螺旋運命―SPIRAL DESTINY―

livedoor blogから引っ越して参りました。旧館から来た方も初めましての方も宜しくお願いします。

視聴者にとどめ刺しに来る展開辛い

もう視聴者のライフはとっくに0や!

もうやめてーな・・・・・・頭ァァァァァァ・・・・・・
政次ロスから抜け切れない視聴者&直虎にとどめ刺しに来る脚本やめてぇぇぇ、え?マジ頭もなん・・・?頭は史実と無縁だから最後まで飄々と出てくると思ってたのに・・・・・・次回予告見るとあれは・・・・・・
逆にカジが生き残るパターンかもしれんな・・・・・・はぁ・・・・・・

はぁ・・・・・・・・・・・(溜息)


スポンサーサイト

PageTop

ヒロインが3位な乙女ゲーム

最近、忙しかったけど、ちょっとだけ落ち着いたから、
コドリアFD(Code:Realizeファンディスク)の続きやろーと思い立ったわけですが。

あ、あれ・・・?PS VitaのACアダプターが見当たらない・・・?
いつも置いてある場所にない。何故だ!最後に充電したのいつだっけ?1か月以上前な気がする・・・あれ・・・?
マジっすか。今無性にコドリアな気分だったのに・・・なんてことだ。まだフィーニスとルパンが残ってるのに・・・グギギ。
ちなみに、時野さんのFDのプレイ順はこうなってます。

ヴァン⇒サン⇒ショルメ⇒フラン⇒ギャング編⇒インピー
まで終わってるので、残りはフィーニス⇒ルパンの予定です。

10月からアニメも始まりますし、FDもそれまでに終わらせたいなぁ。

FDはカルディアちゃんが可愛すぎて爆発しそう。FDのOPのカルディアちゃん可愛すぎて。
OP曲も凄くイイですよね。本編がビターな展開だったので、FDで幸せになって欲しい。

そういえば、FD発売記念の人気投票が面白いことになってて吹いた。
ジョー×西村作品はどうしていつも人気投票がカオスなことになるのかwww(白華もカオスだった)

1位 アルセーヌ・ルパン
2位 エイブラハム・ヴァン・ヘルシング
3位 カルディア ←主人公が3位だとぉ!?
4位 サン・ジェルマン
5位 エルロック・ショルメ
6位 ヴィクター・フランケンシュタイン
7位 インピー・バービケーン
8位 フィーニス


まさかの主人公(ヒロイン)3位に腹筋割れそうになった。
主人公が人気な乙女ゲームって多いけど、さすがに3位に入ってるのは初めて見た気がするwwwwwwwww
カルディアちゃんマジ可愛いという話でした。
アニメPVのカルディアちゃんも可愛いよね。声も大正義・早見沙織ありがとう。しゃべって動くカルディアちゃん凄く楽しみ。

ちなみに、時野さんは9位のワトソンも大好きです。既婚者だけどぉぉぉぉ(号泣)
ワトソン攻略させてくれよ・・・いやでも愛妻家な所が彼の良い所だから攻略できなくていいんだけどねぇぇぇぇとプレイしながら思ってました(苦笑)
脇キャラにしておくには勿体ない良キャラだったな・・・あ、でも彼の設定的に攻略できなくていいんですけど。


はぁ・・・・・・現実逃避もそこまでにしておいて。
とりあえずアダプターよ出てこい・・・・・・

PageTop

2017夏は土曜日が熱い

土曜日はアニメデー。
昨晩、ヒロアカはお休みでしたが、あとの作品の簡易感想。
あ、でもFate/Apocryphaは挫折しました・・・2クールだと聞いて。あれを2クール見る気力が沸かなかった。


■Re:CREATORS

うせやろ・・・・・・
アリステリアそしてセレジアまでもが・・・・・・orz
アリステリアは刺し違える覚悟でアルタイルと戦うと予想してたから、「ああ、やっぱりか・・・」とちょっと諦めが付いてたけど、セレジアもとか・・・・・・完全に油断してた。
アリステリアは最後、すっごくいい表情してたよね。アルタイルを貫いた時のね。主人公の成長が大好きな時野さん的な感慨深いシーンだった。

そして、セレジア・・・・・・
ロボットモノあるあるの誤解から敵となったかつての仲間と戦うシーン。説得が上手くいくことを願ってたんですが、最後は道連れ自爆・・・・・・
主人公であるカロンが絶望してしまったら、道を選んでしまったら、原作者でも変えられないというのが。
そういえば、時野さんあんまりファンタジー系ラノベは読まない人間なのでイメージが貧困で申し訳ないですが、カロンとセレジアの関係性ってキリトとアスナに近いのかなと思って見てましたね。そうイメージすると二人の関係性とか、心情とか分かりやすかった。

カロンも現界してから色々悩んだ末にああなったのかなと思うと切ないね。かつてのアリステリアがこのカロンなのかなと。
まみかや颯太君、そして高良田さんと出会って少しずつ変わっていったアリステリアとそーゆー人達と出会えなかったカロンとの違いなのかな。

アリステリアが消えた時の高良田さんの涙も見てて辛かったが、これ松原さんは相当来るよな。
半年以上、一緒に居た娘みたいな存在のセレジアが、息子カロンを止める為に二人で自爆したようなもんだぞ。
松原親子4人の図が見たかった・・・
でも、アルタイルもまがねちゃんも「捻じ曲げる」系能力を持っているので、終盤みんな戻ってくるみたいな展開は・・・・・・こないですかね・・・?

そんな、アリステリアとセレジアがショックな回でしたが、
カッコイイシーンはやっぱ鹿屋VSカロンですよね。バトルもカッコイイし、鹿屋が本当ロボットアニメの主人公過ぎて鳥肌立った。マジカッコイイ、鹿屋・・・!
最初はキレやすいロリコン主人公と思ってたが、本当成長しましたな・・・・・・
ああ、こんな主人公の成長の仕方、好きだな・・・ああ、あのロボットアニメの主人公もこうだったら良かったのにね・・・と弥勒寺の兄貴の声を聴いてたら涙出てきた(コラァ)

レクリ、凄い回だった。さてさて、アルタイルさんが最強すぎるのですが、この後物語はどう転ぶのか。目が離せません。


■活撃 刀剣乱舞

今回のミッション、面白すぎではないですか・・・!
寺田屋事件の歴史を守れというミッション。龍馬の帯刀だった陸奥守が大活躍するこの回。
龍馬と対面するつもりはなかったのに、結果的に龍馬を守る為に戦う陸奥守・・・・・・この二人のなんとも言えないやり取りが素晴らしかった・・・

そして龍馬の声は安定の小野D(笑)
もうなんか、どのアニメも基本、坂本龍馬の声は小野Dになってきましたよねw
日本一、坂本龍馬を演じてる声優は小野大輔で間違いない・・・(※出身が高知だから)
ちなみに、花丸では沖田総司だったという(笑)

第二部隊の結束も深まってきましたが、ラストの堀川君が意味深すぎて・・・・・・
あ、これは土方さんも出てきますね・・・・・・最後は函館とかになるのかな?土方歳三を生かそうとする遡行軍と土方歳三を歴史通り戦死させようとする第二部隊で葛藤する隊長の兼定と堀川・・・とかかな。
審神者も最初二人を出撃させず隊から外そうとするが二人が志願する・・・・・・みたいな展開があるのかな?第一部隊が出撃する予定だったが、第二部隊が「俺達が!」みたいに言うとか。そんな展開だったらなー。
問答無用で最初から二人に出撃しろと言いだしたら、審神者はドSだわw


■ひとりじめマイヒーロー

ちょいちょい苦手だなぁ思う要素がある作品なのですが、支倉様が素晴らしすぎてついつい見てしまう・・・支倉一本釣り怖いw
マイヒーロー編でもいい味出してる支倉様。勢多川と支倉のやり取りが面白い。友達とは違うけど、勢多川がぐるぐるしてるのを呆れながらもなんだかんだアシストしてくれる理解者支倉様が面白い。基本、健介のことしか考えてない支倉様が意地悪しつつもなんだかんだ勢多川をフォローしてるんだよね。一番開き直ってて、でもある意味一番の常識人なのが支倉なんだろうなと。
勢多川も可愛いですね。いちいち反応可愛すぎか。


そんな今週の土曜深夜アニメでした。


PageTop

マルチエピローグとかアクマの所業か!

6パターンのエピローグとかアクマの所業か!(笑)

ダンデビ劇場版情報にビックリしてもうた。
公式サイトより↓↓

劇場版「Dance with Devils-Foruna-」は、6パターンのマルチエピローグ上映になることが決定!
上映回ごとに異なるエピローグをお楽しみいただけます。
エピローグは、鉤貫レム、立華リンド、楚神ウリエ、南那城メィジ、棗坂シキ、ローエンの6パターン。
本編では語られなかったそれぞれの想いを語ります。
上映の詳細は、後日の発表をお待ち下さい。

今回の劇場版はTVアニメ版を再構成+新キャラ追加で、エピローグが6人分用意されていると。
まぁ、上の文章を読む限り、エピローグもそんなに長いものではなさそうですが。
まさか、グッズではなく、こーいった手法で映画館に何度も足を運ばせるとは、ダンデビは新しいことやるよね。ゲームを発売する前にプロモーションとしてアニメ制作するとか。そのチャンレンジ精神大好きです。(結果が伴うかはアレですが)

ちなみに、応援上映はやらないのかね?こんなにツッコミ入れながら見るのが楽しいアニメもないと思うんだけど。あと、「我ら四皇學園生徒会」をみんなで歌いたいのですが(笑)

とりあえずチャレンジャーダンデビの今後が楽しみです。
というか上映回によってエピローグが異なる。関東は池袋と川崎しかないわけで。どっちかの劇場のリンド回に時野がいることバレるじゃないか!(爆)
ひとまず、リンド兄さんが報われることを祈って。

ちなみに、時野さん的にダンデビキャラはみんな好きです。リンド兄さんが一番好きだけど、他のキャラも甲乙つけがたいぐらいみんな好き。キャラが魅力的なゲームだったなぁと。
レム様は「冷酷無比のアクマ」という設定だけど、全ルート優しい上に不憫なキャラだったしw
ウリエさんはアニメでは一番大人なキャラかと思ってたら、実は一番子供っぽいキャラでギャップに驚きつつも、展開が色々ズルいよ、一番ゲームタイトル回収してるやんけ、終盤の成長具合が素晴らしいキャラだったなと。
あとウリエのアクマエンディングを見て、「ダンデビ」というゲームが好きになったなと。戦闘に向かないキャラを無理やり強くするのではなく、ありのままを描く所にスタッフGJと感心した。
メィジはもうアニメもカッコよかったが、ゲームはカッコイイ&可愛いすぎないか。なんだこのほのぼのカップル、でも話は一番重いというこのギャップよ。メィジルートは、もうリツカちゃんに感情移入しすぎて辛かった。でも最後凄く幸せになれる応援したくなる二人でしたね。ダンデビは「リツカが攻略キャラを攻略する」ゲームではなく、「想い合った二人がリンド兄さんを説得させる」ゲームですからねぇ(爆)そーゆー意味では、メィジが一番ですよね。リンド兄さん公認だからね(笑)
シキは、「ヒトルート」と「アクマルート」のギャップが凄まじすぎるキャラで、一粒で二度おいしい凄いキャラでしたね。アクマエンドは「これぞシキ!でーすーよーねー」という展開でしたが、ヒトエンドはヤバい。時野さんガチ泣きですよ、どうしてくれるぅぅぅぅでした。
ローエンは、時野さん的にバッドエンドが超お気に入りです(爆)とりあえず、アクマルートのバッドエンドは多分、ダンデビ全エンディングの中で一番のバッドエンドですよね。シキやリンドなんて目じゃないぜ!(笑)そしてヒトルートのバッドエンドがまた泣けるのよね・・・・もちろんハッピーエンドも好きです。

ちなみに、「想い合った二人がリンド兄さんを説得させる」ゲームと書いたけど、兄さんの最終的な公認度ってこうよねw

メィジ>【家族の壁】>レム>【公認の壁】>>>ローエン(ヒト√)>シキ(ヒト√)>>>>【壁】>ウリエ>>>>【公認とかそーゆー次元の外】>ローエン(アクマ√)>>>>>>>>>>>>>>>シキ(アクマ√)

ウリエ√のリンド兄さんは身体的にもメンタル的にもフルボッコされるからねw身体的なフルボッコ具合だと、他ルート(共通√)で瀕死に2回ぐらいなるけど、ウリエ√はまさかの3回瀕死モードですよ。兄さん満身創痍すぐるwwwwwwその上、終盤の精神的フルボッコも凄いwウリエ√やると、リンアズに目覚めるよね・・・・・・アズナさんだけが救いなんだぜ・・・・・・(号泣)

なんかこんなこと書いてたらダンデビゲームやりたくなってきたなぁ。
久々にプレイしてみるかな。

とりあえず映画楽しみです。

PageTop

コードおとわ 反逆の政次

放送から3時間。
ちょっと冷静になったけど、「直虎とコードギアスが似てる」と思い至ってしまったので、ちょっとキャラが当てはまるかやってみたら、結構楽しいなこれ・・・・・・
ということで、時野が考える「コードおとわ 反逆の政次」のキャスティングはこうなった。

ルルーシュ:小野政次
スザク:井伊直虎
ユフィ:井伊直親
ナナリー:虎松

C.C.:南渓和尚
カレン:中野直之

ミレイ:祐椿尼(千賀)
シャーリー:奥山なつ
ニーナ:奥山しの
リヴァル:奥山六左衛門

ジノ:龍雲丸
ロイド:瀬戸方久
セシル:傑山
ロロ:小野玄蕃
皇帝:小野政直


オレンジを上手くキャスティングできなかったのが心残りだが・・・・・・
コーネリアとか、もっと入れたかった。というか、コーネリアは寿桂尼様かな?ユフィ(直親)殺したのコーネリアになるけど!(笑)じゃあ、シュナイゼルが今川義元か氏真か。

なんか結構意外と合ってませんか?どうですか(笑)

ルルーシュはダークヒーロー政次、天使ユフィは爽やか王子のスケコマシ直親かなと(コラァ)
C.C.は南渓和尚。カレンは最初は傑山さんかなとも思ったけど、直虎への態度の変化変遷とか見ると、之の字の方が合ってるかなと。んで、スザク(直虎)を見守るお姉さん(お兄さん)ポジションということで、セシルさんに傑山さんをキャスティングしてみた。
ロイドさんはなんでも発明⇒新しい商売考案⇒スザク(直虎)にとって有用なものを提供するっという意味で方久で。
自分で振っといてなんだが、生徒会が奥山兄妹になってしまったのが地味にツボる。
そして、玄蕃がロロ雑巾なのはちと可哀想だけどな・・・(苦笑)

敵役とか考えて、今川とか徳川に星刻や扇・玉城とかが入ると面白そうだなとか。
妄想楽しいです。

PageTop

打ってもいいのは嫌われる覚悟のある奴だけだ

おんな城主 直虎
第33回「嫌われ政次の一生」


遠方に出掛けていたので(さっきまで新幹線乗ってた)、BSには間に合わなかったけど、地上波には間に合った。ということで、見終わってまだ10分も経っていないのだけど・・・
神回っという言葉では表現できないほど凄い話だった。
今までの何気ないセリフがそこに繋がるのかよと。

終盤ずっと泣いてました。面白いぐらい泣けるんだ。山場は2回ありましたね。
まず第一の山場(涙腺決壊)は、龍雲丸が政次を助けに来たシーン。政次というより龍雲丸に泣かされた。「あんたこのままでいいのかよ」っていう所でぶわっと。

井伊(おとわ)を守る為、自分の首を差し出そうとする政次に、「それでいいのかよ。悔しくないのか」と言われて、「忌み嫌われるのが小野(俺)の役目。それが本懐だ」と言い切る政次・・・・・・二人の言葉がどちらもジーンと来てしまって・・・ここで完全に涙腺決壊し、以後、最後まで涙が引くことはなかった・・・・・・

それとさ。この、「貴方はこのままでいいのか。悔しくないのか」っていうニュアンスのセリフってさ、去年の「真田丸」でも似たようなセリフが出てきたんですよね。
このまま九度山で平和に暮らそうとする信繁にきりが「何か成し遂げたことがあったのか。それでいいの?悔しくないの!?」と迫り、信繁が奮起するシーンがありましたよね。真田丸の名シーンの一つだと思いますが、これと似たようなセリフで、真逆の行動をとってる所がもう・・・どちらも正しいんですよ。奮起した信繁も、井伊の為に自分だけで背負うことを貫いた政次も。

政次の説得に失敗した龍雲丸が直虎に「あの人の井伊っていうのはアンタのことなんだよ」っていうシーンがまたね。龍雲丸も政次の想いをしっかり受け止めて、救出を諦めた。だからこそ直虎にはその政次の想いを分かってもらいたい的な。
もちろん、決壊した涙腺はそのままダダ漏れでございます。

そしてもう一つの山場。それはやっぱり最後の、直虎が引導を渡すシーンですよね・・・・・・
ここが、「このセリフがこのシーンの為にあったのか」と思わせたのがやはりこれですよね。

「我を上手く使え。我も上手く使う」というセリフ。直虎が政次の真意に気づいて和解するシーンのセリフですよね。
政次を止められない。ならば、政次が望む「井伊を守る」為に、「我を憚りおって!地獄に堕ちろ!」と自ら政次に引導を渡すという・・・・・・もうダメ。既に決壊してるのにもう溢れんばかりのね・・・・・・今、泣きすぎてちょっと目が痛い・・・・・・

これもさ。なんと巧い脚本なのかと。
そもそも、これまでの歴史で小野但馬守政次って井伊家を乗っ取った最悪の家老と言われてきている中で、こんなにも不器用で人間味あふれるキャラクター(性格)に描き、でもそうせざるを得なかったという展開を丁寧に描き、最後は史実に帰還するという・・・・・・

よく時代劇で、主人公ないしその周囲の人間を良く描くために、結末が変わってしまったり、行動と作品上のキャラクターが不一致して違和感が残ることが多々ありますが、今回の政次の描き方については、描き方が一貫していて、ブレない。それでいて、最後は「嫌われ政次」という後世語り継がれている姿に戻るというのが・・・なんか本当にこの人はこう思ってたんじゃないかと錯覚させるほど一貫していて、ブレない「おんな城主直虎の小野政次像」でした。
文章支離滅裂ですが、察してください。とにかく脚本GJでしたと。

そんな大号泣したラストシーン。
ここまでの大号泣は数えるぐらいしかしたことないなっと。それこそ、こんなボロボロ泣いたのって、例えば「コードギアスR2の最終回とかだよな」と思い返してて、気づいた。

そうか、なんか既視感があると思ったら、今回のラストシーンって
ゼロ(スザク)が皇帝ルルーシュを刺すシーン
にすごく似てるんだなと・・・・・・(笑)

政次(ルルーシュ)は井伊(世界)を守る為に、望んで幼馴染である直虎(スザク)に殺されることを選ぶ。そして残された直虎(スザク)は虎松(ナナリー)を支えるべく陰で奔走する・・・・・・

そりゃ泣くわな・・・・・・


ということで、なんか心の整理がつかぬまま書いてしまったので、いつにも増して酷い文章になりましたが、第33回「嫌われ政次の一生」は素晴らしかった。最後まで嫌われ政次を貫いた政次に痺れました。
演技も凄かったです。二人の鬼気迫る最後の「狂言」。ありがとう、ただひたすらありがとうと言いたい。

とりあえず、冷静になりたいと思います。


ちなみに、記事タイトルの「打っても」は「弓を引く(反逆する)」と「碁を打つ」の意味合いを込めたいなと思って、「打つ」の漢字にしました。元ネタはもちろんルルーシュの「撃っていいのは撃たれる覚悟のある奴だけだ」です。

PageTop

写しのお前に期待している

活撃 刀剣乱舞。

第一部隊の戦闘シーンカッコよすぎて既に何回見ていることか・・・・・・

源氏兄弟と大典太は我が本丸にはいないので、こんな感じのキャラなのかと楽しみつつ、おじいちゃん(三日月)とまんばさん(山姥切)強すぎやないですか・・・?いや、おじいちゃん最強なのはもちろんだけど、山姥切さん、あれ絶対カンストしてるわ。いくら打刀とはいえあの速さはおかしい。ここの審神者と握手したい(真顔)
そしてばみかわいいよばみ!

花丸の審神者のチョイスは時野の友人の好みに近かったのですが、
活撃の審神者は微妙に時野さんに近い好みで嬉しい。
いやだって、時野さん家の本丸、こんなんよ?(本日現在のレベル順)

山姥切国広
大倶利伽羅
骨喰藤四郎
堀川国広
蛍丸
和泉守兼定

やぞ。ウチのトップ6の内、4振りレギュラーやぞ。こんなん嬉しいに決まってるやないか!(笑)

でだ。いやー第一部隊、凄いね。レベルが違いすぎる・・・・・・
だからこそ、第二部隊が成長する展開が待ってるんだろうな感があってワクワクするんですが。
そしてufoの本気が凄い。なんやあの戦闘作画(ガクブル)

シリアスな第一部隊ですが、それでもチョイチョイキャラの味が出てるのがいいね。
兄者は噂通りの酷さだったなwwwwww膝丸が健気やな・・・・・・
大典太さんは、刀使おうよ・・・?まさかの素手キャラで吹いた。
あれか、第一部隊のむっちゃん(拳銃)ポジションなのか?(笑)

そして我らが隊長。
「・・・足利宝剣、源氏の重宝、天下五剣・・・いずれも名高る名刀ばかりか・・・なのに俺は・・・」

めんどくせっ!!
でも、このめんどくささこそ、山姥切ですよね。コンプレックスの塊・山姥切くんが大好きです。
花丸では天然キャラで非常に可愛いかったですけど、やっぱ山姥切はこうだよなと妙にホッとしてしまった(笑)
そしてそんな山姥切を「隊長は思い悩むことが多くてな」ととりなすおじいちゃん、好きです。

本当はもっと色々書きたいが、時間がないので抑えます。
土曜日、時間があればもっと色々書きたい。
二刀開眼とか、色々小ネタが凄かった。ウチの本丸でもよくこの二人が二刀開眼してるわ。

最後に次回予告。

おい、コミュ障2人でしゃべらせるな!!!(大爆笑)

骨喰と山姥切という時野的に非常においしい二人だけど、会話が!軽く放送事故だから!


はぁぁ・・・すごかった。ありがとう。次週も楽しみです。

PageTop

小野一級フラグ建築士

本編も凄かったけど、
とりあえずさ。次回のサブタイトルさ・・・・・・

第33回「嫌われ政次の一生」

これさぁぁぁぁぁ。
なんかもう、これがやりたくて今まで映画ネタでやってきたよみたいな集大成すぎて震えた。
あ、もちろん、元ネタは「嫌われ松子の一生(いっしょう)」ですよね。「きらわれま~」まで一緒とか。
そして、まさかの俳優の名前が入ってるとか、やべぇな。脚本家の本気怖い。

と、最後の次回サブタイに持って行かれてしまったが、本編もやべぇっすな。
もうさ、小野演説で泣きそうになった。小野の家臣たちが・・・・・・家臣たちも辛かったよね。それでも「我らも殿を欺いていたのです」とかいう家臣、もう最高か・・・小野家臣団に泣かされた。

そしてなつさんがぁぁぁぁぁ。もうさ、これが普通の映画とかなら「良かったねなつさん。政次も穏やかに過ごしてほしい」と思う所だけど、これ大河ドラマだからね。もう未来が分かってしまっているからね。いやぁぁぁっぁぁやめてぇぇぇぇぇてゆーかもう「俺、この戦いが終わったら結婚するんだ」って典型的なね!一級フラグ建築士すぎてもう・・・・・・orz

それにしても、なつさんといい、しのさんといい、直虎に翻弄された直親・政次に翻弄される姉妹なのだなぁ・・・・・・兄者は顔からピーですし(コラァ)

はぁぁぁぁ・・・ついに来週か・・・・・・
今週も出かけてて、リアルタイムでは見れなかったんだけど。来週もリアルタイムは厳しいかな・・・?
来週は心して観ます。

PS
この三連休、実家に帰っていたのですが。
父親も今年の大河気に入っているらしくて驚いた。いやまぁ、どんな駄作でも絶対見る人ではあるけど、割と今年は本気で楽しんでいるらしい。マジか!
乙女ゲーム大河は父親的にはNGかと思ってたのでビックリしたわ(笑)
いやでも、最近は調略とかが面白い感じで描かれてて確かに歴史ドラマとしての面白さも出てきたよね。
途中から見た人には面白さ伝わらないって評されてるけど、本当にそうだなっと思う。これまでの積み重ねが今生きてるそんな脚本ですよね。いまだかつて、こんなに回想シーンが多かった大河はあったかなと。まるで種デスでも見ているようだ!(笑)
直親の回想とか、マユのケータイ回想に近いものを感じませんか(笑)
だがそれが効いてきている。いやー本当に面白いです。

PageTop