浪川大輔
白石景之:木村良平

【家族とその関係者】
星野香月:江口拓也
瀬良あきと:花江夏樹

【警察関係者】
望田政信:野島裕史
桜川 寿:福原綾香
冴木弓弦:小野友樹
吉成秀明:長瀬ユウ
向井絵里子:小松奈生子
佐竹健造:てらそままさき
森丘 創:竹内良太
峰岸誠司:吉村和紘

【その他】
一色康弘:蒼井翔太
HANA:山崎はるか
緒方智樹:浜田賢二

御國れい:鳥海浩輔
山条圭介:前野智昭
宇野鈴音:上田麗奈
宇野詩音:鈴木裕斗
相田 学:岡本信彦
菅原理香:米澤円

主要メンバーだけでも25名!(公式サイトだともう一人載っているが、そこまで重要人物でもないかなと思って載せてないけど 苦笑)
サスペンスなので、かなり登場人物が多い作品です。
連続殺人事件の首謀者を突き止めるというのが主要テーマとなっており、容赦なく殺人事件が起きる、結構怖い要素を持ってる作品です。時野もプレイし始めで、まだ世界観が掴めてない頃は夜プレイして怖くなって眠れなくなったものです。
ゲームしててここまで怖くなったのは、シュタゲのゲルバナやお前は知りすぎた人形メール以来ですよ(苦笑)

……おかしいな、私は乙女ゲームをプレイしているはずなのに、怖すぎて泣きそう!って思ったものです。
まぁ、1人クリアすれば大体世界観(というかホラーレベル)が分かったので、そこまで怖くなくなったけど。

いやーこの作品はアニメ向きですし、めちゃくちゃ人気もある作品なので、絶対アニメ化されるだろうなと思ってましたけど、やはり来ましたねwそして薄桜鬼よりこっちのほうが実写向きだと思うけどw

正直、今年のオトパで発表来るかなと思ってたので「やはりな!」という感じでした。
カラマリの人気高いですからねー。私もプレイした時は「これだ!これだよ!こんな作品がやりたかったんだー!未来の時野がタイムリープしてきて作ったのかな?」と思ったぐらい、時野の理想のサスペンス乙女ゲームでした。
シリアスだし、重いけど、糖度は割と高めという乙女ゲームとしては最高のバランス感覚を持った作品だと思います。女性には全力でオススメします(笑)
乙女ゲーム初心者には、昔は薄桜鬼をオススメしてたけど、今ならカラマリをオススメしてますねぇ。初心者もとっつきやすいと思うので。主人公も攻略対象も大人ですしね。

でもね!やっぱね!サスペンスだからね!犯人分かっちゃったらつまらないじゃないですかwということで、アニメ化も決まったし、アニメを見るつもりの人は先にゲームやるのがオススメです。

そしてそして!やっぱり主人公の市香ちゃんよ!
彼女のかわいさハンパないの!時野的乙女ゲームヒロイン四天王の一人ですからね。
四天王のなかでも1,2位を争うかわいさ。薄桜鬼の千鶴ちゃんと争うぐらい大好きです、市香ちゃん。
ただ可愛いだけではなく体力的にも精神的にも結構タフ。新米とはいえ警察官(21歳)ですからね。また、射撃の腕前は一品なので、市香ちゃんのアクションシーンがアニメで見られると思うとワックワクします。

私の脳内CVは「茅野愛衣」なのですが……
かやのん絶対ピッタリだと思うんだよなぁ。ふわっとした可愛さもあり、凜とした芯の強さも出せる感じが時野の理想の市香ちゃんそのものなのだが。
他のオトメイト作品のアニメヒロインの声もやってなかったと思うし。可能性はあるかなと思ってるんですけど……どうでしょう?

【参考:過去のオトメイト作品ヒロイン声優】
薄桜鬼:桑島法子
緋色の欠片:三宅麻理恵
AMNESIA:名塚佳織
ブラコン:佐藤利奈
ノルン:藤村歩、高垣彩陽、瀬戸麻沙美
コドリア:早見沙織
ニルアド:木村珠莉
(黒蝶):中原麻衣
(灰鷹):田村睦心

さて、市香ちゃんの中の人は誰になるのかな……?

あとはあれですねー。挿入歌で一色さん(CV.蒼井翔太)+コーラスが香月(CV.江口拓也)の歌が流れ、BD特典になるんですよね、知ってます(笑)

あ、ちなみに、香月は市香ちゃんの弟ね。反抗期の高校生可愛い。
そして一色さん。一色さんはちょっとミステリアスな雰囲気を持ってる人で、ロックバンドのボーカルなのですが、時野的「これほど蒼井翔太の声がピッタリなキャラいなくね?」と感動したほど、蒼井君にピッタリというか、奇跡のマッチングした奇跡のキャラだと個人的に思ってます。あの独特の声がまさにピタリとハマってるキャラだと思います。
このゲームをプレイして以降、「蒼井翔太の代表作と言えば?」と聞かれたら脳内では真っ先に一色さんが思い浮かぶぐらい、時野的には凄いマッチしたキャラだと思いましたね。

とまぁ、アニメ化決定で妄想は膨らみますが、昔、ゲームの感想にも書いたかもだけど、「ゲームを忠実にアニメ化しようとしたら2クールでも足りない!」ぐらいのボリュームありますからね……過度な期待はしませんが。
だからこそ、アニメで犯人が分かる前にゲームやってほしいんだよな……まぁ、犯人が分かっちゃってもゲームはそれなりに楽しめると思いますけどね。キャラクターが多い分、人間関係やら各キャラが背負ってるものやら色々あるから。

まぁ、アニメはメインヒーローであり真相ルートでもある愛時ルートを主軸に他のキャラ要素を入れる構成になると思うので、そこまで無茶ではないとは思いますが。
(愛時さんは他の4人全員クリアしないと攻略できないキャラであり、犯人を突き止めるルートです。愛時ルート終盤、入力画面が現れ、プレイヤーが犯人だと思う人物の名前を入力するんですよwこれが楽しいんだなw)

サスペンスが主体ということもあり、2クールでじっくりが理想だけど、2クールで放送できたのって薄桜鬼と緋色だけなんですよね……。
やっぱり1クールかなぁ……とはいえ、カラマリの人気ってかなりあるからな……久々に2クールで頑張ってもらえないかな……ガチでアニメ化したら絶対面白い作品なんで、どうですかね……

あと怖いのは、世相だよね……
ゲームの冒頭「このゲームは特定の思想を支持するものではありません」みたいな注意書きが入るぐらい、テロ集団みたいなのも出てくるので……なんかヤバい事件がリアルに起きると放送が危ぶまれそうな作品でもあるのも怖いですね……無事いいアニメになって放送してほしいものです。

とにかくアニメ化決定嬉しいです。ニンテンドースイッチへの移植も決まりましたし、今後もカラマリが盛り上がっていきそうで楽しみです。

ということで、みんなぁ!
今年の夏期休暇は「カラーマリス」か「シャレードマニアクス」やろうぜ!
みんなで謎解きSummerにしようぜ!

ゲーム友達が欲しい時野なのでした。

PageTop

67歳が新たな道を開いたかもしれない

時野の親孝行(?)
母親(67)の新たな道を開かせてしまったかもしれない(笑)

時野さんの最近のストレス発散法は実はヒトカラ(一人カラオケ)だったりします。
友達ともカラオケ行きますが、お世辞にも上手い方ではありません。
ただ、時野さんは長年音楽をやっていたこともあり、耳は悪くないようで。自分の音が外れてることには気づいているんです。ただ、発声音域が狭いので声が出ないんですよね・・・・・・あと早口が苦手。
例えるなら音は分かってるけど、楽器の弾き方が分かってないという感じなんですよ。ピアノが専門なのにヴァイオリン弾けって無理あるよね、的な感じ。
ボイトレすれば上手くなれるんかなぁ・・・・・・

そんな歌のセンスが壊滅な時野なのですが、母親がもっとひどくて。
その昔、民謡を習ってた祖母(母の母)から「お前は人前で歌うな」と言われたぐらい極度の音痴で、長年カラオケに誘っても頑として行こうとしませんでした。
(※母も耳は悪くなく、音域が狭いタイプの音痴です。耳が良い分、余計音痴が気になるんですよね)
母親が最後にカラオケに行ったのは私が小学校2年生の頃。ママ友の付き合いで渋々参加。
20年以上前の話です。まだ分厚いカラオケ本で調べて、番号入れてた時代ですわ。

で、私がヒトカラで使うカラオケ屋がジョイサウンドオンリーのお店でして。久々にDAMで歌いたいなーと思って。
GW中盤、母と外食したついでにカラオケ屋に無理矢理連れて行ってみました(笑)
1時間で、ほとんど私が歌うからと。
で、嫌がる母親をその気にさせ、「1曲歌ってみてよ」と無理矢理曲を入れさせ、精密採点も入れました(笑)

そしたらまぁ、70点台ではあったのですが、母的にはもっと低い点数になると思ってたらしいのと、そこまで音程も外れなかったことでちょっと自信を持ったようで。(実際、うろ覚えのパートが足を引っ張った点数でもあったし)
母親「ちょっといきなりだったし、うろ覚えだったけど、ちょっと今度曲を聞き込んでくるわ・・・」
と言い出しましてwやっぱり歌うってストレス発散になるらしく、結構楽しかったらしいw結局この日は3曲ぐらい歌ってましたね。

あと私は母でも分かる曲っということで、懐かしいアニソンとか歌ってました。
あと、うたプリは見てる母なので、マジLOVE1000%&2000%を入れたら頑張って合いの手入れてくれました。・・・思いっきりズレてたけど!(苦笑)


でだ。
先週、用事があって実家に帰ってたんですが、時間が余ったので、カラオケに連れて行ってみましたw
今回は2時間で、母はまぁ、4曲ぐらいですかね、歌っていきましたw
GWの時より全然抵抗感なく、「じゃあ行こうかなー」と若干乗り気の母に内心大爆笑。
実際、平日昼間は演歌歌いに来てるおじいちゃん、おばあちゃんも多いことですし、いつか一人でカラオケ屋に行ってそうだなっと思った私の母観察日記でした(笑)

ある意味親孝行でしょ?(笑)
おばあちゃんが掛けた呪いを解いてあげた優しい娘よ。フハハ。

あと、「6月にうたプリの映画やるけど、見に行く?」と聞いたところ、「えー行こうかなー?」と若干乗り気だったのもワロタw
10年前までは「あんたはいい年していつまでアニメ見てるの!」と呆れてる典型的な母親だったんですが、最近は芸能人のオタクカミングアウトも増えたこともあって、「あんたの世代はオタクが多いのね・・・」と寛大に。
むしろ、私が勧めるアニメは面白いと、むしろ好意的になってきてるのが面白いですわ。
この10年で親子関係も変わった気がしますね・・・(笑)


今後の母のカラオケ動向が楽しみです。

PageTop