螺旋運命―SPIRAL DESTINY―

livedoor blogから引っ越して参りました。旧館から来た方も初めましての方も宜しくお願いします。

ヒッキー部屋からの脱出

こんにちは、時野です。
普段、休日は家に引きこもってアニメオタクやってるわけですが、
さすがに運動・・・という前に家から出ないとなーと思ってまして。前は外回りの仕事だったので嫌でも歩いてたけど、ここ1年以上デスクワークで全く歩いてないし・・・。

でだ。友人に誘われて以前からちょっと興味があったリアル脱出ゲームに参加してきました。
2公演ほど参加したのですが、

やっべ、これは面白い・・・!

私が参加したのは、どちらも過去に公演されて人気があった作品の「再演」なのですが、
「マッド博士の異常な遺言状」と「ドラキュラ城からの脱出」に参加してきました。

同じタイプの脱出ゲームで、あまり体は動かさないタイプのものですが。
いやでもなんだろう、この知的労働の楽しさよ!
頭を使うゲームが大好きなので、まさに時野向けのゲームというか。

遺言状の方はまさに「してやられたぁ・・・!」だったのですが、ドラキュラ城の方は答えを提出してからミスに気づいて、一応制限時間内に謎は解けたけど脱出失敗という究極に悔しい結末に。でもめっちゃ楽しかった!

ちなみに、最初は何やっていいのか分からなかったけど、慣れてくると自分の役割が分かってきましたw
発想力とかも大事だし。時野さんはまだ不慣れなのでまだあたふたしますけど、それでも私なりの好プレーもあったりで、チームがいい方向に動くと嬉しいですね。
この間も、友人が15分考えても分からなかったなぞなぞを10秒で閃いた時野さん。
普段、親父ギャグばっかり考えてるのが人生で初めて役に立った瞬間でした(笑)

ということで、時野さんもリアル脱出ゲームにハマりそうです。
友人もハマったようで、定期的に参加したいなと。
ということで、読者の方で参加してる人がいれば知らず知らず一緒にチームを組んでることもあるかもしれませんね(笑)

遺言状は、東京は既に終了しましたが、大阪、福岡、金沢は12月からのようですので、近郊の方は参加してみては如何でしょうか?
ストーリーが凄く良かったです。脱出できなかったけど、終わった後の気持ち良さといったら。
また、ベテラン参加者の方曰く、最近の作品はかなり難しいそうですが、こちらは一応2、3年前の作品ですので、そこまで難易度が高すぎないとのことなので、初心者向けだと思われます。

ドラキュラ城は大阪は終了。横浜も明日で終わりのようですが、札幌、名古屋は来週からのようです。こちらもかなり楽しめました。こちらも再演ですので初心者向けかな。でも一つでも見落としをすると脱出はできないので凄く楽しい。


近々、また別の公演に参加する予定です。
これが脱引きこもりのきっかけになると良いのですが。
まさに部屋からの脱出ゲームですなぁ。あ、全然捻りがなくて面白くないですね、スミマセン。

スポンサーサイト

PageTop

母親のアニメ視聴観察日記

ウチの母親はどこに向かっているのか。
用事があって母親(64)に電話したら、凄いことを言いだした。

母親「アンタ、『3月のライオン』てアニメ見てる?」
時野「将棋アニメでしょ?私は見てないけど」
母親「お母さん、見てるの、凄く面白いわよ!!」
時野「wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

・・・・・・あのアニメ嫌いだった母が私が勧めてないアニメを自発的に見るというミラクルに衝撃が止まらない・・・
いや、私も放送前は見ようか悩んでたけど。今期はとにかく作品数が多すぎたので諦めたんだよな。まさか母がハマって逆に私に勧めてくるとは・・・5年前には考えられなかった事態だ。ガクブル。

あと、うたプリもちゃんと見てるそうです。
4期は割とハートフルな内容なので、母的にも今までより面白く感じるようです。
「また7人増えちゃって覚えるのが大変!今週は瑛二くんだけ?頑張って覚えたわ」


いやー母親がアニメ見る姿が面白くて、ネタにすべくさりげなく母も見れそうなアニメを勧めてきたが、まさか自発的に作品チェックして見始めるとは・・・・・・NHKアニメだったのも抵抗感少なくなった要因のようですが。
今後もネタを提供していただきたいものです。

PageTop

バカは死んでも治らないを体現する中野君

亜人、一期より面白くなってきましたね。

戸崎さん達と合流して佐藤さんを倒す展開!
頭脳明晰だけどプライドが高すぎる圭と脳筋中野。
最終的にはこの二人の成長物語になればいいのですが、さてはて。

相変わらずえげつない展開ですが、ちょいちょい不死身を生かしたギャグとか盛り込んでるからズルいw
そしてあのOADの内容ズルくね?超見たいwww

亜人もまずまずのスタートを切ったし。本当、今期は面白いアニメホクホク!ありがとう!

PageTop

これが最後の白状・・・だと思いたい

四度、白状します。
・・・このフレーズで危機感を覚えた人は回れ右。
(そしてとても長い)


アニメ「世界一初恋」
BD-BOX買ってしまった・・・・・・



アニメ化されたのが2011年。当時はDVDしか出てなかったので、2014年に映画化記念で発売されたBDBOXです。
2011年頃って、男性向けアニメは基本「BD&DVD同時発売」だったけど、女性向けは結構DVDだけ発売ってパターン多かったですよね。ちょっと懐かしい。

いやね。
原作も読んでしまったし、改めてアニメ見返したいなーと思ったし。
何より、今となっては入手できない限定版コミックス特典のアニメも収録されてる神仕様でお値段3万円とかね。
全24話+特典OVA2話付きで3万とか破格すぎない?社畜には余裕ですわ!

で、買ってしまった。
いやー・・・・・・やっぱり動いてしゃべってるのはイイネ!
改めて見るとやっぱりキュンキュンするわ。

そしてコミックス特典だった「0話(嵯峨律)」と「12.5話(トリチア)」がまた堪らなかったです。
0話は10年前の高校時代の話。原作だとコミックス1巻と2巻の描き下ろし「小野寺律の場合No.2.5」と「No.4.5」をミックスさせた話ですね。
No.4.5で悶え死にしてた時野さん的にはこのOVAが見れただけでBOX買った価値があったわ。

12.5話のトリチアも凄く良かったです。私もトリと一緒にニヤニヤしてしまった。
EDに使われてたBGMが凄く好きです。ピアノのメロディが本当綺麗。

そんなこんなで、改めてアニメを見ると色々発見もあって楽しいです。

あと何よりお仕事描写が面白い。お仕事パートだけなら男性陣にこそオススメしたい(苦笑)
一応作品のキャッチコピーが『編集者が青ざめるほどちょこっとリアルな出版業界ラブ』な本作品。
私も仕事で一時期、出版会社の人と仕事したことあるけど、その時不思議に思ってたことが「ああ、そーゆーことだったのかな」と納得したり。
あと、社会人あるあるも多いですよね。時野さん的には木佐さんの仕事に対する気持ちとか悩みが凄い分かるというか。「そうそう、あるある」と妙に共感してしまったり。

エピソードも面白いですよね。個人的に好きなエピソードはアニメ4話の話ですね。
北海道在住の漫画家が、締切ギリギリな上に、アシスタントが全員インフルエンザで倒れてしまうのですよ。皆が「もう間に合わない、原稿を落とせ」と言うけど、新人の主人公は個人的な対抗心もあったりして、啖呵切って、北海道に原稿取りに行くエピソード。
『間に合わなかったら責任を取るのは自分ではなく編集長。自分には謝罪の権利すらない』こーゆー感覚って社会人にならないと分からない所だよなぁと。
ある意味、本放送の2011年に見てたらここまでハマらなかった気がします。当時はまだ学生だったので。今見るからこそ共感できるんだなぁと思います。

でだ。ここからは完全に時野さんの趣味の領域なんだけど。
時野さん、細かい資料とか、相関図的な設定をまとめたりするのが好きでして。
相関図とかにまとめると新たな発見とかあって面白いじゃん?私だけかもしれないけど。
久々に人間関係が複雑というか、いい意味でごっちゃごちゃの作品に出会えたので、「純情ロマンチカ」と「世界一初恋」のキャラクター相関図を作ってみた。

とはいえ、さすがに登場人物が多い上に複雑に絡んでたりするので、まずはメインキャラ達(2人×4組×2作品=16人)の関係をさらっとまとめてみた。
ピンク枠が純情シリーズのメインキャラ。緑枠が世界一初恋シリーズのメインキャラ。
※「純情シリーズ」及び「吉野千秋の場合」はアニメ知識なので、間違ってたらスミマセン。

セカロマ相関図

このメイン16人+これらのキャラや純ロマセカコイを繋ぐ最低限の関係者だけならそこまで複雑な相関図にならないのだなと。意外とスッキリしてる。
井坂さんを筆頭に次に保護者段が来て、メイン組段が並ぶ五角形はなかなか綺麗だなと。
M大関係者列とエメラルド編集部列を形成したのもちょっとした拘りです。

しかし、さらに踏み込んで本気で相関図作ってみたらどうなるのか。
作ってみたいけど、絶対すごいことになるよなぁと。んで、ネット検索したら実際相関図作ってる方もいらっしゃったけど、やっぱりカオスなことになってると。
だから↑のメインのみのシンプル相関図を作ったわけですが、でもできる所まで細かい関係も入った相関図も作ってみようかなと思ってしまって。あーだーこーだ考えるのが楽しい人間なのでね。ちょっと時間かけて作ってみたら本当にとんでもないことになってしまった。

セカロマ相関図(カオスver)

まるで路線図のようだ!
カオスすぎるので、作品別にゾーン分けもしてみた。

セカロマ相関図(作品分けVer)

こうやって図示してみると、すべての起源はウサギさん(宇佐見秋彦)で、純ロマ&セカコイの2作品を繋げているのが井坂さんなんだなぁと。んで、律さんが間接的に純ロマキャラと接点があって2作品の関係性を深めているのかなと。
なんというか、ウサギさん発信+美咲君が引っ掻き回した人間関係を律がレシーブして高野さん中心に丸川書店内に水平展開してるイメージ(笑)
これが横軸(純ロマとセカコイ)の接点で。

もう一つ縦軸があって、「文芸と漫画」という違うジャンルが循環している感じがしますよね。
反時計回りでウサギさん(文芸)⇒律(元:文芸⇒現:少女漫画)⇒高野編集長(少女漫画)⇒横澤さん(コミックス担当の営業)⇒桐嶋編集長(少年漫画)⇒伊集院先生(少年漫画)⇒美咲(少年漫画)⇒ウサギさん(文芸)
という感じで一周しているのかなと(笑)
あと、ウサギさん⇒ヒロさん(文学部助教授)⇒宮城(文学部教授)という文芸繋がりから、医者志望の野分や高校生(法学部大学生)の忍という全然違うジャンル畑と接点ができるのも面白いよね。

こんな風に情報整理して色々考察するのが趣味です。いつもは脳内に留めておくのですが、
久々に整理し甲斐のある作品だったので、脳内だけではなく実際にアウトプットしてみました。
本当はもっと色んなキャラがいるのですが、二次元ではもうこれ以上表現できなかった(苦笑)

あと、純ロマの主人公・美咲君は今、作中で大学4年生になってて、丸川書店に就職内定している設定なのがね。これ、就職したら相関図がとんでもないカオスになるのではなかろうか・・・・・・
美咲君が配属になりそうな部署を妄想するのも楽しいですw
①コネ入社扱いなら文芸
⇒でも美咲君に文芸編集が務まるとは到底思えないw
②無難にジャプン編集部
⇒既にジャプン編集部でアルバイトしているわけだし。伊集院先生との話を続けるなら無難にジャプンなのかなと。
③セカコイ本丸エメラルド編集部
⇒春菊先生はそんな露骨なサービスはしない!(笑)
④時野的ありそうだと思ってる営業部
⇒美咲君は本を作るより体張って営業してそうだなと。漫画担当の営業なら伊集院先生との接点も生きてるし、横澤さんの部下になるとか面白そうじゃん?桐嶋さんとも面識あるわけだし。
⑤隠れ本命サファイア文庫編集部
⇒秋川弥生大てんてーの存在を考えたら一番面白い&あり得る布陣だと思うのですがw就職面接もフラグですよねーw自分がモデルのBL小説の編集する美咲君とか最高の御馳走だと思うんですよね。

③はまずないと思うし、①も多分ないと思ってる。
②が無難だけど、安全牌すぎる気がしてね。
ということで個人的には④がありえそうだけど、⑤だったら最高だなという妄想でした。
さてはて。

とまぁ、ここまできっと大抵の読者の方は興味がないであろう話を書き綴ってきましたが。まぁまぁ無事、春菊病に罹患したので記念に書いておきたくてね。こーゆー記事って数年後に読み返すとなかなか愉快なものなので(笑)

つーことで、ここまでお付き合いいただきありがとうございました。
さすがに五度白状することはもうないというか、これ以上何か上のステージあるかなと。なんかもう登るところまで登った感あるけどw
 STEP1:純ロマアニメ見た(2月)
 STEP2:セカコイアニメ見た(5月)
 STEP3:セカコイ原作買った(6月)
 STEP4:セカコイBD-BOX購入(10月)
これ以上登るとしたらもう同人活動ぐらいしかないよね。さすがにそこまでは行かないと思うけど・・・・・・(苦笑)

罹患すると大変だと聞いてた春菊病にまんまと罹患した時野さん。
みなさんもお気を付けください(笑)

PageTop

なんとか官兵衛さんのお手柄

真田丸40話。九度山村編最終回。

きり「氏政様が(小田原)城を明け渡したのは貴方の力ではないですから。後から会いに行った『なんとか官兵衛』様のお手柄ですから」

なんとか官兵衛wwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
ちなみに、時野さんはBSの早丸視聴者ですが、番組のあとに「ザ・プロファイラー」の番宣CM流れて吹いた。なんとか官兵衛さんちーす!

それにしても、きりは本当にいいキャラになりましたね。
こうやって挙げると、源次郎さんは成果出せてないんだなと。過程はいいのに最後あと一歩届かない。それを幼馴染に指摘されて奮起するって展開、熱い。
回想シーンも懐かしくて思わずうるっと。

さぁさぁいよいよ最終章突入ですねぇ!
50秒関ヶ原の分、大坂の陣の合戦シーンは頑張ってほしい。

PageTop

国際フォーラムで単独ライブだとぉ・・・?

カルナイ・・・
単独ライブ・・・だとぉ・・・・・・?


昨晩の記事はリアルタイムで見てそのままの勢いで書いたのだけど、CM見返したらとんでもねぇことこっそり書いてあるじゃねぇーか・・・・・・
QUARTET NIGHT単独ライブマジかいな・・・!3月に国際フォーラムとのこと。
いやほら、今期はスタリとヘブンズのデュエットなのは放送前から分かってたわけで。こりゃ、6thライブでヘブンズ来るのは確定なわけで。
とすると、超人気声優18人のスケジュールと会場のスケジュールなんか合わせられるわけないやないかーい!と思ってたけど、先輩は単独にするわけねwwwwwwww
しかし国際フォーラムって・・・先輩人気考えたらこれ、西武ドームでやるスタリ&ヘブンズより血で血を洗うチケット戦争起きるぞ・・・・・・もう、うたプリ怖い(知ってたけど)

5thのうっ憤(骨折)を晴らすべく踊りまくるたっつんが楽しみです。
エボリューション・イヴが今度こそエボリューションするのかぁ~。ムネアツ。
曲も、今回の「KIZUNA」とSSS曲の2曲と「Starlight Memory」は絶対歌うじゃん?あと3期ドルソンカップリングであるソロ曲か。カミュの1人デュエット曲はライブでどうなるのか・・・・・・。嶺二にフレフレ応援され、蘭丸で夢は無礼講して、藍ちゃんのムネノコドウで泣かされるんですね。分かります。

うたプリマジ怖いな。知ってたけど、改めて怖さを再確認した。
とにもかくにも、単独ライブおめでとうございます。

PageTop

2016秋新作・第一話ほぼ出揃いましたね

さぁさぁ秋新作アニメも大体1話出揃いましたね。
とりあえず、二期モノはまだ見てない作品もあったりしますが、完全新作アニメはとりあえず見ようと思ってた作品は見た。
いつも3話ぐらい見てから新作の感想とか書いてたけど、今の時点で見てない良作アニメを教えてもらえれば配信で間に合うと気づいたのだ!(笑)

ということで、あくまで「第一話」が面白かった作品順に今期予約済みの新作を紹介しようと思う。

■私がモテてどうすんだ
マシュマロ腐女子(=BL好きのオタク)が好きなキャラが作中で死にショックを受け激やせした結果、学校のイケメン達にモテ始めてしまうという典型的な少女漫画なのですが。
自分がモテるより、男子達の絡みにドキドキしてしまう主人公が面白い。男子達の名前はみんな数字が入っているのでカップリング名が言いやすいのもいいですね(爆)
「五七だよ!」「いや、七五だよ!」ワロタwとりあえず、カエちゃん、友達にリバモノをあげるのはアカンで!(笑)
というか小林ゆう女史が非常に楽しそうに演じてるのが最大の良さだと思いますけど(笑)
乙女向けも腐女子向けも好物な時野さんには結構ツボな作品でした。
とはいえ、実は時野さん、BLは二次元限定なので、三次元でBL妄想はしたことがないんだな。BLはファンタジーだと思っているので。いわば魔法ファンタジーと同じようなものだと。
第一話の掴みはOK。問題は二話以降なんですよね。この手の話は二話以降が重要。楽しみです。


■オカルティック・ナイン
テンポ良く進むし、今後どんな話になるか分からないし、ワクワクする第一話でした。
こーゆー話って結構好きなので、今後が一番楽しみな作品かも。
ただ、一点だけ難点を挙げるなら、「非現実的な爆乳キャラは一作品一人でいい」と思うんですよね!(爆)
いやいやいや、なんかもうちっとラインが綺麗な爆乳なら時野さんも「ぐへへ」てなるんですけど、あと非現実的な胸も一人ならギャグとして楽しめるのに、二人もいらねぇーよ!!
スタイルがいい巨乳が楽しみたいんだ!Dカップぐらいでいいんだよ!それこそ、「私モテ」のヒロインぐらいが丁度いいんじゃぁぁぁぁ。
※当ブログ管理人・時野咲希はれっきとした性別:女です。
胸には不満が残るものの、リョウタスがウザかわで最高でした。ありがとうございます。
あと、津田健は今期もキャラ濃いなwwwwwwwwwwwwwww


■学園ハンサム
ある意味今期一番楽しみにしてた(笑)
いやー凄かったね。凄かった。凄かったとしか言いようがない。
ツッコミが追い付かない5分間(というか3分間)だったわ・・・・・・


■刀剣乱舞-花丸-
新規視聴者おいてけぼり感がありますが、審神者にすこぶる優しい第一話でした。
第一話は我らが今剣ちゃんがクソ可愛すぎて最高でした。蜂須賀の聖闘士っぷりも眩しかったw
OPも妙にクセになる。あんみつダンス可愛いな。
ちゃんと戦闘シーンもあるようで嬉しいです。でも動画工房版で刀剣破壊(艦これで言う轟沈)はないだろうし、安心して見れる。逆に来年のufotable版ではポッキポキ折れるガチシリアスを期待したいですね。


■マジきゅんっ!ルネッサンス
ブロッコリーさんの乙女ゲーが原作のアニメ。サンライズ製作なので一応第一話は見ようと思いまして。
ああ、すごくブロッコリーさんですね。ちなみに、ブロッコリーの乙女ゲーというと、「うたプリ」「神々の悪戯」と言えば分ってもらえるかな。
てか、ダム様もどきいましたよねwwwwww他にも似たようなキャラが多かったですよね。なんというか、せめて同じメーカーの作品と被らないキャラ設定にしたらどうなのwwwwww
まぁ、悪くない第一話だったけど。最後とか、なにこれ、ガンダムWのデデーンみたいなwwwww
二話以降は時間があれば見る感じかな・・・
あ、でも、ゲームCMのOPはクセになるよね。「マジきゅんマジきゅんフォーリラブー♪」


という感じですかね。
今期はとにかく続編モノが多いですからね。
鉄血、うたプリ、亜人、ユーフォ、文スト。再放送だとSAOとSEEDリマスター。
レコーダーがパンパンやぁ!

今期はアニメ豊作ワッショイ!
来期の情報もポツポツ出てきましたね。
青エク続編とカオチャが楽しみです。

PageTop

俺のバナナがない!畳に謝れ!

うたプリ4期2話

・・・めっちゃ面白かった・・・

もう、カルナイ4兄弟の喧嘩にしか見えなかったわ。
ゲームのASASもそうだったけど、カルナイはもう4兄弟設定でいいんじゃないかな。疑似兄弟を売りにしたアイドルでいいんじゃないかなぁぁぁぁぁ!!!(もちつけ)
・・・白状します。ASASでカミュが嶺二を「お兄ちゃん」と呼ぶシーンを何度もリピートしましたァ!
お兄ちゃん!お兄ちゃん!嶺二をお兄ちゃん!りぴーとあふたーみーONIICHANNNNN!!

アニメに戻りまして。
次男と三男が仲悪くて、末っ子はさとり世代なカルナイ家。
それでもいつも長男がなんとかまとめてたけど、ついに兄ちゃんプッツン家出⇒焦る弟達すぎてwww

喝を入れる日向先生がカッコよかったです。日向先生と嶺二の先輩後輩な関係もいいよね。
(※早乙女学園OBである嶺二のマスターコース指導先輩は日向先輩)

来週からはデュエットプロジェクトですね。
トキヤと瑛二がどんな話を紡ぐのか。楽しみですね。
というか、瑛二の性格が気になる。いつも優しげに笑ってるけど、裏の性格がありそうで怖いですわw
だって、あの父親とあの兄ですよ?EDで仲良さげにしてるけど、あの兄と普通に接するってもはや普通じゃなくね?(爆)
そしてトキヤのライバルということで、トキヤに「HAYATO」があったように、二面性あるキャラの可能性も微レ存。いや、二面性なら四ノ宮なので対するのはナギですが。
瑛二がどんなキャラか楽しみです。↑が杞憂に終わるといいですね・・・。


最後に

蘭丸「バナナに謝れ!!」

コレwwwww個人的には2期での真斗の「俺の畳がない!」ばりにツボったwwwさすが真斗の先輩やな。

PageTop

審神者にはすこぶる優しい仕様アニメ

刀剣乱舞アニメ見たよ。

・・・これは、審神者向けアニメだな。
アニメ新規組には優しくないけど、審神者(ゲームプレイヤー)にはすこぶる優しい仕様www
初陣池田屋とか、難易度高すぎやろw時野さん、まだ五条大橋にもたどり着いてないわ!いや最近全然プレイしてないんだけど。まだ市中ウロウロしてるわ。
そして池田屋に石切パッパ連れて行くなwww
鯰尾は馬●とLINEで馬●NGでモザイク「禁」となったのが採用されてるしwwww小ネタがwww
とか、ゲームやってると、ニヨニヨするけど、新規組はまずはキャラ名覚えるところだよね。どんだけ出てくるんじゃとwでも総勢50振り以上いますからね・・・・・・

「とある本丸の日常」ということで、
初期刀が加州清光、一番隊が大和守安定、へし切長谷部、鯰尾藤四郎、今剣、石切丸とかなんですかね。
・・・・・・これ、私の友人の本丸とほぼ同じ布陣なのですがwwwwwww

とりあえず、アニメから入った方はキャラが多すぎて覚えきれないと思うので、時野さんが好きな三振りは覚えて帰ってくれよな!(笑)

山姥切国広(CV:前野智昭):金髪+白フード
大倶利伽羅(CV:古川 慎):浅黒肌、学ラン
燭台切光忠(CV:佐藤拓也):見た目が伊達政宗な人

中の人書いてた方が覚えやすいかなと。
私も艦これアニメ見てた時は中の人で覚えられた感があったので(笑)

ネットの感想とかもちょろっと見たけど、「鯰尾が完全に女の子」言われててニヤニヤした。
おま、来週出るであろう、乱ちゃん見たらチビるで・・・・・・?
・・・・・・来週が楽しみです。皆さんの反応含めて!(笑)

PageTop

鉄血はワクワクする二期1話でしたな。

鉄血のオルフェンズ 第26話(2期1話)

かなり面白かったです。ワクワクしたぁ!
そして、やっぱりね、すげえよミカは(笑)
三日月さんが来ただけで安心できる。OPもなかなかイイ。ヘビロテ余裕。

第一話見た後、改めて公式サイトの登場人物紹介を読み返した。
鉄華団は火星本部と地球支部があるということでいいんだよね。

【火星本部】
団長:オルガ
副団長:ユージン
遊撃隊長:三日月

【実働一番隊】
シノ(隊長)
ダンテ
デルマ

【実働二番隊】
昭弘(隊長)
ライド

【地球支部】
チャド(まとめ役)
タカキ
アストン

【新入り】
ハッシュ・ミディ(CV逢坂良太)⇒新入りサイドのメイン視点かな。
ザック・ロウ(CV古川慎)⇒リーゼント。安定のお調子者枠。
デイン・ウハイ(CV木村昴)⇒巨体。整備班。

ヒューマンデブリ組(元オカマ海賊組)のアストンとデルマの苗字が「アルトランド」になっているのがね。昭弘の弟的な扱いなのかな。
デルマ君もかなり鉄華団に馴染んでたし、アストン君はOP映像で微笑んでるし・・・!この微笑みが指す意味は「タカキ達みたいな兄妹微笑ましいな」(死亡フラグ)なのか「タカキ妹可愛いな」(ロマンスフラグ)なのか「タカキ可愛いな」(BLフラグ)なのか・・・・・・(コラ)
OPでもタカキとアストン君隣だったし。地球支部同士仲良くなる感じなのかな。
隣と言えば、シノの横は安定のヤマギでしたねwヤマギはブレないwwwwwwwww
とりあえず、元ヒューマンデブリ組は本当幸せになってほしいですな。

ヒロインたち。
クーデリアは「アトモス商会」を立ち上げたと・・・・・・「フミタン・アドモス」が原動力なんだな(号泣)
姫は本当しっかりしましたよね。応援したくなる芯があるヒロインです。

そして我らがアトラちゃん。
相変わらず動いているだけで癒される。アトラちゃんはきっとトイレ行かないんだよね。何か月も洗ってないであろうブレスレットから花の香りがするんだぞ!!(笑)
ちなみに、今期からの次回予告のサブタイトル後は中の人のアドリブらしいですよ。

さぁさぁ2話(27話)も楽しみですね。
OPの仮面は何リオなんだ・・・・・・!

PageTop

愛のヘリで迎えに行くアイドル達

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレジェンドスター
始まりましたね。
これまでとは違う感じですけど、どう展開していくのか、ドキドキですね。

ちなみに、土曜日の朝に母(64)に「今晩からうたプリ4期始まるよ」とメールしたら、
「分かってます。でもTOKYO MXの深夜1時は無理なので、金曜日のBS11で見ます」
と返ってきてワロタw見る気満々かw


ということで、第一話の感想というかツッコミ↓↓↓






・ST☆RISH、QUARTET NIGHT、HE★VENSに呼ばれる我らが七海春歌様
・「春歌」呼びのセシル、蘭丸、藍ちゃん、ナギありがとうございます。・・・スタリは今更デレられないもんね。
・というか4期の蘭丸さんデレ全開ではないですかw
・「夢を歌へと・・・!」でデレデレでしたけど。ありがとうございます!!
・OPの「テンペスト」。いい曲だな。サビ前の傘が飛ばされる所が楽譜チックになっててワロタw

・Repeat LOVEのCM。「TRUST☆MY DREAM」が懐かしすぎて泣いた・・・。
・Repeat懐かしいなぁ。私はかなり遅れてゲームやった人間ですけど、それでも3年半以上前だしなぁ。

・HE★VENSのリムジンに拉致られる春歌さん。てかヘブンズ、最初から7人だったとかwww
・今度はカルナイのトラックに拉致られる春歌さん。
・そして、愛のヘリで迎えに来たwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
\You're my sunshine/
・絶対聖川財閥所有のヘリだわ・・・
・ゲーム中でガチでヘリで春歌を迎えに来たことがある聖川様がいるのだから間違いない。
・音也「七海、大好きだよ!・・・七海の歌が」倒置法w退学王(解雇王)っさすがっすw
・ヘブンズ(ジャズ調)⇒カルナイ(ロック調)⇒スタリ(ポップ調)に変化していくのがいいですね。各グループの特徴を表してる感じで。

・ED・・・お、踊らない・・・だとぉ・・・?最終回で踊るのか・・・?でもこの曲調だと難しいか?
・Bプロ(A-1制作)で手書きゴリゴリ動いてたから期待していたのだけど。他にダンス曲あるのかな?
・曲は相変わらずいいよね。

という感じですかね。
さて、金曜日の放送を見た後の母親の反応が楽しみです。

PageTop

復讐のその先

91Days終わりましたね・・・・・・
最後まで先が読めない作品でしたね。というか最後の解釈も色々できて面白い。
最後については視聴者に委ねられたって感じですよね。んで、私なりの「解釈」をしたかったのだけど、自分の中だけでは上手く解釈付けられなくて。ちょっと他の人の感想とか色々読んで、なんとなく私なりの解釈という結論が出たなぁと感じましたね。
答えが出ると、「ああ、やっぱりいい最終回だったな」と思えた。これ、自分なりの答えが出ないとモヤッとする最後なのかもしれないですね。でも自分なりの落としどころを決めると凄く納得できる。

んで、感想書いてたんですが、上手くまとまらないというか。
色々思う所があったのだけど、上手く表せないというか。感想書くにはえらい時間かかりそうだなと。
このまま書こうとすると、時間かかりすぎてお蔵入りしそうなので、結論だけ書こうと思う。
最終回の時野さんなりの解釈はこんな感じ↓

PageTop