螺旋運命―SPIRAL DESTINY―

livedoor blogから引っ越して参りました。旧館から来た方も初めましての方も宜しくお願いします。

ファンの息の根を止めに来る展開ワロタ

来週のサブタイに「ぶふっ」と笑ってしまった。
毎回毎回モチーフをよく考えるな、おい。(感心)

ちなみに、一番「ちょwww」と思ったサブタイは「綿毛の案」ですね。いやはや。
次週はまさかの「ぬしの名は」。えっと、誰と誰が入れ替わるのかな?
次週同様の「ストレート過ぎ」系だと、「城主はつらいよ」とかですかね。先週の「罪と罰」は元ネタそのまんまだしな。

まぁ、なんかもう最近、毎週感想書いてる気がするけど、いいよね。
大河ドラマ?なにそれ?乙女ゲーム時代劇だよ!
そんなわけで。今週の直虎。

ここに来て直親クラスタの息の根を止めに来る展開ワロタwwwwww

直親が死して早8話(=放送から約2か月)。
なんでファンタジー要素が強い(史実の資料が少ないので妄想が多い)作品なのに、そこは律儀に描くんだYO!ちょっと、なんかもう、直親好きの女性視聴者の屍が見えるwww

いやだってほら、去年の真田丸だってさ!信繁には子供が13人いたと言われるけど、作中では色々配慮してもっと人数少なかったりしたじゃないかwまさかイケメン大河煽ってた作品で息の根止めに来るとは思わなかったわwいやはや、非常に面白い回だったですけどw
共通の敵を得て仲良くなる直虎&しの殿がクッソ面白かったwww

そして今週の政次殿。
なんか一緒に碁やるぐらい仲直りしてるやんけwwwwwwwwwwwww
先週、ようやく領主と家老らしくなったなぁと思ったけど、なんかもはや幼馴染に戻ってますね。

政次(直親の娘!?・・・これはおとわがショックを受けているはず。なんとかせねば!)
と考え、「武田の間者かもしれません」とやたら間者推しする政次に切なくなった。いやでもまだ本当に間者の可能性もありそうだけど?
そして最後の「いつでも当主を降りられて良いのですよ」とかな。ますます舵取りが難しくなってきたからやっぱり俺がおとわの盾になる的なね・・・・・・政次どんだけおとわ第一なのか・・・・・・今後の展開思うとつれーわ・・・・・・

さてと。
乙女ゲー大河。ホームドラマ時代劇と言ってきたおんな城主直虎。
少しずつ情勢がきな臭くなってきましたね・・・・・・東に北条・今川、北に武田、西に松平・織田に囲まれる井伊谷。立地的にはかなり要所なんだぁと再認識。絶対、信長の野望プレイする時には選びたくない立地だわ(コラ)


最近、某自動車のCM見ると癒されますね。
まさかの大人鶴と子供亀の共演だぞ。初めて見た時、画面2度見した。
手を振ってる藤本君めっちゃ可愛い。天使か!
そしてメロンパンもクッソかわええなチクショー!こんな30代反則や!(怒)


直虎、最初は全然期待してなかったのにな。毎週楽しみでワクワクするわ。

スポンサーサイト

PageTop

準備はいいか野郎ども!

ふふふ・・・
確実に時野さんのアニメオタク化を決定づけたこの作品が帰ってくる!


「最遊記RELOAD BLAST」PV第2弾

大人のお姉さんホイホイすぎる。PVのエンドレスリピートが止まらない。
動いてる三蔵一行がまた拝めるのが幸せすぎる。

昔、友人たちと誰が好きで盛り上がったのも懐かしい。
友人は凄く悟浄が好きだったなぁ。時野さんは八戒が好きです。
絶対思い出補正入ってるけど、やっぱり嬉しい。
外伝の漫画もちょこっと読んでたので、楽しみです。

あとOPはGRANRODEOということで。
PVでも使われてるけど、いい曲だね。これ好き。
ちなみに、1025さんとカラオケに行くと、いつも「FOR REAL」と「STILL TIME」の取り合いになります。


7月の放送がめちゃくちゃ楽しみです。
すべからく見る!

PageTop

大河と思わなければ面白い時代劇だよな

先週も今週も神回やんけ・・・。

直虎「家老は如何すればよいと思うか?」
政次「打ち首になさるが相応しいかと」
直虎「今『打ち首』と言うたな?」
政次「・・・はい」(あ、これは嫌な予感がする・・・)
直虎「では、打ち首にはせぬ!」
   「但馬が『せよ』ということをすれば罠に掛かることになると思わぬか?」
政次(こいつ・・・・・・)

という政次の表情がGJすぐる。この諦めた表情、さすが幼馴染である。
かーらーのー、ドS政次による六左衛門への尋問がもう面白くてね・・・・・・この二人のやり取り、今後もお約束にしてほしいわー。
とりあえず、六左逃げろ、全力で逃げろwwwwww

政次「『やる』と言う殿に『やるな』と申し上げるのは無駄にございます故」
直虎「分かってくれてありがたい。鶴!恩に着る!!」
政次「・・・・・・・・・・いえ・・・・・・」

久々に鶴と呼ばれて嬉しさが隠しきれない政次wwwwwwwwwwww
なにこれ。先週の和解を経て、政次デレ期が到来してるwwwwwwwwwwwww
やっと、領主と家老らしくなってきましたね。直虎と直之・六左衛門とも絶対的な信頼関係が出来てきたし、ようやく安心して見れるようになってきましたね。
来週は犬猿の仲であるしのとも、共通の敵ができて同盟結びそうですし(?)。
ようやく井伊谷が落ち着く感じですね。まぁ、一時の平和なんでしょうけども。

それにしても、手習い組が無邪気なスパイすぎて笑えるw
亥之助は鉄砲玉を見つけてくるし、直久は殿に告げてしまうしwww

そして最後はコレw

直虎「これでは我が阿呆みたいではないかぁ!」
政次「自業自得にございましょう」

いいオチだったw
でも、六左衛門が見張り代わった時点でオチは読めてたけどな!(笑)
六左衛門の扱いの酷さに定評がある「おんな城主 直虎」。
武田が動き出してようやく情勢が大河ドラマらしくなってきましたね。ここから大河らしく盛り上がってくれればいいのですが。
しかし、来週はコメディ回になりそうだな。

しの「首を洗って待っておられませー!」
直虎「無うなったの我の美しい思い出じゃ!」

大河ドラマだと思わなければ、こんなに面白い時代劇はないんだがなぁw

PageTop

沼にハマって1年経ってしまった

1年ってあっという間ね。
時野さんが「世界一初恋」のアニメを見てから1年が経ってしまった。
確かGW明けの土日で一気見したので。以下BLトークです。ご注意ください。

全ては、小野寺と高野のもどかし過ぎる二人のせいなんだよな。
第一話で「これめっちゃ面白いな」と思ったけど、その後もどんどん面白くなって行き、二期第5話で完全にやられました。
よく言われるけど、この作品、BLなんだけど話の構成は少女漫画チックなんだよね。感情の機微が丁寧に描かれてる印象を受ける。
普通に男女に置き換えても違和感ない話の構成だなと。でも男女だとあまり障害にならない設定な所がミソなんだろうなと。

主人公の律は大手出版社の一人息子(跡取り息子)。
親の会社に就職し、成果を出すものの、周囲からは「親の七光り」と揶揄され正当に評価されない。
ならば他社で成果を出してやるっと息巻いて転職したものの、未経験の少女漫画編集部に配属され、そこで高校時代の恋人(弄ばれたと勘違いしてた)と再会。
仕事は出来るが俺様な元恋人の編集長と言い争いながらも編集者としても成長していくというストーリーなわけですよ。
そして御曹司が故に、親が決めた婚約者がいたり、親からはことあるごとに「跡取りとしての立場を考えろ」と言われるなど、障害も多いわけです。

これが男女の話だったら、家柄の問題などはあるが、最後は敏腕編集長が律の親の会社へ転職し、婿入り結婚してめでたしめでたしになるわけじゃないですか。よくある少女漫画のオチですよね。王道というかベタすぎるオチですよ。
それが男同士となるとそうはいかない所がキュンキュンするんですよね。

ちなみに、御曹司との格差恋愛っというのはなにも珍しい設定ではないですけどね。
というか、同作者の「純情ロマンチカ」シリーズのカップルはほぼ全CPで片割れが御曹司だったりしますし(笑)
純情シリーズでは「見合い」問題がどのCPにも一回は出てくるファクターですよね。(宮忍は家柄より年齢差の方が大きいけど)

この小野寺と高野の物語ですが、そんな障害がある設定も面白いですが、何より10年前の高校時代とは性格・関係性が大きく変わってるのが面白いんですよね。
お互い勘違いですれ違って性格が変わってしまったというのがたまらない設定ですよね。
インスタント食品やファストフードを食べたことがなかった律の主食がコンビニ弁当になってるとか。
寡黙でセンチメンタルだった先輩が荒んだ大学生活を経て俺様編集長に進化してるとか。(自分に求められてる役割を理解して、時と場合によっては人当たり良くホストのようにふるまう時もあるとか)
10年て短く長い期間だよなと思いますよね(笑)
二人の関係性も逆転しててニヤニヤします。

10年前は律が「先輩好きです」と好き好き言っており、政宗は照れと口下手で好きと言えなかったわけですが、
現在は政宗が「好きだ。俺を好きだと認めろよ」と迫り、律が「アンタなんか絶対好きにならない」と意地張ってるのが面白いなぁと。

この10年のギャップが面白いんだけど、根本的な所は変わってないところがまた萌える。
つまり、時野さんはこの二人の関係性がツボだという話。底なし沼怖い。

アニメでは特に出なかったですが、漫画では毎回ラストに「恋に堕ちるまであと●●日」というカウントダウンがされています。
第一話の時点で「恋に堕ちるまであと364日」となっており、1年後に二人がようやく恋人になることが示唆されているわけです。それに至るまでの過程を楽しみつつ、「いい加減にくっつけよぉぉぉぉぉ」とイライラしながらキュンキュンするのがこの作品の醍醐味です。

これ言っちゃうと怒られそうですが、総じてBL作品って好きになってから恋人になるまでが結構早いというか。どちらかというと付き合ってからのイチャイチャを読者に望まれている感があって、割とすぐくっつくわけですよ。「これは急展開過ぎて、唐突過ぎて付いていけないな」と感じることが多いBL作品において、ここまで丁寧に・・・・というか丁寧過ぎに恋に堕ちるまでの心の機微を描いている作品も少ないなと思うわけです。というかもう連載が始まって10年経ってるわけですよ。そろそろいい加減くっついてもいいのではないでしょうか!(苦笑)
いややっとね。カウントダウンのゴールが見えてきたのでね・・・・・・・私たちの次元で言うと、あと1~2年で0日が来るのではないかと思っているのですが。(希望的観測)

アニメはとにかくテンポが秀逸でしたね。掛け合いが本当に面白いし、BGMが凄くマッチしていて。そして原作の良いところを余すことなく活かしたアニメでした。

さてさて。前置きが長くなってしまいましたが。(本当は数行で終わらせるつもりだった)
そんなセカコイ最新話掲載のエメラルド買いました。
そして、昨年のクリスマスイヴに発表され大爆笑した「アニメイト30周年記念 世界一初恋~アニメイトの場合~」(小説)も買いました。読みました。

アニメイトの場合については、こんな記事を書いてましたが、いやはや、まさかのラストに時野歓喜!!
面白かったです。ちなみに、予約購入したので特典のドラマCDも聞きました。三枝も手塚さんも良かったです。あと安定の桐横ありがとうございました。

エメラルドの方はですね・・・・まずはセカコイはさ・・・
今回の話は本当にTHE少女漫画王道の展開キタコレ!でキュンキュンしました。
そしてもう、小野寺さんのデレっぷりが凄い。え、なにあのモノローグ?読者萌え殺す気?
「小野寺ツン」さんが「小野デレ律」になってきてて本当・・・・・・ありがとうございました。

純情ミックスは、水樹と薫子、そして伊集院先生と・・・・・・・!
水樹と薫子の関係性たまらんね。好きです。

そして伊集院先生の話の方は・・・・・・皆が妄想していたような展開になってきたの・・・かしら・・・?
もう、「世界一純情 ロマンチカな初恋の場合」という作品名にした方がいいのではなかろうかw

・・・あと「黒か白か」も面白かったです・・・・・・


さて。先週から暑くなってきましたね。
脳が腐りやすくなる時期。そして毎年恒例の7月の残業祭りに向けて心が荒む時期。
当分、セカコイからは抜け出せなさそうです。
BLは語れる友人がほとんどおらず、一人で萌を滾らせているので辛いのや。
たまにブログで話題にするのだけは大目に見てやってください・・・・・・

PageTop

10周年ラストはおもいいろの記憶

発売から10年を経て・・・・・・

「緋色の欠片」PSVita移植版発売日が「7月27日」に決まりましたね。
タイトルは「緋色の欠片~おもいいろの記憶~」
実は発売することを知らなかった時野さん。いやー緋色はいつかVita化してくれると信じてたけど、10周年ラストに満を持してきましたね。嬉しい!絶対買う。

公式サイトもオープン。
スチルも公開されましたね。といっても新規グラではないので、「ああ、懐かしいなぁw」という感じですが(笑)
時野さんはアニメの一期と二期の間にプレイしたクチですが、それでももう5年前なんだよなぁと。しみじみ。

緋色の欠片はストーリーが重くシリアスだけど、適度に学生特有のわちゃわちゃ感があって好きです。
真弘先輩ルートはハンカチなしにはプレイできないですよね。真弘先輩ルートをプレイしていると真弘先輩のことしか考えられなくなる謎の引力があるんですよね。先輩の背負ってるものが重すぎるんや・・・
そしてセリフがね・・・・・・魂が籠ってるセリフに何度鳥肌が立ったことか・・・・・・
「ぶち壊せ」と「おかえり」で泣けるんだよな・・・・・・

祐一先輩はまさに「白馬の王子様」なんですよね。祐一先輩は「照れる」ということを知らないというか、真顔でさらっと恥ずかしいことやるから心臓に悪いですよね。キュンキュンってレベルじゃねぇーぞ。
だいたいに、「緋色の欠片」ですら祐一先輩キュンキュンすぎるのに、「蒼黒の楔」においては、もう先輩がメインヒーローですよね?というかメインヒロインですよね?な勢いの祐一無双だから怖いんですよね。
そして「白華の檻」をプレイしてしまった今。祐一ルートやったら泣きそうだ。

そして、やっぱり時野さんが一番気になってしまうのは狗谷君な気がします。遼が大好きです。
当時、友人やゲームをプレイした読者様達から「狗谷君の良さが分からない」「なんで時野さんが狗谷君が好きなのか分からない。意外過ぎ」「確かに遼は可愛いけど時野さんの境地までには至れなかった」etc言われましたがw
あと、オトメイトのナンジャタウンコラボに行ったとき、当たったグッズの絵柄を選ぶ際、「遼の絵柄下さい」と言ったらスタッフさんに「え!?」と物凄く驚かれました(苦笑)
いやあのですね。彼の言動・行動・スチル等で歩く18禁の称号を欲しいままにしていますけど、よくよく彼の言動とか見てると、ただの照れ隠しで虚勢張ってるだけというか。そう思うとむしろ可愛い奴だよなぁと思ってしまう時野なのであった。
多分、私がゲームをプレイした年齢が既にそこそこの大人だったからこそなんだと思うんだけどね。今となっては、卓さんですら私より年下なんだぜ、勘弁してくれよ・・・(号泣)

そうよね、卓さん25歳なんだよね・・・・あああ。
乙女ゲームの攻略対象の年齢って、やっぱ主人公が学生のパターンが多いから、概ね「25歳」がラインだと感じているんですよね。
時野的、「年上キャラ25歳組」というと、卓さん(緋色)、ケントさん(アムネ)、嶺二先輩(うたプリ)の三人ですね。この三人の年齢を越した時(26歳の誕生日)にちょっと凹んだことは秘密です(苦笑)

原点の「緋色の欠片」ということで。
久々にヤンデレな美鶴ちゃんも拝めるわけですなぁ(笑)
今となっては、珠紀様大好きな百合キャラな美鶴ちゃんですが、初代「緋色」では珠紀ちゃんのライバル的なポジションで、慎司ルートでは昼ドラ化してたのが懐かしいなぁと。
拓磨・真弘ルートでは拓磨のことが好き、慎司・祐一ルートでは慎司君が好きすぎてヤンデレに、卓さんルートではあまり美鶴ちゃんの恋愛沙汰は取り上げられず、遼ルートでは珠紀様大好きの百合化(その後の美鶴ちゃんの原型)が拝める変幻自在な美鶴ちゃんも話を盛り上げるスパイスですよね。

緋色はとにかく女の子が可愛いんですよね。
珠紀ちゃんはもちろん、美鶴ちゃんも清乃ちゃんもアリアもフィーアも大好きです。


さてさて。
語りだしたら止まらない「緋色の欠片」
もっと色々書きたいが、明日も仕事だ。そろそろ寝なくては・・・

今回、グラフィックもVitaに耐えられるよう少し綺麗になるようですし、ワクワクします。
発売まであと2か月半。発売が楽しみです。
とりあえず、ブログに「緋色の欠片特設部屋」なるものを作ってみました。(2013年からずっと白華だった所を緋色にしてみましたw)
真弘先輩、祐一先輩、遼、そして珠紀ちゃんがランダムで表示されます。・・・しゅごごご全員表示させたかったけど、コードの関係で4つまでしか表示されないので・・・(コードいじれば全員表示可能だけど)

緋色の欠片~おもいいろの記憶~発売が楽しみです!!!!

PageTop

乙女ゲーム大河の発売はまだですか?

あああああああもうなにこれ・・・・・・・

今週の「おんな城主 直虎」

「今更嫁に貰ってほしいと言っても手遅れだからな」とか、本音が空ぶって冗談だと取り繕う政次www冷静な時だったらもっと嫌味な返しが出来たろうに、動揺しすぎて本音ポロっと言っちゃったら全力でかわされ、「女だから守らなきゃとかお門違いだ。私は自分の意志で直親の代わりになると決めたんじゃ」と最後まで希望ザックザクに打ち砕かれる政次が不憫で大好きです(爆)
まだ放送見た直後だけど。えっと、もう一回録画見てくるわ・・・・・・

本作。時野さんは完全に「乙女ゲーム大河」だと思ってます。
大河ドラマとしてはどうなのかと思うけど、時代劇ホームドラマ(もしくは朝ドラ)だと思ったらめっちゃ面白い奴や(苦笑)
正直、一週間で一番ワックワクでTVの前に座ってるかもしれん・・・・・・

先週の放送後、直虎記事を書いてたんですが、あまりの中身のない感想すぎてお蔵入りしていました(笑)
だが、今週の放送見たらやっぱりUPするしかねぇ(笑)

ということで、以下、先週の放送直後に書いた記事です。
↓↓↓

----------------------------------------------------------
直虎「六左は、但馬に迫られるとすぐ話してしまうから駄目じゃ」

と言われてて、ちょっと可哀想だった、今週のおんな城主直虎。
六左だってな!最初は粘ったんだよ?でも、政次(@高橋一生)に不気味な笑いを張りつけたまま、ボロ雑巾(@ついさっきまで床掃除に使ってた)で顔の冷汗を拭われ、頭に載せられたらそりゃ隠し事も吐くよね。仕方ないよ(苦笑)

さて、今回は子役たちが大活躍な回でしたが。
虎松VS亥之助が図らずしも直虎(後見人)VS政次(叔父上)になってて面白かった。
でだ。毎週、ライバル視して張り合ってた二人ですが、ようやく次週、話をしようと来ましたな。大河乙女ゲー、政次ルートのセーブポイントキタァァァ!(コラ)

大河乙女ゲーム「おんな城主 直虎」
攻略対象が増えてきましたね。これはなかなかの良ゲーの予感。

①井伊直親:正統派メインヒーロー。現時点で既に亡くなってますが、そこは、変若水的なものでw
②小野政次:THEダークヒーロー。でも行動原理が実は主人公の為とかいう憎めない奴。
③傑山:THE筋肉。主人公見守り系兄貴。 ※ただし、この方、僧侶なので結婚できませんがw
④中野直之:キャンキャン噛みつき系ワンコ。中身はTHE・漢のユキちゃん。
⑤瀬戸方久:カンカン金の臭いに噛みつき系ワンコ。金は正義!
⑥謎の旅の男:2週目以降攻略できる隠れキャラ。ワイルド系流浪人。
⑦奥山六左衛門:ちょっと頼りないが、心優しい系家臣。ファンディスクが出たら攻略できる枠w

主人公のライバルが「奥山しの」(直親ルートでは全力で嫌われます)
主人公の味方が「奥山なつ」(政次ルートにおけるキーパーソン)
・・・・・・奥山の存在感ぱねぇ!(苦笑)

てな感じで本当にゲーム作れそうだから笑える。
乙女ゲー妄想楽しいです。

PageTop

神と創造物というより訳あり親子感

PCを実家に持って帰ったはいいけど、ポケットWi-Fi持っていくの忘れてネット繋げられなかったマヌケな時野です。
実家の無線LANのID入力するのが面倒で・・・(苦笑)
GW中、色々書きたかった!どれから書いていいのかだけど、とりあえず最新アニメの感想から。

レクリエイターズ安定して面白い・・・!

メテオラちゃん、お茶目すぎワロタw菊地原さんとのやり取りが面白すぎ。

メテオラ「ちびっと拝借を」
菊地原「賠償請求の対象になります」
メテオラ「申し訳ありませんでした」
菊地原「最初からそう仰って頂けると」

菊地原さんも真面目にラノベタイトルとか読み上げるからシュールすぎて最高。
松原のおっさんの「(創造)物じゃないんで。やめてくれ」がカッコイイ。ラノベ作家の鑑やな。セレジアさんもちょっと嬉しそうやんけ。なんかこう、離婚して久々に再会した親子的な距離感、いいな。最初は「こんなのが私の創造主だなんて」と言ってたけど、終盤はいいコンビになってそう。
中乃鐘さんとルイ君もまだ出会ったばかりだが、ルイ君のこと分かりきってる所がやはり親子感あるよな。ここの組はどちらかというと隠し子発覚的な感じだけど(爆)シュタゲのダルと鈴羽的なスメルがする。

いやーみんなキャラが濃くて面白い。一番、影が薄いのが君だよ、主人公!!(苦笑)

あと、驚いたのが、ルイ君の中の人、雨宮天なのか。あんな声出せたのね。この少年ボイスなかなか良いね。
そしてアルドノアヒロイン声優が揃ってしまったなw韻子・エデルリッゾ・アセイラム姫がおる。

どうやらレクリエイターズは2クールらしいので。
もっと話広げられるよなぁ。すっごくオイシイ設定なので、活かしきってほしい。

このまま盛り上がるか、失速するか。
ドキドキですが、今の所めちゃくちゃ面白いです。今後も楽しみ。

PageTop