螺旋運命―SPIRAL DESTINY―

livedoor blogから引っ越して参りました。旧館から来た方も初めましての方も宜しくお願いします。

あなたは亀派?鶴派?それとも武闘派僧侶?

先日の記事で「おんな城主 直虎」で時野は誰派かという話題を出しましたね。

①井伊直親(亀之丞)
②小野政次(鶴丸)
③傑山

正解は

もちろん、政次(鶴)
決まってるであろうがぁぁぁぁぁぁ!


うん、大河見てる読者さんなら絶対分かってただろうけど(笑)
もうなんなのかな・・・・・・政次が不憫過ぎるだろ。貧乏くじどころじゃない。そりゃ、闇落ちするわ。
闇落ちしつつも、それでも直虎が転んだところで思わず反応するとか・・・え、なにこれ少女漫画?にしてはドロドロしてるから乙女ゲームかな(笑)
オトメイトとかならこーゆーゲーム作りそう(笑)

井伊直虎(おとわ)
主人公。井伊家当主・直盛の一人娘。
お転婆娘だが、色々あって10歳で出家。以降、次郎法師(尼)として領民に慕われる。

井伊直親(亀之丞)
正統派イケメン王子。
子供の頃は病弱な上、父親の謀反により亡命していたが、立派な好青年になって帰還した主人公の元許婚。
おとわと結婚することを糧に亡命生活を乗り切った一途なおとわ大好き王子。
超然爽やかの好青年だが、天然故に周囲の人間を追い詰めていく。(主な被害者:政次、しの)

小野但馬守政次(鶴丸)
THE不幸体質の周囲に振り回らされ・誤解される系ダークヒーロー。
おとわ・亀之丞とは幼馴染だが、父親(井伊家家老)は井伊家から疎まれており、引け目を感じている。
幼少期からおとわが好きだったが、想いは封印し、亀と幸せになることを願ってる姿が切ない。
その後、亀の父の謀反によりおとわと亀の縁談は破談。父の暗躍で政次がおとわの許婚になることになったが、おとわに「亀と夫婦になれないなら出家してやる」と破談される鶴丸少年あまりにも不憫であるw
井伊を貶めようとする父親を良く思っていなかったが、死に際「お前は私と同じ道を歩むことになる」ともはや呪いの言葉を残されるw
仲の良い弟は桶狭間の戦いで戦死。弟の妻・なつ&その息子を実家(井伊家重臣・奥山家)に返せと言われたものの、なつ自身から「小野家に残りたい」と言われ、そのことを奥山に伝えに言ったら、「娘たちを人質にするのか!」といきなり斬りつけられ・反動で奥山を殺してしまう。
その後、おとわとなつのお蔭でなんとかなったが、より一層、井伊家から疎まれることに・・・。
直親には、井伊家を守るためとはいえ、土壇場で汚れ役をやらされたり、極めつけは直親が今川家の罠にハマり、井伊家の重臣が次々と戦死していった結果、おとわに裏切り者だと思われ、完全に敵対する二人。まぁ、この辺りから政次もダークヒーローチックになってきたので何とも言えないのですが。本当に裏切ったのか、それともまだ井伊のためを思っているのか。ここら辺が読めないのが魅力ですよね。どんどん「ああはならない」と思っていた父親に似てきているところもたまらんね。
新章では、このいびつな殿(直虎)と家老(政次)の関係性が楽しみですw

傑山
THE筋肉!筋肉が美しすぎるマッチョ系武闘派僧侶。
彼の魅力は筋肉!ですが(笑)あのなんとも言えない表情ですよね。
笑顔なんだけど怖いというか。でも、やっぱりそこは僧侶なんで、理不尽な死に直面すると悔しさを滲ませたり。
あと、立ち位置が次郎(おとわ)が僧侶としての道を踏み外さないか心配しているお兄さん的なね。
武闘派僧侶なので戦ってるシーンもカッコイイですよね。まさかのダークホースの傑山です。

奥山しの
乙女ゲームでは必須の主人公のライバル女子枠。
直親の妻。良くも悪くも嫉妬深いTHE女子。
長年子供が出来なかったこと、直親が未だにおとわを想っていることにメンタルをやられてしまったある意味被害者でもある。
いや、直親さん・・・いくら天然とはいえ、それは酷いよな・・・と(苦笑)
まぁ、直親の気持ちも分かるけど、しのの暴走はまぁ、仕方がないと言えば仕方がない。
そして、そんなしのに理不尽に攻撃される直虎も可哀想である。
あと結果的に父親を殺した政次への敵対心も凄い。まぁ、元々小野は疎まれていて、そんな家に妹が嫁いだわけなので。唯一の良心である妹のなつの存在が救いですよね・・・。

瀬名
こちらも乙女ゲーム必須である主人公の親友女子枠。
今川家の家臣の娘で主人公の文通仲間。家康の正妻。
ゲーム終盤ではきっと色々活躍してくれる・・・はず。


なんかもう、ちょっと設定弄れば本当にゲーム作れそうだぞ。
ちなみに、公式でこんなおふざけ動画も配信しているというw

女子会編1
女子会編2

これ結構笑ったw第一弾の方はモノマネがちょいちょい似てますよね。
但馬守(政直)と大じじ様(直平)が秀逸すぎるwwwwww

そんなこんなで、スイーツ要素もうっかり面白いおんな城主 直虎。
この間も書いたけど、大河としてのストーリーも結構面白い。
ちなみに、時野的好きな大河ドラマ(2001年以降)はこんな感じです。

1位「真田丸」(2016年)
2位「軍師官兵衛」(2014年)
3位「篤姫」(2008年)※ただし、大河ドラマというよりホームドラマだと思っている
4位「龍馬伝」(2010年)

ここまでが全話見た作品かな。
全話は見てないけど、面白かったのは
「利家とまつ」(2002年)
「新選組!」(2004年)
「功名が辻」(2006年)
「八重の桜」(2013年)

・・・・・・意外と女性主人公モノも好きだった時野さん。
逆に苦手な大河も「江」と「冴えない志士<イケメン>の育て方花燃ゆ」だったりしますけど。
あと、「武蔵」な。「天地人」はOP詐欺だったよな・・・・・・。
つまりは、男だろうが女だろうが、話が面白ければいいんだよ!

今のところ、直虎は4位の龍馬伝と同位ぐらいのポジションにいる。
このまま面白さをキープできれば上位も夢じゃない。今後次第かな。

とにかく今後の展開次第!
楽しみです。

スポンサーサイト

PageTop

2017年春アニメがスタート!

今期ダークホースになりそうな作品が来たと聞いて。

新年度になりましたね。
年度末に愚痴ったダメダメ先輩が残した仕事の処理が結局終わってません。
いや、かなり頑張ってなんとか上層部にギリギリ報告できるレベルにはしたのでなんとか収まってるけど。
そんなこんなんで相変わらず残業ライフな1週間でした。

てなわけで、新番組もいくつか録画してるけど1つも見てません。
読者の方からは「アリスと蔵六」をオススメされたので、見てみようかな。
バンダイチャンネルの期間限定無料放送なら間に合う・・・よね・・・?

そして。ネットの評判だと「正解するカド」がなかなか面白いようですね。
1話の感想とか少し見たけど、確かに面白そう。時野さんは好きそうな感じがする。
そして「BSフジ」放送ならまだ間に合う・・・!ということで早速録画予約してきました。
放送が楽しみです。

PageTop