螺旋運命―SPIRAL DESTINY―

livedoor blogから引っ越して参りました。旧館から来た方も初めましての方も宜しくお願いします。

頂いたコメント、一部返信しました。

うわー会社行きたくないよー!!!
実は4連休でした。せっかくの連休なので出かけようと思ってたのに、体調がすぐれなくて、ちょっと実家に帰って看病してもらってました(苦笑)
実家に帰っても寝てただけ!少しネットはしてましたけど。ここ最近のブログの文章が妙に短かったのはそのせい(笑)
ということで、SAOは実家で見てました。あれ、この部屋で見てたら怖すぎるわwwwwww
ア゛ザダザン゛ン゛ンンンン!(中の人のツイートw)

頂いていたコメントも少し返させて頂きました。
まだ全部返せてません。すみません。

さて今晩はいよいよバディコン完結編後編ですね。
ついに終わってしまうのか・・・昨日の前編の簡単な感想も書いてます。メモ程度ですけど。
とりあえず、青葉さんがクソイケメンでクソ可愛いとか反則の極み!


さーて、明日から怒涛の8連勤がはっじまるよ~☆ +残業付き\(^o^)/

年内は残業ライフから抜け出せないかも・・・
ぶっちゃけると、急な人事異動があって、先輩の抱えてた仕事がそのままドカンと私に下りてきたわけです。で、異動が急過ぎて引き継ぎもあまり時間が掛けられず。
仕事量は大したことないんだが、いかんせん経験値が低いが為に、一つの案件を処理するのにえらい時間が掛かってしまうんだわ。もう慣れるしかない。
とりあえず、年内でリズム作って、年明けから定時ダッシュ生活を構築すべく頑張りたいと思います。
オラに力を!

スポンサーサイト

PageTop

「バディ・コンプレックス」再放送最終回

「バディ・コンプレックス」再放送最終回。

何度見てもこの最終回は滾るわ・・・
しかも見る度に新発見があって面白い。

それにしても、雛々病の最たる最終回での青葉の「雛ぁぁっぁ」絶叫が凄まじかったので、
最終回で青葉が何回「雛」と呼んだのかカウントしてみた。

27回(実質Bパートのみ)

とりあえず、お前らさっさと結婚しろ。


そうそう。雛が時間ループから抜け出せなかった時空での話ですが。
雛が過去で過ごした1学期間の妄想はしたことがあるが、
逆に、雛が特異点に入って行くのを止められなかった青葉のその後を妄想したことなかったなと。

まず、止めに入ったディオと殴り合いのケンカが勃発するが、ディオは何も間違ったことはしていないことに気付いた青葉が拳を引っ込める。
ディオ「俺は言ったはずだ。
    『俺が守らなくてはならないものが危険に晒されるようであれば、俺は雛よりそっちを取る』と」
青葉「ディオ・・・・・・悪かった、お前に当たったりして」
からのモホ展開不可避ですな!!(お前の脳みそはどうなっている)



さて。
いよいよ今晩から

「バディ・コンプレックス 完結編 ―あの空に還る未来で―」

放送スタートですね。


あの最終回から半年・・・
最終回を見た時は「3カ月後に2期が来る」と信じて疑わなかったよ・・・(号泣)

色々見たいシーンはありますが、全2話ではできることも限られてるだろうからな・・・
そういえば、本編で青葉、ヒナ、ビゾンの幼少期は出てきたんだよな。
ということで、
ディオショタはまだですかー!?
できれば、フィオナとセットで天使達の幼少期下さい。

完結編、見るのが怖いですが、楽しみです。
完結編を見る前に、特別編集版「誰も知らない明日へ」(まゆかナレーションの総集編)を見るのもオススメです。

PageTop

SAOⅡ第13話が色んな意味で怖すぎる件

SAOⅡがwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

ソードアート・オンラインⅡ第13話が神回過ぎてヤバい件。
とりあえず、いいかな。

花江夏樹は天才か・・・!

これ、デビューから2~3年の人がやる演技じゃねーぞ・・・!!
これは凄い・・・凄すぎてニヤニヤが止まらなかった。色んな意味で怖いわ!
A/Zの最終回が先週で良かったと心の底から思いました。(東京はSAO→A/Z→さすおに なので)


以下、最新話ネタバレ注意。
PageTop

Fate/zero一挙放送見てます。

Fate/Zero一挙放送見てます。最初の20分見逃したけど。今3話がハジマタ。

やっぱり雁夜おじさんが好きです(爆)
あとケイネス先生が面白い。

2話のキャスター陣営が怖すぎて・・・
分かってるのに、展開分かってるのに鳥肌立ってしまった・・・

Fate/Zero面白かったよな~。
新Fate/staynightも楽しみです。


PageTop

自由な永遠の夏

まこちゃんが天使過ぎて生きるのが辛い・・・

Free!ES 最終回とても良かったです。
近々感想書きたいと思ってます。

今月は仕事キツかった・・・
今週末はゆっくりすんぞ!

PageTop

一気にガタが来て出費が痛い

ハッピーワーク、ハッピージョブ、残業デイズ~♪(某住宅メーカーCM風にどうぞ)
ああ、休日が終わってしまった・・・また数時間後には会社か・・・はぁ。


急な一人暮らしスタートという予期せぬ出費が痛い今日この頃ですが、
最近、電化製品が壊れ始めました。

まず、パソコン。そうこのブログを書くのに使ってるPC。
もう2,3年前からガタは来てたのですが、さすがにここ最近の重さは尋常じゃない。
元々重たかった上に、このマンションのネット回線が遅くてもう、立ち上げるのにイライラする始末。
windows7があまり好きじゃない上に、8とか問題外だろ・・・な感じだし。9が出るそうですが、どうせ最初の1年は買っちゃダメ仕様なんでしょ?
ここが悩み所。

あと、乗り換えに渋る最大の理由はコレ。

咎狗の血がプレイ出来なくなるぅぅぅぅぅっぅ(号泣)

持っているのがVista版で。7でも作動するという話も耳にしたが、家にある7のPCに入れようとしたらダメだった経験があるのでね。(7がダメだったからこのPCに入れたんだもん)
その後、咎狗7版が発売されたわけだが。

PSとかそーゆーゲーム専用ハードのモノは、ハードさえあればいつでもプレイできる。
でもPCゲーってPCのセキュリティとかあるし、そもそも普段使いのPCに入れるからどうしてもプレイ出来なくなってしまうのよね・・・重たくもなるし。

アキラァに会えなくなるとか・・・ケイスケの三変化にゾクゾクしたいんだよ!
TB(PS2)じゃダメなんだよ。ダブルドライバーと腸エンドとビトロエンドと軍服&●●ちゃんがいない咎狗なんて咎狗じゃないんだよ!うわぁぁぁん!
TBも好きだけどね!


かなり真剣に悩んでます。アキラァァァッァァァァァァ。


次に壊れてるのがスマホ。
いや本当にちょっとでもスマホに負荷掛けただけでたちまち異常発熱してヒュンとバッテリー切れになるから。100%にしたのに30分後には電源切れてたことも。
で、11月で丁度購入2年になるので、2年縛りが無くなるわけです。
まぁ、12月までに買わないとダメとかいうクソ契約なわけですが。本当、こんな商いが許されていいのか。
ということで、こちらは確実に購入確定と。
分割払いとは言え、高いんだよ。なんなのあの金額・・・はぁ・・・


最後に、ウォークマン。
これないと生きていけないよ・・・
まぁ、音楽再生にはほとんど問題ないので大丈夫なんですが。
PCに繋いでも通信が安定しないことが増えたし、(PCが原因なのか、アプリが原因なのか、ケーブルが原因なのかは不明だが)
あとウォークマン本体のよく使うボタンが押せなくなってしまったよ・・・
せっかくストレス解消に聞いてるのにイライラすることになるとか・・・新しいの欲しいんな。


という感じですね。
しゅ、出費が・・・・・・

とは言ったが、まぁ、今月のハッピー残業デイズで残業代ウッハウハだし、去年は実家に居た上に無駄遣いほとんどしてないので、貯金は割とある。
・・・買ってしまうかな・・・

とりあえず、PC購入に踏ん切りがつきません。
どうにかして引き続きアキラァに会うことはできないものですかね?

PageTop

「劇場版 薄桜鬼 第二章 士魂蒼穹」BD

「劇場版 薄桜鬼 第二章 士魂蒼穹」のBD、何度も見てます(笑)
本当、よう出来てるよこの映画・・・90分×2本でよくここまでまとめた。
そしてTVシリーズとは同じようで全く違う。むしろTVシリーズを見てるからこそ新鮮に感じるっという不思議な映画になってるなと。

例の斎藤さんが振り返るシーン。※ネタバレ注意
劇場で見た時は凄く長い時間に感じたのだけど、改めて見るとあっという間だったんだなって思いました。それだけ衝撃的だったってことなんでしょうけど。
あれですよ。平助が消えて、沖田さんが消えるまで。視聴者から見てもたった3分しか経ってなかったという衝撃。実際、作中の時間軸で言っても10分ぐらいなんじゃないかな?
そんな短時間で二つもショックなことが起きれば、そりゃ吹っ切れるわ。あの表情になるわ。
憎い演出です。

あとね。最後のバトルシーン。土方VS風間。
これ、オーディオコメンタリーで言われてて初めて気付いたんですが、

土方さんの瞳が金色(若干赤混じり)になってる・・・・だとぉ!?

これ気付いた時、本気で鳥肌立った。
なるほど、千鶴の血を飲んだ事、そしてちー様に「もはや本物の鬼だ」と認めさせるほどになった土方さんは、本当に羅刹ではなく、鬼と羅刹の融合体になってるっていうね・・・
そんな土方さんだからこそ、ちー様は「鬼としての名をやろう・・・薄桜鬼だ」になると。
なにこれ・・・凄い設定というか、萌え設定持ってきたな。天才か。
正直、原作やってても「もや~」っとしてたシーンを神シーンに変えた映画、天才か。

他にも色々書きたいのは山々なんですが、本当凄い映画だったぜ・・・・・・!
ありがとう、薄桜鬼。そして私に薄桜鬼を勧めた全ての元凶である姫里ちゃん、ありがとう(笑)


でだ。
特典のオーディオコメンタリーがまた面白くて。
メインキャスト全員40代突入おめでとう!なベテラン達の洗練されたイジリ!(爆)
ひたすらイジられる森久保さんが素晴らしいです(笑)

三木さんが軽くイジリ(餌撒き)だし、それに的確なエピソード(という名の油)を投入する鳥海さん、そして的確すぎるツッコミで追い詰める津田さん。
この三人の連携プレイが凄すぎるwww

三木「他の現場に行ったらしっかりしてるんでしょ?www」
森久保「一応!一応!!」
鳥海「僕もそれまではそんな・・・基本はしきってる側に居たりとか(思ってたのに)」
津田「そうそう僕もそんな印象ないもん、祥ちゃんに」
鳥海「なんでボケに回るんだろこの現場でっと思ったら、要は本当はそっちだったんでしょうね。徐々に他の現場でもそーゆー方向が出てきた」
津田「なるほどw過渡期だねwww」
森久保「それでもいいんだって覚えちゃった・・・」
鳥海「頑張りすぎてたんだね」
森久保「だって気付いたら一番年下なんですもん、僕が。やっぱいいじゃないですか!」
津田「どんどん楽になってきちゃってwwwww」
森久保「そーゆー意味でも忘れられない作品です」
津田「人生のターニングポイントwwwwwwwww」

森久保さんといえば「森久保の兄貴」というイメージが強かったけど、
昨今は「マラカス先輩wwwwww」とイジられてるからなwwwこーゆーことだったのかwww

こんなコメントの後、オーディオコメンタリーでこの映画で凄い重要なシーンでスマホ画面を見てて見逃した森久保さん、さすがっすw持ってるわwww
そしてまた3人にイジられる。素晴らしいwwwwww


そんな劇場版薄桜鬼完結編。
最高でした。

PageTop

アルドノア・ゼロ 1期最終回を見て

A/Z よくやった!!

やっとブログ更新できる!
もうね、リアルタイムで見て、「うひょぉぉぉぉ」とテンションMAXになったはいいが、
翌日も朝早い上に相変わらずの残業ハッピーデー\(^o^)/状態なので、ブログどころかネットにすら繋げられずウズウズしておりました!
翌日の仕事中はずっとニヤニヤしてたけどね!

まだ他の人の感想とか読んでないんだけど、おそらく賛否両論なんだろうなとは予想します。
時野的には「理想の最終回(1期折り返し)キタァァァッァァァ\(^o^)/」と興奮冷めやまぬ状態ですよ。

もうこの先が読めない展開!容赦ない展開!最高じゃないか!
あとね、もうね!
這いつくばりながらも姫様の元に行こうとする伊奈帆さんマジ主人公すぎて泣けた。(※主人公です)

セラム「伊奈帆さん!」
伊奈帆「目に血が入ってよく見えない・・・」
セラム「私はここですよ!」

のイチャイチャからのドーンに鳥肌が立ち、這いながら姫様の元に向かう伊奈帆さんの表情見てたら涙腺決壊したわ。あれは秀逸。
あと、握ってた手が離れるシーン。ああ、これ、起助と同じやん・・・また大事な友が伊奈帆の手を離れていくのね・・・伊奈帆さんの気持ちを考えるとマジえげつない演出なんだぜ。

そしてスレインに撃たれ生死不明状態の伊奈帆。二期はどうなるのか!


いやー主人公にも容赦ないアルドノア・ゼロ。
そうそうこーゆー話が見たかったんだよぉぉぉぉ!っともう大満足すぎる最終回でした。
そしてBD購入を決意しました(笑)明日発売だけど!でもまだ予約してないという。もうアニメイトに特攻しかないかな。週末GRのアルバムと一緒に買って来ようかなと思います。疲れ果てて出掛ける気力ないけど。

でだ。
この最終回凄く好みなんですが、よく考えた「物凄くコードギアスやなw」状態ですよね。

セラム=ユフィ
伊奈帆=ルルーシュ
スレイン=スザク

ですよねw

するってっと、
ライエがカレンで、韻子がシャーリー、ユキ姉が会長ニーナがニーナですね(笑)

二期でスレインが「ウザイン」と呼ばれないといいですね。
妙に語呂がいいけどw「ウザイン、ウザイんだけど」みたいなね。ウザいスレイン大歓迎ですけどね!
伊奈帆株爆上げな最終回でした。

とりあえず、韻子ちゃんと、ユキ姉と、割と大尉が生きてるなら二期は楽しめる!(コラ)
そして脚本に虚淵帰って来いよ・・・ちょっと見返したけど、やはり3話まではマジで神ってたよ。トリルラン卿最高です。
敵キャラといえば、ザーツバルム伯爵の機体が「過去の敵の特性を復習しよう」だったのがマジウケたwこれは新しいラスボス形態wwwwww

二期(1月)まであまり過度な期待はせずに待ちたいと思います。
ギアスだってR2は酷いもんだったし・・・あの最終回がなかったら私の中のR2の評価は底辺だから。

とりあえず、姫様が撃たれてた以降のシーンのリピートが止まらない。もう何回見たことか。
エンドレスリピートです。

PageTop

リアルに「くぁwせdrftgyふじこlp」て叫んだ

くぁwせdrftgyふじこlp

・・・京アニは馬鹿なのか!?馬鹿なのか!?
な・・・なんじゃごりゃぁぁぁぁっぁ・・・・・・・・・・・・!

Free!ES第12話がぶっ飛びすぎてて震えが止まらない!腹筋痛い!
ちょ、なんなの・・・コレ・・・本当馬鹿なんじゃないの?天才なんじゃないの?
公式が病気すぎて、発狂した。

・・・だから俺はそーゆー目でこの作品見てないっつってんだろぉ!
でもここまで餌撒かれたら素直に楽しむのが吉だなとも思った(苦笑)

今週はリアルタイムで見てなくて本当に良かった。残業ライフで疲れ果てて死んでたので。
これ、リアルタイムで見てたら違う意味で死んでたわ。

第12話で何が起きたのか。
まだ放送されてない地域もあるので、ネタバレ注意。

・いきなりオーストラリアに婚前旅行
・何故かパスポートを取得済みだったハル(未成年は5年パスポート=写真は13歳頃)
実はオーストラリアに行った凛が心配でパスポートを取得していたけどお金がなくて結局行けなかったっという裏設定があるに違いない!(鼻息)
・異国の地で頼れるのは凛だけ!ということで、おどおど不安げなハルちゃんhshs
・・・やはり、凛遙凛なのか。
・まこちゃんから漂うオーラが切なすぎて号泣した・・・まこちゃん・・・!
・遙と真琴が喧嘩したのは初めてのことだったようです。
・まぁ、そりゃ、欲しいキーホルダーが被ったら嘘ついてハルに譲ってたまこちゃんですからね。
・そんなまこちゃん(@日本)を尻目にオーストラリアを満喫する凛と連れまわされるハル。
・凛の思い出の地で告白した後は両親へのご挨拶。
・夜は二人でホテルに宿泊
・予想通りの ダ ブ ル ベ ッ ド (※これに関しては一切脚色していません!)
・お互い「お前の名前が女みたいだから」と言うが、ここオーストラリアなんですけど!
・仕方なく二人で寝る。
・・・・あれ?おかしいな。LOVE STAGE!!は先週最終回だったはずなんだが・・・
・国際競泳場に連れて行かれ、ここで泳ぎたいっとついに夢を見つける主人公。
・夢が見つかったら迷うことなんかない。全国大会では輝いた遙のフリーが見られそうです。

でだ。ダブルベッドは公式が病気すぎて。悲鳴と笑いが同時にこみ上げて腹筋が鍛えられました。
セリフも二重の意味で取れるチョイスなのはさすが。

2014年アニメの中で、ここまで度肝抜かされた作品はなかったわ。
本当さ・・・なんなの・・・・・・


ちなみに。
Free!を見てていつも思う事。
いつか遙が真琴に
「なんでも意見優先してもらえて俺が喜ぶとでも思ってるのか?お前見てるとイライラする!」
と言い出さないかが心配です(ヤメロ!)

PageTop

疲れてる時はベーコンレタス!

9月に入ってまだ2週間しか経ってないのに。
既に残業時間が過去最高記録と並びつつある件。
今月に限って言えば、部署でぶっちぎりだわ。今月既に2回、最終警備掛けたわ(苦笑)
突発的な事情故なので仕方ないけど・・・やべーな、このままだと上司に怒られる。
ペーペーの新人が無駄に残業してサーセン!
とりあえず次の給料は残業代ウハウハですな!ハッハッハ・・・疲れた。

めちゃくちゃ疲れてるし、寝不足だけど、このアニメ達だけは見てます。
どんなに疲れてても、
アカメ、バディコン【再】、アオハライド、Free!、東京ESP、SAOⅡ、A/Zは欠かせないわ。

そうそう、LOVE STAGE終わっちゃいましたね。
たまーに見てたんですが、結構面白かった件。最終回もグッジョブでした。
今期はBL原作モノが2作品あったわけですが、
ドラマダはBL色薄め路線なのに対し、ラブステージはBL全開でしたね。
ドラマダはクリアEND回まで見ました。クリアタン・・・そんなクリアァァァァッァァア
クリアルートがクリアできない!(言うと思った)
紅雀さんとか、ノイズとかいい感じに行ったじゃないか。何故クリアだけ・・・切ない、これは切ない。

とはいえ、さすがにゲームやりたいとは思わないんだよな・・・
こう考えると4年前の悪夢は販売促進としては成功だったのかもしれませんね(爆)
アニメが酷すぎたからこそゲームやろうって気になったからな。

とりあえず、包帯の上から絆創膏貼るという斬新な手当てを披露した蒼葉ちゃん。
てか、蒼葉ちゃんって21歳だったんですか。マジっすか。もう少し下かと思ってました。

ドラマダアニメは各エンドあるのが面白い。そして翌週違う男に浮気されてて吹くw(コラ)
作画云々も「4年前に比べれば・・・」と思えば全然OKと思えてしまう悲しき性。
4年前どんだけ引きずってんだ・・・リメイク来いよってね。


疲れてるとBLが補給したくなるんです。

PageTop

痴話ゲンカがデフォ

今期のアニメは結構良作が多い印象なんですが、
一週間でバディコン再放送もかなり楽しみにしてる自分がいたりします(苦笑)
一期はよく出来てたよ。完結編もこのまま綺麗に終わってほしいものです。

先週のバディ殴り合い回が本当面白くてw

ディオ「いつまでメソメソしてるつもりだ!」
青葉「メソメソしてんのは、テメーの方だろ!」
    「この前まで妹の事で悩んでた野郎が偉そうに説教してんじゃねえ!」
ディオ「貴様・・・フィオナは関係ないだろ!」
青葉「このシスコン野郎が!」
ディオ「黙れこのウジウジが!」「コノヤロォォォ!」

このやり取りが好きです。「フィオナは関係ないだろ」がツボすぎてwwwww
あと、ディオが「コノヤロー」とか言うのがwディオ坊ちゃまをマジギレさせるのは青葉ぐらいなんだろうなっと思うとニヤニヤしますね。
喧嘩を取り押さえられた時も、青葉はヤールが、ディオはリーさんがまずは止めに入ったわけですが、フロムは一瞬考えてディオを取り押さえに行ってるんですよね。
フロムの中では「さて、どっちが手に負えないかな?・・・うん、ディオの方が頭に血が上ってそうだね」と冷静に判断した結果なのだろうなとw
艦長「いいねぇ~若いって!」

で、戦闘でも喧嘩しながら「カップリング持続時間大幅更新」という「トランザムよりチートではないかwww」状態発動の二人w
まぁ、この二人は痴話喧嘩状態がデフォだからなw

ディオ「お前はバカだ、それも救いようもないな。だが自分で決めた道は何があろうと進み続ける、そんな男じゃないのか!」「戦え!お前を必要としてる人の為に!」「早くしろ!このメソメソ!」
青葉「メソメソしてないって言ってるだろ!」
ディオ「何!?」
青葉「偉そうに説教してんな、このシスコン野郎が!」
ディオ「なんだとぉ!?どっぷり落ち込んでいたくせに!」
青葉「お前の真似しただけだ!」
ディオ「貴様、言うに事欠いて!」

ディオの言葉に感化されて、目が覚めたがいいが、素直になれない青葉。ディオも自分が言ったことが少し恥ずかしかったんだろうね。「メソメソ」と言い放ったことで、青葉もいつもの調子を取り戻すっという所が胸熱。
これは脚本勝ちだな。ナイス、セリフチョイスでした。

ディオ「おい、メソメソ。やればできるじゃないか」
青葉「うるせ、シスコン」
ディオ「ふん」

シスコンは否定しないディオwwwww


あとこの回はマルガレタ特務武官が可愛すぎる。たまらん!
エンドカードも特務武官殿のドレス姿でしたし。
今までこのコーナーの登場人物は青葉、ディオ、雛のメイン3人とスマホゲームのキャラだけだったのに、そこに特務武官殿w特務武官殿、愛されてんなw


今週は「父と子」
和やかリャザン家と冷え切ってるウェインバーグ家の対比が面白い話。
プリプリ怒るフィオナかわいいよフィオナァァァァ!
あと、綺麗なビゾンさんw幼少期のビゾンさんがw可愛いw

不謹慎ながら、正装軍服の青葉にときめいてしまったわ。
そして前にもネタにしたけど、ディオ坊ちゃまの私服センスが壊滅的\(^o^)/

青葉さんは天然タラシすぎる件。
いつもと服装が違う女の子をここまで自然に褒められるってスキル高すぎじゃね!?
中身がイケメンすぎる。父親の話をする時とかもギャップがたまらんですな。
でも、「デートのお邪魔なんじゃ?」と言われて「全然そんなんじゃない」とか言ってしまう鈍感。


でだ。来週はハワイ基地襲撃来ますね!
もうここからは怒涛の展開ですよね。そして綺麗なビゾンさん終了のお知らせ\(^o^)/

櫻井さんの怪演技が際立つ今年のロボットアニメ達w
ビゾン、海苔夫、きのこ(トリルラン卿)、アルジェヴォルンの影薄ライバルキャラ(名前覚えてやれよ)

ビゾンさんは完結編で94歳総帥演技もありますし。
秋アニメでも何か面白いキャラが出てこないか、ワクワクですw(コラ)

PageTop

オレは上に行くよ

録画放送終了→「ベイビーステップ」番宣
の流れに噴いたwwwwww

偶然にも今日は仕事休みだったので、録画放送見ました。
ガッチガチに緊張してるのがヒシヒシと伝わって来て見てるの辛かったわw
久々に見る硬さだった。なんかこう、2~3年前のプレイを見てる感じだったわ。
ただ、第1セット終盤のゲームだったかな。で見せたドロップショットは素晴らしかった。

Q:好きなスポーツは?→A:テニス
Q:好きな有名人は?→A:錦織圭
とアンケートに回答する時野さん的には、今回の過熱ぶりにはちょっと引いた感じで見てたんだけど。
ま、WOWOW入ってない私にプレイ見させてくれたNHKには感謝するしかないけど。
テニスは点数じゃ内容は分からないからね。むしろ点数より試合時間からの方がまだ想像ができる。

正直、チリッチ相手より、フェデラー相手の方が勝ち目がある気がするっと思ってたら本人もそんなコメントしてましたね。テニスはメンタルスポーツだから。
マスコミの「チリッチには過去勝ってるから~」云々は逆に負けフラグに聞こえて仕方なかったんだぜ。
それにしても、チリッチは最初から最後までブレなかったですね。初優勝掛かっててこの落ちつき。
四怪物(ナダル、ジョコビッチ、フェデラー、マレー)ですらもちっとブレたりするものだけど。完全にリズムに乗ってた。さすがにマッチポイントではフォルト連発してたけど。そりゃするよね!
からの大喜びっぷりに見てるこっちもニヤニヤしてしまった。おめでとうチリッチ!

まぁ、これをきっかけに、もう少し日本国内でテニス人気が上がれば嬉しいですね。
日本じゃ完全にマイナー競技扱いだからね。アメリカでサッカーが人気少ないみたいな感覚?
フィギュアスケートも今じゃ人気スポーツになり、スケートリンクが増えたわけで。
テニスコート増設来い・・・!

ちなみに。今回の偉業をサッカーで例えるなら、
ジョコビッチに勝ったのは日本代表がブラジルに勝ったぐらいすごくて。
グランドスラム優勝はW杯優勝に匹敵すると言っても過言はないはず。
さっき挙げた4強はマジで人外の動きするからね。「実は奴ら人間じゃないんだ」と言われたら信じる。
ってぐらい別格ですからね。
試合見てても絶望感しか感じないからwどう足掻いたら勝てるんだよ!みたいなね。
その相手に勝ったのは純粋に凄すぎる事ですよ。

でも今回準優勝で良かったんじゃないかな。
ここで負けたからこそ、次に繋がる糧になりそう。
特に今回は完全にメンタル面での自滅でしたから、今後この経験と悔しさは強力な武器になりますよ。
次が楽しみです。故障にだけは気をつけて!

ふう。
そんなただのテニス好きの素人感想を書き込む休日を過ごしてたわけですが。
ああ、明日会社行ったらまた書類が堆く積まれていて、新着メールがバンバンあるのだろうな・・・
全力で現実逃避したい!!!!!!

とりあえずアニメ見てきます。

記事タイトルはテニヌから。
アンタの目標は兄貴なんだろうけど、オレは上に行くよ。
確か不二弟に言ったセリフでしたよね。覚えてるもんだな、ナツカシス。
そういえば、テニヌ界では日本人がグランドスラム制覇してたなw南次郎ぱねぇ。
あくまでテニヌ界の話です。スではなくヌ。


PageTop

A/Z 4人の立ち位置が面白いよね。

仕事で色々と事情が重なり、机の上は書類の山!な残業ライフ2週目突入。
頭が疲れきってるので、面白いこと書けないけど、
A/Z 10話見て思った事。

アルドノア・ゼロの登場人物の設定がいいよね、

純正地球人:界塚伊奈帆
純正火星人:アセイラム・ヴァース・アリューシア

火星育ちの地球人:スレイン・トロイヤード
地球育ちの火星人:ライエ・アリアーシュ

この4人の立ち位置が面白いなと。
男組は地球人、ヒロインは火星人とな。・・・私的に一番の推しヒロインは韻子(地球人)ですけど!(笑)

あと、父親のポジションも面白いかも?
アセイラムは二代目皇帝の娘、
スレインはアルドノア研究者の息子、
ライエは姫様暗殺実行犯の娘
・・・と来て、伊奈帆の父親はいないと。作中では特に言及されてなかったと思いますけど、界塚家に姉弟しかいないのは理由があるのかしら?

とか色々考えるのが楽しいです。
大尉「味方に撃たれるってどーゆー気分なんだろうな」
あ、これは、姫様がスレイン撃つフラグじゃね?
もしくは逆。スレインが撃とうとして正当防衛で銃を構える姫様かな。
OPはよ!

10話はセラムに「いい人ですね」と言われて「えっ」とビックリする伊奈帆君が美味しかったです。

PageTop

ついに今週、劇場版薄桜鬼第二章BD発売

いよいよ今週水曜日は「劇場版 薄桜鬼 第二章 士魂蒼穹」BD発売ですね!!

もうね。
斎藤さんが振り向くあのシーンを数十回、数百回再生するのは目に見えている!(苦笑)
あのシーンは本当に鳥肌が立った。ゾワゾワって。
あの振り返った時の斎藤さんの心境を考えると切ないというより、もはや恐怖だよね。
本当神シーン。

結局、仕事が忙しすぎて1回しか映画館には行けなかったので。
BDで見返すのが本当に楽しみです。

PageTop

サンライズの9月1日

2014年9月1日(月)
本日から学生さんは新学期ですね。

ビゾン「ヒナァァァァァッァァァァァァァァァァァァ!!!」
青葉「雛ぁぁぁぁぁっぁぁぁぁぁぁぁあぁぁああ!!!!!」


ということで、今日は
ビゾンが74年後からタイムスリップして来て、青葉が74年後にタイムスリップする日ですね!

全ての始まりの日です。
これを記事にせずにはいられない。2014年9月1日は今日限り。


全話見た後、第一話を見ると面白いバディコン。
特に雛のセリフとかは、改めて聞くと切ないものがある。

「まさか私とあなたが隣同士に座る時が来るなんて夢にも思わなかったもの」
「青葉、降りて。私の仕事は終わったわ」
「あなたはまた、ここでの生活に戻るの。未来から来た連中なんて話、忘れていいわ」
「これは特異点の・・・そうか・・・そうなんだ・・・」
「やっと分かったわ。こーゆー運命だったのね」
「ずっと不思議だった。どうしてあなたが私の前に現れたのかって。どうして私があなたを忘れられないのかって」
「”ヒナ”よ」
「っ・・・人をすぐ信じる!」
「青葉、これでお別れね。あなたは今から未来に行くの」
「ディオが待ってる」

やべぇ、文字に起こしてたら涙腺が緩んできたw
「弓原」ではなく「ヒナ」と呼ばせたのは、未来では「ヒナ・リャザン」だから「弓原」では出会うことができないからなんだろうな、とか。
「ディオが待ってる」と言ったのは、未来では自分は敵だから青葉を助けることはできない。一人未来に飛ばされた青葉がせめて戸惑わないようにディオを頼って、信じろって気持ちが込められてるのかなと。

ヒナさんマジ泣ける・・・
ああもう、一学期の間のエピソードとか描いてくれよ公式さん!
できれば、兄のような存在であったビゾンを倒さなければならないことへの葛藤とかも見たいです。

・・・自分で捏造するしかないか・・・


そんなバディコン世界にエンタングルな2014年9月1日です。
そしてシン・アスカという存在が誕生して10年が経ちました。誕生日おめでとう。

サンライズ厨にはなんとも忙しい一日のスタートです。

PageTop