FC2ブログ

螺旋運命―SPIRAL DESTINY―

livedoor blogから引っ越して参りました。旧館から来た方も初めましての方も宜しくお願いします。

そういえばまだこのネタ使ってなかったね感

次回
「井伊谷のばら」

もうここまで来ると、逆に「そういえばまだこのネタ使ってなかったねw」感すら感じる。
これ、最終回のサブタイとか期待していいのかな?これまでも重要回のタイトルは凝ってたから。

本編は、まー今週もようできた話でしたな・・・・・・。
金がかかると普請を渋る近藤を「未来の為に」と説き伏せるおとわ。
対して、未来の為に今川を厚遇する家康。この近藤と家康の対比が面白かった。
そして近藤を完全に操ってるおとわ様・・・・・・かのご家老殿を彷彿とさせますなぁwww
首の角度は、政次は上から斜め45度だったけど、直虎は下から斜め45度攻め・・・どっちも怖いw

つか、家康様素敵上司すぎませんか。さすが天下取る男は違うわ。
先週も書いたけど、あんな素敵上司だったら付いていきたいわ。理想の上司すぎるだろ。
でもまだ伊賀越えしてないのよね・・・うわああああああああ!(笑)
本作のキャストで伊賀越え見てみたいわ・・・・・・

昨年は武田サイド(真田)から見た徳川だったけど、
今年は徳川サイド(井伊)から見た武田なんだよなぁーっと。
登場人物が被っているのも面白いし、視点を変えると同じものも違うように見えるから面白い。
そして本多正信は「直虎⇒真田丸」でそのまま行ける感ハンパない(笑)
家康も、阿部家康⇒(伊賀越え前)内野家康⇒内野家康も繋がる感あるよね。

結局、毎週感想を書いてしまってるよな、今年の大河。
中盤まで「大河らしくないが、乙女ゲーム大河として面白い」と思っていたのが、デスノート⇒槍ドン辺りからかなりヘビーになり、直政編になりようやく正統派大河になってきたので、面白くて面白くて。
そして序盤から張っていた伏線が毎週のように回収されていくので、見ていて本当に楽しい。
あのホームドラマで少女漫画で乙女ゲームだった頃の話があるからこそ、今に活きてる。
あと、話の面白さで言うと、最後は直政のサクセスストーリーだっというのも安心して観れる所ですよね。
家を潰された子から家名を取り戻し、草履番から小姓に上がり、最終的には徳川四天王になるわけでしょ。こんなに見てて楽しいサクセスストーリーはなかなかないでしょう。

ラスト2か月。
今回、また月日が経ちましたし。(4年ぐらい動いたよね?)
来週も面白そうな予告だったので楽しみです。

PS
ネットでさっそく「Excel万千代」というフレーズが爆誕してて吹いた。
いや、私も見てて「それ、Excelやないか」と思ったけどwwwwwwww
万千代くん、時代を先取りしすぎや・・・・・・そういえば、「表」って日本ではいつぐらいから使われだしたんですかね?やはり明治以降の西洋文化が入ってからなのかな?それとも実はメジャーではないにしろもうこの時代にあったりして?「星取表」って言葉ができたのはいつできたのかしら。

スポンサーサイト



PageTop

13年の時空を超え、巡り会う人よ~♪

期間限定で
アニメ「遙かなる時空の中で~八葉抄~」の無料配信来ましたね。

ああああ、懐かしい。
元祖・乙女ゲーム原作アニメですからね。(だよね?)
放送されたのは2004年だったのか。私も全話見てたわけじゃないけど、OVAとかも放送されたてからちょいちょい見てたな。
天真君が好きだったなー。第1話の天真君だけで惚れ直した(笑)

それにしても、声優陣が豪華。2004年というかゲーム発売の2000年時点で既に豪華すぎるキャスト集めてますよね。
そして、主人公のあかねちゃんを川上とも子さんが演じてたので、声聞いただけで涙が出てくるっていうね・・・・・・・もうこの声が聞けないのかと思うと・・・・・・・

ヒロインが川上とも子。
八葉が三木眞一郎、関智一、高橋直純、宮田幸季、中原茂、井上和彦、保志総一朗、石田彰。
そのほか、置鮎龍太郎、大谷育江、浅川悠、桑島法子やぞ・・・!

OPとEDも懐かしい。どっちも大好きでしたね。
EDとか懐かしすぎて今EDパートをリピート再生しながらこの記事書いてるわ!(笑)
あとOPは今でもたまにカラオケで歌います。

今は第1話だけですが、
11月6日から2話~13話、
11月28日から14話~26話が配信されるそうです。
公式サイトからYoutubeの配信ページに飛べますよ。
昔見てた人も、見たこともない人も、いい意味で2000年代初期感があるアニメが見れますので、見てみては如何でしょうか。


記事タイトルはOPの歌いだしパロです。

PageTop

草履番トリオ最高か

今回も面白かったな。
ということで、今週の「おんな城主 直虎」感想。

もうさ、毎週毎週どんどん面白くなってるじゃないか。例年、この時期の大河は主要人物がどんどん老いて亡くなっていき、寂しさを感じる頃合いなのですが、今年は今が一番面白い気がする。やっと大河ドラマらしくなったとも言えるが。でもその面白さの基礎になってるのは序盤のホームドラマ要素なんだよなとも思う。脚本の伏線の張り方・緻密さは近年稀に見る巧さだと思う。

今回、凄くいいストーリーだったなと思った。
まずは、ノブ。
逆上する万千代を止めて、諌めるノブ。ここ凄く良かった。

そして、
ノブ「潰れた家の子であることを強みにしてはいかがですか?」
万福「面白いのぉ~ノブは!」
万千代「ではノブは、さすがは裏切り者と言わせる働きをするというのか!?」
ノブ「もちろんそのつもり!裏切り者・恥知らず・だからこそできる働きをいずれお目に掛けるつもり!」

ここ凄く良かったな。いやはや、こうして六角ノブは近藤ノブになるのですね(爆)
最近、真田丸の時代に近づいてきたからか、「これが後のあれに繋がるのか!」的な見方も出来て非常に面白いです。ちなみに、この頃の信繁さんは8歳だそうです(笑)確か15歳スタートだったからもうすぐ真田丸の時代と被るな!立地も近いし、面白い。
あと勝頼のシーンは、真田丸の1話を思い出して辛くなるのぉ・・・・・・

さて、話は本作に戻して。
万千代・万福・ノブの草履番トリオが凄く好きです。万千代とノブの二人では多分こんな分かり合うことはなく、間に入る万福がいてこそなんだろうなと。
なんかこう、万福ってやっぱり玄蕃となつさんの子だなって感じしますよね。

そしてついに来た、問題のシーン。
でも、万千代の陰の努力をちゃんと見抜いていた家康様。これは惚れる!
家康「そなたのことじゃ、日ノ本一の留守居と言われたら、日ノ本一の留守居を本気でやろうと思ったのではないか?」
万千代「・・・・・・誰も、気づいてなど下さらぬと・・・・・・」
やっと努力が認められ、目を潤ませる万千代の表情も凄く良かったな。感動のシーンだった。
からのwwwwwwwwwテンポ神だったな。

あと2か月で終わってしまうとかマジかいな・・・・・・このまま井伊直政主人公で最後まで描こうよ。


さて、次回はまた辛い話になりそうな・・・?
でもそうよね、木を500本を切れば、がけ崩れ起きるわな。
久々に竜宮小僧も出てきたし。さてはて、竜宮小僧とは何者なんですかねー。

PageTop

スタイリッシュ風林火山

戦刻ナイトブラッド。
そこそこの戦国オタクである時野さん的には視聴が拷問に近いのだが、今期は見るアニメ少ないし、暇つぶし見てます。ツッコんだら負けだの精神で。あと結月ちゃん可愛い。大正義CVくぎゅである。
てか、OPカッコイイよね。妙にクセになる。

でだ。そんな暇つぶしで見てる作品で何故記事を立てたかというと。
武田軍のテーマ(ED)の歌詞に大爆笑したからであるwwwwwwwwwwww

予想はしてたけど、
サビ以降が風林火山wwwwwwwwwwww

カッコイイ曲なのに風林火山な歌詞というのが戦国オタクの時野さんのツボにヒットしたwwwww
やるとは思ってたけど本当にやったな感。ある意味期待通りで吹いた。
豊臣軍のテーマも良かったですよね。曲はいいんだよな。
武将達がチョロインすぎてこっちの腹筋がもたない・・・

無性に信玄餅が食べたくなった3話でした。

PageTop

空っぽだった録画予約に光が射した~♪


「一パイロットからやり直すか、オレンジ畑を耕すかだ!」

やっぱり面白い!
「コードギアス 反逆のルルーシュ」の再放送見てます。
毎週2話ごとなので、6話まで観ました。

11年ぶりのギアス。当時、時野さんの家にはDVDレコーダーどころか、ハイビジョンTV(16:9)すら無く、ビデオテープに録画してたので、本当に11年ぶりに見ました(笑)当時は4:3のテレビで見てたんだぜ。端っこ切れてたんだぜ。

改めて見るとやっぱり面白いなと思うし、私が感じる最後の「アニメオタク全員が見てたアニメ」的な作品だった気がします。
今は放送作品数も激増し、自分好みの作品を厳選して観ることができる時代ですが、ギアス以前は今ほど作品数も多くなかったし、「みんな共通して見てる作品」っていうのは必ずあったような気がしますね。

でだ。やっぱりギアス面白い。これが11年前の作品とか。
まぁ、時野的にR2の中盤は中だるみしたなーっと思っているんですが、「無印は文句なく面白い・・・けどそれも思い出補正かな~っ」とちょっと思ってたけど、やっぱり今見ても面白いや(笑)

ユフィってもっと後半に出てきたイメージだったんですが、5話で出てきてたのね。10話ぐらいかと思ってた。まぁ、出会わないとスザクが学園に入学できないわけだけど。逆にC.C.は3話ぐらいにはルルーシュと再会してたような気がしてたけど、これも5話だったのですな。

今でこそ、「頭脳派嫌味役」を極めた感ある福山潤ですが、当時はルルーシュみたいな役はほとんどなく、凄い意外性があったなーと懐かしく思ったり。当時のじゅんじゅんと言えば、THE好青年が多かったですからね。昨今は好青年役やると「何か裏がありそう」とか言われてるのが面白いなとw
放送前は、ルルーシュとスザク、福山と櫻井逆じゃね?と言われてましたもんね。私も言ってたわ(笑)
確かに今聞くと、ちょっと慣れてない感もするけど、ルルーシュというキャラにいい感じにハマってる声なんですよね。
そんな当時の思い出も蘇ってきて、再放送めちゃくちゃ楽しいです。
今期、新作が時野的不作なので、ギアス再放送が凄い楽しみになってるかも。

BS11では日曜日に再放送中。
ギアスの前後には大河の放送(早虎、本虎)もあるし、深夜は「コード:リアライズ」もあるし(笑)
今期は日曜夜が一番楽しみです。

記事タイトルは、OP「COLORS」の歌詞パロです。

PageTop

まさか逆算して描かれてきたのか・・・?

虎松改め万千代(井伊直政)編になってから面白さが段違いなんですが・・・めっちゃ面白いやんけ・・・
この間、「子役似過ぎ」記事書いたけど、脚本の恐ろしさに震えてる。
というか、今回の大河登場人物で一番資料が残ってるのが井伊直政で間違いないと思うわけですが、伝承に近い直政像を描きつつ、その直政が「これまで出てきた登場人物の影響受けまくってるハイブリットキャラやんけ!っということは、直政から逆算して直親、しの様、直虎、政次達が描かれてきたというのか・・・・!」という第一話から張っていたのであろう伏線に震えている・・・

一見爽やかな好青年を装う辺りはスケコマシ直親(父親)譲りだし、
あの般若顔はどう考えてもしの様(母親)譲りです・・・ついでに大じじ様。
諦めの悪さ・頑固さは育ての「父」である直虎譲り、
狡猾さもある頭の回転の速さ(+六左衛門の脅し方)は碁を指南していた政次譲りと言った所ですかね。

万千代(虎松)と万福(亥之助)の幼馴染感ハンパない主従関係もいいよね。虎松の気性の荒さに対する対処法が適切過ぎる。亥之助、心得すぎワロタw

そして「私たちは幼く、戦う前に終わってしまった」と言ってたのが印象的。それ去年も聞いた気がする。あと、去年は幼馴染に「何のために生まれてきたの!?あなたの人生それでいいの!?」と尻叩きされてたけど、今回は自分から奮起してる虎松様さすがっスw
そんな若者達の活躍が今後も楽しみです。


あとは、氏真様がいい味出しすぎてて・・・・・・ついに、京で遊び呆けているとは・・・余生楽しみすぎだろ・・・と思ってたら信長からの蹴鞠披露しろと言われて、「これで懐に入れれば。仇の取り方は戦だけはない」とか言ってて、カッコイイだろ太守様・・・!と唸りました。

そして松下様が聖人すぎて・・・・・・・我が子のように大事に育ててきた養子がいきなり元の家を再興する!と上司に宣言して、怒る前にショックで寝込んで・・・最終的には我が子の選んだ道を許してあげるとか・・・聖人や!
後々、その息子の家老になるんか・・・・・・

最後に。
ここ最近、ますますサブタイトルの遊びに磨きがかかりすぎじゃないですかねwwwww
「天正の草履番」の次は「この玄関の片隅で」だとぉ!(大爆笑)
元ネタは恐らく「天皇の料理番」と「この世界の片隅で」ですね・・・。

時野的5大「オイw」サブタイ
1位 第16回「綿毛の案」(これは酷い※褒め言葉です)
2位 第33回「嫌われ政次の一生」(前代未聞の俳優の名前にも掛けましたという渾身のネタ)
3位 第21回「ぬしの名は」(しかもこれが後々ちゃんと伏線になっているという・・・)
4位 第38回「井伊を共に去りぬ」(「去りぬ」だと意味が真逆な気もするが?)
5位 第28回「死の帳面」(と書いて「デスノート」と読む。作中、本当にデスノートが登場するから怖いw)

あと、
第11話「さらば愛しき人よ」(直親暗殺回)
第18話「あるいは裏切という名の鶴」(政次の真意が明かされる回)
第39話「虎松の野望」(虎松が井伊家再興する宣言する回)
とか好きですね。
第37話「武田が来たりて火を放つ」(武田に井伊谷が焼かれる回)も地味に好き。

ということで、今年も残り10話ですかね。
ここ最近、敗戦主人公が多かったので、終盤が近づくと胃が痛くなったものですが、今回はむしろここから直政の快進撃が始まると思うとワクワクするよね。今まで辛い展開が続いたから、最後はスカッとしたい。
井伊に幸あれ!

PS
草履投げるシーンにビックリしたんだが、あれは正しい作法だそうですね。
つまり、平成の草履番になるためには、エアホッケーをマスターすればいい・・・?いや、エアホッケーはちょっと違うか?ボーリング?輪投げ??

PageTop

2017夏完結アニメプチ感想

夏アニメ、全話見終わりました。
春から継続アニメが多かった夏アニメ。ちょこっと感想をば。
年末ランキング予想の参考にどうぞ。


■サクラクエスト
途中、挫折しそうになりましたが、丑松会長の高校時代話辺りから少しずつ面白くなってきたなという印象。
この面白さを1クール目から発揮してほしかったのだが・・・・・・
でも、最終回は意外性もあっていいオチだったなと思いました。


■捏造トラップ−NTR−
いやーなんというか、残酷な人間関係でしたなぁ~という感想(苦笑)
ユマ⇒やってること結構残酷w
ほたる⇒酷い
藤原⇒クズ
武田⇒聖職者

武田君だけが良心でしたね。てゆーかマジで武田君いい人過ぎて・・・大丈夫君ならもっといい人と付き合えるよ(号泣)ユマちゃんも同情はするんだけど、ほたるに対しても、武田に対しても結構酷いことしてるんだよなーっと。藤原君は清々しいほどのクズで最高でした。ここまで突き抜けてるクズは一周まわってイイ。話のスパイスになってたなと思います。

でだ。話はまぁ、そこそこ面白かったし。私好みの百合CPだったので、なんだかんだ楽しんでましたが、毎回CMがさ!
百合雑誌のCMを野郎2人でやるとか、誰得なんだよ!(大爆笑)
そんなCMも面白かった百合アニメでした。やっぱり百合はええなぁ!

※なお、こちらの作品は10分アニメですので、年末ランキングには含めない予定です。


■最遊記RELOADBLAST
思い出補正なんかなんのその!というか思い出より面白かったRB。
早く続きが見たい!けど、原作に追い付いてしまったそうで。終盤はコミックス追い越してたそうで。
この続きが見れるのはいつなのか・・・・・・
「アニメ20周年」か「原作25周年」にまたアニメ化してほしいなと思いました。
それにしても、キャスト変更なしでやってくれたの本当嬉しかったです。
封神演義もキャスト変わるそうですし。Dグレですら変更になったわけだし。(まぁ、Dグレは伯爵もブックマンも・・・なので、それならすべて変えてしまおう的な発想もあったんだとは思うけど)
このご時世、貴重な神キャスティング続行でしたね。ありがとうございました。


■僕のヒーローアカデミア二期
二期めっちゃ面白かった・・・一期も良かったけど、二期は段違いで面白かった。
体育祭編も良かったし、職場体験編も良かった。こーゆー「THEジャンプ」な作品大好きです。
三期も決まりましたし、今後の展開が楽しみです。


■Re:CREATORS
なんというか、総集編は結構工夫凝らしてたからいいけど、特番+早めに終了・・・・・・これ2クールでやる必要あったのだろうか・・・?とかちょっと思ってしまった・・・・・・
なんというか、設定とかは凄い面白かったんだけど、肝心の「チャンバーフェスのアニメ」があまり面白いと思えなくて・・・・・・私があの会場にいてあのアニメ見させられたらキレてた自信あるんだが・・・・・・
セツナを生み出した颯太きゅん凄いみたいになってたけど、あれってシマザキさんをそのままトレースしただけなのでは・・・?つまり颯太君はシマザキさんのことをちゃんと理解してて、完璧なシマザキさんを描いたからアルタイルも納得したんだよってことですか・・・?なんかこう、クリエイトしている感じには思えなかったんですが・・・・・・と、終盤が残念でしたが、1クール目は本当面白くて。春アニメで一番ワクワクして見てましたね。


■Fate/Apocrypha
挫折しました。


■活撃 刀剣乱舞
後半は凄く面白かったが、なぜそれを序盤でやらなかった?感が強かったです。
あと、シリアス路線を希望していたのは確かなので、ある程度登場キャラを絞るだろうなとは思ってたけど、いくらなんでも絞りすぎじゃね?
第二部隊、第一部隊の12振り以外で登場した(しゃべった)のって、小狐丸(三日月のお茶仲間)と燭台切光忠&大倶利伽羅(鶴丸と同じ伊達組)だけじゃね?
60キャラを超えているわけですし・・・もうちょっと話をコンパクトにすれば、第三部隊の話とか作れたような気がしてならない・・・・・・
第二部隊の活躍、次は劇場版で!ということですが・・・あれ?劇場版予告に堀川君いた・・・?いなかったような・・・・・・どゆことw

とりあえず、欲望に忠実な感想を言うと、「ufoクオリティの山姥切国広が拝めて最高でした。見た目ただのセイバーだったけど!(爆)」
戦闘ソーンカッコイイし、なおかつ面倒くさいコンプレックス丸出しなシーンも拝めて、合掌しました。
花丸だと、天然キャラ色強いほんわかキャラだったので。ありがたや。


■ひとりじめマイヒーロー
ちょいちょい苦手な所があったけど、支倉様一本釣りで最後まで見れました。
なんだろうね、支倉を応援したくて仕方がない。
とりあえず、
「もう1回絶交と俺に抱かれるの、どっちがいい?」
はBL史に残る名言の一つになると僕は思いました(笑)
思わずお茶噴いたわwwwwwwwww


以上が夏に完結アニメのプチ感想でした。
今年も残り1シーズン。今年の1位はどの作品になるのか。こうご期待。

PageTop

未だかつてないほど観たいと思うものがない

今日から10月ですね。
新アニメの時期ですね。

・・・・・・今期、何見ればいいの・・・・・・?

マジで「Code:Realize~創世の姫君~」ぐらいしか予約してないんですが・・・・・
コドリアはゲームも面白かったし、何より既にアニメ全話完成しているらしいので。

というのも、そもそもアニメ化が発表されたのが、2015年とかだったと思うのですが。
本当かどうかは知りませんが、「中の人たちが忙しすぎてスケジュール抑えられない」みたいなことで、ずっと延び延びになっていたとか。(友人談)
まぁ、早見沙織、前野智昭、諏訪部順一、柿原徹也、森久保祥太郎、平川大輔、梶裕貴、小山力也ですし仕方ない(笑)

そしてもう一つの期待ポイントはシナリオ監修に「一ジョー」さんの名前があることやね。原作ゲームのディレクターさんですね。ゲームを一番分かってる人がちゃんと監修に名前連ねてるのは安心するなと。
コドリアは元々ストーリーが一本通ってて、各ルートの謎が最終ルートで明かされる系の話なので、アニメにしやすいと思うし。

とはいえ、ルパンルートをそのままやってたらゲームの楽しみ(販促)がなくなってしまう気がするので、ルパンルートを基本にアニメ独自展開とかになったらいいなとか。「緋色の欠片」アニメみたいに、「ゲームでは実現しなかった6人全員覚醒\(^o^)/」的なお祭りアニメでもいいと思うんだよね。

さてはて、どこまでアニメでやれるのかが気になりますが、コドリア楽しみです。


DE・DA!
他のアニメですよ・・・・・・何見ればいいんですか。
一応、新作アニメ一覧見たけど、惹かれる作品がほとんどなくて・・・・・・一応、戦国ナイトブレッドは一応予約したけど。なんかこう!燃える熱い作品とか!ミステリアスで引き込まれる作品とか!そーゆーワックワクする奴はどれなのか!!
継続アニメもないし・・・・(Fate/Apocryphaは挫折しました。劇場版のHFは見たいけど)
これはゲーム全振りクールになるかもな・・・・・・・その前にVita充電器見つけないとだけど。(まだ見つかってないのか!)

個人的に2017年にアニメは不作傾向なんだよな・・・・・・夏アニメも終わったし今年のランキング作り出したけど、かなり悲しいことになってる・・・・・・「最初は良かったのに最後ェ・・・・・・」作品多すぎじゃないですかね(苦笑)

仕事で疲れて帰ってきた時の癒しは、夕飯食べながら見るアニメなのよ。
あーでも、こうなったら久々にドラマ見るのもありかな。
「番宣で面白そうだから見ようか悩んだけど結局見なくて激しく後悔した『カルテット』」と
「この間の特別編見たらかなり面白かったな『校閲ガール』」を見るチャンスかなと(笑)

そんなこんなダラダラ書いてきましたが。
皆さまからオススメアニメお待ちしております。あとコドリア見ようぜ!主人公のカルディアちゃんマジ可愛い。彼女自身の設定が特殊ですが、慣れればそれ含めて健気で萌えると思うので。
乙女ゲー系ヒロイン好きの男性陣には是非オススメしたい(笑)

今年も残り3か月。

PageTop